teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


重度障害のれいわ議員、文科相に質問「対応バラバラだ」:7日付朝日新聞など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年11月 7日(木)21時20分9秒
返信・引用 編集済
  皆さん、こんばんわ。  事務局のNです。

※WEB報道など…………
☆重度障害のれいわ議員、文科相に質問「対応バラバラだ」
        ヤフーニュース   11/7
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000070-asahi-soci
  》れいわ新選組から初当選した筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の舩後(ふなご)
    靖彦参院議員が7日、参院文教科学委員会で初質問に立った。導入が延期された
    英語民間試験への障害者対応などについて、萩生田光一文部科学相に聞いた。
    …などと伝えています。
*難病患者  れいわ舩後氏初質問  音声変換と文字を瞳で示す
        NHKニュース  11月7日
        https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191107/k10012168291000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_003
  *れいわ・舩後議員が初質問、パソコン音声など使い抱負も
          ヤフーニュース  11/7
           https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20191107-00000064-jnn-pol

※実行委員会事務局より…………
☆実行委員会(全体会)を開催します。
     *日時:12月3日(火)13時30分~16時30分予定
         会場:京都市多文化交流ネットワークセンター大ホール
     *主な議題予定は
            ・京都デザインフォーラムについて
            ・各部会報告
            ・出席団体より報告
            ・その他

画像は7日付朝日新聞より
 
 

バリアー・差別、改善を れいわ木村氏、国会初質問:6日付中日新聞 など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年11月 6日(水)11時10分11秒
返信・引用 編集済
  皆さん。おはようございます。  事務局のNです。

  *朝夕と日中の寒暖差も大きくなって来ていますね
      同時に街路樹なども色づきはじめて来ています。

  皆さん、9月末から1ケ月の間に2度も入退院を繰り返して
  まだ体調すぐれないので投稿しばらくの間お休みさせてくださいませ。


※WEB記事…………
☆都道府県・指定市議会、5割超が「車いす対応議席なし」
        ヤフーニュース  11/6
        https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-00000008-asahi-soci

☆バリアー・差別、改善を れいわ木村氏、国会初質問
        中日新聞   2019年11月6日 朝刊
       https://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2019110602000069.html
  *避難所のバリアフリー化を れいわ 木村議員初質問   参院国交委
         しんぶん赤旗   2019年11月6日
       http://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-11-06/2019110621_02_1.html

画像は10月末撮影です。
 

「堂々と生きたい」家族を“無き者”にした差別 ハンセン病元患者家族の願い:25日西日本新聞など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年10月25日(金)11時29分11秒
返信・引用 編集済
  皆さん、おはようございます。事務局のNです。

  *まだ体調完璧でないので項目だけですいません。

※WEB報道など……
☆「堂々と生きたい」家族を“無き者”にした差別 ハンセン病元患者家族の願い
       https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191025-00010002-nishinpc-soci

☆ハンセン病・家族補償法、来月成立 最大180万円 議員懇が法案骨子
     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191024-00000094-mai-soci

☆ハンセン病、家族補償法案の骨子案 1人最大180万円
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191025-00000007-asahi-soci

☆ハンセン病患者家族「問われるのは差別解消に向けた動き」
     https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191024/k10012147141000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001
    ・ハンセン病 集団訴訟の原告団「最終解決に向けた大きな一歩」画像は25日付西日本新聞から
            https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191024/k10012147461000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_002
    ・ハンセン病患者家族への補償法案 来月にも成立へ
           https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191024/k10012147111000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_003
    ・ハンセン病元患者家族に最大180万円補償合意
          https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191023/k10012145611000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_004
 

☆「命をかけた選択」を強いられている――重度障がい者にとって「働くこと」の意味:21日付ヤフーニュース など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年10月23日(水)09時10分51秒
返信・引用 編集済
  みなさん、おはようございます。  事務局のNです。

 *今日は朝からきれいな秋晴れになっていますが…もう10月半ば過ぎてます。

※WEB報道など……
☆「命をかけた選択」を強いられている――重度障がい者にとって「働くこと」の意味
   Yahoo!ニュース 10/21(月)
   https://news.yahoo.co.jp/feature/1471
 > 内定を断るか、不安があっても介助を受けずに働くか、「命をかけた選択」を強い
  られた――。重度障がい者の女性はそう語る。2019年7月の参院選で2人の重度障がい
  者が国会議員となり、国の「重度訪問介護」が就労中に受けられない問題が注目され
  た。重い障がいのある人が働くことをどう考えるのか。当事者と独自の取り組みを始
  めたさいたま市に取材した。
  …などと伝えています。
 *重度障害者の就労介助制度見直しに向け調査へ 加藤厚労相
   NHKニュース 2019年10月18日
   https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191018/k10012138811000.html
  > 重度の障害がある人が働く際、公費による介護サービスが受けられない問題に
   ついて、加藤厚生労働大臣は、制度の見直しに向け、全国の事業所を対象に、
   障害者の就労状況などの調査を行い、来月中に調査結果をとりまとめる考えを示
   しました。
   …などと伝えています。
 △「重度障害者の在宅就業に関する調査研究」について
   岩手県保健福祉部障がい保健福祉課障がい福祉担当 令和1年10月17日
https://www.pref.iwate.jp/kurashikankyou/fukushi/shougai/jigyousha/1003981/1024421.html
  ・事務連絡、厚労省通知(別添1:重度訪問介護利用者の
   就労に関する調査調査票、別添2:障害者総合福祉事業
   課題個票、事務連絡:重度障害者の在宅就労に関する
   調査研究について(調査依頼票))…など掲載あり
 *れいわ新撰組 舩後参院議員 国会審議でのロボット活用に意欲
    NHKニュース 2019年10月21日
   https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191021/k10012143011000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_002
 *重度障害のれいわ舩後、木村両氏が議員活動本格化 首相も後押し
   (産経新聞) - Yahoo!ニュース 10/21
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191021-00000552-san-pol

▽医療的ケア生徒の修学旅行、付き添い全額自己負担 特支学級は補助なし
  琉球新報 社会 2019年10月20日
  https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1011400.html
 *特支学級生徒の修学旅行付き添い 経費負担の申し出4件 公的補助なし報道受け
   琉球新報 社会 10月22日
   https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1012362.html


