teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:16/1321 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

強制不妊救済、与党法案「不十分」=全国被害弁護団が声明:2日付時事通信 など

 投稿者:事務局  投稿日:2018年11月 2日(金)18時52分25秒
  通報 返信・引用
  みなさん、こんばんわ。  事務局のNです。

 *陽が落ちると肌寒さをさらに感じますよね…

※WEB報道など……
☆強制不妊救済、与党法案「不十分」=全国被害弁護団が声明
  (時事通信) - Yahoo!ニュース 11/2 14:58
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181102-00000077-jij-soci
 > 旧優生保護法下で障害者らが不妊手術を強制されるなどした問題で、全国被害
  弁護団は2日、自民、公明両党の与党ワーキングチーム(WT)がまとめた救済法案の
  骨子に関し「不十分な点もあり、さらなる検討が必要」とする声明を発表した。
   声明は、骨子が旧優生保護法の違憲性に触れていないとして「遺憾であり、国の
  施策によって憲法に違反する著しい人権侵害が行われたことを認めた上で真摯
  (しんし)な謝罪をすることは被害回復に不可欠」と指摘した。
  …などと伝えています。
 ▽優生保護法被害弁護団
   http://yuseibengo.wpblog.jp/
  *与党旧優生保護法に関するワーキングチーム 「基本方針骨子」に関する弁護団コメント
    弁護団HP 11月 2, 2018
    http://yuseibengo.wpblog.jp/archives/507
   > 与党旧優生保護法に関するワーキングチーム(以下「与党ワーキングチーム」と
    言う)は、2018年10月31日、優生保護法被害者の被害回復に向けた議員立
    法の基本方針骨子をまとめた。
     1996年に母体保護法への改正が行われて以降20年以上にわたり、厚生労働
    省は、被害者の訴えに対し「当時は合法であった。謝罪、補償、実態調査は行わな
    い。」と言い続けてきた。
     しかし、本年1月30日の仙台地方裁判所での提訴をきっかけに、優生保護法に
    よる重大な人権侵害の事実が表面化し、被害回復への世論が高まり、メディアでも
    大きく報道され、160以上の地方議会における被害者の早期救済を求める意見書
    採択といった動きにもつながっていった。そして、当弁護団にも、これまで声をあ
    げることができなかった被害者からの声が寄せられ、現時点で、全国6地裁に
    13人の被害者(手術被害者10人)が提訴し、被害回復を訴えている。
     これらの動きを踏まえ、本年3月に設置された与党ワーキングチームが、厚生労
    働省に優生手術被害者の記録の調査を求め、被害者が高齢であることなどの事情も
    踏まえ、極めて短期間に基本方針骨子をまとめ、優生手術被害者の早期の被害回復
    を実現しようとしていることについては、敬意を表するものである。
     しかしながら、今般まとめられた基本方針骨子については、不十分な点もあり、
    さらなる検討が必要であると考える。
     まず、基本方針骨子が、優生保護法が違憲であったことに何ら触れていない点は
    遺憾である。すなわち、係争中の裁判で、被告国は、優生保護法の違憲性を認否し
    ないという態度を示しているが、1996年に「障害者差別に当たる」として母体
    保護法への改正をしたことからも違憲性は明らかである。
     優生手術被害者は、リプロダクティブライツ(性と生殖に関する権利)に関する
    自己決定権を奪われたことだけでなく、優生思想を正当化した法律によって名誉及
    び尊厳が著しく損なわれたという点でも甚大な被害を受けていることから、国の施
    策によって、憲法に違反する著しい人権侵害が行われたことを認めたうえで、真摯
    な謝罪をすることは、被害回復に不可欠であると考える。
     また、行政保有情報によって個人が特定出来る被害者に対して通知を行わず、被
    害者本人から厚生労働大臣宛に申請が必要とした点についても、再度の検討を求め
    る。
     確かにプライバシー等への配慮が必要であるが、被害者は、国の施策により、重
    大な人権侵害を受けながら、被害回復がなされないまま長く放置されてきたのであ
    る。そのうえ、今回の被害者には、その障害特性等から自ら被害回復を求めて行動
    することが非常に困難な人達が多いだけでなく、親による同意等家族も巻き込んで
    いたことから、家族の立場を推し量って言い出せない等の事情のある人達も多くい
    る。これら事情を鑑みることなく、法改正後20年以上たった今になって、被害者
    本人への補償制度に関する通知等申請を支援する仕組みのないまま申請を要件とす
    ることは、施策として人権侵害を行っていた国の態度としては、不誠実である。
    一人でも多くの被害者に、国の謝罪と補償が届く方策を、障害者団体や被害者関係
    団体等の意見を聞き、検討を重ねるべきである。
     補償対象者を被害者本人限るとした点については、2018年10月25日付要
    望書記載のとおり、配偶者や遺族も含めて検討すべきであるし、認定機関について
    も、厚生労働大臣の所管ではなく、その構成、権限、事務局も含め、独立性の高い
    第3者委員会の仕組みとするべきである。
     さらに、基本方針骨子では触れられていないが、真相究明等のための検証委員会
    を設置し、その提言を踏まえ、国が積極的に、優生思想を打破・根絶するための継
    続的な啓発活動や障害のある人の差別をなくすための施策を推進することは、我が
    国が批准している障害者権利条約上の義務でもあり、真の意味の被害回復の観点か
    らもすべての関係者が切に望んでいることである。当該委員会による検証を補償と
    並行して実施することは必要不可欠である。
     当弁護団は、今後もより良い被害回復制度となるよう求めていくが、与党ワーキ
    ングチームにおいても、さらなる検討がなされることを期待する。
     以上
                        2018年11月2日
                        全国優生保護法被害弁護団
                         共同代表  新 里 宏 二
                         同     西 村 武 彦
   …などと伝えています。
   ・与党WTに要望書提出
     弁護団HP 10月 26, 2018
     http://yuseibengo.wpblog.jp/archives/498
    > 平成30年10月25日(木)、与党旧優生保護法に関するワーキングチームに対し、
     弁護団から、要望書を提出しました。
    ・旧優生保護法による被害者に対する支援のあり方に関する要望書(PDF)
      http://yuseibengo.wpblog.jp/wp-content/uploads/2018/10/WT301025.pdf

