teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


「東京パラ」で日本の障害者行政は変われるか:17日付東洋経済 など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 8月17日(土)15時14分11秒
返信・引用
  みなさん、こんにちは。  事務局のNです。

 *この週末の土・日はめちゃ猛暑になりそうですよ。
  お互いに熱中症など体調管理に気をつけましょうよね。

※WEB報道など……
☆「東京パラ」で日本の障害者行政は変われるか  大成功した「ロンドンパラ」に学ぶべき視点
  東洋経済  2019/08/17  田中 圭太郎 : ジャーナリスト・ライター
  https://toyokeizai.net/articles/-/296435
 > 東京2020パラリンピックの開催まであと1年あまりとなった。パラリンピックを
  開催する意義は、障害者のスポーツを見て楽しむだけではなく、障害者が抱える
  さまざまな課題を解決する基盤づくりにもあると海外の関係者は指摘する。
   その意味において、パラリンピックが最も成功したと言われるのは、2012年に
  開催されたロンドン大会だ。278万枚のチケットが完売し、会場は連日満員。
  パラリンピック史上最高の大会と称された。東京2020の開催が決定してから、
  日本の関係者もさまざまな面でロンドン大会を参考にしている。
   イギリスと日本を比較研究している研究者や、ロンドンで暮らす障害者に、
  パラリンピックによるロンドンの変化と、東京の現状をどのように見ているのか
  を聞いた。
   ・パラリンピックの影響を4年かけて調査予定
   ・ロンドンでは国が率先してバリアフリー整備
   ・五輪後に会場をいかに引き継ぐのか
   ・東京パラリンピックに尽力した日本人医師の功績
   ・ロンドンパラ大成功の陰で悪化した政策も
  …などと伝えています。
 *(TOKYO2020)
  バリアフリートイレ、6種に細分化 「混雑で利用しにくい」声に応え
   (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース 8/17
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190817-00000010-asahik-soci
  > 2020年東京五輪・パラリンピックで東京都が新設する競技会場に、
   6種類のバリアフリートイレが設けられる。「誰でもトイレ」などと
   呼ばれる多機能トイレにひとまとめにせず、子連れやお年寄り、障害者ら
   のニーズに合ったトイレを使ってもらうために細分化するという。ただ、
   快適な利用には課題もありそうだ。
   …などと伝えています。
 *社説:東京パラまで1年/共生社会へ弾みをつけたい
   河北新報 2019年08月17日
   https://www.kahoku.co.jp/editorial/20190817_01.html
  > 2020年東京パラリンピックまで25日であと1年。22日からチケットの
   申し込みも始まる。障害者スポーツを知り、共生社会への取り組みを一層進める
   契機としても、五輪同様、成功への準備を進めていかなければならない。
    東京パラリンピックは来年8月25日から9月6日まで13日間、東京都内を
   中心に22競技540種目が開催され、世界から約4400人の選手が参加する。
   東北からも多くの選手の出場が期待される。
    首都圏を中心とする会場周辺では、ハード面でのバリアフリー化も進む。大会
   後にはそれが基準となり、全国に広がっていくはずだ。
    ただ、国民的な関心は直前に行われる五輪に比べ、低さが否めないのは確かだ。
    パラリンピックは第2次世界大戦後の英国で、負傷した軍人のリハビリや治療の
   一環として行われた大会から始まったという。日本でも一般スポーツは文部科学省
   所管となっているのに対し、障害者スポーツは厚生労働省が所管となり、「福祉」
   として扱われていた時代が長く続いた。
    11年8月に施行されたスポーツ基本法で、障害者スポーツの推進を初めて
   明文化。13年に20年五輪・パラリンピックの東京開催が決まり、障害者スポー
   ツが文科省に移管されたのは翌14年のことだ。15年に文科省の外局としてスポ
   ーツ庁が発足し、行政一元化が実現した。
    行政の動きをみても、「福祉」から「競技」という意識の変革は、始まったばか
   りと言える。
    日本パラリンピック委員会は、「多様性を認め、誰もが個性や能力を発揮し活躍
   できる公正な機会が与えられている場。共生社会を具現化するための重要なヒント
   が詰まっている大会」としている。
    さまざまな障害を創意工夫で克服し、限界に挑むアスリートの姿が「社会の中に
   あるバリアを減らす重要性、発想の転換の必要性への気づきをもたらす」と意義を
   強調する。
    パラリンピックには、ボッチャやゴールボールなど独自の競技がある。五輪は
   陸上100メートルの金メダリストが男女1人ずつだが、東京パラリンピックでは
   100メートル決勝が男女で30近くある。障害の部位、程度などによりクラス分
   けが行われ、それぞれのクラスで金メダリストが生まれる。
    また、パラリンピックは、障害者スポーツすべてを包括しているわけではない。
   採用されていない競技、実施されない種目はある。
    ろうの競技者による「デフリンピック」、知的障害者の「スペシャルオリンピッ
   クス」という別の総合スポーツ大会もある。まだまだ知られていないことは多い。
    東京開催を前に、より多くの人がパラリンピックや障害者スポーツを学び、触れ
   る機会を持つことで、1年後の大会でさまざまな「気づき」を生むはずだ。
   …などと伝えています。

☆障害者リハビリ理解を 9月13、14日郡山で研究大会
  (福島民報) - Yahoo!ニュース 8/17
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190817-00000008-fminpo-l07
 > 日本障害者リハビリテーション協会は九月十三、十四の両日、郡山市のビッグ
  パレットふくしまで総合リハビリテーション研究大会を開く。十四日午後三時から
  市民公開講座を催す。来場者を募っている。
   身体、知的、精神など全ての障害を対象とするリハビリテーションを前進させる
  目的。今回は四十二回目で、「当事者のリカバリーという視点-総合リハビリテー
  ションの新機軸-」をテーマとする。県内外の医療従事者や福祉、教育などの関係
  者ら約三百人が参加する。専門家による基調講演やシンポジウムを繰り広げる。
   市民公開講座は、お笑いコンビ「松本ハウス」のハウス加賀谷さん、松本キック
  さんが障害や生活について笑いを交えて紹介する。ハウス加賀谷さんは統合失調症
  を抱えながら活躍している。研究大会の丹羽真一実行委員長(福島医大会津医療セ
  ンター精神医学講座特任教授)が司会を務める。入場無料。
  …などと伝えています。
 *総合リハビリテーション研究大会
   http://www.normanet.ne.jp/~rehab/

☆障害者手帳スマホで提示 代替アプリ開発、普及へ
  大阪日日新聞 2019年8月17日
  https://www.nnn.co.jp/dainichi/news/190817/20190817044.html
 > 誰もが利用しやすいユニバーサルデザインの普及を図る「ミライロ」(大阪市
  淀川区)は、障害者手帳や福祉機器の情報を登録できるスマートフォン向けアプリ
  「ミライロID」を開発した。障害者が交通機関や商業施設で提示し、障害者割引
  や必要なサポートを円滑に受けられるようにするとともに、事業者側の確認の手間
  も軽減したい考え。アプリを手帳の代替手段として認める企業の拡大に努めている。
  …などと伝えています。