画像は、16日撮影のコスモス 奈良市般若寺にて
 

重度障害者の就労介助制度見直しに向け調査へ 加藤厚労相:18日付 NHKニュース など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年10月20日(日)10時30分21秒
返信・引用
  みなさん、おはようございます。  事務局のNです。

 *まだ体調がいまいちなので少しづつの掲示板投稿になります。 m(__)m


※WEB報道など……
☆重度障害者の就労介助制度見直しに向け調査へ 加藤厚労相
  NHKニュース 2019年10月18日 18時53分
  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191018/k10012138811000.html
 > 重度の障害がある人が働く際、公費による介護サービスが受けられない問題に
  ついて、加藤厚生労働大臣は、制度の見直しに向け、全国の事業所を対象に、
  障害者の就労状況などの調査を行い、来月中に調査結果をとりまとめる考えを
  示しました。
   重度の障害がある人の介護サービスは、大部分の費用が公費でまかなわれますが、
  利用者が仕事をする場合、通勤や就労に対する介助は公費負担の対象外となってい
  ます。
   これについて加藤厚生労働大臣は18日午後、東京都内で記者団に対し「まず実態を
  調べることからスタートし、スピード感をもって答えを出したい」と述べ、制度の
  見直しに向け、全国調査を実施する考えを示しました。
   調査は、訪問介護サービスを行う全国およそ7500の事業所を対象に今週から行い、
  障害者の就労状況やニーズなどを聞き取り、来月中に結果をまとめるということです。
   加藤大臣は「結果を踏まえて可及的速やかに結論を出したい」と述べました。
   この問題をめぐっては、れいわ新選組の議員らも、障害者の社会参加を後押しする
  ため、通勤や就労中の介助も公費負担の対象に加えるよう制度の見直しを求めています。
  …などと伝えています。
 *重度障害者、就労中も支援へ=通勤、職場での時間対象-厚労省
   時事ドットコム 2019年10月15日
   https://www.jiji.com/jc/article?k=2019101500127&g=soc

☆元患者の家族側、補償額受け入れ ハンセン病、23日にも骨子案
  (熊本日日新聞) - Yahoo!ニュース 10/19
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191019-00000001-kumanichi-l43
 > ハンセン病元患者家族が受けた差別被害に対する補償額について、原告・弁護団
  が最大180万円とする政府案を受け入れたことが18日、関係者への取材で分か
  った。超党派の国会議員によるワーキングチーム(WT)は23日にも骨子案をま
  とめ、11月中の法案成立を目指す。
   関係者によると、政府案の補償額は1人130万~180万円を提示。18日に
  あったWTで弁護団側は、この補償額を受け入れる見解を示したという。
   補償対象範囲は元患者の親子や配偶者、きょうだいに加え、同居していたおい、
  めい、孫、ひ孫らとみられる。補償額は親族関係によって差をつける。6月の熊本
  地裁判決では認めなかった2002年以降の損害や、米国統治下の沖縄に住んでい
  た元患者家族も範囲に含める方針。
   WTでは補償額について、一部では補償額を150万~200万円とするべきで
  はないかとの案も出ているという。訴訟を起こしてから亡くなった原告らを補償対
  象に含めるかどうかについても議論が続いている。
   WT座長の津島淳衆院議員(自民党)は「きょうの議論を各党持ち帰ってもらい
  意見を再度集約する。23日をめどに、WTを開いて骨子案を決定したい」と話した。
   元患者家族を巡っては、地裁が原告541人に1人当たり30万~130万円
  (弁護士費用を除く)を支払うよう国に命令。7月には安倍晋三首相が控訴見送りを
  表明し、判決が確定した。政府は訴訟の参加・不参加を問わず新たな補償措置を講じ
  るとしていた。
  …などと伝えています。
 *ハンセン病元患者の家族への差別被害、死亡した原告約20人にも補償金
   (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 10/18
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191018-00000087-mai-soci
 *ハンセン病家族補償、最大180万円軸に協議 作業部会
   (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース 10/18
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191018-00000043-asahi-soci
 *「国会、政府」に主語修正 ハンセン病家族補償法案のおわび
   (西日本新聞) - Yahoo!ニュース 10/18
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191018-00010005-nishinpc-soci
 *ハンセン病患者家族に最大180万円 厚労省が補償案
    NHKニュース 2019年10月18日
   https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191018/k10012138381000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001
  ・ハンセン病家族 知られざる被害と終わらない差別
    記事  NHK ハートネット 2019年10月08日
    https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/266/

☆強制不妊問題 県が1人の所在確認、個別通知へ
  神戸新聞 総合 2019/10/17
  https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201910/0012797552.shtml
 > 旧優生保護法下で障害者らが不妊手術を強いられた問題で、兵庫県は17日、県が
  氏名を把握している65人のうち所在を確認できたのは1人だけだったと発表した。
  近く職員が訪問し、一時金320万円を支給する救済法について説明する。
   国は「家族に知られたくない場合がある」として個別通知はしない方針だが、井戸
  敏三知事は「分かっているのに通知しないのはおかしい」とし、県は独自に通知する
  ことを決めた。
   県によると県内では330件の手術があり、国への補助金申請書類などで65人の
  氏名を把握。手術をしたとされるひょうごこころの医療センターと民間病院に情報提
  供を依頼し、市町に照会をかけた。
   同センターで手術した46人のうち1人の現住所を特定したが、12人は既に死亡。
  33人は住民票の保存年限(5年)の経過などで消息が分からなかった。民間病院の
  19人については記録や資料が残っていなかったり、既に廃院になっていたりして確
  認できなかった。
   13日現在、県内の一時金申し込みは8件で、うち1件の申請が認められた。県健
  康増進課は「障害者施設に制度のリーフレットを配るなどし、周知を図る」としてい
  る。
  …などと伝えています。

▽<障害者のきょうだいたち> 中日新聞 暮らし 16日から3回連載
 *(上)「二の次」で重ねた我慢  2019年10月16日
  https://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2019101602000002.html
 *(中)母とすれ違う思い     2019年10月17日
  https://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2019101702000007.html
 *(下)結婚、介護、その先のこと 2019年10月18日
  https://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2019101802000008.html

▽医療的ケア生徒の修学旅行、付き添い全額自己負担 特支学級は補助なし
  琉球新報 2019年10月20日
  https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1011400.html

