teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:173/1321 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

優生手術問題シンポジウム 忘れないで解明を:13日付テレビ新広島 など

 投稿者:事務局  投稿日:2018年 5月14日(月)10時00分9秒
  通報 返信・引用 編集済
  みなさん、おはようございます。   事務局のNです。

 *昨朝からの強弱の雨降りもあがり白い雲ときれいな青空が…
  明日(15日)は京都市内では「葵祭」ですね。
   ・葵祭 2018京都新聞
    http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/aoi/index.html

※WEB報道など……
☆優生手術問題シンポジウム 忘れないで解明を
  TSSテレビ新広島 5/13<動画>
  http://www.tss-tv.co.jp/tssnews/000001325.html
 > 『旧優生保護法』のもと、障害者に強制的な不妊手術が繰り返されていた問題で、13日、
  広島市でもこの問題のシンポジウムが開かれました。
   シンポジウムは広島市のNPO法人が主催しました。
   40年前、広島市内の病院で障害があることを理由に不妊手術を受けた佐々木千津子さんの
  ドキュメンタリー映画が上映されたほか、専門家が、アメリカやスウェーデンなどでも強制的
  な不妊手術があった背景などを解説しました。
   『旧優生保護法』のもとでは、全国で障害者1万6000人あまりが強制的な不妊手術を受
  けたとされ、今年1月、仙台地裁で提訴されたことをきっかけに全国的に声をあげる動きが広
  がっています。
   【主催団体障害者生活支援センター・てごーす川本澄枝代表】
   「闇に葬られてきて、声もあげられない人たちがいっぱいいるということを考えながらこの
  集会を開くことにした」
   県では専用の窓口を設けて相談を受け付けています。
  …などと伝えています。
  ・「優生手術の全容解明を」広島市でシンポジウム
    (RCC中国放送) - Yahoo!ニュース 5/13<動画>
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180513-00136600-rccv-l34
  ・広島で強制不妊手術考えるシンポ
    中国新聞 2018/5/14
    http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=431873&comment_sub_id=0&category_id=112
  ・旧優生保護法の問題考えるシンポ
    NHK広島のニュース 05月14日<動画>
    https://www3.nhk.or.jp/hiroshima-news/20180514/0000760.html
   > 平成8年まで施行された旧優生保護法のもとで、強制的に障害者などに不妊手術が
    行われていた問題を考えるシンポジウムが13日、広島市で開かれました。
     これは障害者を支援する広島市の団体が企画し、およそ60人が参加しました。
     はじめに、昭和43年、20歳のときに、障害を理由に不妊手術を受けさせられた
    広島市出身の佐々木千津子さんを描いた映画が上映されました。
     映画は、佐々木さんが、実名を明らかにしたうえで、5年前に亡くなるまで25年
    以上、国などに実態の解明や謝罪を求め続けた様子を伝えています。
     国によりますと平成8年まで施行された旧優生保護法のもとで、強制的に不妊手術を
    受けさせられた人は、全国でおよそ1万6500人にのぼります。
     映画の上映のあと大学の教授らが講演し、旧法は、基本的人権を踏みにじってきたと
    して、国などの謝罪や補償の必要性を強調していました。
     主催したNPO法人「障害者生活支援センター・てごーす」の川本澄枝代表は、「障
    害者は、結婚や妊娠はしないものだと考えられてきたので、手術が人権侵害だという認
    識がないまま亡くなった人も多いと思われ、その事実を広く知ってもらいたいです」と
    話していました。
    …などと伝えています。
 *ファイル:
  旧優生保護法に関する情報を県HPで公開/滋賀
   毎日新聞 2018年5月13日 地方版
   https://mainichi.jp/articles/20180513/ddl/k25/010/276000c
  > 県は旧優生保護法に基づく不妊手術などに関する情報提供を、県のホームページ
   (HP)で始めた。県が保存されていた書類で確認した該当者の人数などを公開して
   いる。相談を受けける健康寿命推進課の電話番号(077・528・3653)など
   も掲載している。
   …などと伝えています。
  ・旧優生保護法にかかる担当課の連絡先について
    /滋賀県健康医療福祉部健康寿命推進課 2018年4月26日
    http://www.pref.shiga.lg.jp/e/kenko-j/bosi/yuseihogo.html
 *社告:今週のおすすめ紙面 /強制不妊手術で一斉提訴
   毎日新聞 2018年5月14日 東京朝刊
   http://mainichi.jp/articles/20180514/ddm/004/040/053000c
