teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:67/1428 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

手話で「悲しみ消えない」 強制不妊手術、聴覚障害で全国初の弁論:26日付神戸新聞 など

 投稿者:事務局  投稿日:2018年12月27日(木)10時25分29秒
  通報 返信・引用 編集済
  みなさん、おはようございます。  事務局のNです。

 *昨日(26日)は午後からの実行委員会定例会(全体会)参加お疲れ様でした。

※WEB報道など……
☆手話で「悲しみ消えない」 強制不妊手術、聴覚障害で全国初の弁論
  神戸新聞 総合 2018/12/26
  https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201812/0011935232.shtml
 > 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を受けさせられたのは憲法違反と
  して、聴覚障害のある兵庫県内の夫婦2組が国に計4400万円の損害賠償を求めた
  訴訟の第1回口頭弁論が26日、神戸地裁(山口浩司裁判長)であった。同法を巡っ
  ては、全国6地裁で男女15人が同様の国賠訴訟を起こしている。
   原告は明石市の男性(86)と妻(86)夫婦と県内在住の70代夫婦。訴状など
  によると、説明なしに不妊手術を受けさせられたとして9月、「憲法に違反し重大な
  人権侵害」と提訴した。
   原告側は「(旧法下の)手術は個人の尊厳に反し、生殖に関する自己決定権を侵害
  する」と主張。「被害回復せず放置したのは違法」「手術を積極的に進めた」などと
  国の責任を追及した。明石市の男性の妻は同時に中絶手術も受けた。この日の弁論で
  は、男性が手話で「私たちの悲しみや寂しさは消えることはない」と訴えた。
   国は旧法が違憲かどうか直接言及せず「不作為に違法はない」とし、損害賠償請求
  権があっても手術時から除斥期間(20年)で「消滅している」と反論した。
   同様の裁判で聴覚障害者が原告となるのは全国初。法廷では、手話通訳が後方の傍
  聴者からも見えやすい位置で立てるようにするなどの配慮がなされた。
  …などと伝えています。
  ・強制不妊手術訴訟口頭弁論 原告、国の姿勢に憤り
    神戸新聞 総合 2018/12/26 18:42
    https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201812/0011936308.shtml
   > 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を受けさせられた聴覚障害の
    ある兵庫県内の夫婦2組が、国に計4400万円の損害賠償を求めた訴訟の
    第1回口頭弁論が26日、神戸地裁(山口浩司裁判長)であった。国は請求棄却
    を求め、旧法の違憲性については言及を避けた。原告らは閉廷後、「違憲だった
    かどうかを主張しない国の姿勢に不信感がある」と憤った。
     原告は明石市の小林宝二さん(86)、喜美子さん(86)と県内の70代夫
    婦。旧法を違憲だったとした上で、「国は手術を推進し、救済制度を作らず放置
    した」として9月に提訴した。
     弁論で、国は「被害の補償制度を設ける義務はなかった」と反論。旧法が合憲
    だったかどうかを「現時点で具体的に立証する必要性は乏しい」と主張し、山口
    裁判長が「正面から議論をするべきだ」として立証を促す一幕があった。
     閉廷後、70代夫婦の夫は「国は逃げるような態度だった。私たちは高齢にな
    っており、できるだけ早く問題を解決してほしい」と訴えた。
    …などと伝えています。
 *旧優生保護法で不妊手術強制 聴覚障害者の裁判始まる 神戸
   NHKニュース 社会 2018年12月26日 15時56分<動画>
   https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181226/k10011760351000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_018
  > 旧優生保護法のもと不妊手術を強制されたとして聴覚に障害のある人が初めて国に謝罪と賠償
   を求めた裁判が神戸地方裁判所で始まりました。法廷で原告が「悲しみは今も続いている」と訴
   えたのに対し、国は争う姿勢を示しました。
    聴覚に障害がある兵庫県明石市の小林寳二さん(86)と喜美子さん(86)の夫婦と、兵庫県
   内に住む70代の夫婦は、旧優生保護法に基づいて同意のないまま不妊手術などを受けさせられ、
   「憲法で保障された個人の尊厳や子どもを産み育てる権利を侵害された」として、国に対して
   謝罪と1人につき、慰謝料など1100万円の支払いを求めています。
    裁判は26日、神戸地方裁判所で始まり、小林寳二さんは「手術からおよそ60年がたちました
   が、悲しみは今も続いています。友人や知人に子どもがいるのを見ると、悲しくて、さびしくて、
   歯がゆい思いをします。こんな苦しみを与える差別は許せません」と訴えました。