画像は、19日付(熊本日日新聞) - Yahoo!ニュース より
 

「線は引けない」 京大初、24時間介助の女子大生が願うこと 公的介助と教育:16日付京都新聞 など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年10月17日(木)09時29分48秒
返信・引用 編集済
  みなさん、おはようございます。  事務局のNです。

 *もう10月半ばですよね、急に肌寒くなってきてますね。

※WEB報道など……
☆「線は引けない」 京大初、24時間介助の女子大生が願うこと 公的介助と教育
  京都新聞 2019年10月16日
  https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/37677?fbclid=IwAR2EI60o8HWy7u4YllQqUk56taC_GElm1p15HC0ZquvBPMrAjGGVw_7CJWA
 > 重度の身体障害があり、常時介護が必要だが家族介護に頼らず、1人暮らし
  しながら学ぶ学生が京都大にいる。4年の油田優衣さん(22)=京都市左京区=
  は脊髄性筋萎縮症(SMA)で、子どもの頃から車いすで過ごしてきた。進行性
  難病のため筆記具を握るのも、キーボード入力もつらい。京大の障害学生支援
  ルームによると、自立生活する24時間介護が必要な学生は京大初という。
   重度障害がある参院議員の登場で就労時と公的介助の線引きが議論になっている
  「重度訪問介護」のヘルパーなどの介助を、油田さんは24時間使って暮らす。
  大学で講義を受けている時も、有償の学生サポーターが付き添う。試験はタブ
  レット端末に指で触れる「フリック入力」で解答することが認められている。
   福岡県で育ち、夜間は6歳から人工呼吸器を使う。特別支援学校中学部に在学して
  いた時に、油田さんは障害者の当事者運動団体・自立生活センター「ぶるーむ」に
  出合った。普通高校に行きたい。幼い頃から放課後に友達と遊ぶ弟の姿がうらやまし
  かった。弟は障害がなく普通学校に通っていた。油田さんがどこを受験しようかと
  高校を回ると、「前例がない」と、何度も心ないことを言われた。
   教育と公的介助の「壁」
   高校に入学すると、ヘルパーが常時必要なのに、県教育委員会は「学校内では公的
  介助は使えない」の一点張りだった。「友達は親が付き添ったりしない。なぜ、わた
  しにはみんなと同じように高校生活を送る権利がないのだろう」。制度や行政は高い
  壁に見えた。
   トイレ介助もない高校生活。油田さんは自費でヘルパーを雇ったが、週3回、2時
  間目と5時間目などと時間を定めた短時間の「スポット介助」。自治体に手紙を出し
  県教委とも粘り強く交渉し、介助のための事務員が配置されることになった。障害福
  祉の公的ヘルパーも、校内で使えるようになった。
   「声は届く。声を出し足を運べば、制度はこんなに変わるんだなって」。高校1年
  の油田さんの心に、この出来事は深く刻まれた。
   高校生の時、重度障害があるが1人暮らしに挑む大学生と出会った。1人暮らしと
  大学生活への夢は広がった。京大の入学試験の論述問題では、キーボード使用が認め
  られた。
   きれいな線は引けない 私生活と介助の間で
   「休講の時には行政のヘルパーが急に必要になるが、使えないとキャンパスの外に
  も出られない。大学生活は私生活と学業の間に、きれいな線は引けません。京大の障
  害学生支援は先進的。他の学生たちが当たり前にしていることができるよう、サポー
  トしてくれる」
   京都大の障害学生支援ルームは、障害学生の受講をはじめとする大学生活を支える
  「学生サポーター」制度を2008年に設けた。ボランティアではなく、時給120
  0円で、登録者は約80人。学生サポーターの有償化はまだ、全国の大学に広がって
  いない。
   京大の支援ルームは、テストや実験、フィールドワークなどをどうするかといった
  教員側の戸惑いと、ノートテイクなど障害のある学生の個別ニーズとの調整役にもな
  る。行政とのコーディネートも担う。同支援ルームは「大学は自由がいいところで、
  高校のような担任もいない。行政がヘルパーを派遣して支える地域生活と一緒にサポ
  ートしていきたい」と話す。
   油田優衣さんは学生サポーターから本をめくってもらったり、参考書籍の電子化を
  してもらったりするなどの支援を受ける。キーボード入力が病の進行でつらくなり、
  定期テストではタブレット端末を使う。
   移動支援や重度訪問介護といった京都市からの公的介護を大学生活でも使っており
  「大学がカバーできない部分と連携が取れているのはありがたい。他大学や就労など
  さまざまな場面で、制度を柔軟に運用してほしい」と油田さんは訴える。
  …などと伝えています。
 *重度障害者が働くには 国の福祉制度 抜本改革が必要
   しんぶん赤旗9・24付け 特報より<紙面を画像部分に>
  > 先の参院選で、常に介護が必要な障害者が国会議員になったことをきっかけに、
   重度障害者が就労時などに障害福祉サービスが使えない問題が注目されています。
   課題と当事者のねがいは。
   …などと伝えています。
 *事業所不足、利用進まず 重度障害者向け公費ヘルパー制度
   中日新聞 暮らし 2019年10月16日
   https://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2019101602000004.html
  > 重い障害のある人の自宅に公費でヘルパーを派遣する「重度訪問介護(重訪)」
   は、地域で自立した生活を送る障害者を支えるが、報酬単価が低いために提供する
   事業所が限られ、十分なサービスを受けられないケースも多い。大学で学ぶ利用者
   の通学などを公費で支援する制度も始まったが、事業所不足で、通学を含めた介助
   が家族頼みの人もいる。
    「利用する権利があるのに、なぜ使えないのか」
    九月中旬の夜、名古屋市中区の日本福祉大大学院で開かれたゼミ。ゼミ生で、
   全身に重い障害のある中山圭子さん(64)=同市緑区=が自らの体験を基に、
   重訪を使えない現状を訴えた。
    中山さんは十二年前から、全身の筋肉に強い痛みが出る原因不明の病気「線維
   筋痛症」などを患う。体を動かしたり、歩いたりすることが難しくなり、六年ほど
   前に身体障害者一級の認定を受けた。
    重訪は障害者総合支援法に基づき、障害者が利用できるサービスの一つ。常時介
   護が必要な障害者を対象に、自宅に派遣されたヘルパーが食事や排せつ、入浴など
   生活全般を介助する。
    各市町村が利用者の状況などを調べて介護を支給する時間を決定。中山さんは
   一日約五時間使える。だが、実際はこの一年半、全くサービスを利用できていない。
   介護はもっぱら、夫の貞夫さん(65)が担う。
    貞夫さんが仕事で不在になる日中、中山さんはベッドの上で一人きり。障害者
   福祉の研究をするために今春から同大学院に通うが、週三回の夜間のゼミや講義に
   は仕事を終えた貞夫さんが車で一時間ほどかけて送迎。講義にも同席し、トイレや
   薬の服用を介助する。
    重訪の対象者らは、昨年から市町村の事業で通学などにヘルパーを利用できるよ
   うになった。中山さんも利用できる可能性がある。
    だが、そもそも重訪に対応してもらえる事業所が見つからない。これまで二つの
   事業所に依頼したが、家事の仕方や利用時間で条件が合わず、断られた。中山さん
   は病気の関係で物音などに敏感だ。そのため、ヘルパーに配慮が求められることも
   多く、事業所と折り合いが付きにくいという。
    厚生労働省によると、重訪の利用者はここ数年一万一千人ほど。国は、障害者の
   暮らしの場を施設から地域へ移す施策を進めており、重訪はよりどころだ。
    だが、中山さんのように対象者になっても使えない人は少なくない。京都府立大
   の中根成寿(なるひさ)准教授(42)=障害学=が、二〇一三年二月時点で利用
   者が二百人以上いる八都道府県の百三十四市区を対象に支給決定したサービス時間
   と実際の利用時間を調べたところ、消化率は平均約七割だった。
    利用が進まない理由の一つが事業所不足だ。厚労省が一八年度、在宅の障害者向
   けの事業所千八十三カ所に実施した調査では、ほぼすべてが居宅介護を提供するの
   に対し、重訪もできる事業所は約七割。重訪専門はわずか0・4%だった。
    参入が進まない大きな要因が報酬単価の低さ。重訪は長時間のサービスに対して
   報酬が支払われるため一時間あたりの単価は低く、通常の居宅介護の半分の
   約二千円にとどまる。
    中根准教授によると、地方では重訪の事業所がない地域もあり、サービス提供の
   めどが立たず、支給自体を認めない自治体もあるという。「住み慣れた場所で自立
   した暮らしを望む障害者が取り残されない対策が必要」と指摘する。
   …などと伝えています。

