teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


社説 障害者雇用 法の趣旨を徹底する時だ :9日付信濃毎日新聞 など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 6月10日(月)10時24分15秒
返信・引用 編集済
  みなさん、おはようございます。  事務局のNです。

 *朝からどんより空もようで時々パラパラと雨降りに…
  今日は月1回の紙版新聞休刊日なのでWEB報道でどうぞ…

※実行委員会事務局から……
☆実行委員会2019年度定期総会
  ・日時:7月1日(月)13:00~16:30
  ・場所:京都市多文化交流ネットワークセンター 大ホール
会場アクセス  http://www.kyotonetworksalon.jp/access/access.html
  …皆さま、今からご予定にお入れ頂きご参加よろしくお願いいたします。

▽<65歳介護保険移行問題>学習会……
   65歳でも障害福祉サービス継続 名古屋に続き大阪、宮崎でも実現
  昨年、12月広島高裁岡山支部での判決が確定した浅田訴訟。
   この画期的な判決を学び、各自治体で、65歳になっても障害福祉サービスが自由に
  利用できるようにするためにはどうすればよいのかを考える学習会です。
 *6/15(土) 14:00~ 京都市内  ←開催案内チラシ画像部分に
   ・主催:京都肢体障害者友愛会
 *6/21(金) 18:00~ 大阪市内
   ・主催:大阪社会保障推進協議会/障連協/きょうされん大阪支部
     http://www.kyousaren-osaka.com/?p=4306
 ↑↑この問題で参考になる月刊誌特集
   「ゆたかなくらし」2019年3月号 全国老人福祉問題研究会:編
     http://honnoizumi.shop-pro.jp/?pid=140129745
     《特集》浅田訴訟高裁判決が断罪した介護保険制度

※WEB報道など……
☆社説 障害者雇用 法の趣旨を徹底する時だ
  信濃毎日新聞 6月9日
  https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20190609/KT190607ETI090003000.php
 > 改正障害者雇用促進法が成立した。中央省庁の雇用水増し問題を受け、行政機関に
  対する厚生労働省の監督機能を強化する。
   率先して雇用し、企業の手本となるべき行政が身内の監視を受けることになる。各
  省庁は問題を真摯(しんし)に反省し、法の趣旨を組織内で徹底していかなくてはな
  らない。
   職員に占める障害者の割合を算出する際に対象外の人を加え、法定雇用率を達成し
  たように装ってきた問題である。政府の検証委員会は、2017年6月時点で不適切
  な計上が28機関で計3700人に上ると認定した。
   退職者や視力の弱い人などを算入していた。既に亡くなっている職員を含めていた
  例もある。ずさんな対応であり、障害者や企業に対する裏切り行為だ。
   改正法は、国の機関や自治体の雇用率への計上方法が不適切な場合、適正に実施す
  るよう厚労省が勧告できる権限を設けた。障害者手帳の写しなど確認書類を保存する
  ことも義務付ける。
   政府は年末までに約4千人を採用する計画だ。単に雇用率を上げれば済む問題では
  ない。障害に関係なく希望や能力に応じて働ける環境づくりが求められる。
   職場のバリアフリー化、それぞれの事情に即した勤務態勢や業務内容など、ハード
  とソフト両面の取り組みが欠かせない。
   問題発覚後、財務省などが障害者の職員を求人する際、応募資格に「自力で通勤で
  きる」「介護者なしで業務遂行が可能」との条件を付け、抗議を受けた。障害者雇用
  に対する理解の欠如を重ねて露呈した格好だ。認識の甘さを改めることが大前提にな
  る。
   政府は4月時点で2518人を採用したものの、既に100人以上が離職している。
  能力を発揮できる態勢が整っているのか。必要な配慮がなされているか。離職に至っ
  た経緯を検証し、定着に向けて改善すべき点は改善していく必要がある。
   事故や病気で体の機能を失うといったことは誰にもあり得る。障害があっても働き
  やすい環境づくりは一部の人たちのためではないことも押さえておきたい。
   改正法は企業に対する雇用促進策も盛った。法定雇用率に算入できない週10時間
  以上20時間未満で働く障害者を雇った企業に給付金を出す。働きやすい職場づくり
  に取り組む中小企業を評価し、優良企業と認定する制度も設ける。
   企業に雇用を促すのも、行政が模範を示してこそ説得力を持つ。
   …などと伝えています。

☆演奏会と人工呼吸器 客席追われた患者も クラシックに壁
  京都新聞 2019年06月09日
  https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20190609000072
 > 人工呼吸器やたん吸引器の作動音、反射的に声が出てしまうなどの理由で、音楽の
  生演奏鑑賞をあきらめがちな障害者や難病の人たちに向けたコンサート(主催・ICT救
  助隊)がこのほど、京都市上京区で開かれた。会場でアンケートを配布するなど声を
  聞いたところ、「クラシックの演奏会は、たん吸引時の周囲の観客の目が気になって
  行きづらい」「車いすや障害への対応で不快な思いをした」など、公演をあきらめて
  いる実態が浮き彫りになった。
  …などと伝えています。
 *演奏会と人工呼吸器 客席追われた患者も クラシックに壁
   (京都新聞) - Yahoo!ニュース 6/9
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190609-00010001-kyt-soci

☆「支える側」と「支えられる側」は逆転する 「夜更けにバナナ」はわがままか?(前編)
  buzzfeed.com 2019/06/10 11:03 Naoko Iwanaga
  https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/banana-watanabe-1
 > 6月1日、兵庫県西宮市で開かれたシンポジウム「筋ジスの自立生活とは?
  ~筋ジス病棟から自立生活へ~」に登壇したノンフィクションライターで、
  『こんな夜更けにバナナかよ』の著者、渡辺一史さんの講演を詳報します。
  …などと伝えています。
 *「あなたのために」をまとう力に抵抗して 「夜更けにバナナ」はわがままか?(後編)
   buzzfeed.com 2019/06/10 11:34 Naoko Iwanaga
   https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/banana-watanabe-2
  > 『こんな夜更けにバナナかよ』の著者、渡辺一史さんの講演詳報の後編は、支援する側
   と支援される側が豊かに逆転していた鹿野靖明さんとボランティアたちの関係から、渡辺
   さんが受け取ったものをお伝えします。
   …などと伝えています。

▽「新熊本市民病院の教訓に」 大西市長、震災関連死の家族と面会
  (熊本日日新聞) - Yahoo!ニュース 5/30
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00000001-kumanichi-l43

画像は、*学習会 6/15(土) 14:00~京都市内
      主催:京都肢体障害者友愛会 開催案内チラシ
 
 

【相模原障害者殺傷】やまゆり園新施設、2カ所に66人ずつ 相模原と横浜に:9日付神奈川新聞 など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 6月 9日(日)14時03分37秒
返信・引用
  みなさん、こんにちは。  事務局のNです。

 *今日は朝からええお天気に…

※WEB報道など……
☆【相模原障害者殺傷】やまゆり園新施設、2カ所に66人ずつ 相模原と横浜に
  (カナロコ by 神奈川新聞) - Yahoo!ニュース 6/9 5:00
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190609-00000002-kana-l14
 > 2016年7月に入所者19人が殺害される事件が起きた神奈川県立障害者施設
  「津久井やまゆり園」の建て替え計画で、県は8日、事件現場となった相模原市緑区
  の千木良地域と、仮移転先の横浜市港南区の芹が谷地域に21年度に新設する二つの
  施設の定員をそれぞれ66人とすることを明らかにした。現時点での利用者本人のお
  おまかな意向を踏まえた判断で、個々の入居先は本人の希望や家族らへの聞き取りな
  どをさらに重ねて決定する。芹が谷園舎で同日開いた説明会で入所者家族に報告した。
   県の説明によると、同園では17年9月以降、利用者123人を対象に、本人の意
  向を反映させて今後の暮らしの在り方を探る「意思決定支援」を進めてきた。
   グループホームや他の入所施設に移るなどした利用者を除く100~110人を調
  査した結果、千木良と芹が谷のそれぞれを選択する利用者が3分の1ずつおり、残り
  の3分の1の利用者がいずれかを望む可能性があるとの傾向が把握できた。
   県は21年度中の入居完了を目指しており、現時点での利用者の意向を整理した上
  で「建築スケジュールから逆算して判断した」(柏崎克夫福祉部長)。個々の入居先
  を決める作業は20年度後半から始める。定員超で希望する施設に入れない場合は、
  時期が遅れても入れるように調整する。
   県の計画によると、居住棟はいずれも1ユニット11人。ユニット間に支援員の部
  屋などを設け、互いのユニットを支援できる形にする。強度行動障害がある利用者へ
  の対応など専門性を維持するほか、敷地内に地域との交流ゾーンも設ける。
   この日の説明会で、出席した入所者家族からは「妹がどちらに振り分けられたのか。
  その判断が共有されないと、ブラックボックスのようで不安を感じる」「はっきりと
  した意向が分からない段階で定員を決めるのは拙速ではないか」などの意見が出た。
   終了後、取材に応じた同園家族会の大月和真会長は「家族は意外な結果と受け止め
  ている」と指摘。1施設最大88人とされていた計画などを念頭に「段々と規模も縮
  小し、自分たちの思いが伝わっていないという気持ちがある。(県と家族の)お互い
  が不信感ではなく、信頼し合って再生が遂げられるように頑張らなくてはいけない」
  と話した。
   県は事件直後、家族会の意向を踏まえて千木良地域に150人程度の大規模施設を
  再建する方針を決めたが、障害者団体などから異論が相次いだ。そのため、福祉の有
  識者らでつくる県の専門部会での審議を経て、施設を2カ所に分散し、小規模化させ
  る基本構想を17年10月にまとめた。定員規模については、意思決定支援を経て決
  めるとしていた。
  …などと伝えています。
 *津久井やまゆり園 再建へ説明会
   NHK 神奈川県のニュース 06月08日 18時43分
   https://www3.nhk.or.jp/lnews/yokohama/20190608/1050006464.html
 *津久井やまゆり園 施設規模決定で説明会
   (tvkニュース(テレビ神奈川)) - Yahoo!ニュース 6/8  22:26
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190608-00010002-tvkv-l14