  > 旧優生保護法を問う 強制不妊手術で一斉提訴 18日・金曜日
   旧優生保護法下で不妊手術を強制されたとして、手術を受けたいずれも70代の男女4人と
   その家族が国に損害賠償を求めて東京、仙台、札幌3地裁に提訴します。家族は北海道の女
   性の夫で「家族として子どもを産み育てる権利が侵害された」として、手術を受けた本人以
   外で初めて提訴に参加します。提訴後には記者会見が予定されており、当事者の思いを伝え
   ます。
   …などと伝えています。
 *強制不妊の相談窓口、障害者団体から疑問 京都「配慮欠く」
   京都新聞 2018年05月14日
   http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20180514000052
  > 旧優生保護法に基づき障害者が強制不妊手術を受けさせられていた問題で、京都府の相談
   窓口が府こども総合対策課にあることに対し、障害当事者団体から「子どもを産めない体に
   された被害者への配慮が欠けている」と、疑問の声が上がっている。
    訴えているのは、「障害権利条約の批准と完全実施を目指す京都実行委員会女性部会」の
   メンバーら。日本自立生活センター(京都市南区)の香田晴子所長は「行政が障害当事者の
   気持ちに寄り添う姿勢がないことの現れだ」と話し、別の窓口を設置するといった改善を求
   めている。
    府内では記録上1953~75年に89人が強制不妊手術を受けさせられたが、府はその
   後の状況を把握していない。相談窓口は、救済措置が定められた時に備え、本人や親族から
   情報収集するため4月3日に開設した。これまでに2件の相談があったという。
    こども総合対策課を窓口としたのは、旧優生保護法の後継となった母体保護法を担当して
   いるためで、他府県でも子育て関係組織に開設するケースが多い。
    府は批判に対し「国で救済の動きがある中、とにかく行動を起こそうと、第一歩として設
   けた」と説明。西脇隆俊知事は「親身に相談できる人間が対応するのが府の立場。もし、窓
   口名称で躊躇(ちゅうちょ)する人がいるのであれば、(対応部署などの変更も)検討して
   いきたい」としている。
    同部会メンバーでもある京都頸髄(けいずい)損傷者連絡会の村田恵子会長は「障害の有
   無で命に優劣をつける過ちを繰り返さない社会にするために何ができるのか、改めて当事者
   の立場で支援の在り方を考えてほしい」としている。
   …などと伝えています。
 *旧優生保護法 強制手術巡り記録に「違法」の指摘
   (テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース 5/14<動画>
   https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180514-00000020-ann-soci
  > 全国の障害者らに強制的に不妊手術が行われていた旧優生保護法の問題です。群馬県で法律
   で定められた医師とは別の医師が手術をし、旧厚生省が「法律違反」であると指摘していたこ
   とが分かりました。
    旧優生保護法では、不妊手術は手術ごとに指定された医師によって行わなければならないと
   定められていました。しかし、群馬県に残されていた記録には、不妊手術を受ける人が急に病
   気にかかり、この病気の治療を担当した別の病院の医師が代わりに不妊手術をしたと記されて
   います。法律では、こうした場合、医師を変更する手続きが必要でした。この記録は県から旧
   厚生省に宛てた報告書で、不妊手術を実施する際に「事件が発生した」としています。これに
   ついて、旧厚生省は「法律に違反する行為と認められる」としたうえで、「この医師に対して
   十分注意を喚起されたい」と指摘していました。
    日本学術振興会特別研究員PD・横山尊氏:「担当者以外の人が手術したという意味での違法
   なんだろうと思います。県・現場レベルで(法の)運用が必ずしもスムーズにいっていないこ
   とを示す事例」
   …などと伝えています。
 *強制不妊手術619人=大阪府
   時事ドットコム 2018/05/14
   https://www.jiji.com/jc/article?k=2018051400814&g=soc
  > 旧優生保護法に基づき障害者らが不妊手術を強制された問題で、大阪府は14日、府内で
   強制不妊手術を受けた人が少なくとも619人いると発表した。個人を特定する情報は確認
   できなかった。
    府が1949年から80年までの強制不妊手術件数を府衛生年報で調べた。ただ、48、
   52、53年は資料がなく確認できなかった。
   …など伝えています。
   ・旧優生保護法に基づく大阪府における強制不妊手術について
     報道発表資料 健康医療部保健医療室地域保健課母子グループ 2018年5月14日
     http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=30912
   ・大阪府/旧優生保護法に関する相談窓口について
     健康医療部保健医療室地域保健課母子グループ 平成30年4月24日
     http://www.pref.osaka.lg.jp/chikikansen/kyuyuseihogohou/index.html

