teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:14/1353 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

障害者は「お荷物」なのか 障害者雇用水増し問題から見える理想と現実 :7日付AERA dot. など

 投稿者:事務局  投稿日:2018年12月 7日(金)09時49分9秒
  通報 返信・引用 編集済
  みなさん、おはようございます。  事務局のNです。

 *朝からどんより空模様ですね、時折雨降りも。最高気温予想10℃表示ですよ。

※WEB報道など……
☆障害者は「お荷物」なのか 障害者雇用水増し問題から見える理想と現実
  AERA dot. (アエラドット) 森本美紀2018.12.7 07:00AERA
  https://dot.asahi.com/aera/2018120600063.html
 > 今年発覚した障害者雇用水増し問題。その背景から見えてくるものとは……。
  毎月話題になったニュースを子ども向けにやさしく解説してくれている、小中学生
  向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』に掲載された記事を紹介する。
  …などと伝えています。
 *障害者の「引き抜き」が起きる?
  福祉と企業の現場で聞いた「本音」 法定雇用率を守ろうとすると……
   (withnews) - Yahoo!ニュース 12/7
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00000001-withnews-soci
  > 障害者を雇用するってどういうことなのか? 障害者雇用の現場では、今後、
   「引き抜き」や「青田買い」が起こるのではないかと心配する声があるそうです。
   いったいどういうこと? 雇う側の気持ちが知りたくて、障害者雇用の改善に取り
   組む就労支援者や企業関係者を訪ねました。
   …などと伝えています。
 *国家公務員、障害者の勤務時間柔軟に=政府方針、安定雇用目指す
   (時事通信) - Yahoo!ニュース 12/6
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00000011-jij-pol
  > 政府は、障害を持つ国家公務員が無理なく安定して働くことができるよう、勤務
   時間を柔軟化する方針を固めた。
    一定条件の下で勤務時間を変更できる「フレックスタイム制」や、勤務時間の長
   さは変えずに始業時間を繰り上げたり繰り下げたりする「早出遅出勤務」を、介護
   や子育て中の職員と同様に利用できるようにする。職員が希望すれば、公務上支障
   がない範囲で休憩時間の分割や延長も認める方向だ。
    中央省庁の障害者雇用水増し問題を受け、政府が10月に打ち出した基本方針は、
   障害者の働きやすさを考慮した勤務時間や休暇を検討すると明記。2019年末までに
   約4000人の障害者雇用を目指している。
   …などと伝えています。
  ・障害者水増し「漫然と踏襲」=19年末までに352人採用―最高裁
    (時事通信) - Yahoo!ニュース 12/6
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00000112-jij-soci
  ・障害者雇用裁判所水増し429人
    福島民報 2018/12/06
    http://www.minpo.jp/globalnews/detail/2018120601002066
  ・裁判所の障害者雇用水増し、全国で429人不適切計上
    (TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース 12/7 7:08<動画>
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20181207-00000012-jnn-soci
 *「自力通勤」など記述削除…県人事委員会  障害者採用の受験資格
   読売新聞 茨城 2018年12月06日
   https://www.yomiuri.co.jp/local/ibaraki/news/20181206-OYTNT50017.html