☆旧優生保護法は違憲
  強制不妊で初判決 国の賠償は認めず 原告「納得できない」
  崩れた「手術強制は合法」 東京大学大学院教授 市野川容孝さん
   しんぶん赤旗 日曜版 2019年06月09日号 (紙面を画像部分に)
  > 旧優生保護法(1948~96年)のもとで不妊手術を強制されたとして宮城県の2人の
   女性が国に謝罪と補償を求めた裁判。仙台地裁は旧優生保護法は憲法違反とする判断を
   示しました。
   …などと伝えています。
 *旧優生保護法ってなに?
   NHKハートネット 記事 2018年05月30日
   https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/53/

▽医療的ケア児を停電時にサポート
  NHK 岩手県のニュース 06月04日
  https://www3.nhk.or.jp/lnews/morioka/20190604/6040004369.html?fbclid=IwAR15lWJTqrR2aeZVOg7GENElpUUIq5ZTD9jR4HqWKkNjQvDkx8isxNP7ZQM

▽<記者のこだわり>障害とともに(2)~電動車椅子の弁護士 135センチの目線から
  (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 6/9
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190609-00000005-mai-soci

画像は、しんぶん赤旗 日曜版 2019年06月09日号より
 

1型糖尿病訴訟 全員再提訴へ 障害年金不支給「認められない」:7日付毎日新聞 など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 6月 8日(土)18時50分26秒
返信・引用 編集済
  みなさん、こんばんわ。  事務局のNです。

 *今日は比較的心地よい初夏陽気の感じも…

※WEB報道など……
☆1型糖尿病訴訟 全員再提訴へ 障害年金不支給「認められない」
  (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 6/7  20:14
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190607-00000083-mai-soci
 > 幼少期に発症することが多い「1型糖尿病」の患者に対し、国が障害基礎年金の支給
  を理由を明示せずに打ち切ったのは違法とした大阪地裁判決(今年4月)を巡り、元原
  告の9人全員が来月、不支給処分の取り消しを求めて同地裁に再度提訴する。国側は控
  訴せず判決は確定したが、間もなく、支給を再開しないと通知した。患者側は「今回
  の説明も不十分で、また不支給とするのは認められない」と反発。勝訴判決の直後に
  再提訴する異例の展開となる。
   訴えるのは、大阪や奈良などに住む27~50歳の男女。いずれも未成年で発症し、日常
  生活に著しい制限を受ける障害等級2級に当たると成人後に認定され、年間約80万~100
  万円を受給していた。
   国側は「2級には該当しない」と通知し、2016年までに支給を停止。9人は17年11月、
  支給再開を求めて大阪地裁に提訴した。4月の判決は、支給停止は「生活の安定を損なう
  重大な不利益処分」と指摘。通知書には結論しか記されておらず、その理由を説明する
  よう定めた行政手続法に反すると判断した。
   裁判所は国が通知した手続きの是非に争点を絞り、原告らが支給対象となる症状か
  どうかは判断しなかった。患者側の弁護団は「審理の長期化を避け、早期に救済しよう
  とする姿勢」と評価していた。だが、厚生労働省は判決確定後、「理由を丁寧に説明す
  る」として、全員の支給を再開しないとする通知書を5月までに送った。
   通知書には、いずれも診断書の内容などから、障害年金の支給対象とならない3級に
  該当すると書かれていたが、それまで2級と認定されていた症状がどう変わったかにつ
  いて言及はなかった。聞き取り調査もなかったという。
   原告らは長期間、障害年金を受けて生計を立ててきた。弁護団は「症状は受給してい
  た時期と変わっておらず、支給を再開すべきだ」と訴えている。
   厚労省は「以前との比較ではなく、診断書で判断している。(再提訴については)
  コメントできない」としている。
  …などと伝えています。

☆水増し発端、不信は依然根強く 障害者雇用促進法改正
  (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 6/7  21:34
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190607-00000110-mai-soci
 > 中央省庁の障害者雇用水増し問題を受け、再発防止策を盛り込んだ改正障害者雇用
  促進法が7日の参院本会議で全会一致で可決、成立した。
   今回の法改正は、国の行政機関が障害者雇用を水増ししていた問題が発端だ。条文
  には「自ら率先して障害者を雇用するように努めなければならない」と、公的機関の
  責務が明記された。さらに、厚生労働省の他省庁に対するチェック機能を強化し、
  勧告権限を創設することで再発防止を徹底する。
   とはいえ、長年にわたって行政機関で続いてきた「偽装」への不信感は依然として
  根強い。厚労省という同じ官公庁による監督やその実効性に対し、疑問視する民間企
  業や障害者団体関係者もいる。
   政府は法定雇用率達成に向けて今後、約4000人の障害者を採用する方針だ。雇用率
  未達成の省庁には予算減額のペナルティーも科すとしている。
   障害の特性や働く意欲は人それぞれ。採用の間口を広げるだけでなく、職場への定
  着も課題になる。個性に応じた勤務形態や、人間関係も含めた職場環境の整備など、
  雇用の質をどのように担保するか。官公庁には、民間の模範となる姿勢が改めて求め
  られている。
  …などと伝えています。
 *「HP見るだけ」緊急雇用の障害者131人退職
   (読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース 6/8
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190608-00050157-yom-soci
  > 中央省庁による障害者雇用の水増し問題を受け、改正障害者雇用促進法が7日、
   参院本会議で全会一致で可決、成立した。省庁が不適切計上をしないよう厚生労働
   省に調査権限を付与することなどが柱だが、国会審議では、問題が発覚した昨秋以降
   に採用された障害者2518人のうち、131人が退職したことも明らかになった。
   専門家は「障害者に定着してもらえる職場づくりが最重要だ」と話す。
    「数日間にわたって指示を与えられず、用無しだと感じてしまった」
    5月に国土交通省の出先機関に採用され、同月中に退職した40歳代の女性はこう
   話す。
    精神障害を持つ女性は、薬品製造会社の嘱託社員として働いていたが、ハローワー
   クの勧めで出先機関に就職した。最初の数日間は資料整理などの指示を受けたが、そ
   の後は上司から「ちょっと待っていて」と繰り返された。同省のホームページを見な
   がら過ごしたという。会社では正社員と同じ経理の仕事を任されていたといい、女性
   は「(出先機関の)上司は私に仕事を任せるのが不安なのだと感じた。与えられた仕
   事をこなす自信はあるので、また企業の就職先を探すつもり」と話した
    水増し問題で法定雇用率に達していないことが判明した省庁は、4月までに計25
   18人を緊急で雇用したが、参院の審議では131人(5・2%)がすでに退職して
   いることが明らかになった。民間企業では雇用から1か月以内に退職する障害者が
   約6%いるとの調査結果もあるが、厚労省は配慮が不十分な可能性もあるとみて、
   131人が退職した原因を分析する。
    819人を採用し、すでに退職者が79人(退職率9・6%)に上っている国税
   庁では、資料整理やデータ入力などを任せていた。
    退職の理由は「職場や仕事が合わない」「家庭の事情」など様々だったというが、
   担当者は「多数の雇用で、職場側の戸惑いもある。職員向けの研修を重ね、障害者に
   長く働きたいと思ってもらえる雰囲気を作っていきたい」と話す。
    一方、環境省は4月に「協働推進室」を設置し、障害者6人の備品購入や文書校閲
   などの仕事をサポート。視覚障害を持つ40歳代の男性はホームページの音声読み上
   げ機能の聞き取りやすさをチェックしており、「上司に質問や体調の相談をすぐにで
   きるので安心」と笑顔を見せる。防衛省は社会福祉士2人を新規に採用し、障害を抱
   えた職員だけでなく上司や同僚からの相談にも対応するという。
    大妻女子大の小川浩教授(障害者福祉)は「障害者の定着率を上げるために最も重
   要かつ難しいのは、お金をかければできるハード面の整備ではなく、職場の配慮を広
   げること。まずは131人の退職理由を障害の種類や業務の内容ごとに丁寧に分析し、
   各省庁の課題を浮き彫りにして、職員の意識を高めていく必要がある」と話している。
    ◆障害者雇用の水増し問題=昨年8月、中央省庁が障害者手帳を持たない職員らを
   不適切に計上し、障害者雇用促進法で義務づけられた障害者の雇用割合(法定雇用率、
   2.5%)を満たしていなかったことが発覚。昨年6月時点で計3875人の不足が
   わかり、各省庁で緊急雇用を進めている。今年4月までに2518人が採用され、そ
   のうち約7割が非常勤。
    中央省庁の緊急雇用により、民間企業から障害者人材が多数「流出」したことも明
   らかになった。
    厚生労働省によると、各省庁が4月までに緊急に雇用した障害者のうち337人は、
   民間企業からの転職者だった。企業からは「自社の法定雇用率の達成が困難になった」
   などの意見が寄せられているといい、厚労省は今年に限り、法定雇用率を下回った企
   業に対する適正実施勧告や企業名公表を猶予することにした。
    トヨタ自動車の特例子会社で障害者約270人が勤める「トヨタループス」(愛知
   県豊田市)でも約5年間勤めた精神障害の男性社員が3月、ある省へと転職した。有
   村秀一社長(59)は「本人の希望なので応援しているが、戦力となる経験者を失う
   のは会社としては痛い。せめて省庁には、転職者が民間で培った能力を発揮して長く
   働けるようにしてほしい」と訴える。
   …などと伝えています。
 *障害者雇用 働く現場での悩みと解決のヒント
   NHKハートネット 記事 2019年05月29日
   https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/226/