☆ハンセン病補償新法の前文判明 「われわれ」主語でおわび 原告側批判「国の責任明記を」
  (西日本新聞) - Yahoo!ニュース 10/16
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191016-00010000-nishinpc-soci
 > ハンセン病元患者家族への補償を巡り、今国会で議員立法による成立を目指す
  新たな法案の前文の素案が15日、関係者への取材で分かった。国による患者隔離
  政策が家族にもたらした差別被害を認める内容で「悔悟と反省の念」を込めて
  「深くおわびする」と明記。ただ、主語を国や政府ではなく「われわれ」として
  いることに、家族訴訟の原告弁護団からは「国の責任をもっと明確に記すべきだ」
  との声が上がっている。
   素案では、元患者のみならず家族も「偏見と差別の中で多大の苦痛と苦難を強い
  られてきた」とした上で「必ずしも十分な対処がされてこなかった」と指摘。
  「われわれは、それぞれの立場において、その悲惨な事実を悔悟と反省の念を込めて
  深刻に受け止め、深くおわびする」と謝罪しつつ「いわれのない偏見を根絶する決意
  を新たにする」としている。
  …などと伝えています。
 *ハンセン病隔離政策で苦しんだ「孤島・長島」の今  「人権の島」を生きた人々の数奇な人生
   東洋経済オンライン 2019/10/17
     https://toyokeizai.net/articles/-/307361

▽「小学校通学、問題ない」 難病患者の就学で主治医が証言
  神奈川新聞 2019年10月17日
  https://www.kanaloco.jp/article/entry-202531.html

▽災害が起きたとき 子どもがいる家庭はどのように被害を防いだらいいのか?
  buzzfeed.com 2019/10/15
  https://www.buzzfeed.com/jp/masahikosakamoto/kodomo-bousai


画像は、9/24付け しんぶん赤旗紙面より
 

公務員採用で知的・精神の障害者なぜ対象外 政令指定都市の一部、受験資格なし:15日付京都新聞

 投稿者:事務局  投稿日:2019年10月16日(水)08時37分45秒
返信・引用
  みなさん、おはようございます。  事務局のNです。

 *今朝は今季一番の冷え込みだったようですよ…

※WEB報道など……
☆公務員採用で知的・精神の障害者なぜ対象外 政令指定都市の一部、受験資格なし
  京都新聞 2019年10月15日
  https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/26986
 > 「障害者を対象にした京都市の正規職員採用試験で、身体障害者だけに受験資格が
  あり、なぜ知的障害者や精神障害者にチャンスがないのか」。京都新聞社の双方向型
  報道「読者に応える」に滋賀県の女性から疑問が寄せられた。全国20の政令指定都
  市を対象に2020年度採用の要件を調べたところ、確定している19市のうち、身
  体限定は京都市など4市のみだった。14市は知的と精神も対象とし、うち11市が
  20年度採用から加えていた。中央省庁での障害者雇用水増し問題を機に意識が高ま
  った影響のようだ。
   身体障害者限定の採用を続けているのは京都、大阪、福岡、浜松の4市。名古屋は
  身体と知的に限定している。京都市は今年2回に分けて行う20年度採用の正規職員
  試験で身体障害者枠を設け、一般事務職約10人、学校事務職若干名の採用を予定す
  る。
   滋賀県の女性は精神障害があり、京都市の採用試験を受けようとして対象外だと知
  ったという。知的と精神を含めていない理由について、市人事課は「施設のバリアフ
  リー整備だけにとどまらない配慮が必要」とし、「知的障害者には能力に応じた仕事
  を作り出さないといけないが、郵便物の仕分けなど軽度な業務は民間委託する方向に
  ある。精神障害者は体調面からフルタイム勤務が難しいケースが想定される」と説明
  する。
   一方、神戸や川崎など11市は、20年度採用から身体に加えて知的、精神にも拡
  大した。方針転換を促したのは、全国的な障害者雇用を巡る問題を受け、厚生労働省
  が18年12月に自治体に出した文書。「特定の障害種別の人に応募を限るのは障害
  者雇用促進法の趣旨に反する」と改善を求めた。
   厚労省は、障害の違いで採用試験の取り扱いが異なることは、障害者雇用促進法で
  禁止されている差別には当たらないとする。ただ、同法は事業主に障害者の雇用の場
  を確保するよう求めており、能力・適性のみを基準とした公正な採用選考を依頼した
  という。
   厚労省は16年にも同趣旨の文書を出していたが、多くの政令市が再度の依頼に応
  じた形となった。20年度採用から3障害に対象を広げた千葉は「16年時点は嘱託
  職員の採用で知的と精神障害者も対象にしていたので、文書の内容に対応していると
  の認識だった。今回は障害者雇用問題に社会の意識が高まっているのが大きかった」
  と説明する。
  …などと伝えています。