▽まれな小児難病「MECP2重複症候群」正しい知識を 患者家族が神戸で交流
  (神戸新聞NEXT) - Yahoo!ニュース  8/17
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190817-00000007-kobenext-sctch


画像は、17日付朝日新聞より

 
 

れいわ木村氏に政府答弁書 「厚労省で必要な検討している」:16日付東京新聞 など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 8月16日(金)11時37分33秒
返信・引用 編集済
  みなさん、 おはようございます。  事務局のNです。

 *今日は「京都五山の送り火」ですね。
   ・生中継
     NHK BSプレミアム 18:59~
      https://www4.nhk.or.jp/P5863/
     KBS京都 19:00~
     https://www.kbs-kyoto.co.jp/okuribi/
  台風通過後晴れてきてめちゃ蒸し暑くなってきてますよ、お互い熱中症に気を付けないと。

※WEB報道など……
☆れいわ木村氏に政府答弁書 「厚労省で必要な検討している」
  東京新聞 政治 2019年8月16日 朝刊
  https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201908/CK2019081602000190.html
 > 政府は十五日の閣議で、重い障害があるれいわ新選組の木村英子参院議員が
  提出した質問主意書への答弁書を決定した。介助者が二十四時間つく「重度
  訪問介護」を巡り、就労中は介護費の公的支援を受けられない問題について、
  木村氏が制度の早急な見直しを求めたのに対し、答弁書は「現在、厚生労働省
  において必要な検討を行っている」と説明した。
   木村氏は、参院選を受けた第百九十九臨時国会で質問主意書を提出。厚生労
  働省が、就労中の介護費用の公費負担を全ての障害者に認めるよう訴えた。
  木村氏らの議員活動に必要な介護費は参院が当面負担する。
   厚労省の告示によると、「通勤や営業活動などの経済活動にかかる外出」
  は重度訪問介護の対象外となっている。
   …などと伝えています。
 △木村 英子:参院議員(れいわ)8/5付提出の質問主意書
  (参院質問主意書情報より8月15日現在)
   https://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/199/meisai/m199015.htm
  >*重度訪問介護の早急な見直しに関する質問主意書 本文
    https://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/199/syuh/s199015.htm
   *答弁書 本文PDF
    https://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/199/toup/t199015.pdf
 △木村英子議員初の質問主意書に実質ゼロ回答
  「厚労省で検討中」 就労・就学中の重度訪問介護をめぐって
   buzzfeed.com 2019/08/16 12:32  岩永直子
   https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/kimuraeiko-toubensho
  > 重度障害者の木村英子議員が出した「重度訪問介護の早急な見直しに関する質問主意書」。
   8月15日に内閣総理大臣から答弁書が出され、「厚生労働省において必要な検討を行なって
   いるところ」と実質ゼロ回答でした。
    重度障害者の日常生活の介助を行う国の「重度訪問介護」制度が就労中や就学中は使え
   ない規定の見直しを求めて、8月5日、国会に質問主意書を提出し、安倍首相からの答弁書が
   15日に出された。
    安倍首相は「厚生労働省において必要な検討を行なっているところ」とし、実質的にゼロ
   回答だった。
    ・国会活動に介助派遣(ヘルパー)が認められない現状の制度
    木村議員が問題視しているのは、生活の多くに介助が必要な重度障害者向けに、長時間の
   見守り介助を可能とする国の「重度訪問介護」という制度。
    利用要件を定めている厚生労働省告示では、「通勤、営業活動等の経済活動に係る外出、
   通年かつ長期にわたる外出及び社会通念上適当でない外出を除く」という制限を設け、仕事
   中や就学中は使えないこととしている。
    このため、木村議員や同じくれいわ新選組から当選したALS患者の舩後靖彦氏は国会活動中
   に介助者をこの制度でつけることができない壁に直面したが、当面、参議院が費用負担すると
   いう特例で対応することになっていた。
    この就労・就学中に介助派遣が受けられない問題については地域で生活する重度障害者が
   度々問題にしており、さいたま市では市が独自に就労中の介助費用を全額負担する制度を
   今年度から設けている。
    ・制度の早急な見直しを求めて質問主意書を提出
    これに対し、木村議員は、「重度訪問介護の早急な見直しに関する質問主意書」を5
   日に提出。
    当面の対応として参議院で費用負担することに「致し方ない」と理解は示しつつも、
   「これは根本的には間違っていると私は考えます」と批判し、その理由をこう述べた。
    「なぜならば、介護保障は国が障害者全体に対してする義務があり、私が国会議員であろう
   となかろうとなされなければいけないからです」
    その上で、こう求めた。
    「介護費用は、法律等を見直し、厚生労働省が責任をもって出すように至急すべきです。
   このまま参議院から費用が出されると、私は特別扱いになってしまいます。すべての障害者に
   就労や就学を権利として認め、公費で社会参加できるようにすべきです」
    「法律では障害者の労働そのものは認められていますが、告示により、介護の必要な障害者
   の重度訪問介護を使っての労働は認められていません。これは矛盾するのではないでしょうか。
   至急法律に沿った告示の見直しを行い、就学や就労の権利を保障するしくみを整えるべきと
   考えますが、それに対する納得のいく説明を求めます」
    ・答弁書「現在、厚生労働省において必要な検討を行なっているところである」
    これに対し、答弁書では制度の現状に触れた後、衆議院、参議院の各厚生労働委員会による
   「障害者の雇用の促進等に関する法律の一部を改正する法律案に対する附帯決議」
   (2019年5月10日、6月6日)で、「通勤に係る障害者への継続的な支援や、職場等における
   支援の在り方の検討を開始すること」とされていることに言及。
    これをふまえ、「現在、厚生労働省において必要な検討を行なっているところである」とし
   たが、具体的な方針は示さなかった。
    これについて厚生労働省障害福祉課の石井悠久課長補佐は、「7月9日に障害福祉課と障害者
   雇用対策課で、障害者雇用福祉連携強化プロジェクトチームを立ち上げており、障害を持つ人
   の通勤・就労中の支援のあり方をどうするかの検討を始めたばかりだ」
    「重度訪問介護の見直しまでは手をつけていないが、今後の議論次第で、重度訪問介護以外
   の新たなサービスを作るのか、重度訪問介護の中で対応することになるのか、検討していくこ
   とになる」と話した。
    さらに、安倍首相は答弁書で、就学中の重度訪問介護については、「教育・福祉・医療・
   労働分野等の連携により特別な支援を必要とする子供への就学前から学齢期、社会参加までの
   切れ目ない支援体制を整備するための支援などに取り組んでいる」として、現状を見直す姿勢
   はないことを明らかにした。
   …などと伝えています。
 △厚労省:第88回労働政策審議会障害者雇用分科会 ←8/22開催予定
   職業安定局 障害者雇用対策課
   https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06191.html
  *これまでの同分科会の資料や議事録などは下記を
    https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-rousei_126985.html
   ・第87回労働政策審議会障害者雇用分科会(資料) ←8/7開催済
     資料1-2:国会における審議経過・附帯決議等について
      https://www.mhlw.go.jp/content/11704000/000535702.pdf