☆成年後見制度の「欠格条項」を削除する法律 成立
  NHKニュース 2019年6月7日 15時26分
  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190607/k10011944701000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_019
 > 「成年後見制度」の利用者が、法律に定められた「欠格条項」によって、一律に
  公務員などの職業に就けなくなっている状況を改めるため、「欠格条項」を一括して
  削除する法律が、7日の参議院本会議で全会一致で可決・成立しました。
  …などと伝えています。

☆障害者差別解消へ、成果と課題 山形で「県民会議」
  山形新聞 2019年06月08日
  http://www.yamagata-np.jp/news/201906/08/kj_2019060800150.php
 > 県や市町村、福祉団体などでつくる「障がいのある人もない人も共に生きる社会
  づくり県民会議」(会長・吉村美栄子知事)が7日、山形市医師会館で開かれた。県
  内で障害者への差別解消の取り組みを進める「心のバリアフリー推進員」認定数は、
  過去3年で延べ1479人と着実に増えていることが報告された。一方、県のアンケートで
  障害者差別解消法に合わせた県関係条例を4割以上が「知らない」と回答。認知度の低
  さが浮き彫りになった。
   障害者差別解消法と県の関係条例が2016年4月に施行。推進員の養成・認定は本県が
  全国初で、認定者は職場の環境や実情に応じて障害者への配慮や支援策を検討する。養
  成研修では県社会福祉事業団の相談支援専門員らから、座学で差別事例や場面に応じて
  必要な配慮を学ぶ。
   県障がい福祉課によると、推進員の認定数は初年度の16年度は282人、17年度516人、
  18年度681で、20年度までの5年間で計2千人を養成・認定する。地域別は村山が最多の
  742人、最少が最上の89人。職種別は障害福祉サービスが最多の390人で、同課は「福祉
  以外の業種にも幅広く参加を求めたい」としている。
   県が18年度、県内の福祉関連23団体を対象に行ったアンケート結果も報告された。県
  の関係条例については「知らない」との回答が4割以上に上っている状況が明らかになっ
  た。「差別と思われる事例」が237件で、前回調査(15年度)の350件から減少。「スー
  パーで盲導犬を連れて入店すると、店員から犬は遠慮願いたいと言われた」「店で筆談
  をお願いしたが、対応してくれなかった」といった事例があった。「合理的な配慮の事
  例」は18年度260件で、15年度の148件から増えた。
   県は7月から、周囲の人に援助や配慮を求める目印となる「ヘルプマーク」を普及する
  ため、マークの周知に取り組む企業をパートナーシップ企業として認定することも紹介
  した。
   会議には関係者約50人が出席。吉村知事は「障害についての理解促進と、障害のある
  人の社会参加が進むよう県民総参加で取り組んでいきたい」とあいさつした。
  …などと伝えています。
 △令和元年度
  山形県障がいのある人もない人も共に生きる社会づくり県民会議の開催について ←6/7開催
   山形県ホームページ 健康福祉部障がい福祉課 2019年5月29日
   https://www.pref.yamagata.jp/pickup/interview/pressrelease/2019/05/29104718/

☆「治すことを願って」6、7歳で入った 筋ジストロフィーの人が50年以上病院で暮らしてきた理由(前編)
   buzzfeed.com 2019/06/08 15:00 Naoko Iwanaga
   https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/tateiwa-20190601-1
 > 6月1日、兵庫県西宮市で開かれたシンポジウム「筋ジスの自立生活とは?
  ~筋ジス病棟から自立生活へ~」に登壇した社会学者、立岩真也さんの講演を詳報します
  …などと伝えています。
 *「善意の集合体」が維持してきた仕組みを壊す 筋ジストロフィーの人が50年以上病院で暮らしてきた理由(後編)
   buzzfeed.com 2019/06/08 15:01 Naoko Iwanaga
   https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/tateiwa-20190601-2
  > 6月1日、兵庫県西宮市で開かれたシンポジウム「筋ジスの自立生活とは?
   ~筋ジス病棟から自立生活へ~」に登壇した社会学者、立岩真也さんの講演詳報、後編です。
   …などと伝えています。

▽聴覚障害の市議登場で変わる議場 200万円で手話通訳
  (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース 6/7
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190607-00000080-asahi-pol

▽新生児聴覚検査、実施率向上を 政府が難聴児早期支援策
  (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 6/7
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190607-00000084-mai-soci

▽「もっと楽しくおでかけしたい!」を実現する最新福祉機器・便利グッズ
  NHKハートネット 2019年05月29日
  https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/227/

▽「近いから」「隙間あるから」身障者用スペースに車を停める人たち
 車いすモデル明かす「本当に困った」実体験
  (J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース 6/7
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190607-00000009-jct-soci

▽宮城の医療的ケア児 通学バス たん詰まらせ死亡
 長崎県内の保護者からは看護師の同乗求める声
  (長崎新聞) - Yahoo!ニュース 6/8
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190608-00000006-nagasaki-l42

画像は、1日撮影  早くも見ごろをむかえているハナショウブ  枚方市内にて パート3
 

改正障害者雇用促進法が成立 省庁水増し問題受け:7日付共同通信 など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 6月 7日(金)17時14分49秒
返信・引用 編集済
  みなさん、こんにちは。  事務局のNです。

 *昨日までの暑さと一転、大気不安定で朝から強弱の雨降りになっていますね…

※WEB報道など……
☆改正障害者雇用促進法が成立 省庁水増し問題受け
  (共同通信) - Yahoo!ニュース 6/7 13:43
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190607-00000112-kyodonews-pol
 > 中央省庁の障害者雇用水増し問題を受け、行政機関への厚生労働省の監督機能強化
  を柱とする改正障害者雇用促進法が7日の参院本会議で全会一致により可決、成立した。
  国の機関や地方自治体の雇用率への計上方法が不適切な場合、厚労省が適正に実施する
  よう勧告できる権限を設けた。政府は年末までに約4千人を採用する計画を立てており、
  障害者が働きやすい職場づくりが課題だ。
   来年4月までに順次施行される。障害者手帳の写しなど確認書類を保存することも行政
  と民間企業の双方に義務付ける。
  …などと伝えています。
 *改正障害者雇用促進法が成立 障害者手帳の確認を義務づけ
   NHKニュース 2019年6月7日 15時03分 <動画>
   https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190607/k10011944601000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001
 *雇用促進法-障害者入れ検証を-水増し問題 倉林氏に参考人
   しんぶん赤旗 2019年6月6日
   http://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-06-06/2019060604_03_1.html
 *厚労省、職場定着の課題調査へ 障害者雇用
   (共同通信) - Yahoo!ニュース 5/31
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00000094-kyodonews-soci