☆障害者差別解消法、改正を 「合理的配慮、拡大して」
  (共同通信) - Yahoo!ニュース 10/14
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191014-00000069-kyodonews-soci
 > 障害者差別解消法について考える集会が14日、札幌市で開かれた。講演した障害者
  団体「DPI日本会議」の崔栄繁議長補佐は、健常者との垣根をなくすため、現在は
  努力義務にとどまっている「民間企業による合理的配慮」を義務化するべきだと改正
  を訴えた。
   同法は2016年4月に施行され、行政と民間企業に障害者への差別を禁止し、行政に
  は「合理的配慮」を義務化。施行3年以降に国が必要な見直しをすることを定めてい
  る。
   崔氏は「障害者はツアー参加お断り」のような直接的な差別以外に、「電動車いす
  の人にはお酒は売らない」といった関連差別など禁止の対象として明示すべきだとし
  た。
  …などと伝えています。

☆重度障害者、就労中も支援へ=通勤、職場での時間対象-厚労省
  (時事通信) - Yahoo!ニュース 10/15
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00000058-jij-pol
 > 厚生労働省は、日常生活で常時介護が必要な重度障害者への支援拡充の検討を
  進めている。
   職場で過ごす時間や通勤時の介護も公的支援の対象とする制度改正を行い、障害者
  の就労機会の拡大を目指す。当初、来夏までに具体策を取りまとめる予定だったが、
  制度改正を求める声が国会で広がっていることを踏まえ、同省は前倒しも含め対応を
  急ぐ方針だ。
   重度障害者は、食事や排せつ、移動といった普段の生活のための「重度訪問介護サ
  ービス」を、月額の自己負担3万7200円を上限に受けることができる。しかし通勤時
  や職場での支援は「経済活動」とされ、対象外だ。
   6月に成立した改正障害者雇用促進法の審議では、衆参両院の厚生労働委員会が、
  通勤に関する障害者への支援などを求める付帯決議をそれぞれ採択した。
   また先の参院選では、れいわ新選組から重度障害のある舩後靖彦、木村英子両氏が
  初当選したが、国会活動は歳費を受け取る経済活動と見なされたためサービスの対象
  とはならず、当面は参院の予算で対応することになった。
   厚労省による支援策の検討では、高収入の重度障害者にどの程度自己負担を求める
  かが焦点となっている。また、事業主が支払う保険料などを繰り入れている労働保険
  特別会計から費用を出す場合、雇用主のいないフリーランスに同じ支援ができるのか
  という論点もある。
   財源を公費に求める場合は、大企業も含めた個別企業の経済活動への支援に税金を
  使うことへの理解をどう得るかなど、整理すべき課題は多い。
   一方で、舩後氏らの常時介護費用の負担を決めた参院議院運営委員会理事会が、
  一般の重度障害者への対応も急ぐよう政府に強く求めているほか、舩後氏らが10日開
  いた院内集会に与党議員も出席するなど、制度改正を求める声は国会内で大きくなっ
  ている。
  …などと伝えています。
 *れいわ新選組 “通勤や就労時も公費による介護サービスを”
    NHKニュース 2019年10月10日
   https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191010/k10012121771000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_006
 *重度障害者 社会参加へ必要な介助を-れいわ主催集会 制度改善訴え
   しんぶん赤旗 2019年10月11日
   http://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-10-11/2019101115_01_1.html

☆避難所生活の精神障害者らに必要な支援を - 厚生労働省が12都県に事務連絡
  (医療介護CBニュース) - Yahoo!ニュース 10/15
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-19050000-cbn-soci
 > 厚生労働省は13日、東京や神奈川などの12都県に対し、台風19号に伴い避難所で
  生活する障害児・者に関する事務連絡を出した。精神障害者については、「環境変化
  のストレスや服薬中断により病状悪化のリスクがある」と指摘。丁寧に病状、服薬情
  報を聞き取り、医療機関や保健所などにつなげるといった「必要な支援への配慮」を
  求めている。
  …などと伝えています。

☆医療的ケア児 康生くんに密着 前期課程終え「通知表」 広島
  (RCC中国放送) - Yahoo!ニュース 10/15<動画>
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00369700-rccv-l34
 > 特集です。以前からお伝えしているこちらの男の子、「医療的ケア児」の三谷
  康生くんです。重い病気があり、日常的な医療ケアが欠かせないんですが、この
  春から地元の小学校に通っています。康生くんは先日、無事、前期課程を終え、
  通知表を受け取りました。同級生たちと交流し、成長した姿をご覧ください。
  …などと伝えています。

▽ハンセン病家族補償、ひ孫らまで 同居条件に拡大、最大180万円
  (熊本日日新聞) - Yahoo!ニュース 10/12(土)
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191012-00000001-kumanichi-l43

▽難聴傍聴者向けに「要約筆記者」 札幌地裁、強制不妊訴訟で許可
  (共同通信) - Yahoo!ニュース 10/15
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00000155-kyodonews-soci

▽点字ブロック 高さのずれ 改善を ホーム転落死亡事故受け
  NHKニュース 2019年10月11日
  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191011/k10012122771000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_004

※文部科学省、厚生労働省、内閣府関係など……
<文科省>
*新しい時代の特別支援教育の在り方に関する有識者会議(第1回)会議資料←9/25開催
  初等中等教育局特別支援教育課企画調査係
  http://www.mext.go.jp/kaigisiryo/2019/09/1421554.htm
 ・新しい時代の特別支援教育の在り方に関する有識者会議(第2回)の開催について ←10/16開催予定
  http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/154/kaisai/1421905.htm