☆旧優生保護法での救済法案 一本化で合意 与党・超党派議連
  (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 12/6
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00000009-mai-pol
 > 旧優生保護法(1948~96年)下で行われた障害者らに対する不妊手術を巡り、与党
  ワーキングチーム(WT)と超党派議連の主要メンバーが5日、国会内で会合を開き、
  それぞれ準備を進めてきた救済法案の一本化に合意した。与党WT案ではあいまいだっ
  たおわびの主語は、政府や国会を含めた国民全体を意味する「われわれ」とする。
   与党WTと超党派議連はそれぞれ、救済方針をまとめている。一時金の支払いなど内
  容はほぼ一致しており、来年の通常国会に法案を提出する方針。一時金の額は財務省
  との協議が必要で、今後議論する。
  …などと伝えています。
 *強制不妊、国民全体で「おわび」
   (共同通信) - Yahoo!ニュース 12/6
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00000011-kyodonews-pol
 *強制不妊のおわび、主体「我々」に 与党と超党派が合意
   (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース 12/6
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00000019-asahi-soci
 *旧優生保護法:「子ども持つ夢奪われた」
  聴覚障害の県内女性、手話で「権利」訴え 説明なく子宮摘出手術/香川
   毎日新聞 2018年12月6日
   https://mainichi.jp/articles/20181206/ddl/k37/040/441000c
  > 旧優生保護法下で不妊手術や人工妊娠中絶手術を施された可能性がある聴覚
   障害者は全国22道府県で128人(10月末現在)いると、全日本ろうあ連盟
   (東京都)がこのほど公表した。県内でも女性2人が調査に声を上げ、そのうち
   の一人で子宮を摘出された女性(82)は「子どもを持つ夢を奪われた」と訴え
   る。何の説明もないまま出産の機会を奪われた女性は周囲の仲間に相談し、訴訟
   を起こせないか検討中だ。
   …などと伝えています。
 *「障害は不幸じゃない」当事者ら発信 10日、明石でシンポ
   神戸新聞 総合 2018/12/6
   https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201812/0011880813.shtml
  > 障害があることを「不幸」と捉える風潮に疑問を投げ掛けるシンポジウムが10日
   午後2時から、兵庫県明石市相生町2の勤労福祉会館である。旧優生保護法(1948~
   96年)に基づき、障害者に不妊手術が繰り返されていたことが社会問題となる中、
   当事者や関係団体の代表が意見交換する。
    旧法は「不良な子孫の出生防止」を掲げ、知的障害や精神疾患などを理由にした不妊
   手術を認め、本人の同意がなくても医師の認定などで手術をしていた。全国各地で被害者
   が国に賠償を求めて提訴。今年9月には、県内の夫婦2組が聴覚障害者として全国で初め
   て提訴した。
   …などと伝えています。

☆「65歳の壁」はなぜ生まれるのか-介護保険と障害者福祉の狭間で起きる問題を考える
    ニッセイ基礎研究所 2018年11月29日
   保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   三原 岳
   https://www.nli-research.co.jp/report/detail/id=60227?site=nli
 > ■要旨
   障害者が65歳以上になることで、従来の障害者福祉サービスを受けられなくなる
  「65歳の壁」問題が一部で注目されている。障害者に福祉サービスを提供する障害者
  総合支援法では、介護保険に同様のサービスがある場合、介護保険を優先するよう求
  める規定があるため、それまで受けていたサービスが受けられなくなったり、急に負
  担が増えたりする不都合が生じており、司法判断が下される事態も生まれている。
   本レポートでは、介護保険法と障害者総合支援法の概要や相違点、国会での議論な
  どを考察し、2つの制度の狭間で「65歳の壁」が生まれやすい構造を明らかにする。
  さらに、過去の通知や近年の制度改正、今年3月の岡山地方裁判所の判決などに触れ
  つつ、問題解決に向けた選択肢を提示する。
   ■目次
  1――はじめに~「65歳の壁」問題を考える~
  2――「65歳の壁」問題の概略
   1|2つの法律の主な相違点
   2|障害者総合支援法の給付に関する概要
   3|「65歳の壁」のイメージ
   4|「65歳の壁」の実態
   5|国や関係団体の調査
  3――「65歳の壁」問題が起きる理由~法的な枠組み~
   1|介護保険優先の原則
   2|介護保険法優先の原則を巡る国会答弁
   3|介護保険法優先の原則の妥当性
  4――「65歳の壁」の問題が起きる理由~(2)現場の視点~
   1|2007年3月の通知
   2|自立観の違い
  5――「65歳の壁」の解消に向けた制度改正
  6――介護保険制度改正の影響を受ける可能性
  7――岡山地裁の判決
  8――「65歳の壁」の解消に向けた選択肢
   1|制度の統合は困難か
   2|「合理的配慮」の考え方を踏まえた柔軟な対応を
  9――おわりに
  …などと伝えています。