☆障害者大量解雇で審査厳格化へ 岡山・倉敷市、事業所認可時
  (共同通信) - Yahoo!ニュース 6/7
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190607-00000079-kyodonews-soci
 > 障害者が働きながら技能を身に付ける「就労継続支援A型事業所」を運営する一般
  社団法人「あじさいの輪」(岡山県倉敷市)などが経営難で事業所を相次いで閉鎖し、
  障害者が大量に解雇された問題で、倉敷市は7日、事業所への指導が不十分で、今後は
  認可時の審査を厳格化するとの検証報告書を公表した。
   報告書によると、事業所側が収益が上がる仕事を準備せずに事業を開始したことな
  どから、赤字になったと指摘。市に事業計画の適正な判断ができる専門職員がいなか
  ったなどとしている。
   今後は認可の際に資産状況を重視し、事業継続の可否を審査項目に加えることを検
  討する。
  …などと伝えています。
  ・相次ぐA型事業所の閉鎖 倉敷市がこれまでの問題点や今後の課題をまとめる
    (KSB瀬戸内海放送) - Yahoo!ニュース 6/7 19:24 <動画>
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190607-00010009-ksbv-l33
  ・倉敷市A型事業所閉鎖で報告書
    NHK岡山県のニュース 06月07日 19時16分 <動画>
    https://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/20190607/4020002919.html
 *就労継続支援A型事業所に係る検証報告書
   障がい福祉課-倉敷市
   https://www.city.kurashiki.okayama.jp/34153.htm
  > 倉敷市では,平成29年から平成30年にかけて,就労継続支援A型事業所の
   経営悪化に伴う廃止。取消しが相次ぎ,延べ519人の利用者と多くの職員が
   解雇される事態となりました。
    この度、今後の障がい福祉サービスの健全な運営に役立て,利用者に対する
   支援をより充実させることを目的に,A型事業所の置かれた環境,本市の業務内
   容を検証し,報告書としてまとめました。
    ・就労継続支援A型事業所に係る検証報告書(令和元年6月)PDF
https://www.city.kurashiki.okayama.jp/secure/123470/syuuroukeizokusiennagatakennsyouhouhoukoku.pdf

▽「福祉避難所」周知進まず 対応の見直し求める声
  NHKニュース 2019年6月6日 4時02分
  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190606/k10011942171000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_002

▽医師は生きる希望を与えて 透析中止問題で院内集会
  (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 6/6
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190606-00000104-mai-soci

画像は、1日撮影  早くも見ごろをむかえているハナショウブ  枚方市内にて パート2
 

旧優生保護法「国は明確な謝罪を」 国会前で当事者ら集会:5日付毎日新聞 など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 6月 6日(木)09時38分30秒
返信・引用 編集済
  みなさん、おはようございます。  事務局のNです。

 *朝からきれいな青空が広がっています、暑くなりそうですよ…

※WEB報道など……
☆旧優生保護法「国は明確な謝罪を」 国会前で当事者ら集会
  (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 6/5 20:45
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190605-00000103-mai-soci
 > 旧優生保護法(1948~96年)は憲法違反と判断した5月28日の仙台地裁判決を受け、
  強制不妊手術当事者や支援者ら約300人が5日、国会議事堂前で路上集会を開いた。
  違憲判決を踏まえ、被害者に320万円を支払うことを定めた救済法に国の明確な謝
  罪を盛り込むよう求めた。
   参加者は「強制不妊手術に違憲判決」などと記された横断幕を掲げて国の責任を
  強調。全国弁護団の新里宏二共同代表は「(請求は棄却されたが)違憲性が認めら
  れ8合目まで来た。残り2合を登らなければいけない」と訴えた。今年4月に与野党
  合意で成立したが、当事者側から内容が不十分と指摘される救済法についても
  「違憲判決を踏まえ(内容を)変えるべきだ」と改正を求めた。
   10代で不妊手術を強制されたとして東京地裁で係争中の原告、北三郎さん(76)
  =仮名=は「仙台地裁判決で原告の請求は棄却されたが、私はあきらめない」と語
  った。仙台訴訟の原告の一人、70代の飯塚淳子さん=同=も「(強制不妊は)国が
  つくった問題。謝ってほしい」と訴えた。
   報告集会には2001年のハンセン病訴訟熊本地裁判決で勝訴した弁護団の共同代表
  ・徳田靖之弁護士(大分県弁護士会)も参加。「不良な子孫の出生防止を掲げた
  旧優生保護法下の不妊手術被害は、らい予防法に基づく隔離政策と構図は一緒」と
  指摘し、「手を携えて勝訴を目指そう」と呼びかけた。
   飯塚さんを含む原告女性2人が損害賠償を求めた1審・仙台地裁判決は、旧法を
  憲法13条違反と認定したが、不法行為から20年で損害賠償請求権が消滅する「除斥
  期間」などを理由に原告の請求を棄却。原告側は5月31日、仙台高裁に控訴した。
  …などと伝えています。(記事内動画もあり)
 *強制不妊訴訟 弁護団らが国会前で集会
   (KHB東日本放送) - Yahoo!ニュース 6/5 18:26 <動画>
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190605-00010002-khbv-l04
 *旧優生保護法 原告らが救済法改正を訴える
   (日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース 6/5 21:51 <動画>
   https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190605-00000506-nnn-soci
 *「法律に国の明確な謝罪を」旧優生保護法めぐる裁判の原告団
   NHKニュース 2019年6月5日 17時54分 <動画>
   https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190605/k10011941871000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001
  > 障害などを理由に不妊手術を強制した旧優生保護法について、先月、憲法違反
   だったとする判決が出たことを受けて、5日、原告団が都内で集会を開き、
   一時金を支給する法律の中に、国の明確な謝罪を盛り込むよう訴えました。
    旧優生保護法をめぐっては、先月28日に仙台地方裁判所が「子を産み育てる幸福
   を一方的に奪うものだ」として、憲法違反だったという判断を示した一方で、国の
   賠償については求められる期間が過ぎているなどとして、訴えを退ける判決を言い
   渡しました。
    これを受けて全国で裁判を起こしている原告や弁護団が5日、都内で集会を
   開きました。
    新里宏二弁護士は憲法違反の判断が示されたことについて、「国はことし4月に
   不妊手術を受けた人たちに一時金を支払う法律を作ったが、憲法違反だったことを
   前提としたものではない。法律に国の明確な謝罪を盛り込み、320万円とした一時金
   の金額も見直すべきだ」と訴えました。
    今後は仙台地裁の2審やほかの全国の裁判で、引き続き賠償を求めていく考えを
   示し、「世論を喚起する運動をつくり、被害者を救うため最後まで戦いたい」と述
   べ、多くの人に支援してもらいたいと呼びかけました。
    宮城県に住む原告の70代の女性は「憲法違反という判決を踏まえて、国は私たち
   に誠意を持って謝罪してほしい。被害者は高齢化しているため、この問題を一刻も
   早く解決してもらいたい」と話しています。
   …などと伝えています。
   ・旧優生保護法 優生思想はいまも…
     けさのクローズアップ|NHKニュース おはよう日本 2019年5月29日
     https://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2019/05/0529.html
   ・「旧優生保護法に違憲判決」
     時論公論  解説アーカイブス  NHK 解説委員室 2019年05月28日
     https://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/368234.html
 *強制不妊救済法改正を求め集会
   (読売新聞(ヨミドクター)) - Yahoo!ニュース 6/6 11:02
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190606-00050009-yomidr-soci
  > 旧優生保護法(1948~96年)に基づく不妊手術の被害者と弁護団が5日、東京都内
   で集会を開き、被害者に一時金320万円を支払うことを定めた救済法について「被害回復
   は不十分」として、法改正を求めるアピールを採択した。
    厚生労働省によると、4月の救済法施行後、一時金の請求件数は6月2日時点で176人
   にとどまっている。旧法に基づき不妊手術を受けた人は約2万5000人に上っており、全
   国優生保護法被害弁護団の新里宏二・共同代表は「一時金の請求は被害者の1%に満たず、
   補償は被害者のもとに届いていない」と訴え、法改正をして一時金の周知を徹底することや、
   増額することなどを求めた。
    問題を巡っては、被害者ら20人が国に損害賠償を求め、全国の7地裁に提訴。5月に仙台
   地裁で言い渡された判決は、旧法は違憲と認めたが、請求は棄却し、原告側が控訴している。
   …などと伝えています。
 *強制不妊-真摯な謝罪ほしい-仙台地裁判決うけ緊急集会
   しんぶん赤旗 2019年6月6日 (紙面も画像部分に)
   http://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-06-06/2019060614_01_1.html
 *強制不妊賠償棄却で集会 全国弁護団、判決を批判
   北海道新聞  06/06
   https://www.hokkaido-np.co.jp/article/312444?rct=n_medical
 *<旧優生保護法賠償訴訟>法的救済求め連帯 全国被害弁護団、仙台地裁判決受け緊急集会
   河北新報 2019年06月06日
   https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201906/20190606_13030.html
  > 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制された宮城県の女性2人が国に損害
   賠償を求めた訴訟で仙台地裁が請求を棄却した判決を受け、全国被害弁護団などは5日、衆院
   議員会館で緊急集会を開いた。原告や支援者ら約300人が判決の問題点を話し合い、法的救
   済を勝ち取るため連帯を強めることを確認した。
    原告弁護団の太田伸二弁護士(仙台弁護士会)が判決内容を報告。旧法が憲法13条の幸福
   追求権から導かれる「子を産み育てるかどうかを意思決定する権利(リプロダクティブ権)」
   を著しく侵害したと認めたことは評価した。
    一方で、判決が「救済措置の必要性が国会で明白だったとは言えない」と結論付けた点は、
   「言っていることがめちゃくちゃで納得できない」と批判した。
    原告の飯塚淳子さん(70代、活動名)=宮城県在住=は「被害者を救ってくれると信じて
   いたのに不当判決だ。一刻も早く国に誠意ある対応を求める」と訴えた。集会に先立ち、議員
   会館前でデモ活動もした。
    全国7地裁で提起された一連の訴訟で初となった判決は、優生手術を認める旧法の規定は違
   憲と判断。不法行為から20年たつと訴える権利を失う民法の除斥(じょせき)期間の規定は
   優生手術にも適用されるとした。原告は5月31日に控訴した。
   …などと伝えています。
 *「5.28仙台地裁判決」を受けての緊急集会に300人
    きょうされん 2019年06月05日
    http://www.kyosaren.or.jp/seisaku/assembly/8862/
  > 「5.28 仙台地裁判決」を受けての緊急集会には、300人が詰めかけました!
   …などと伝えています。