<厚労省>
*医療的ケアが必要な子どもへの支援体制に関する調査研究
  平成30年度子ども・子育て支援推進調査研究事業の国庫補助事業
  https://www.mizuho-ir.co.jp/case/research/h30kosodate2018.html
 ・事業報告書
  https://www.mizuho-ir.co.jp/case/research/pdf/h30kosodate2018_0101.pdf
 ・保育所での医療的ケア児受け入れに関するガイドライン
  ―医療的ケア児の受け入れに関する基本的な考え方と保育利用までの流れ―
  https://www.mizuho-ir.co.jp/case/research/pdf/h30kosodate2018_0102.pdf

<内閣府>
*第46回障害者政策委員会の開催←10/17開催予定
  https://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/seisaku_iinkai/46_youkou.html
 ・これまでの同政策委員会の資料や議事録などは下記を
   https://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/seisaku_iinkai/index.html

画像は、15日午後撮影 見ごろになってきたコスモス (八幡市内にて)
 皆さん、10月上旬ころはまだ残暑厳しかったの台風19号通過後から
 急に秋めいて気温も下がってきてます、お互いに体調管理に気をつけましょう。
 

12日(土)実行委員会女性部会企画イベント台風接近のため中止します! 

 投稿者:事務局  投稿日:2019年10月11日(金)06時46分33秒
返信・引用 編集済
  みなさん、おはようございます。  事務局のNです。

 *長い間、メンテナンス期間を頂き申し訳ありませんでした。 m(__)m
  少しづつ投稿復活していきますので、これからもよろしくおねがいいたします。

※実行委員会事務局より……
☆実行委員会女性部会企画開催予定しておりました
  2019年10月12(土)イベント

  「命の重さに差はありますか ~見つめなおそう心の内側~ 」
 超大型台風19号の近畿・東海・関東方面接近上陸予想なので
 参加される皆さまの安全確保を意味から。今回の企画イベントは中止とさせていただきます。



△実行委員会事務局会議を開催します <参加対象は役員&事務局員です>
  日時:10月23日(水) 17時~19時30分
  場所:JCIL事務所


※WEB報道など……
☆停電したら命の危機に直面する人工呼吸器ユーザー 電力会社はどう備えてる?
  buzzfeed.com 2019/10/09 17:00 Naoko Iwanaga
  https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/denryokugaisha-kokyuukitaiou
 > 電気が必要な人工呼吸器などの医療機器を使って生活する在宅の患者。災害が
  起きて停電になった時、命綱の電気を供給する電力会社はどのような対応をして
  いるのでしょうか? 全国の大手電力会社10社に聞きました。
   電気が必要な人工呼吸器などの医療機器を使って生活する在宅の患者。災害が
  起きて停電になった時、命綱の電気を供給する電力会社はどのような対応をして
  いるのでしょうか? 全国の大手電力会社10社に聞きました。
  …などと伝えています。

☆台風15号による大停電 千葉の呼吸器の子はどう生き延びたのか?
  (BuzzFeed Japan) - Yahoo!ニュース 10/5
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191005-00010004-bfj-soci
 > 私が運営する小児クリニックは、JR千葉駅から車で15分くらいの千葉市の住宅街
  の中にあります。9月9日の夜明け前に襲った台風15号は、千葉県を中心に甚大な被害
  をもたらしました。
  …などと伝えています。

☆台風15号「大停電」で考える、人工呼吸器患者の生命を守れるか
  (ダイヤモンド・オンライン) - Yahoo!ニュース 10/4
  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191004-00216576-diamond-soci
 > 台風15号の教訓 「電気は生命線」
   9月9日、台風15号が関東に上陸してから、間もなく1ヵ月となる。甚大な被害を
  受けた千葉県で、最大の問題は停電だった。9月下旬にはおおむね電力供給が復旧
  したが、まだ復旧していない地域が若干残っている。
  …などと伝えています。

☆介護制度改善を訴え=れいわ・舩後氏ら
  (時事通信) - Yahoo!ニュース 10/10(木) 20:53
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191010-00000144-jij-pol
 > れいわ新選組の舩後靖彦、木村英子両参院議員は10日、障害者総合支援法に基づく
  「重度訪問介護」サービスの改善などを訴える集会を参院議員会館で開いた。
   舩後氏は介助者が文章を代読する形であいさつし、「サービスが議員活動に使えな
  いという問題が注目を浴びた。障害者が望む社会生活を送るため、制度の改善を進め
  たい」と強調した。
   同サービスをめぐっては、舩後、木村両氏が先の参院選で当選した後、歳費を受け
  取る議員活動の間が「経済活動」とみなされ公費負担の対象外となることが問題とな
  った。参院が当面、費用を負担することになったが、制度改善の必要性を指摘する声
  が出ている。
  …などと伝えています。
 *厚労省、重度障害者の就労調査へ 初の実態把握、支援在り方検討
   (共同通信) - Yahoo!ニュース 10/3
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191003-00000158-kyodonews-pol
  > 重い障害のある人の生活を支える障害福祉サービス「重度訪問介護」を巡り、
   厚生労働省は3日、利用者の就労状況に関する初の全国調査を来週にも実施する
   ことを決めた。現在の制度では、就労中は介助費の補助を受けられず、障害の
   あるれいわ新選組の参院議員らが「障害者の社会参加を阻む」などとして見直し
   を求めていた。厚労省は実態を把握し、支援の在り方を検討する。
    重度訪問介護は、常に介護が必要な重い障害がある人に、ヘルパーが入浴や
   食事、外出時の支援をする公的サービス。利用者負担は原則1割で、残りは公的
   補助を受けられる。しかし、就労や通勤の支援は補助の対象外となっている。
   …などと伝えています。
 *れいわ2議員が福祉車両導入に謝意「後進に足跡」
   (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース 10/3
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191003-10030936-nksports-soci
  > れいわ新選組の舩後靖彦、木村英子両参院議員は3日、参院議院運営委員会が、
   7月の参院選で初当選し、重い障がいを持つ両氏の円滑な国会活動に向けて福祉
   車両の導入を決めたことに対し、党を通じて謝意のコメントを発表した。
   …などと伝えています。
 *通勤や就労時も介護サービスを 制度に壁 重度障害の男性が県に要望
   新潟日報モア 2019/10/08
   https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20191008499945.html
  > 交通事故で首から下がまひし、24時間ヘルパーによる介護を受けている新潟市西区の
   山内俊博さん(44)が8日、新潟県庁を訪れ、通勤や就労時も介護サービスを利用でき
   るよう要望書を県に提出した。障害者支援団体代表として活動する山内さんは、給与を受
   け取ると就労とみなされ、介護サービスから外れるため無償で活動している。
    山内さんは20歳の時に交通事故で頸髄(けいずい)を損傷した。「重度訪問介護」を
   活用しながら、「にいがた自立生活センター・まいらいふ」の代表として活動する。
    現行の法制度で、介護サービスは1割負担で利用できるが、就労など「通勤、経済活動
   にかかる支援」の場合は雇用者が負担すべきとされている。
    要望書は新潟県福祉保健部の藤山育郎部長に提出。山内さんは「社会参加したいが壁が
   ある。途切れずに利用できるよう国に働き掛けてほしい」と訴えた。
    重度訪問介護を巡っては、7月の参院選で初当選したれいわ新選組の2議員がサービスを
   受けていたが、議員活動に伴う介護は対象外となり、参院が費用を負担することになった経
   緯がある。
   …などと伝えています。