☆社説:新出生前診断 「命の選別」に考え深めたい
  宮崎日日新聞 2019年8月16日
  http://www.the-miyanichi.co.jp/shasetsu/_40455.html
 > 妊婦の採血という簡便な方法で、胎児の染色体異常の可能性を調べる「新出生前診断」の
  在り方について、厚生労働省が秋にも検討を始めることになった。医学系学会の自主規制に
  より、厳しい条件の下で行われてきた検査だが、条件を緩和する案を巡り、学会間で意見が
  対立したのがきっかけだ。
   出産年齢の高齢化が進み、検査への関心は高まっている。検査には胎児の状態を早期に把握
  し、治療や支援などにつなげるという目的もあるが、中絶につながる可能性があり「病気や障
  害のある子どもの存在を否定しかねない」「命の選別になる」と懸念する声は多い。
   国内では2013年4月、臨床研究として始まった。昨年9月までに約6万5千人が受け、
  胎児の染色体異常が確定した妊婦886人の約9割が中絶している。倫理的な課題をはらみ、
  かつ進歩の速い医療技術とどう向き合うか。広く社会全体で議論するときだ。
   検査は妊婦の血液中に混じる胎児のDNAを基に、胎児にダウン症、13トリソミー、
  18トリソミーという3種類の染色体異常があるかどうかについて、かなり高い精度で調べら
  れる。
   日本医学会は、検査を受けるかどうか、また、受けた場合の結果をどう受け止めるかについ
  て妊婦らが十分に理解した上で決めるべきだとして、遺伝医学の専門家らによるカウンセリン
  グができる病院約90施設を認定。対象は高齢の妊婦らに限定している。
   ただ、16年ごろから認定外の民間クリニックが検査を始め、不十分なカウンセリングで妊
  婦が戸惑う事例が問題化。これを受け日本産科婦人科学会が、研修を受けた産婦人科医がいれ
  ば小規模な施設でも実施できるようにする条件緩和策をつくり、理事会で了承した。これに日
  本小児科学会などが反発したため、厚労省が「妊婦らに不安が広がりかねない」と検討開始を
  決めた。
   国が議論の場を設けることを歓迎したい。厚労省は認定外の民間クリニックなどでの実施件
  数を調査し、有識者検討会に結果を公表する見通しだ。カウンセリングの有無や検査費用の把
  握も含め、実施状況を評価した上で必要な要件を整理し直すことが欠かせない。
   障害の有無や程度は、その人や家族の幸、不幸を直接決定づけるものではない。しかし今後
  は、検査がさらに普及し、医療技術の進歩によって新たな検査も出現してくるだろう。遺伝子
  情報の取り扱い、受診者側の障害や病気のとらえ方など理解を深める必要がある。国の調査と
  議論がその端緒となることを求めたい。
  …などと伝えています。

☆障害に合った支援、一緒に考えよう 中津で17日勉強会
 参院選投票の「門前払い」が契機
  大分合同新聞 2019/08/16
  https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2019/08/16/JD0058381656
 > 7月の参院選で、中津市内に住む重度障害のある女性(40)が投票所前まで
  訪れながら市職員の配慮がなく投票できなかったことを受けて、市身体障がい者
  協議会は17日午後5時半から、市教育福祉センターで勉強会を開く。障害の特
  性に合った支援をする「合理的配慮について」がテーマ。「より良い社会にする
  ために障がいの有無にかかわらず一緒に考えてほしい」と参加を呼び掛けている。
   女性は先天性難病を患う市内三光臼木の川野陽子さん。外出時は電動車椅子を
  使用する。投開票日の21日夕、雨の合間を縫って投票所となる地元の集会所へ
  車で向かった。
   関係者によると、未舗装の駐車場はぬかるみ、水たまりができた状態。ヘルパー
  を通じて建物に入れないことを話し、「車中で代理投票ができないか」と伝えた。
  投票所を担当する市職員は状況を見ることもせず、「無理」と門前払い。結果的
  に投票を諦めたという。
   市選管は後日、謝罪した。車中(敷地内)の代理投票については過去の事例に
  照らし合わせ、「限定的にできたようだ」と伝えた。「そもそも電動車椅子を職員
  らが抱えて室内まで運ぶなどいろんな手段を考えるべきだった。もっと踏み込んで
  対応しなければいけなかった」と話した。
   17日は川野さんが今回の経緯を報告。大分市の「だれもが安心して暮らせる
  大分県をつくる会」の小野久事務局(70)が講話する。市内グループそれぞれが
  経験した合理的配慮を欠いた事例を挙げて意見交換。障害の特性に応じたコミュニ
  ケーション手段を促進するため市が施行した条例などを市職員が話す予定。
   市身体障がい者協議会事務局の奥山裕子さんは「投票権を行使できなかったこと
  を責めるのではなく、歩み寄る社会につなげたかった。勉強会を通じて合理的配慮
  の意義や周知、配慮する気持ちを育みたい」と話している。
  …などと伝えています。
  *だれもが安心して暮らせる大分県条例をつくる会(大分県条例を作る会)
    http://daremoga-oita.net/

▽太平洋戦争開戦75年特集 障害者と戦争 NHK 戦争証言アーカイブス
  https://www.nhk.or.jp/archives/shogenarchives/special/shougai/?fbclid=IwAR35z-AQeJTjBOpFevKB6bVMnGv7yT1Nsk2UxBh1gVxjphLbLMbchuYMHVE

▽本人確認、障害者手帳でもOK チケット転売規制で文化庁
  中日新聞 2019年8月15日
  https://www.chunichi.co.jp/s/article/2019081501001197.html

▽要約筆記講座の参加者を募集 京都の乙訓2市1町
  (京都新聞) - Yahoo!ニュース 8/16
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190816-00000000-kyt-l26


画像は、京都五山送り火:京都新聞 より
  https://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/gozan/index.html
 

重度の障害がある人の就労支援「必要な検討実施」答弁書決定:15日付NHKニュース など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 8月15日(木)16時17分2秒
返信・引用 編集済
  みなさん、こんにちは。  事務局のNです。

 *今日は74年目の「終戦記念日」ですね。
 *広島県呉市付近から日本海側へ移動してる台風10号の影響で
  昨日からおかしな空模様で変に蒸し暑いですね…熱中症にも要注意ですよ。
   ・台風のニュース一覧 NHKニュース
     https://www3.nhk.or.jp/news/word/0000868.html?word_result=%E5%8F%B0%E9%A2%A8&utm_int=all_header_tag_002
>> これから大雨になりそうですよ、移動など気をつけましょう。
    八幡市でも16時15分、土砂災害警戒区域などへの避難準備行動発令されましたよ。
     (”大雨の警戒レベル3”相当するそうです)