☆おわびの主体「我々」=強制不妊救済法案―超党派議連
  (時事通信) - Yahoo!ニュース 11/2 12:57
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181102-00000063-jij-pol
 > 旧優生保護法下で障害者らが不妊手術を強制されるなどした問題で、超党派議員
  連盟の法案作成プロジェクトチーム(PT)は2日、救済法案の骨子案について議論
  した。
   たたき台となった原案では、前文に「生殖を不能とする手術や放射線の照射を強
  いられ、心身に多大な苦痛を受けてきたことに対して、我々は、率直に反省し、深
  くおわびする」と明記。おわびの主体は国民を意味する「我々」とした。違憲性に
  ついては触れていない。
   PTは今後、全国被害弁護団など関係者の意見を聴くなどした上で骨子案を決定し、
  7日の議連総会で了承を得たい考え。議連と並行して救済策を検討している与党ワー
  キングチームも先月31日、法案の骨子をまとめており、両者は調整し、来年の通常
  国会への法案提出を目指す。
  …などと伝えています。

▽論説 旧優生保護法下の優生不妊手術 ……清水 貞夫・玉村公二彦
  『人権と部落問題』 2018年11月号(第70巻11号)通巻917号
  http://www.burakken.jp/so-mokuji/somokuji-frame.html

▽2018年11月4日(日) 24:55から放送予定
  NNNドキュメント’18 日本テレビ系列(関西エリア:10ChよみうりTV)
  『北海道ブラックアウト街も人も牛も・・・』
  http://www.ntv.co.jp/document/
 >*最大震度7を観測した北海道胆振東部地震。
   激震の18分後、予想もしていなかった出来事が...。
   全停電「ブラックアウト」が発生したのです。
   北海道のすべての世帯295万戸への電力供給が停止するという異常事態。
   物流が止まり都市機能もマヒ。さらに、医療を必要とする人の人工呼吸器も
   停止し命の危機が。
   搾乳ができず炎症を起こし死んだ牛も。
   日本で初めての「ブラックアウト」から私たちは何を学ぶべきなのでしょうか。
  *再放送
    11月11日(日)11:00~ BS日テレ
    11月11日(日)5:00~/24:00~ CS「日テレNEWS24」
  *予告動画は下記です。
    https://www.youtube.com/watch?v=vkfqpDFdnUc
  …などと伝えています。


画像は、10/28撮影 枚方市市民の森にて 秋バラも見頃ですよ。 パート3
 
 
》記事一覧表示

新着順:16/1321 《前のページ | 次のページ》
/1321