▽移動支援「電動車いすは電源切って」異例の運用、ようやく改善へ
  京都新聞 2019年9月30日
  https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/25453
 > 移動が困難な障害者の外出を支援する自治体の「移動支援事業」で、京都府
  宇治市が電動車いすユーザーに対し、電源を切るよう求めてきた運用を変更し、
  10月から電源を入れたままでもサービスの対象にすることが分かった。当事者
  から「車いすを押すことだけが介助ではない。市の認識は実態とずれている」と
  の抗議を受け、長年続いてきた異例の運用を見直すことになった。
  …などと伝えています。

画像は、9月下旬撮影 コスモス(奈良市般若寺にて)
 

しばらく掲示板投稿お休みいただきます。

 投稿者:事務局  投稿日:2019年10月 1日(火)09時40分2秒
返信・引用 編集済
  皆さん、おはようございます。 事務局のNです。

    *10月にはいっても残暑きびしいですね。

すいません。しばらくの間、パソコンも含め
メンテナンスの期間をいただきます。  m(._.)m
 

車いす男性の乗車拒否、バス2台を15日間使用停止処分:26日付京都新聞 など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 9月29日(日)16時11分57秒
返信・引用 編集済
  みなさん、 こんにちは  事務局のNです。

 *またまた投稿ができていなくてすいませんです。9月に誕生月をむかえ、
  いわゆる「65歳問題」などでめちゃバタバタしています。

※WEB報道など……
☆車いす男性の乗車拒否、バス2台を15日間使用停止処分
  京都新聞 2019年09月26日
  https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20190926000127
 > 大津市のJR瀬田駅前で7月、帝産湖南交通(滋賀県草津市)の路線バス運転手が
  車いす男性の乗車を拒んだ問題で、国土交通省近畿運輸局は26日、同社の田上営業
  所(大津市)に対し、バス2台を同日から15日間の使用停止処分とした。乗車拒否
  を理由にバス事業者が処分を受けるのは異例という。
   運輸局によると、男性が7月3日正午すぎ、駅前に停車していた車いす対応のバス
  に乗ろうとした際、運転手がリフトの使い方が分からないとして断った。
   運転手は会社に対し「出発時間を過ぎ、立っている乗客もいた。想定していない状
  況で、角を立てないよう短絡的にうそを言った」と説明しているという。同社は「真
  摯(しんし)に受け止め、改善努力を続ける」としている。
  …などと伝えています。
 *車いす乗車拒否でバス会社に処分
   NHK 滋賀県のニュース 09月27日<動画>
   https://www3.nhk.or.jp/lnews/otsu/20190927/2060003503.html
 *「スロープの使い方がわからない」車いすの男性の乗車を拒否 バス会社が行政処分
   (ABCテレビ) - Yahoo!ニュース 9/27<動画>
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-00023314-asahibcv-l25
 *車いす「操作わからない」と乗車拒否…バス会社を行政処分
   (読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース 9/26
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-00050256-yom-soci
 △路線バス事業者に対する行政処分について
   国土交通省近畿運輸局 自動車交通部旅客第一課 令和元年9月26日
   http://wwwtb.mlit.go.jp/kinki/content/9pdf19-138.pdf

☆重度障害議員を「迷惑」視する社会を変える――特別扱いではない「合理的配慮」とは?
  wezzy|ウェジー 2019.09.26
  https://wezz-y.com/archives/69529?fbclid=IwAR0X4DCKUKGOsWlvUHpYt-nKCnnE5a23k9F8HvjkTUJf5iD7Gs41B_MT9Wk
 > 重度障害のあるれいわ新選組所属の舩後靖彦氏、木村英子氏の参議院当選から2カ月が過ぎた。
  両議員の当選に対し、少数者の声を国政に届けるものとして歓迎する声があった一方、逆風も
  吹いた。議場の改修工事、議会のルール変更、介護費用の問題等が明らかになるにつれ、「コス
  トがかかりすぎる」「議員本人が自己負担すべきだ」「かれらが議員になることは議事進行を妨
  げる『迷惑行為』だ」といった声がSNSを中心に噴き上がったのである。
   その風圧の強さは「合理的配慮」という理念がいかに社会に浸透していないかを如実に表して
  いる。先の選挙後、報道でも頻繁に使用されるようになった「合理的配慮」という語は、2016年
  に施行された「障害者差別解消法」のキーワードのひとつだ。しかし世間では、施行から3年半
  たったいまも「障害のある人のために何かをしなければいけないらしい」程度の理解に留まってい
  るように感じる。
   「合理的配慮」の意味や法律が必要とされた背景を知らなければ、これからも「障害があるから
  といって特別扱いするべきではない」「コストがかかりすぎる」といった誤解に基づく発言が繰り
  返されるだろう。そんな社会状況は、広く障害のある市民の生きづらさにもつながっている。そこ
  で本稿では「社会的障壁をとりのぞく『合理的配慮』」がどのようなものなのか、その上で、両議
  員へのバッシングがなぜ間違いなのかを解説していく。
  …などと伝えています。