※WEB報道など……
☆重度の障害がある人の就労支援「必要な検討実施」答弁書決定
  NHKニュース 2019年8月15日 13時40分
  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190815/k10012036331000.html
 > 重度の障害がある人が働く際には、公費による介護サービスが受けられないこと
  から、制度の見直しを求める声が出ていることについて、政府は15日の閣議で通勤
  や職場での障害者への支援の在り方を検討しているとする答弁書を決定しました。
   重度の障害がある人の介護サービスは、最大1割の自己負担で受けることができ、
  それ以外の費用は公費でまかなわれますが、利用者が働く場合、個人の経済活動に
  公的な補助を行うことはなじまないとして、通勤や就労に対する介助は公費負担の
  対象外となります。
   これに関連して、重度の障害がある、れいわ新選組の木村英子参議院議員は質問
  主意書で、「国は法律などを見直し、すべての障害者に就労や就学を権利として認
  め、公費で社会参加できるようにすべきだ」などとして、政府の見解をただしまし
  た。
   これに対し、政府は15日の閣議で、「通勤にかかる障害者への継続的な支援や、
  職場における支援の在り方などについて、現在、厚生労働省で必要な検討を行って
  いる」などとする答弁書を決定しました。
  …などと伝えています。
 *重度訪問介護の早急な見直しを 車いすの木村議員が主意書
   (福祉新聞) - Yahoo!ニュース 8/14
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190814-00010000-fukushi-soci
  > 第199臨時国会が8月5日閉幕した。7月の参議院議員選挙で初当選した重度障害
   を持つれいわ新選組の木村英子議員は同日、24時間体制で介助を受けられる
   「重度訪問介護」の早急な見直しを求める質問主意書を参院議長に提出した。
    木村議員は現在、同サービスを利用しているが、歳費を受け取る議員活動の間
   は「経済活動」と見なされて公費の対象外となる。仮に全額自己負担する場合、
   月に130万円かかる見込みという。
    木村議員の当選を受けて、当面は議員活動に必要な介護費用を参院が支出する
   ことになったが、木村議員は主意書で「根本的には間違っている」とした。
    その上で、「私を特例扱いするのではなく、法律などを見直し、すべての障害者
   に就労や就学を権利として認め、公費で社会参加できるようにすべき」と提案した。
    質問主意書は議長から内閣にまわり、内閣は原則7日以内に答弁することになる。
    障害者が通勤時や勤務中に障害福祉サービスを利用できないことをめぐっては、
   今年6月成立の改正障害者雇用促進法の審議でも論点となった。雇用と福祉の谷間の
   問題だとされ、政府が検討することになっている。
    重度訪問介護の利用者数は2018年1月の実績で約1万人。事業所数は7415カ所に上る。
   15年度の費用額は692億円。
    脳性まひの木村議員のほか、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の舩後靖彦議員(れいわ)、
   脊髄損傷により車いすを使う横澤高徳議員(国民民主)が初当選したことにより、
   今臨時国会では本会議場の改修などバリアフリー化が進んだ。
    本格論戦が始まる秋の臨時国会以降、大きな課題になりそうなのは、本会議や委員
   会での質疑だ。舩後氏は声を出せず、文字盤を目線で追い介助者が読み取るなどして
   意思疎通している。
    事前に質問を用意することで、ある程度の対応は可能だが、一問一答で行う委員会
   では、質疑に時間がかかることが予想される。
   …などと伝えています。
 △木村 英子:参院議員(れいわ)8/5付提出の質問主意書(参院質問主意書情報より8月15日現在)
   https://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/199/meisai/m199015.htm
  >重度訪問介護の早急な見直しに関する質問主意書 本文
   https://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/199/syuh/s199015.htm
   質問第一五号 重度訪問介護の早急な見直しに関する質問主意書
   右の質問主意書を国会法第七十四条によって提出する。
    令和元年八月五日 木村 英子
    参議院議長 山東 昭子 殿
      重度訪問介護の早急な見直しに関する質問主意書
     私は介護をつけないと地域では生きていけません。しかし今の重度訪問介護の
    制度では、経済活動は除外されています。参議院議院運営委員会理事会の協議に
    より、私が国会議員として活動するのに必要な介護費用は、当面参議院で支出す
    ることになりました。当面の対応はこれで致し方ないとは思いますが、これは根
    本的には間違っていると私は考えます。なぜならば、介護保障は国が障害者全体
    に対してする義務があり、私が国会議員であろうとなかろうとなされなければい
    けないからです。介護費用は、法律等を見直し、厚生労働省が責任をもって出す
    ように至急すべきです。このまま参議院から介護費用が出されると、私は特例扱
    いになってしまいます。すべての障害者に就労や就学を権利として認め、公費で
    社会参加できるようにすべきです。
     法律では障害者の労働そのものは認められていますが、告示により、介護の必
    要な障害者の重度訪問介護を使っての労働は認められていません。これは矛盾す
    るのではないでしょうか。至急法律に沿った告示の見直しを行い、就学や就労の
    権利を保障するしくみを整えるべきと考えますが、それに対する納得のいく説明
    を求めます。
     右質問する。
    …などと掲載されています。
  >答弁書 本文PDF
  https://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/199/toup/t199015.pdf

 △厚労省:第88回労働政策審議会障害者雇用分科会 ←8/22開催予定
   職業安定局 障害者雇用対策課
   https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06191.html
  *これまでの同分科会の資料や議事録などは下記を
    https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-rousei_126985.html