☆A型事業所運営会社社長ら逮捕
  NHK岡山県のニュース 12月06日21時04分<動画>
  https://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/20181206/4020001836.html
 > 障害者を雇用するいわゆる「A型事業所」を運営していた倉敷市の会社「フィル」の社長夫婦が
  大阪の金融業者から1200万円あまりをだまし取ったとして詐欺の疑いで逮捕されました。
   逮捕されたのは倉敷市などで「就労継続支援A型」と呼ばれる福祉事業所=いわゆる「A型事業
  所」を運営していた倉敷市の会社「フィル」の社長、岡本健治容疑者(52)と妻で従業員の岡本
  玲子容疑者(45)の2人です。
   「フィル」はことし3月、資金繰りの悪化を理由に会社の破産を申し立て、運営していた3つの
  事業所をすべて閉鎖しました。
   警察によりますと、岡本社長らは大阪市の金融業者に対し、事業所を閉鎖する見込みであること
  を隠して、障害者の就労を支援したときに受け取れる給付金の権利を売り、その代金として12
  57万円あまりをだましとったとして詐欺の疑いが持たれています。
   警察は金融業者からの刑事告訴を受けて捜査した結果、詐欺の疑いが強まったとして6日、自宅
  で2人を逮捕したということです。
   警察は2人の認否を明らかにしていません。
   「フィル」は去年9月からこの金融業者に給付金を受け取る権利を売っていたということで、
  警察は2人を取り調べて動機や受け取った金の使い道などを詳しく調べることにしています。
  …などと伝えています。
 *A型事業所運営 社長夫婦を送検 給付費巡る詐欺、賃金不払いの疑い
   (山陽新聞デジタル) - Yahoo!ニュース 12/7 12:24
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00010001-sanyo-l33

☆大阪市:障がいを理由とする差別の解消の推進に向けて (…障がいのある方へお知らせ)
  福祉局 障がい者施策部 障がい福祉課 2018年12月4日
  http://www.city.osaka.lg.jp/fukushi/page/0000340671.html?fbclid=IwAR1eCK009LGy3wHObopsFCfcxsygLfQepulG7q0t8IovpNJlQtMsIOk1bQw

☆電動車いすの母親、保育園遠足参加できず 人権救済申し立て
  京都新聞 2018年12月05日
  https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20181205000165
 > 京都市右京区の保育園に長男を通わせている両親が5日、電動車いすを利用する母親が
  送迎する際の手伝いを園から拒否されたり、園の行事への参加を認められなかったとして、
  京都弁護士会に人権救済の申し立てを行った。園と市に対して、障害のある保護者への支援
  や配慮を求めている。
  …などと伝えています。

☆元NHKアナ、50代で福祉施設に転身 内多勝康さんの奮闘記「『医療的ケア』の必要な子どもたち」
  (好書好日) - Yahoo!ニュース 12/7 11:10
  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181207-00010000-bookasahi-life
 > 50歳すぎて厳しく怒られるのって、しんどい
   NHKのアナウンサーという華やかな職を50代で離れ、医療的なケアを必要とする子供達と
  その家族をサポートする職へと転身した内多勝康さん(55)。新天地での奮闘と問題提起を
  著書「『医療的ケア』の必要な子どもたち」(ミネルヴァ書房)にまとめた。目指すのは、
  医療と福祉とが融合した新たな支援制度の構築という。
  …などと伝えていま。
 *「医療的ケア」の必要な子どもたち 第二の人生を歩む元NHKアナウンサーの奮闘記
   ミネルヴァ書房  内多 勝康 著 本体2,200円+税 出版2018年08月20日
   http://www.minervashobo.co.jp/book/b372250.html

▽「難病の子」は不幸ですか?
 苦しみ続ける姿、それでも…家族の日常「一定数生まれること、知ってほしい」
  (withnews) - Yahoo!ニュース 12/7
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000002-withnews-soci

▽障害者施設の虐待訴訟 和解成立
  NHK青森県のニュース 12月06日<動画>
  https://www3.nhk.or.jp/lnews/aomori/20181206/6080003252.html

▽知的、発達障害の中高生らを支援 放課後等デイサービス「アステップ」
  (長崎新聞) - Yahoo!ニュース 12/6
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00000007-nagasaki-l42

▽在宅だけどウエーター勤務 重度障害者が「分身ロボット」で接客するカフェ、東京にオープン
  (AFPBB News) - Yahoo!ニュース 12/5
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00010006-afpbbnewsv-int

▽停車中の電車使い 視覚障害者が福知山駅で乗降訓練
  (両丹日日新聞) - Yahoo!ニュース 12/7
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00010000-rtn-l26

※厚労省関係……
☆平成30年度精神保健及び精神障害者福祉に関する法律
 施行規則第15条の2第2号の規定に基づき厚生労働大臣が定める研修の開催について ←2019'2/5開催予定
  厚生労働省 社会・援護局 障害保健福祉部 精神・障害保健課 新着情報12/6より
  https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000190456_00001.html


画像は、7日付”AERA dot”より
 
 
》記事一覧表示

新着順:14/1353 《前のページ | 次のページ》
/1353