 △旧優生保護法による優生手術等を受けた方へ/厚生労働省
   https://www.mhlw.go.jp/stf/kyuuyuuseiichijikin_04351.html
  >8.旧優生保護法一時金支給法に基づく一時金の請求・相談件数、支給認定件数の状況について
    https://www.mhlw.go.jp/stf/kyuuyuuseiichijikin_04351.html
   (1)旧優生保護法一時金支給法に基づく一時金の請求・相談件数の状況について
     ※令和元年5月28日更新(令和元年5月20日~5月26日分を追加。
      また、岐阜県から5月7日~5月12日分の相談件数の修正(3件→2件)の報告。)
   (2)旧優生保護法一時金支給法に基づく一時金の支給認定の状況について
     ※令和元年5月31日更新
   …などと伝えています。
  *強制不妊問題の一時金 県内で2件目申請
    信濃毎日新聞 6月5日
    https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20190605/KT190604FTI090026000.php
  *強制不妊救済、青森県内で初の申請
    Web東奥 2019年6月6日
    https://www.toonippo.co.jp/articles/-/201483
 △「旧優生保護法一時金支給等法」施行に伴う請求書の受付について
    京都府ホームページ 健康福祉部
    http://www.pref.kyoto.jp/kyuho/ichijikin.html

 △優生保護法被害弁護団
   http://yuseibengo.wpblog.jp/
 △優生手術に対する謝罪を求める会 FBページ
   https://m.facebook.com/motomerukai2017/
 △優生手術被害者とともに歩む宮城の会 FBページ
   https://www.facebook.com/tomoniayumumiyagi/
 △優生保護法被害問題にむきあうための学習パンフ完成
   きょうされん 2019年03月06日
   http://www.kyosaren.or.jp/%e5%85%a8%e5%9b%bd%e4%ba%8b%e5%8b%99%e5%b1%80/8140/

*他のWeb報道紹介は別途にさせてもらいます。 m(__)m


画像は、6日付しんぶん赤旗紙面より
 

就労後支援 政府に責任-障害者雇用 倉林氏 検証求める-参院厚労委:5日付しんぶん赤旗 など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 6月 5日(水)10時45分47秒
返信・引用 編集済
  みなさん、おはようございます。  事務局のNです。

 *今日は朝からややどんより空もようですが暑くなりそうですよ…

※実行委員会事務局から……
☆☆実行委員会2019年度定期総会
  ・日時:7月1日(月)13:00~16:30
  ・場所:京都市多文化交流ネットワークセンター 大ホール
           会場アクセス  http://www.kyotonetworksalon.jp/access/access.html

  …皆さま、今からご予定にお入れ頂きご参加よろしくお願いいたします。

※WEB報道など……
☆就労後支援 政府に責任-障害者雇用 倉林氏 検証求める-参院厚労委
  しんぶん赤旗 2019年6月5日
  http://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-06-05/2019060502_05_1.html
 > 日本共産党の倉林明子議員は参院厚生労働委員会で4日、障害者雇用率を水増ししてきた
  政府に対し、障害者雇用促進とともに、就労後の相談・支援体制の確立へ責任を果たすよう
  求めました。
   倉林氏は、障害のある人とそうでない人の均等な機会を確保する「合理的配慮」や差別に
  関する労働局への相談件数は直近で242件にとどまり、窓口の活用が進んでいないと指摘。
  障害者が国家公務員の場合、合理的配慮や差別に関し行政上の措置を求める公平審査制度が
  あるものの、人事院の鈴木敏之公平審査局審議官は、2016~18年度の不利益処分に関
  する審査請求はわずか5件だと答弁。倉林氏は「合理的配慮につながる制度として運用され
  ているか検証し、見直すべき」と求めました。
   さらに、民間企業で働く障害者には、事業主の拠出金を活用した支援制度があるのに対し、
  公務員にはそうした制度がないと言及。通勤の移動支援に加え、トイレや食事などの生活支援
  は喫緊の課題であり「障害福祉サービスを就労でも使えるようにすべき」と求めました。根本
  匠厚労相は「検討する」との答弁にとどまり、倉林氏は「水増しをした上に、採用後の合理的
  配慮もないというのは、二重の裏切りになる」と批判しました。
  …などと伝えています。

☆交通事故で重度後遺障害を負った被害者の支援を拡充 国交省
  (レスポンス) - Yahoo!ニュース 6/4
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-00000009-rps-soci
 > 国土交通省は、交通事故で重度の後遺障害を負った人に対して介護者なき後を見すえた日常
  生活支援を拡充する「在宅生活支援環境整備事業(自動車事故対策費補助金)」の第2次公募
  を開始すると発表した。
   交通事故によって重度の後遺障害を負った人を介護する御家族の高齢化の進展などで、介護
  者がいなくなる、または介護が困難となった後の対応への不安が強く寄せられている一方で、
  重度の後遺障害を負った人を受け入れる環境が十分とはいえないのが現状。
   国土交通省では、こうした声に対応するため、介護者なき後を見すえ、被害者が安心して生
  活を送ることのできる環境を整備するため、障害者支援施設、グループホームに支援する補助
  制度を2018年度に創設した。2019年度は引き続き予算額を拡充した上で、補助事業を実施する。
  …などと伝えています。

☆障害者の就労支援事業所、低い工賃が課題
  (神戸新聞NEXT) - Yahoo!ニュース 6/4
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-00000012-kobenext-l28
 > 障害者が働きながら技能を身につける「就労継続支援事業所」では、低い工賃が課題と
  なっている。
   事業所には、雇用契約を結ぶA型事業所と、雇用契約のないB型事業所の2種類がある。
  厚生労働省によると、2017年度の月額平均工賃は、A型で7万4085円、B型で
  1万5603円となっている。
   B型で兵庫県の平均工賃は1万4041円。滋賀県1万8156円や京都府
  1万6724円に比べて低く、関西2府4県ではワースト2だった。ただ工賃の実質的な
  低さは課題として残るものの、B型の平均工賃は増加傾向を示している。
   一方、平均工賃の減少傾向が課題となっているのがA型だ。
   A型では雇用者数に応じて国から補助金を受け取れるため、近年、制度を悪用する業者が
  相次いだ。
   これを受け、2017年4月に制度が厳格化され、補助金を賃金に充てるのは原則禁止さ
  れたが、その結果、経営悪化で廃業する事業所も続出。障害者の大量解雇も社会問題となっ
  た。国は「工賃倍増計画」を策定したが、抜本的解決には至っていない。
  …などと伝えています。