☆強制不妊一時金の申請個別通知 山形県の個人情報扱い不明確 市町村は提供に慎重姿勢
  河北新報 山形 2019年08月15日
  https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201908/20190815_51003.html
 > 旧優生保護法(1948~96年)下で強制不妊手術を受けた被害者への一時金の
  申請手続きを個別に説明する方針を示した山形県が個人情報の壁に直面している。
  県は市町村に支給対象者の情報を求めているが、具体的にどう使うのかが明確でない
  ため、提供に二の足を踏む自治体が少なくない。多くの被害者に一時金を届けたいと
  いう県の意欲が空回りしている。
   ◎趣旨には賛同
   「どう使われるか分からないまま、情報をフリーハンドで渡すのは危険だ」「被害
  者救済の趣旨には賛同するが、県は個人情報を軽々しく見ていないか」
   山形市が7日、市個人情報保護条例に基づいて開いた審議会。有識者ら委員から、
  県に対する厳しい指摘が相次いだ。
   会合は、県から提供を要請された情報の中に心身の障害に関する「要配慮情報」が
  含まれるため、委員の見解を聞くのが目的。支給対象者への個別説明の手段や誰が伝
  えに出向くかが県から示されないことから、「慎重論」が多数を占めた。
   県によると、手術を受けた可能性のある人を含め、当時の住所が県保有資料から明
  らかなのは183人。一時金支給の促進を目指す県は6月11日、全35市町村の担
  当者を集めた説明会で、183人の生存状況と現況の情報提供を求めた。
   手術を受けた事実は本人の身内も知らないケースがあり、個別説明の際にはプライ
  バシーへの配慮が欠かせない。同居家族や福祉サービスの利用状況など、事細かな情
  報の提供を県が求めたのはそのためだった。
   山形市によると、6月にあった説明会の席上、対象者への個別説明の方法や集まっ
  た情報の取り扱いについて、県から具体的な言及はなかった。
   7日の審議会では、これらの点を明示するよう県に要求することが決まり、県への
  情報提供の可否は保留とされた。
   県が受けた一時金に関する相談は、7月末時点で27件。そのうち13件が申請に
  至り、60代男性の1件について支給が認められたが、旧厚生省の統計では、県内で
  445人が強制手術を受けたとされ、救済は広がりを欠いているのが実情だ。
   ◎国は広報のみ
   一時金制度の周知に関して国が一般的な広報のみを規定する中、県が独自に個別説
  明の方針に踏み切ったのは、対象者が高齢や障害のため広報に接する機会が限られる
  ほか、そもそも手術を受けた事実を知らされていないケースもあり得るからだった。
   7月末時点で支給対象者の情報提供があったのは17市町村の80人分。旧法を巡
  る国家賠償請求訴訟で仙台弁護団長を務める新里宏二弁護士は「100人を超える規
  模で被害者が特定されている山形で一時金の個別説明を行う意義は非常に大きい。県
  にはプライバシーを守るための必要な情報収集だと丁寧に説明する姿勢が求められる」
  と話した。
   [救済一時金]旧優生保護法下の強制不妊手術問題の救済法(4月24日成立、
   即日施行)に基づき、不妊手術の被害者に一律320万円が支給される。都道
   府県が申請の受付窓口となり、国が認定する。支給対象者に個別に申請手続き
   を伝えるため、山形県は県内市町村に、対象者の現住所や福祉サービスの利用
   状況といった情報を提供するよう求めている。7月末現在、全国で400件余
   りの申請があり、うち57件の支給が決まった。申請の期限は法施行から5年。
  …などと伝えています。

▽忘れられがちな、重度訪問介護のもう一つの論点
  blogos.com 駒崎弘樹 2019年08月14日
  https://blogos.com/article/397695/

▽車いすOK、アレルギー対応OKな店…バリアフリーなグルメガイドが話題
  (女子SPA!) - Yahoo!ニュース 8/14
  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190814-00942789-jspa-life

画像は、5日京都市烏丸丸太町南東ビル6階より撮影
 明日16日京都五山の送り火一つ「大文字」(如意ヶ嶽)
  ・京都五山送り火 https://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/gozan/index.html
 

(社説)ハンセン病と差別 理解と克服への道を探る:14日付朝日新聞 など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 8月14日(水)09時16分54秒
返信・引用 編集済
  みなさん、おはようございます。  事務局のNです。

 *台風10号接近影響で大気不安定でおかしな空模様ですよ…変に蒸し暑くなってます。
  お互いに熱中症など体調管理と、台風接近も含め気をつけましょうよね。
   ・台風10号 超大型から大型に 午後にも九州が暴風域
     (ウェザーニュース) - Yahoo!ニュース 8/14  5:17
     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190814-00010086-weather-soci
   ・台風10号 15日に西日本上陸・縦断のおそれ 早めの備えを
     NHKニュース 2019年8月14日 8時03分
     https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190814/k10012034201000.html?utm_int=word_contents_list-items_001&word_result=台風
   ・台風のニュース一覧 NHKニュース
     https://www3.nhk.or.jp/news/word/0000868.html?word_result=%E5%8F%B0%E9%A2%A8&utm_int=all_header_tag_002

※実行委員会事務局より……
 ▽女性部会<茶話会>が開催されます。
   日時:8月17日(土) 13:30~16:30
   場所:京都市地域・多文化交流ネットワークセンター 会議室
    …参加者は女性限定にさせていただきます。

 ▽第15回インクルーシブ教育部会が開催されます。
   日時:8月27日(火)14:00~16:30
   場所:日本自立生活センター 相談室(十条油小路上る一筋目東入る北側)

 ☆実行委員会(全体会)を開催します。
   日時:9月17日(火)13:30~16:30
   場所:京都市地域・多文化交流ネットワークセンター

    …実行委員会ML13日付で
     村田事務局長から開催予告再度送信されています。ご確認願います!
    >> 今回よりメール登録されている団体様には書面を郵送いたしませんので、
      届いたメールへ出欠をご連絡ください。また団体事務局にメールが届いて
      いる団体様には、担当様にご連絡いただき、ご返信くださいますよう重ねて
      お願いいたします。
   皆さま、今からご予定にお入れいただき当日のご参加よろしくお願いいたします。m(__)m