☆(いま子どもたちは)学校に行きたい:1 ベッドが教室、宿題たくさん
  (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース 5/13 から4回連載予定
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180513-00000008-asahik-soci

☆「人権上、重大な事案」と愛知県知事 名古屋城EV不設置方針で
  日本経済新聞 中部 2018/5/14
  https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30449120U8A510C1CN0000/
 ・「障害者人権尊重を」知事が再考促す 名古屋城EV問題
   (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース 5/14
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00000042-asahi-pol
  > 名古屋市が名古屋城木造新天守にエレベーターを設置しない方針を決めたことについて、
   愛知県の大村秀章知事は14日の記者会見で「障害者の基本的人権は尊重されなければなら
   ない。市は障害者の皆さんと意見交換して、より良い解決策を見いだしてほしいと強く申し
   上げたい」と述べ、市に再考を促した。
    市の方針については、障害者団体の全国組織が抗議文を送ったり、県内の障害者団体が県に
   対し救済措置を申し立てたりしている。
    大村氏は、エレベーター不設置について「障害者の基本的人権にかかわる極めて重大な問題
   と認識せざるを得ない。(障害者団体からの)申し出は重く、厳粛に受け止めないといけない」
   と指摘。県への救済申し立ての扱いについては「我々ができることを十二分に検討したい」と
   述べた。
   …などと伝えています。
 ・名古屋城新天守「エレベーターなし」方針は「極めて重大な事案」大村知事
   (CBCテレビ) - Yahoo!ニュース 5/14<動画>
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00006922-cbcv-soci
 ・名古屋城の木造復元天守閣「エレベーターなし」の名古屋市方針に大村愛知県知事が介入示唆
   (東海テレビ) - Yahoo!ニュース 5/14<動画>
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00003380-tokaiv-l23
 ・大村知事が「より良い解決策を」 名古屋城新天守に市が「エレベーター不設置」方針で
   (メ~テレ(名古屋テレビ)) - Yahoo!ニュース 5/14<動画>
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00181087-nbnv-l23
 ・エレベーターなし 人権に関わる
   NHK東海のニュース 05月14日<動画>
   https://www3.nhk.or.jp/tokai-news/20180514/4484121.html

▽視覚障害ある女性らネットラジオ発信 距離越えつながる
  (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース 5/14
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00000014-asahi-soci

▽在宅療養者の食、寄り添いたい 京都の管理栄養士
  京都新聞 2018年05月13日
  http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20180513000054
 *京都訪問栄養士ネット
   http://kyoto-houmoneiyoushi.opal.ne.jp/


画像は、5/11撮影の見頃の春バラ(枚方市内にて)  パート2
 
 
》記事一覧表示

新着順:173/1321 《前のページ | 次のページ》
/1321