    これに対し、国は「補償のための法律を定める義務はなかった。賠償を請求できる期間もすぎ
   ている」として訴えを退けるよう求めました。
    旧優生保護法が憲法に違反するかどうかについては見解を示しませんでした。
    原告の弁護団によりますと旧優生保護法をめぐる一連の裁判で、聴覚に障害のある人が起こし
   た裁判は今回が初めてです。
   …などと伝えています。
 *旧優生保護法訴訟 国側は違憲性言及せず
    MBS 関西のニュース 2018/12/26 19:09<動画>
   https://www.mbs.jp/news/kansainews/20181226/GE000000000000025890.shtml
 *不妊手術強いられた県内2組の夫婦 優生保護法訴訟神戸で初弁論-兵庫県
   (サンテレビ) - Yahoo!ニュース 12/26 17:03<動画>
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00010002-suntvv-l28
  ・【特集】旧優生保護法を問う 原告の決意-兵庫県
    (サンテレビ) - Yahoo!ニュース 12/25 20:53<動画>
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181225-00010004-suntvv-l28
 *「旧・優生保護法は憲法に違反する法律」
  不妊手術を強制された聴覚障がい者夫婦が国に賠償求める裁判始まる 神戸地裁
   (ABCテレビ) - Yahoo!ニュース 12/26 13:24<動画>
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00010003-asahibcv-l28
 *「旧優生保護法」の裁判 国側は争う姿勢
   (読売テレビ) - Yahoo!ニュース 12/27 8:36<動画>
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00000014-ytv-soci
 *旧優生保護法下の強制不妊 兵庫県の夫婦2組「許せない」、第1回口頭弁論で
   (産経新聞) - Yahoo!ニュース 12/27 8:14
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00000507-san-soci
 *不妊手術「障害者差別許せない」
   (共同通信) - Yahoo!ニュース 12/26 12:51
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00000075-kyodonews-soci
 *強制不妊悲しみ消えず、聴覚障害の夫婦訴え 神戸地裁で初弁論
   (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 12/26 22:21
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00000095-mai-soci
  ・原告側弁護団が国側の除斥期間主張に反論 優生保護法国賠訴訟
    (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 12/26 19:34
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00000054-mai-soci
  ・強制不妊「苦しみ今も」 聴覚障害の夫婦訴え 神戸地裁初弁論
    (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 12/26 12:19
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00000020-mai-soci
 *私はこの世にいなかったかも…不妊手術を強制した旧優生保護法の恐怖
   (現代ビジネス) - Yahoo!ニュース 12/28 6:00
   https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181228-00059197-gendaibiz-bus_all
  > 旧優生保護法の下で「不妊手術を強制された」人々が、全国で次々に提訴に踏み切っている。
   12月26日には、聴覚に障害のある小林寶二さん(86)と喜美子さん(86)夫婦ともう一組の夫婦
   とが国に訴えた裁判が始まった。しかしこうした問題で表に現れるのは氷山の一角だろう。
   『出生前診断』にて2016年度の科学ジャーナリスト賞を受賞した出産ジャーナリストの河合蘭
   さんが、旧優生保護法の「呪い」とも言える影響の続く現状を綴る。
   …などと伝えています。
 △優生保護法被害弁護団
   http://yuseibengo.wpblog.jp/
 △優生手術に対する謝罪を求める会 FBページ
   https://m.facebook.com/motomerukai2017/

画像は、
 上:神戸新聞26日付より
 下:26日開催された権利条約実行委員会定例会(全体会)模様
 
 
》記事一覧表示

新着順:67/1428 《前のページ | 次のページ》
/1428