※WEB報道など……
☆(社説)ハンセン病と差別 理解と克服への道を探る
  朝日新聞デジタル 2019年8月14日
  https://www.asahi.com/articles/DA3S14138348.html
 > ハンセン病の元患者を隔離した国策をめぐり、政府はその家族も差別と偏見に
  さらされてきたことを認め、補償と名誉の回復に取り組むことになった。
   隔離政策の開始から110年余。2001年に過ちを認め、元患者への補償に
  乗り出してからも18年が過ぎた。なぜこんなにも長い年月を要したのか。
   愚かな政策の転換と償いが遅れた国を責めるだけでは、十分な解はみつかるまい。
  それを受け入れてきた社会のありようも問われている。
   元患者らが、そしてその声を受け止めた人たちが、さまざまに発信を続けている。
  目をこらし、耳をすませたい。
   ■芸術家とともに
   一周7キロ、高松市沖の大島は、療養所がある「隔離の島」として知られる。
  いまは3年に1度の現代アートの祭典、瀬戸内国際芸術祭のまっただ中だ。
   かつて元患者がつかっていた家屋に、11の作品が点在する。
   「Nさんの人生・大島七十年」は、絵本作家の田島征三さんの作。16歳での
  離郷、療養所で重症者の看護を命じられた強制労働、同じ病の女性との結婚と妊
  娠、中絶……。廊下を進むと、部屋ごとにNさんの苦難の歩みが絵巻物風に示さ
  れる。
   美術家の山川冬樹さんが出品したのは「海峡の歌」だ。島外に出ることを禁じら
  れた人々は、自由を求めて対岸へ泳いで渡ろうとした。山川さんは同じ海を泳ぎ、
  その姿を撮った映像を見せながら、子どもたちが朗読する短歌を流す。「飼い殺し
  などと言はれて枠の中に生きて死にたる者ら甦(よみがえ)れ」
   社会から排除されてきた島に転機が訪れたのは、10年ほど前のことだった。
  瀬戸内一帯の島々で芸術祭が催されることになり、大島も参加を打診された。
   「人間を棄(す)ててきた島に価値はない。誰も来ない」。そんな声が強かった
  が、療養所自治会の森和男さんは「何があったか知ってもらうためにも、できるだ
  け多くの人に来てほしい」と考え、島の「開放」を進めた。
   芸術祭の作品には、隔離政策の告発のほか、人間としての誇りやつながりの再生
  を願う思いなどが様々に込められている。
   孤絶の世界で何を希望に生きてきたのか――。そう考えさせるような展示は、元
  患者との交流と対話を重ねた結晶だ。
   ■「共感」促す試み
   次々と訪れる観光客には、隔離の記憶を刻む島だと知らない人も多い。だが元患
  者の人生を映した作品に触れ、故郷を失った人の納骨堂や強制中絶で命を奪われた
  胎児を悼む碑をガイドと歩き、共感が生まれる。
   「選択肢のない人生ってどういうものか考えた」(東京都の32歳男性)。「支
  え合い、生き抜いた人を尊敬する」(兵庫県の31歳男性)。何度も足を運ぶ大阪
  市の女性(41)は自宅近くで「語る会」を開き、岡山市の男性(49)はボラン
  ティアでガイドを務めるようになった。
   大島以外でも、垣根を越えていく、さまざまな試みがある。
   岡山県では、療養所がある長島などの島々をめぐるクルージングツアーが催され
  ている。
   高齢化が進む元患者らが、問題を風化させまいと主催する。長島に残る収容施設
  や監房跡などを学芸員とまわる。構えずに参加してもらおうと牡蠣(かき)で知ら
  れる人気の港を発着場所にした。9月までに7回あるツアーは、すでに予約でいっ
  ぱいだ。
   全国に13ある国立療養所の大半には資料館がある。その中心が、東京都東村山
  市の国立ハンセン病資料館だ。関連する映画や絵画、小説、音楽などがつくられて
  きたことを意識し、それぞれの分野の愛好家を呼び込む企画展やワークショップを
  開く。今春には元患者らの話を動画投稿サイトで配信し始めた。
   ■一人ひとりが動く
   ハンセン病をめぐっては、特効薬の開発と普及などで1960年ごろには隔離は
  不要とされていたのに、打ち切りは96年まで遅れた。元患者への補償へと舵
  (かじ)を切った01年以降、人権に関する学習活動や啓発事業が行われてきたが、
  家族は置き去りにされた。
   6月末の熊本地裁判決が元患者の家族への賠償を命じた後、安倍首相は控訴を断
  念し、家族に謝罪した。今後、元患者への補償金支給と名誉回復を掲げる二つの法
  律が改正され、家族も被害者だと位置づけられる見通しだ。
   ただ、それだけで差別と偏見がなくなるわけではない。
   元患者は隔離によって個人の尊厳を著しく傷つけられた。その家族は就学や就職、
  結婚などを妨げられた。そうした「人生被害」は想像を絶する。
   隔離政策を推進した国が厳しく批判されるのは当然だが、元患者と家族を追い込ん
  だのは地域の住民だったことを忘れてはならない。
   ハンセン病にまつわる歴史を知ろうと、一歩を踏み出す。差別や偏見について考え、
  自らに問う。一人ひとりのそうした取り組みが、過ちを繰り返さないための礎となる。
  …などと伝えています。

☆見えない病気や障害の存在=知っておくべきヘルプマーク
  (時事通信) - Yahoo!ニュース 8/14  7:07
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190814-00010000-jij-hlth
 > ある夏の暑い日、外来に通院中の患者さんが私に冷たいペットボトルのお茶を渡し、
  バツの悪そうな表情でこう言いました。「間違えてうっかりペットボトルを買ってし
  まいました。先生、あけてくれませんか」。患者さんは40歳代の女性。腫瘍内科の
  外来で化学療法(抗がん剤治療)を受けていました。抗がん剤の副作用によって、
  指先にしびれがあり力が入りにくくなっていたのです。
  …などと伝えています。

☆重病の医療的ケア児「新たな一歩」
  TBS NEWS【こどものチカラ】 ─13日<動画>
  https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3750351.html
 > シリーズ「こどものチカラ」です。生まれつき重い病気があり、様々な
  医療的ケアを必要とする7歳の男の子が広島にいます。この春、念願だった
  小学校への入学が叶い、新たな一歩を踏み出した元気な姿を追いました。
  …などと伝えています。
  *【こどものチカラ】重病の医療的ケア児「新たな一歩」
    (TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース 8/13
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190813-00000051-jnn-soci

画像は、ウェザーニュース14日付より
 

障害者雇用、応募18倍 19年度の国家公務員試験:9日付共同通信 など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 8月13日(火)09時09分35秒
返信・引用 編集済
  みなさん、おはようございます。 事務局のNです。

 *朝から台風の影響でどんより空模様で蒸し暑いですね。
  超大型台風10号は15日には九州、四国、近畿などへ接近上陸予想とか…
   ・超大型の台風10号 15日上陸か  2019-8-13(火) 654 - Yahoo!ニュース
     https://news.yahoo.co.jp/pickup/6333153

※WEB報道など……
☆障害者雇用、応募18倍 19年度の国家公務員試験
  (共同通信) - Yahoo!ニュース 8/9  17:05
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00000121-kyodonews-soci
 > 人事院は9日、障害者に限定した2019年度の国家公務員試験に4574人が応募したと
  発表した。採用予定は31機関の常勤職員248人で、競争率は18倍となった。中央省庁
  の雇用水増しを受けた募集で、18年度に続き2回目。
   内訳は精神障害者が64%、身体障害者が34%、知的障害者が2%。勤務地域別の応
  募者は、関東甲信越1966人(採用予定127人)、近畿794人(同28人)、九州511人
  (同17人)の順に多かった。
   1次選考は9月15日、全国9都市で筆記試験を実施する。各府省の面接による2次選考
  を経て、11月26日に合格者を発表する。
  …などと伝えています。
 △障害者選考試験の申込者数について
   令和元年8月9日 人事院人材局  試験課長
   https://www.jinji.go.jp/kisya/1908/2019senkoumoushikomi.html
  ・2019年9月に第1次選考を実施する障害者選考試験の申込状況は
    別紙(PDFファイル、テキストファイル)のとおりです。
  ・障害者選考試験に関する詳細は、次のホームページに記載しています。
    https://www.jinji.go.jp/saiyo/saiyo.html
    お知らせ 2019年08月09日 障害者選考試験の情報を更新しました。
    ・国家公務員 障害者選考試験
      定型的な事務をその職務とする係員を採用するための試験
     https://www.jinji.go.jp/saiyo/siken/senkou/senkoushiken.html
   …などと掲載されています。
  *人事院
    https://www.jinji.go.jp/#