☆注目集まる「インクルーシブ教育」障害の有無関わらず一緒に授業
  京都新聞 2019年09月25日
  https://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20190925000066
 > 子どもたちが障害などのあるなしにかかわらず一緒に学べる場を保障する「インクルーシブ教育」
  が注目されている。知的な遅れのない発達障害の児童生徒を含む学級づくりなど、特徴的な取り組
  みを取り上げ、現状と課題を探る。
  …などと伝えています。
 *新しい時代の特別支援教育の在り方に関する有識者会議(第1回)会議資料 ←9/25開催
   文科省初等中等教育局特別支援教育課企画調査係
   http://www.mext.go.jp/kaigisiryo/2019/09/1421554.htm

☆障害者差別解消の条例「当事者の意見を」制定前に訴え
  朝日新聞デジタル 2019年9月24日
  https://www.asahi.com/articles/ASM9R41Y2M9RUNHB001.html
 > 障害がある人への差別をなくそうと訴える「みやぎアピール大行動」が23日、仙台市
  中心部であり、障害者や家族、福祉関係者ら約200人が参加した。今年で13回目。
  宮城県が制定を検討している障害者差別解消に向けた条例について、県の担当者らとの意見
  交換もあった。
  …などと伝えています。

☆19のいのち~あすへの一歩
 「わたしが障害者じゃなくなる日」本に込められた思いは
  NHK首都圏ネットワーク @首都圏 9月26日
  https://www.nhk.or.jp/shutoken/net/report/20190926.html?fbclid=IwAR1FwhvDrs2LZcfT8X-sZDFMuAiG-aqwnom0lmJZQwnIov3Ap5UeyVgTf7I
 > 相模原障害者殺傷事件を乗り越えていこうという取り組みを見つめる「19のいのち~
  あすへの一歩」です。 ある障害のある方が、子ども向けに書いた本です。タイトルは
  「わたしが障害者じゃなくなる日」。「障害」とは何か、イラストも交えて分かりやすい
  ことばで語りかけていると、6月の出版以降、話題になっています。本にこめられた思い
  を取材しました。
  …などと伝えています。
 *わたしが障害者じゃなくなる日  海老原宏美:著 旬報社2019/06/01
   http://www.junposha.com/book/b454118.html

☆語り部の平沢さん 決意新た 多磨全生園が創立110年
  東京新聞 東京 2019年9月29日
  https://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201909/CK2019092902000120.html
 > ハンセン病元患者らが暮らす国立療養所多磨全生園(たまぜんしょうえん)(東村山市)は
  二十八日、創立から百十年を迎えた。前日の二十七日には園の入所者自治会長で長年にわたって
  語り部を続ける平沢保治(やすじ)さん(92)に市から市民栄誉賞が贈られ、隣接する国立
  ハンセン病資料館では二十八日から企画展「望郷の丘」が始まった。
  …などと伝えています。
 *ハンセン病 患者家族への補償制度 厚労相「早く合意へ努力」
   NHKニュース 2019年9月28日
   https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190928/k10012103331000.html
  > ハンセン病患者の家族への差別被害を認めた集団訴訟の判決を受けて、加藤厚生労働大臣は、
   超党派の国会議員が臨時国会で救済策を盛り込んだ法案の成立を目指していることを踏まえ、
   新たな補償制度の創設に向けて原告側との合意を急ぐ考えを示しました。
   …などと伝えています。

☆聴覚障がい者の市会議員「聞こえない」「しゃべれない」中 挑んだ初の一般質問
  (メ~テレ(名古屋テレビ)) - Yahoo!ニュース 9/24<動画>
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190924-00010000-nbnv-l23
 *車椅子の安楽県議 初めての一般質問 バリアフリー観光の推進などで質疑
   (KTS鹿児島テレビ) - Yahoo!ニュース 9/24<動画>
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190924-00000005-kts-l46
  ・鹿児島県議会 車いすの安樂議員が初質問
    (MBC南日本放送) - Yahoo!ニュース 9/24<動画>
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190924-00038363-mbcnewsv-l46

☆鹿児島県議会 手話普及条例 年度内制定へ
  (MBC南日本放送) - Yahoo!ニュース 9/25<動画>
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190925-00038376-mbcnewsv-l46

☆採用案内に障害者排除文言 県内団体、津市に見直し要望 三重
  (伊勢新聞) - Yahoo!ニュース 9/26
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-00000815-isenp-l24
 > 三重県内の障害者団体でつくる「三重県に障害者差別解消条例をつくる会」などは25日、
  令和元年度の市職員採用試験募集案内や職員採用試験申込書に障害者を排除する文言があった
  として、市と市議会に見直しを求める要望書を提出した。
  …などと伝えています。

☆重度障害者「卒業後も学びたい」 広がる在宅生涯学習
  東京新聞 特報 2019年9月29日
  https://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2019092902000169.html
 > 特別支援学校を卒業した後も重度の障害者が自宅で学べるよう、訪問学習の機会を提供する
  動きが、静かに広がっている。今は一部の民間団体の取り組みに限られるが、医療技術の発達
  で、今後も医療的ケア児の増加は見込まれ、卒業後の進路としてもニーズがある。在宅で孤立
  しがちな障害者と家族への支援として、国に制度化を求める声が上がっている。
  …などと伝えています。

▽障害ある人もない人も走るマラソン大会終了 惜しむ声、次々
  京都新聞 2019年09月24日
  https://www.kyoto-np.co.jp/sports/article/20190924000069

▽公的病院再編、強引な手法に疑問の声「全国で連携、存続へ行動」
  京都新聞 2019年09月28日
  https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20190928000098

※厚労省関係……
☆第90回労働政策審議会障害者雇用分科会 ←10/4開催予定
  職業安定局 障害者雇用対策課
  https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06941.html
 △これまでの同審議会の資料や議事録などは下記を
   https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-rousei_126985.html


画像は、
 上:11月10日開催予定のチラシ
   2019 年度肢体障害者二次障害検討会学習会
   「65歳」を考える~「65歳問題」は健康と社会参加にどう関わるのか~
    http://www.kyousaren-osaka.com/?p=4551
 中・下:大阪社保協:介護保険と障害福祉サービス65歳問題
     作成「介護保険を申請しない選択肢もあります」リーフレットより
      https://www.osaka-syahokyo.com/18life/khrv1.pdf
 

レンタル掲示板
/158