☆農家への橋渡し機能を拡充=障害者の就農後押し-政府会議
  (時事通信) - Yahoo!ニュース 6/4
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-00000120-jij-pol
 > 政府は4日、農業分野での障害者就労を支援する「農福連携等推進会議」(議長・菅義偉
  官房長官)を開き、障害者を新たな担い手として育てるため、農家と、雇用の場を設けたい
  福祉施設を橋渡しする機能の拡充を柱とする方向性を取りまとめた。
   省庁横断で農業と福祉の連携拡大を後押しし、人材育成に重点を置いて障害者の社会的
  自立につなげる。
  …などと伝えています。
 ・障害者の農業就労 受け皿増加に向け人材育成など強化へ
   NHKニュース 2019年6月4日
   https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190604/k10011940901000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001
 ・農福連携、新たに3000カ所 政府が推進計画
   日本経済新聞 2019/6/4
   https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45690910U9A600C1EE8000/

▽京都市役所の分庁舎が完成 災害対策本部の機能を強化
  京都新聞 2019年06月04日
  https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20190603000115

▽「地下鉄無料パス」廃止しないで 市長に要望書
  (九州朝日放送) - Yahoo!ニュース 6/3
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-11189482-kbcv-l40

▽和装、車椅子でも気軽に 上下分離式、西伊豆のNPOが開発
  (@S[アットエス] by 静岡新聞SBS) - Yahoo!ニュース 6/3
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-00000039-at_s-l22

画像は、1日撮影  早くも見ごろをむかえているハナショウブ  枚方市内にて
 

強制不妊の一時金請求、京都・滋賀で4件 被害証明へ資料を調査:4日付京都新聞 など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 6月 4日(火)09時58分37秒
返信・引用 編集済
  みなさん、おはようございます。  事務局Nです。

 *朝からやや蒸し暑さも感じますが…

※WEB報道など……
☆強制不妊の一時金請求、京都・滋賀で4件 被害証明へ資料を調査
  京都新聞 2019年06月04日
  https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20190603000154
 > 旧優生保護法(1948~96年)下で強制不妊手術を受けた被害者を対象に
  した救済法の施行を受け、都道府県が設置した相談窓口に一時金320万円の請
  求が、滋賀県で3件、京都府で1件あったことが3日までに分かった。4月の窓
  口開設以降、京滋での請求はいずれも初めて。両府県は請求した4人に関する個
  人記録は残っていないといい、被害事実の証明につながる関連資料があるかどう
  かを調べる方針。
   県によると、請求者は90代と80代の女性、80代男性の3人。いずれも県
  内在住で、5月29日に2件、31日に1件を受理した。府では、府内の70代
  女性が29日に請求書を提出した。
   国の統計では、少なくとも滋賀で282人、京都では95人が不妊手術を強いら
  れたとされるが、関連公文書の大半が廃棄され、個人記録を確認できるのは滋賀で
  11人分、京都で13人分にとどまる。4人はこの中に含まれていなかった。
   両府県は今後、請求段階で提出された関係者の証言などを裏付ける資料が残って
  いるかを確認するため、各市町や医療機関などへの調査を実施し、国の認定審査会
  に必要な書類をそろえる。
   窓口への相談は2日現在、滋賀が延べ13件、京都が延べ12件あった。
  …などと伝えています。
  ・旧優生保護法で一時金の申請3件
    NHK滋賀県のニュース 06月04日 15時47分
    https://www3.nhk.or.jp/lnews/otsu/20190604/2060002795.html
  ・旧優性保護法救済法  一時金申請は3件/滋賀
    (BBCびわ湖放送) - Yahoo!ニュース 6/4 19:41
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-00010000-bbcbiwakov-l25
 *不妊手術「子どもができて何が悪いんですか」84歳ハンセン病元患者、初めて本名で語る人生
   (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 6/3 20:34
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190603-00000072-mai-soci
  > 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を受けた元ハンセン病患者で、青森市
   石江の国立ハンセン病療養所「松丘保養園」で半世紀以上暮らしてきた藤崎幹夫さん
   (84)が毎日新聞の取材に初めて実名で応じ、自らの半生を語った。社会の偏見を
   恐れ、これまで本当の名前を明かしてこなかったという。年を重ね思いが変わった
   といい、「悪いのは差別を植え付けた法律。堂々と名乗らなければ、本当の啓発には
   ならない」と語る。
   …などと伝えています。

 △旧優生保護法による優生手術等を受けた方へ/厚生労働省
   https://www.mhlw.go.jp/stf/kyuuyuuseiichijikin_04351.html
  >8.旧優生保護法一時金支給法に基づく一時金の請求・相談件数、支給認定件数の状況について
    https://www.mhlw.go.jp/stf/kyuuyuuseiichijikin_04351.html
   (1)旧優生保護法一時金支給法に基づく一時金の請求・相談件数の状況について
     ※令和元年5月28日更新(令和元年5月20日~5月26日分を追加。
      また、岐阜県から5月7日~5月12日分の相談件数の修正(3件→2件)の報告。)
   (2)旧優生保護法一時金支給法に基づく一時金の支給認定の状況について
     ※令和元年5月31日更新
   …などと伝えています。
 △「旧優生保護法一時金支給等法」施行に伴う請求書の受付について
    京都府ホームページ 健康福祉部
    http://www.pref.kyoto.jp/kyuho/ichijikin.html

 △優生保護法被害弁護団
   http://yuseibengo.wpblog.jp/
  >・生活保護における一時金の取扱い  5月 30, 2019
     http://yuseibengo.wpblog.jp/archives/930
   ・6月5日(水)緊急集会! 5月 24, 2019
     http://yuseibengo.wpblog.jp/archives/895
   …など掲載あり
 △優生手術に対する謝罪を求める会 FBページ
   https://m.facebook.com/motomerukai2017/
 △優生手術被害者とともに歩む宮城の会 FBページ
   https://www.facebook.com/tomoniayumumiyagi/
 △優生保護法被害問題にむきあうための学習パンフ完成
   きょうされん 2019年03月06日
   http://www.kyosaren.or.jp/%e5%85%a8%e5%9b%bd%e4%ba%8b%e5%8b%99%e5%b1%80/8140/

画像は、明日開催される
  「5・28仙台地裁判決」を受けての緊急集会開催案内チラシ
    6/5(水)午後から路上集会や院内集会 衆院第2議員会館など
 

<65歳介護保険移行問題>学習会 京都や大阪で開催されますよ など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 6月 2日(日)12時01分26秒
返信・引用 編集済
  みなさん、おはようございます。  事務局のNです。

 *朝からどんより空もようでやや蒸し暑さも感じますが…

※<65歳介護保険移行問題>学習会……
   65歳でも障害福祉サービス継続 名古屋に続き大阪、宮崎でも実現
   昨年、12月広島高裁岡山支部での判決が確定した浅田訴訟。
  この画期的な判決を学び、各自治体で、65歳になっても障害福祉サービスが自由に
  利用できるようにするためにはどうすればよいのかを考える学習会です。
 *6/15(土) 14:00~ 京都市内  ←開催案内チラシ画像部分に
   ・主催:京都肢体障害者友愛会
 *6/21(金) 18:00~ 大阪市内
   ・主催:大阪社会保障推進協議会/障連協/きょうされん大阪支部
     http://www.kyousaren-osaka.com/?p=4306
 ↑↑この問題で参考になる月刊誌特集
   「ゆたかなくらし」2019年3月号 全国老人福祉問題研究会:編
     http://honnoizumi.shop-pro.jp/?pid=140129745
     《特集》浅田訴訟高裁判決が断罪した介護保険制度

※WEB報道など……
☆旧優生保護法は違憲、しかし賠償は認めず…強制不妊手術の被害者救済は叶うのか
  blogos AbemaTIMES 2019年06月01日
  https://blogos.com/article/381237/
 > 旧優生保護法のもと不妊手術を強制され、人権を侵害されたなどとして、宮城県内の60代と
  70代の女性2人が国に対し合わせて7150万円の損害賠償を求めていた裁判。仙台地裁は29日、
  「人が幸福を追求しようとする権利の重みは、たとえその者が心身にいかなる障害を背負う場合
  であっても何ら変わるものではない」として、旧優生保護法が幸福追求権を保障する憲法13条に
  違反すると、初めての判断を下した。その一方、手術からは20年が経過していることから、請求
  権が消滅する民法の「除斥期間」の規定が適用されるとして、請求については原告の訴えを
  退けた。
  …などと伝えています。
 *<旧優生保護法国賠訴訟>原告控訴「法的救済勝ち取る」
    河北新報  2019年06月01日
   https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201906/20190601_13017.html