☆九州初、高速バスに優先席 長崎の4事業者、要望受け導入へ
  (西日本新聞) - Yahoo!ニュース 8/13 9:19
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-00010000-nishinp-soci
 > 長崎県で高速バスや空港行きバスなどを運行する4事業者が、優先席を一斉導入する方針で
  一致したことが9日、分かった。九州運輸局によると、九州の高速バスで優先席を正式に設置
  するのは初。本紙報道をきっかけにした障害者の要望を受けて協議した。座席指定便をのぞき、
  県内の拠点を結ぶ全ての高速バス、空港行きバスに優先席が設けられる。
   4事業者は、長崎自動車(長崎市)、長崎県交通局(同)、西肥自動車(佐世保市)、島原
  鉄道(島原市)。県バス協会によると、8日に協議し「困っている人がいるなら導入すべきだ」
  と一致。運転席側2列目の少なくとも2席を優先席とする方針を決めた。優先席と一目で分かる
  よう、4事業者共通のカバーを付ける。開始時期は今後詰める。
   優先席設置を要望したのは、進行性の難病「遠位型ミオパチー」の患者会、NPO法人PADM
  (東京)や同法人長崎バリアフリー推進協議会(長崎市)。PADM代表で簡易電動車いすを使う
  織田友理子さん(39)らは6日に長崎市を訪れ、関東や関西にはある高速バスの優先席が九州に
  ない現状を伝えた本紙「あなたの特命取材班」の記事を基に、実際に困った体験を訴えた。
   西日本鉄道(福岡市)も今月から小倉-福岡空港線(平日1日計49便)で優先席を試行中。
  織田さんは「長崎での動きをきっかけに、九州全体に広がってくれたらうれしい」と話している。
  …などと伝えています。

☆議会のバリアフリー化、手探り 介助費補助は自治体で差
  (西日本新聞) - Yahoo!ニュース 8/13 10:56
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-00010005-nishinpc-soci
 > れいわ新選組から重い身体障害がある参院議員2人が誕生したことで、今月上旬に開かれた
  臨時国会は、バリアフリー化が大きなテーマとなった。生活者により身近な地方議会はどうか。
  九州各県や政令市はハード面の環境整備を進めているが、国会でも焦点となった「議員活動中
  の介助費の公費負担」については対応がばらばら。誰もが暮らしやすい社会の実現に向け、
  有識者は議会自らが積極的に関わり、議論するよう訴えている。
   福岡県築上町議会で5日に行われた議長選。江本守町議(63)は各議員名の点字が書かれた
  十数枚の短冊状の紙を指でなぞった。江本氏が意中の議員名の紙を示すと、議会事務局職員は
  投票用紙に代筆し1票を投じた。
   7月末の町議選で初当選した江本氏は、町政で初めての全盲議員。議会は議長権限で代理投票
  を可能にし、議場に通じる廊下のロッカーやごみ箱も撤去した。議場へのルートには点字ブロッ
  クがないため、議会開会中の移動には当面、職員が付き添う。
   ただ、予算書など行政資料の読解や議場外の行動をどうサポートするかなどは未定。議会事務
  局は「議員活動に不自由がないよう支援したい」としているが、障害のある議員に対する支援の
  蓄積に乏しい一般市町村は手探りなのが実情だ。
   ・傍聴人への配慮が充実している自治体も
   人口規模の大きい九州の県や政令市は、車いすの議員を念頭に議場などのバリアフリー化に
  努めてきた。議員が質問に立つ演壇へのスロープ設置が構造上難しい福岡、大分や、来年度以
  降に議場の改修を検討している佐賀を除く4県3市が対応を済ませ、大半は壇の高さも調整でき
  る。
   障害や病気などにより車いすを利用する議員の在籍歴がある福岡、熊本、長崎、鹿児島、
  宮崎5県や熊本、北九州の2市は代理投票や採決時に起立できない場合の挙手を認めている。
   傍聴人への配慮も充実。各県と政令市は車いす用スペースを設け、聴覚障害者が聞き取りや
  すい特殊なイヤホンを貸し出したり、手話スタッフの手配ができたりする県や市もある。佐賀
  県は本年度、議会棟のバリアフリー化予算を約1300万円計上し、傍聴席への動線に点字ブロッ
  クや手すりを設ける。
   ・介助費補助は自治体で差
   介助にかかる費用を公費で負担するかどうかについては、自治体で差がある。
   熊本県は2015年まで務めた車いすの議員のため、事務局職員の旅費規定を準用して宿泊を
  伴う視察に同行する介助者の交通費や宿泊費を公費で賄った。熊本市は車いすの市議が初当選
  した11年から同様の措置。鹿児島県も今年4月に誕生した車いすの新人議員に同等の対応を取
  る方向で検討しており、北九州市も前向きに議論する方針だ。
   かつて車いす利用議員がいた福岡、長崎、宮崎3県には、こうした仕組みがない。「議員本
  人が他の議員と変わらない対応を希望した」(宮崎県)などが理由だ。希望にかかわらず公費
  負担とする仕組みを作った上で選択可能にすべきだとの声もあるが、ある県の担当者は「要望
  がない限り難しい」と打ち明ける。
   埼玉県立大の朝日雅也教授(障害者福祉)は「地方議会のバリアフリー化は住民目線の障害者
  福祉の議論を活発にし、施策を向上させる」としており、議会や自治体は障害者が政治を目指し
  やすい環境整備に力を入れるべきだと説く。
  …などと伝えています。

 *<仙台市議会 改革のカルテ>[4]傍聴環境-主権者置き去り 今も
   (河北新報) - Yahoo!ニュース 8/13 11:00
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190806-00000020-khks-pol
  > 主権者は一体誰なのか。仙台市議会のバリアーだらけの傍聴環境は、そんな根源的な
   疑問を抱かせる。
    …略…
    一蹴された願い
    仙台市議会のバリアーは他にもある。議会棟にエレベーターがないのもその一つ。車いす
   利用者が本会議を傍聴する場合、市役所本庁舎のエレベーターで3階まで上がり、渡り廊下
   で議会棟に入り、昇降機で4階の傍聴席に行く必要がある。
    16年2月定例会。車いす利用者の団体は昇降機を使わずに入れる議場内での傍聴を求め、
   市議会に一蹴された。傍聴は「障害者差別解消条例」の可決を見届ける目的だったが、差別
   を感じる皮肉な結末となった。
    「市民の代表が議論する神聖な場に議員以外はふさわしくない」。願いを断ち切ったのは
   一部議員の特権意識だった。主権者は自分たちであるかのような勘違いに等しい。車いす
   利用者の一人は「時代錯誤も甚だしい」とあきれ返った。
    議会ウオッチャー共同代表の泉田元子さんは「主権者に傍聴してほしいという姿勢が全く
   感じられない。傍聴者に名前や住所を書かせるなど理屈が分からないルールも多く、監視さ
   れているようだ」と指摘する。
   …などと伝えています。

