teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:7/1578 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

公務員採用で知的・精神の障害者なぜ対象外 政令指定都市の一部、受験資格なし:15日付京都新聞

 投稿者:事務局  投稿日:2019年10月16日(水)08時37分45秒
  通報 返信・引用
  みなさん、おはようございます。  事務局のNです。

 *今朝は今季一番の冷え込みだったようですよ…

※WEB報道など……
☆公務員採用で知的・精神の障害者なぜ対象外 政令指定都市の一部、受験資格なし
  京都新聞 2019年10月15日
  https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/26986
 > 「障害者を対象にした京都市の正規職員採用試験で、身体障害者だけに受験資格が
  あり、なぜ知的障害者や精神障害者にチャンスがないのか」。京都新聞社の双方向型
  報道「読者に応える」に滋賀県の女性から疑問が寄せられた。全国20の政令指定都
  市を対象に2020年度採用の要件を調べたところ、確定している19市のうち、身
  体限定は京都市など4市のみだった。14市は知的と精神も対象とし、うち11市が
  20年度採用から加えていた。中央省庁での障害者雇用水増し問題を機に意識が高ま
  った影響のようだ。
   身体障害者限定の採用を続けているのは京都、大阪、福岡、浜松の4市。名古屋は
  身体と知的に限定している。京都市は今年2回に分けて行う20年度採用の正規職員
  試験で身体障害者枠を設け、一般事務職約10人、学校事務職若干名の採用を予定す
  る。
   滋賀県の女性は精神障害があり、京都市の採用試験を受けようとして対象外だと知
  ったという。知的と精神を含めていない理由について、市人事課は「施設のバリアフ
  リー整備だけにとどまらない配慮が必要」とし、「知的障害者には能力に応じた仕事
  を作り出さないといけないが、郵便物の仕分けなど軽度な業務は民間委託する方向に
  ある。精神障害者は体調面からフルタイム勤務が難しいケースが想定される」と説明
  する。
   一方、神戸や川崎など11市は、20年度採用から身体に加えて知的、精神にも拡
  大した。方針転換を促したのは、全国的な障害者雇用を巡る問題を受け、厚生労働省
  が18年12月に自治体に出した文書。「特定の障害種別の人に応募を限るのは障害
  者雇用促進法の趣旨に反する」と改善を求めた。
   厚労省は、障害の違いで採用試験の取り扱いが異なることは、障害者雇用促進法で
  禁止されている差別には当たらないとする。ただ、同法は事業主に障害者の雇用の場
  を確保するよう求めており、能力・適性のみを基準とした公正な採用選考を依頼した
  という。
   厚労省は16年にも同趣旨の文書を出していたが、多くの政令市が再度の依頼に応
  じた形となった。20年度採用から3障害に対象を広げた千葉は「16年時点は嘱託
  職員の採用で知的と精神障害者も対象にしていたので、文書の内容に対応していると
  の認識だった。今回は障害者雇用問題に社会の意識が高まっているのが大きかった」
  と説明する。
  …などと伝えています。

☆障害者差別解消法、改正を 「合理的配慮、拡大して」
  (共同通信) - Yahoo!ニュース 10/14
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191014-00000069-kyodonews-soci
 > 障害者差別解消法について考える集会が14日、札幌市で開かれた。講演した障害者
  団体「DPI日本会議」の崔栄繁議長補佐は、健常者との垣根をなくすため、現在は
  努力義務にとどまっている「民間企業による合理的配慮」を義務化するべきだと改正
  を訴えた。
   同法は2016年4月に施行され、行政と民間企業に障害者への差別を禁止し、行政に
  は「合理的配慮」を義務化。施行3年以降に国が必要な見直しをすることを定めてい
  る。
   崔氏は「障害者はツアー参加お断り」のような直接的な差別以外に、「電動車いす
  の人にはお酒は売らない」といった関連差別など禁止の対象として明示すべきだとし
  た。
  …などと伝えています。