☆行政機関採用の障害者すでに131人離職 職場満足度など調査へ
  NHKニュース 2019年5月31日
  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190531/k10011936061000.html
 > 中央省庁による障害者雇用の水増し問題に関連し、根本厚生労働大臣は、問題の発覚後、行政
  機関で採用してきた障害者のうち、すでに130人余りが離職しているとして、職場への定着を進
  めるため、障害者本人に職場の満足度などを聞くアンケート調査を行う方針を示しました。
   中央省庁による障害者雇用の水増し問題を受けて政府は、法律で定められている雇用率を達成
  するため、年内に4000人余りの障害者を採用する方針です。
   これに関連して根本厚生労働大臣は、記者会見で、28の行政機関で去年10月下旬からことし
  4月までに2518人の障害者を採用した一方、すでに131人が離職していることを明らかにしまし
  た。
  …などと伝えています。
 *行政機関の障害者、131人離職 中央省庁雇用水増し発覚後に採用
   (共同通信) - Yahoo!ニュース 5/30
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00000166-kyodonews-soci
 *水増し発覚後 採用の障害者-離職者すでに5%超
   しんぶん赤旗  2019年5月31日
   http://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-05-31/2019053102_02_1.html
  ・障害者雇用促進法改正案-働き支える仕組みに-倉林氏が質問 参院審議入り
    しんぶん赤旗 2019年5月30日
    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-05-30/2019053001_03_1.html
  ・当事者参加の検証必要-障害者雇用率水増し 倉林氏が質問
    しんぶん赤旗 2019年5月31日
    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-05-31/2019053102_03_1.html

▽A型事業所運営会社元社長夫妻に執行猶予判決 給付費詐欺事件で岡山地裁
  (山陽新聞デジタル) - Yahoo!ニュース 5/30
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00010005-sanyo-l33

▽裁判傍聴、障害者に配慮を 最高裁にガイドライン要望
  日本経済新聞 2019/5/29
  https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45403600Z20C19A5CR0000/

▽博多どんたくの露店、点字ブロック遮る 福岡市、規則や巡回なし
  西日本新聞 2019/6/1
  https://www.nishinippon.co.jp/item/n/514977/

▽視覚障害者の安全な歩行のために、いま必要なこと
  NHKハートネット 記事 2019年05月23日
  https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/225/

▽医療的ケア児支え合う保護者の会 あす設立、親睦通し孤立化防ぐ
  山形新聞 2019年05月31日
  http://www.yamagata-np.jp/news/201905/31/kj_2019053100638.php

▽障害児でも気軽に旅行を NPOが沖縄旅行を企画
  (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 6/2
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190602-00000020-mai-soci

▽障害者の地域生活【前編】 “普通の暮らし”を求めて
  NHKハートネット 記事 2019年05月16日
  https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/218/
 *障害者の地域生活【後編】 地域生活を支える取り組み
   NHKハートネット 記事 2019年05月16日
   https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/219/


画像は、<65歳介護保険移行問題>学習会…6/15(土)14:00~京都市内 ←開催案内チラシ
 

障害者が暮らしやすい社会へ 松山でDPI日本会議全国集会:5/31愛媛新聞 など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 6月 1日(土)09時03分40秒
返信・引用 編集済
  みなさん、おはようございます。  事務局のNです。

 *今日から6月ですね、九州南部では梅雨入りしたとか…この辺り今日はええお天気に。

※WEB報道など……
☆障害者が暮らしやすい社会へ 松山でDPI日本会議全国集会
  (愛媛新聞ONLINE) - Yahoo!ニュース 5/31
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-31009601-ehime-l38
 > DPI(障害者インターナショナル)日本会議の全国集会が31日、愛媛県松山市湊町
  7丁目の市総合コミュニティセンターであった。全国の当事者や介助者ら約200人が
  シンポジウムや分科会を通して、誰もが暮らしやすい環境の整備や法制定のあり方に
  ついて理解を深めた。
  …などと伝えています。

☆相模原殺傷3年 来月22日に追悼式、一般参列者300人募集
  (産経新聞) - Yahoo!ニュース 6/1
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00000011-san-l14
 > 平成28年7月に相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者
  19人が刺殺されるなどした殺傷事件の発生から3年となるのを前に、県などは
  追悼式を7月22日に相模女子大学グリーンホール(同市南区)で行う。一般
  参列者の申し込みも受け付けている。
  …などと伝えています。

☆「国は謝罪を」札幌の男性の闘い続く 旧優生保護法めぐる訴訟 札幌地裁で口頭弁論
  北海道(HBCニュース) - Yahoo!ニュース 5/31 20:19
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00000013-hbcv-hok
 > 旧優生保護法をめぐって、札幌の男性が国に損害賠償を求めている裁判。
  28日、仙台であった同様の裁判では原告の訴えが退けられる中、男性の闘いが
  続いています。
  …などと伝えています。
 *<北海道>強制不妊訴訟 あらためて国の謝罪求める
   (HTB北海道テレビ放送) - Yahoo!ニュース 5/31
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00000009-htbv-hok
 *強制不妊で一時金取り下げ、札幌 原告「訴訟影響恐れ」
   (共同通信) - Yahoo!ニュース 5/31
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00000169-kyodonews-soci
 *原告団1人が一時金申請取り下げ 「民放記者に申請させられた」 旧優生保護法国賠訴訟
   (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 5/31
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00000066-mai-soci

 *<旧優生保護法国賠訴訟>原告女性ら控訴 請求棄却の判決不服 弁護団「法的救済勝ち取る」
   (河北新報) - Yahoo!ニュース 5/31 12:06
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00000017-khks-soci
  > 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制されたとして、宮城県の
   60代と70代の女性2人が国に計7150万円の損害賠償を求めた訴訟で、2人は31日、
   請求を棄却した28日の仙台地裁判決を不服として控訴した。
   …などと伝えています。
 *<旧優生保護法国賠訴訟>続く苦悩(上)期待と失望-けじめの日 頭の中が真っ白に
     (河北新報) - Yahoo!ニュース 5/30
     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00000011-khks-soci
 *<旧優生保護法国賠訴訟>明白性(下)不作為の立証に高い壁
   (河北新報) - Yahoo!ニュース 5/31
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00000014-khks-soci
 *「そんなばかなことあるか」強制不妊訴訟、原告2人控訴
   (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース 5/31
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00000040-asahi-soci

▽健常者が利用、多機能トイレで待たされる障害者 表示見直しへ
  京都新聞 2019年05月30日
  https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20190530000028

▽虐待や不正受給続発、「放課後デイ」総量規制へ 京都
  (京都新聞) - Yahoo!ニュース 5/30
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00000001-kyt-l26

▽京都らしさ触って感じる 視覚障害施設が作るドット・テイラー
  京都新聞 2019年05月28日
  https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20190528000024

▽のどに詰まらない餅…嚥下サポート食の作り方紹介 京都・亀岡
  (京都新聞) - Yahoo!ニュース 5/28
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190528-00000005-kyt-l26

画像は、5/26日撮影
  初夏の花ハナショウブ咲き始めてきています 枚方市内にて パート2
 

29日付社説|強制不妊国賠訴訟/違憲判断の意義極めて重い 河北新報 など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 5月29日(水)07時52分20秒
返信・引用 編集済
  みなさん、おはようございます。  事務局のNです。