☆重度障害者、就労中も支援へ=通勤、職場での時間対象-厚労省
  (時事通信) - Yahoo!ニュース 10/15
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00000058-jij-pol
 > 厚生労働省は、日常生活で常時介護が必要な重度障害者への支援拡充の検討を
  進めている。
   職場で過ごす時間や通勤時の介護も公的支援の対象とする制度改正を行い、障害者
  の就労機会の拡大を目指す。当初、来夏までに具体策を取りまとめる予定だったが、
  制度改正を求める声が国会で広がっていることを踏まえ、同省は前倒しも含め対応を
  急ぐ方針だ。
   重度障害者は、食事や排せつ、移動といった普段の生活のための「重度訪問介護サ
  ービス」を、月額の自己負担3万7200円を上限に受けることができる。しかし通勤時
  や職場での支援は「経済活動」とされ、対象外だ。
   6月に成立した改正障害者雇用促進法の審議では、衆参両院の厚生労働委員会が、
  通勤に関する障害者への支援などを求める付帯決議をそれぞれ採択した。
   また先の参院選では、れいわ新選組から重度障害のある舩後靖彦、木村英子両氏が
  初当選したが、国会活動は歳費を受け取る経済活動と見なされたためサービスの対象
  とはならず、当面は参院の予算で対応することになった。
   厚労省による支援策の検討では、高収入の重度障害者にどの程度自己負担を求める
  かが焦点となっている。また、事業主が支払う保険料などを繰り入れている労働保険
  特別会計から費用を出す場合、雇用主のいないフリーランスに同じ支援ができるのか
  という論点もある。
   財源を公費に求める場合は、大企業も含めた個別企業の経済活動への支援に税金を
  使うことへの理解をどう得るかなど、整理すべき課題は多い。
   一方で、舩後氏らの常時介護費用の負担を決めた参院議院運営委員会理事会が、
  一般の重度障害者への対応も急ぐよう政府に強く求めているほか、舩後氏らが10日開
  いた院内集会に与党議員も出席するなど、制度改正を求める声は国会内で大きくなっ
  ている。
  …などと伝えています。
 *れいわ新選組 “通勤や就労時も公費による介護サービスを”
    NHKニュース 2019年10月10日
   https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191010/k10012121771000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_006
 *重度障害者 社会参加へ必要な介助を-れいわ主催集会 制度改善訴え
   しんぶん赤旗 2019年10月11日
   http://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-10-11/2019101115_01_1.html

☆避難所生活の精神障害者らに必要な支援を - 厚生労働省が12都県に事務連絡
  (医療介護CBニュース) - Yahoo!ニュース 10/15
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-19050000-cbn-soci
 > 厚生労働省は13日、東京や神奈川などの12都県に対し、台風19号に伴い避難所で
  生活する障害児・者に関する事務連絡を出した。精神障害者については、「環境変化
  のストレスや服薬中断により病状悪化のリスクがある」と指摘。丁寧に病状、服薬情
  報を聞き取り、医療機関や保健所などにつなげるといった「必要な支援への配慮」を
  求めている。
  …などと伝えています。

☆医療的ケア児 康生くんに密着 前期課程終え「通知表」 広島
  (RCC中国放送) - Yahoo!ニュース 10/15<動画>
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00369700-rccv-l34
 > 特集です。以前からお伝えしているこちらの男の子、「医療的ケア児」の三谷
  康生くんです。重い病気があり、日常的な医療ケアが欠かせないんですが、この
  春から地元の小学校に通っています。康生くんは先日、無事、前期課程を終え、
  通知表を受け取りました。同級生たちと交流し、成長した姿をご覧ください。
  …などと伝えています。

▽ハンセン病家族補償、ひ孫らまで 同居条件に拡大、最大180万円
  (熊本日日新聞) - Yahoo!ニュース 10/12(土)
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191012-00000001-kumanichi-l43

▽難聴傍聴者向けに「要約筆記者」 札幌地裁、強制不妊訴訟で許可
  (共同通信) - Yahoo!ニュース 10/15
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191015-00000155-kyodonews-soci

▽点字ブロック 高さのずれ 改善を ホーム転落死亡事故受け
  NHKニュース 2019年10月11日
  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191011/k10012122771000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_004

※文部科学省、厚生労働省、内閣府関係など……
<文科省>
*新しい時代の特別支援教育の在り方に関する有識者会議(第1回)会議資料←9/25開催
  初等中等教育局特別支援教育課企画調査係
  http://www.mext.go.jp/kaigisiryo/2019/09/1421554.htm
 ・新しい時代の特別支援教育の在り方に関する有識者会議(第2回)の開催について ←10/16開催予定
  http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/154/kaisai/1421905.htm

<厚労省>
*医療的ケアが必要な子どもへの支援体制に関する調査研究
  平成30年度子ども・子育て支援推進調査研究事業の国庫補助事業
  https://www.mizuho-ir.co.jp/case/research/h30kosodate2018.html
 ・事業報告書
  https://www.mizuho-ir.co.jp/case/research/pdf/h30kosodate2018_0101.pdf
 ・保育所での医療的ケア児受け入れに関するガイドライン
  ―医療的ケア児の受け入れに関する基本的な考え方と保育利用までの流れ―
  https://www.mizuho-ir.co.jp/case/research/pdf/h30kosodate2018_0102.pdf

<内閣府>
*第46回障害者政策委員会の開催←10/17開催予定
  https://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/seisaku_iinkai/46_youkou.html
 ・これまでの同政策委員会の資料や議事録などは下記を
   https://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/seisaku_iinkai/index.html

画像は、15日午後撮影 見ごろになってきたコスモス (八幡市内にて)
 皆さん、10月上旬ころはまだ残暑厳しかったの台風19号通過後から
 急に秋めいて気温も下がってきてます、お互いに体調管理に気をつけましょう。
 
 
》記事一覧表示

新着順:7/1578 《前のページ | 次のページ》
/1578