  *昨日から雨も上がり暑くなりそうな感じですね…

※WEB報道など……
☆各紙社説など
 *社説:強制不妊国賠訴訟/違憲判断の意義極めて重い
   河北新報オンラインニュース 2019年05月29日
   https://www.kahoku.co.jp/editorial/20190529_01.html
  > 「不良な子孫の出生を防止する」として、障害者たちの生殖機能を奪った
   旧優生保護法(1948~96年)は憲法に反する。憲法判断に踏み込み、
   基本的人権の侵害を明確に認めた判決が出た。
    原告の訴えを棄却し国に対する損害賠償は退けたが、判決が旧法を違憲だと
   断じた意義は極めて重い。国は判決の趣旨を重く受け止め、かつての施策の
   非と責任を認めて、今後、被害者の救済を丁寧に進めていくべきだろう。
    旧法下で不妊手術を強制されたのは違法だとして、宮城県の60代と70代の
   女性2人が国に計約7150万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、仙台地裁は
   28日、旧法の違憲性を認めた。しかし、20年で賠償請求権が消滅する民法の
   「除斥期間」を理由に、賠償請求は認めなかった。
    旧法の憲法適合性は訴訟の焦点の一つ。判決は幸福追求権などを規定した憲法
   13条に照らし「子を産み育てるかどうかを意思決定する権利(リプロダクティブ
   権)」は憲法上保障される個人の基本的権利だと認めた。リプロダクティブ権は
   国際的には広く普及しつつあるが、日本で認めた司法判断は今回が初めてだ。
    判決は旧法の規定を「子を望む者にとっての幸福を一方的に奪い去り、個人の
   尊厳を踏みにじるものだ」と断じ、制定当初から違憲だったと認定した。優生思想
   によって障害を理由に人の命に優劣をつけ、選別する。そうした不妊手術はリプロ
   ダクティブ権の重大な侵害に当たる。そう明言した点は評価できる。
    だが、一方で釈然としない点も残る。原告側は、被害者らが手術の違法性を認識
   し裁判で被害回復を図るのは事実上不可能だったと指摘。国会などには被害救済の
   立法措置を怠った「立法不作為」の過失があったと主張した。
    判決も、被害者が損害賠償を請求することは現実的には困難だったと認め、救済
   のための立法措置が必要だったと明確に指摘している。
    しかし、それにもかかわらず、リプロダクティブ権について法的議論の蓄積が少
   ないという理由で、国会の立法措置が必要不可欠だとは明白ではないとして、立法
   不作為を認めなかった。こうした論理は原告にとっては承服しがたいのではないか。
    判決は除斥期間の経過によって賠償請求権は消滅したとしているが、被害者にと
   って産めた可能性のある子どもを奪われた苦しみは生涯続き、被害に時効はない。
    4月に成立した救済法は一律に一時金320万円を支払うとした。だが、旧法の
   違憲性を明記しないまま、責任の主体もあいまいだ。一時金の額についても本当に
   妥当かどうか再考が必要だろう。
    国は、憲法に反した人権侵害を認めた今回の判決を重く受け止め、違憲性の明記
   や一時金の増額など救済法の見直しを進める必要がある。
   …などと伝えています。
 *社説:強制不妊「違憲」 真の救済につなげたい
   北海道新聞 05/29
   https://www.hokkaido-np.co.jp/article/309683?rct=c_editorial
 *時評
   デーリー東北デジタル 05/29
   https://www.daily-tohoku.news/jihyo
 *論説:旧優生法「違憲」 国は謝罪し救済強化を
   岩手日報 2019.05.29
   https://www.iwate-np.co.jp/article/2019/5/29/56160
 *論説:強制不妊訴訟判決 謝罪と救済、再検討を
   茨城新聞 2019年5月29日
   https://ibarakinews.jp/hp/hpdetail.php?elem=ronsetu
 *社説:強制不妊判決 無念受け止めたといえぬ
   新潟日報モア 2019/05/29
   https://www.niigata-nippo.co.jp/opinion/editorial/20190529472161.html
 *論説:強制不妊訴訟判決 国は被害者との溝埋めよ
   福井新聞 2019年5月29日
   https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/863606
 *社説:強制不妊は違憲 人生踏みにじる罪深さ
   中日新聞 2019年5月29日
   https://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2019052902000111.html
 *社説:強制不妊初判決 被害救済につながらぬ
   京都新聞 2019年05月29日
   https://www.kyoto-np.co.jp/info/syasetsu/20190529_4.html
 *社説:強制不妊判決/「違憲」の司法判断は重い
   神戸新聞 2019/05/29
   https://www.kobe-np.co.jp/column/shasetsu/201905/0012374214.shtml
 *社説:「強制不妊」違憲判決 放置した責任、国認めよ
   中国新聞 2019/05/29
   https://www.chugoku-np.co.jp/column/article/article.php?comment_id=538143&comment_sub_id=0&category_id=142
 *論説:強制不妊訴訟判決/謝罪と救済、再検討を
   山陰中央新報社 2019年5月29日
   https://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1559094249547/index.html
 *論説:強制不妊訴訟判決 謝罪と救済、再検討を
   佐賀新聞 2019年5月29日
   https://www.saga-s.co.jp/articles/-/380118
 *社説:「強制不妊」判決  旧法違憲の判断は重い
   南日本新聞   5/29
   https://373news.com/_column/syasetu.php?storyid=106041
 *社説:強制不妊手術は違憲 賠償認めず冷たい判決
   沖縄タイムス 2019年5月29日
   https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/425646
 *社説:強制不妊は違憲 人生踏みにじる罪深さ
   東京新聞 2019年5月29日
   https://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2019052902000162.html
 *社説:強制不妊手術 違憲判決を受け止めよ
   朝日新聞 2019年5月29日
   https://www.asahi.com/articles/DA3S14033763.html
 *社説:強制不妊で初の判決 「違憲」認定の意味は重い
     毎日新聞 2019年5月29日
     https://mainichi.jp/articles/20190529/ddm/005/070/069000c
 *社説:強制不妊判決 違憲判断を重く受け止めたい
   読売新聞 2019年5月29日
   https://www.yomiuri.co.jp/editorial/20190528-OYT1T50333/

☆「旧優生保護法は違憲」賠償の訴え退ける 原告側は控訴へ
  NHKニュース 社会 2019年5月29日 4時15分
  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190529/k10011933001000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001
 > 障害などを理由に強制的な不妊手術を認めた旧優生保護法について、28日、仙台地方裁判所
  は憲法違反だったという判断を全国で初めて示しましたが、賠償を求める原告2人の訴えは退け
  ました。原告側は控訴する方針で、2審の高等裁判所や全国のほかの裁判所がどう判断するか
  注目されます。
  …などと伝えています。
  ・旧優生保護法の裁判 違憲判断
    NHK 東北のニュース 05月28日 19時10分
    https://www3.nhk.or.jp/tohoku-news/20190528/0005696.html
  ・判決のポイント
    NHK 東北のニュース 05月28日 19時14分
    https://www3.nhk.or.jp/tohoku-news/20190528/0005700.html

☆「人生の可能性奪われたのに、なぜ?」 強制不妊判決に涙
  京都新聞 2019年05月29日
  https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20190528000153
 > 優生保護法下での強制不妊手術を巡り、法や手術の違憲性を初めて認める一方、原告の請求
  を棄却した28日の仙台地裁判決。原告2人に寄り添ってきた京都ゆかりの支援者らは、4月
  成立した被害者への一時金支給法から一歩踏み込む内容を一定評価しつつも、「人権回復に結
  びつかない」「理不尽だ」と司法への失望をあらわにした。
   支援者団体「優生手術被害者とともに歩むみやぎの会」の横川ひかりさん(34)=仙台市
  =は、60代の佐藤由美さん、70代の飯塚淳子さん=いずれも仮名=との連帯を表すピンク
  の上着姿で判決を傍聴した。「原告の請求を棄却する」という裁判官の冒頭の発言に法廷は
  ざわつき、横川さんも思わず「えっ、なんで?」と驚いた。
   横川さんは京都市北区在住時から強制不妊手術問題を考える勉強会を催し、2017年の
  仙台転居後に2人と出会った。日常的に襲う腹痛、手術が理由で縁談や結婚生活が破談した
  悔しさ、「当時は適法」として謝罪を拒み続ける国への憎しみ。「被害者は体を傷つけられた
  だけでなく、その後の人生の幅広い可能性も奪われてしまった」。各地で原告の証言を聞く集
  会を開き、被害の実態を伝えてきた。
   「飯塚さんは人生が優生保護で終わっちゃうと嘆く。障害者はマイノリティーで、同法下で
  不当に扱われてきたのに、当たり前の人権回復になぜ時間がかかるのか」と涙を浮かべた。
   判決後、原告弁護団が開いた報告集会。立命館大生存学研究センターの利光恵子客員研究員
  (65)は、飯塚さんの「国の責任が認められないのは納得できない。国は謝罪して」という
  悲痛な叫びにうなずいた。
   一時金支給法には違憲性への言及がないことから「憲法違反の誤った法律下で行われた人権
  侵害だと判決が認めたことは意味がある」とする一方、「国に謝罪を求めなかったのは残念」。
  リプロダクティブ権(性と生殖に関する健康・権利)の議論が蓄積されていないことを請求棄却
  理由の一つとした判決については「1996年の法改正時、国会でリプロダクティブ権の観点か
  ら『適切な措置を講じること』との付帯決議が出ている。裁判官がそこを見誤らなければ結論は
  違ったのではないか」とみる。
   聴覚障害者も同法下で断種を強いられた事実が判明しており、左京区から駆けつけた中途失聴
  者の永井哲さん(64)は「差別のない世の中になるように傍聴を続けたい」と話していた。
  …などと伝えています。


画像は、
 上:「5・28仙台地裁判決」を受けての緊急集会開催案内チラシ
    6/5(水)午後から路上集会や院内集会 衆院第2議員会館など
 下:29日付 京都新聞紙面より
 

レンタル掲示板
/158