▽グループホームや短期入所、京都・長岡京に障害者支援施設
  京都新聞 2019年08月12日
  https://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20190812000092


画像は、ウェザーマップより
 

<みなぶん>割引運賃 精神障害者なぜ対象外 身体・知的障害者には適用:12日付北海道新聞  など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 8月12日(月)16時27分34秒
返信・引用 編集済
  みなさん、こんにちは。  事務局のNです。

 *台風10号接近影響で風もありますが、今日も蒸し暑いですね…

※実行委員会事務局より……
 ▽女性部会<茶話会>が開催されます。
   日時:8月17日(土) 13:30~16:30
   場所:京都市地域・多文化交流ネットワークセンター 会議室
    …参加者は女性限定にさせていただきます。

 ▽第15回インクルーシブ教育部会が開催されます。
   日時:8月27日(火)14:00~16:30
   場所:日本自立生活センター 相談室(十条油小路上る一筋目東入る北側)

 ☆実行委員会(全体会)を開催します。
   日時:9月17日(火)13:30~16:30
   場所:京都市地域・多文化交流ネットワークセンター

    …実行委員会ML13日付で村田事務局長から開催予告送信されています。ご確認を!
      今回よりメール登録されている団体様には書面を郵送いたしませんので、
      届いたメールへ出欠をご連絡ください。また団体事務局にメールが届いている
      団体様には、担当様にご連絡いただき、ご返信くださいますよう重ねてお願い
      いたします。
    皆さま、今からご予定にお入れいただき当日のご参加よろしくお願いいたします。m(__)m

※WEB報道など…
☆<みなぶん>割引運賃 精神障害者なぜ対象外 身体・知的障害者には適用
  北海道新聞 08/12
  https://www.hokkaido-np.co.jp/article/334279
 > 「身体・知的障害者に適用されている割引運賃が、精神障害者だけない」。精神障害が
  ある室蘭市の男性(60)から、特報班にこんなメールが届いた。調べると、JR北海道の
  ほか、道内バス会社の3割は「経営難」などを理由に精神障害者を割引対象にしていない。
  昨年4月、国が企業や自治体に義務づける障害者の法定雇用率の算定対象に精神障害者も
  加えられ、身体・知的・精神の「3障害平等」が進められる中、料金格差が続く背景を
  追った。
  …などと伝えています。

☆障害者が社会変える 「れいわ」議員、熊本県内当事者は思う
  熊本日日新聞 2019/8/12
  https://this.kiji.is/533472445475701857?c=92619697908483575
 > 7月の参院選で、れいわ新選組から重度の身体障害のある2人が当選し、今月上旬の臨時
  国会に初めて臨んだ。重度障害者による初めての国会活動について、熊本県内の難病や障害
  の当事者に受け止めを聞いた。
  …などと伝えています。

 *車いすの議員、れいわ評価 大牟田の古庄市議 「障害者の課題可視化」
   西日本新聞ニュース 2019/8/12
   https://www.nishinippon.co.jp/item/n/534596/
  > 福岡県大牟田市議会に、電動車いすで活動する古庄和秀さん(46)=5期目、無所属=が
   いる。れいわ新選組の2人の参院議員が、議員活動中の介助費の公費負担を求めていること
   について、古庄さんは「障害者が社会参加する上での課題を可視化した」と評価する。
   …などと伝えています。
  ・障害者の自立と政治参加をすすめるネットワーク
    https://seijisanka.wixsite.com/home

 *れいわ重度障害議員を「特別扱い」「議員特権」と言ってしまう人たちは何がズレているのか?
   (文春オンライン) - Yahoo!ニュース 8/11
   https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190811-00013407-bunshun-pol


☆特別対談 合理的配慮を見つめ直す <点字毎日 7/28から連載中>
  https://mainichi.jp/search?q=%E5%90%88%E7%90%86%E7%9A%84%E9%85%8D%E6%85%AE%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%81%A4%E3%82%81%E7%9B%B4%E3%81%99&s=date
 *1 個別的支援こそ神髄 2019年7月28日
   https://mainichi.jp/articles/20190725/ddw/090/040/016000c
  > 障害者差別解消法が見直しの時期を迎え、障害者政策委員会で議論されている。一方で、
   国連の障害者権利条約などでもうたう「合理的配慮」はその概念がまだ十分に浸透してい
   ない。権利条約に詳しい石川准・静岡県立大教授と、横断的な障害者運動に取り組む藤井
   克徳・日本障害者協議会代表が、合理的配慮をテーマに語り合った。
   …などと伝えています。
 *2 恩恵でなく権利 2019年8月4日
   https://mainichi.jp/articles/20190801/ddw/090/040/014000c
 *3 「他の者との平等」目指す 2019年8月11日
   https://mainichi.jp/articles/20190808/ddw/090/040/012000c

☆差別の根本は「無知」 ハンセン病家族訴訟、国賠償確定 歴史描いた小説執筆の神山さん|
  下野新聞  2019年8月12日
  https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/206468
 > ハンセン病元患者の家族に対する国の損害賠償を命じた熊本地裁判決の確定から1カ月。
  小説執筆を通してハンセン病の歴史を見つめた宇都宮市上戸祭町、元高校教師神山奉子
  (かみやまともこ)さん(74)は「全面解決に向け、やっとスタートラインに立った」と
  意義をかみしめる一方、「差別を生む社会構造は、決して過去のものではない」と教育の
  重要性を訴える。
  …などと伝えています。

☆戦時下の障害者虐殺 アウシュビッツ視察 「負の歴史語り継がねば」
 くまもと障害者労働センター代表・倉田哲也さんに聞く
  熊本日日新聞 2019/8/1
  https://this.kiji.is/529481406652695649?c=92619697908483575
 > 第2次世界大戦中、約600万人のユダヤ人を虐殺したナチス・ドイツ。優生思想の下で
  実施した「安楽死政策」では、20万人もの障害者が犠牲になったとされる。6月下旬に
  ホロコースト(大量虐殺)の舞台となったアウシュビッツ強制収容所などを訪ねた、くま
  もと障害者労働センター代表の倉田哲也さん(52)=熊本市=に思いなどを聞いた。
  …などと伝えています。

☆東京五輪・パラ ボートのテスト大会 障害者の移動しやすさ検証
  NHKニュース 2019年8月11日
  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190811/k10012031821000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001
 > 来年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、ボートのテスト大会が競技会場で
  開かれ、東京都は、障害のある人が移動しやすいのか、バリアフリーの現状を確認しまし
  た。
   ボートのテスト大会が開かれた東京 臨海部の海の森水上競技場には観客を駅からシャトル
  バスで輸送することが想定されています。11日はテスト大会の観客に加えて、車いす利用者
  や視覚障害のある人たちがバスを利用し、乗務員などが乗降口にスロープを設けたり、車いす
  をベルトで固定したりする手順を確認しました。
  …などと伝えています。

▽京料理で介護食提供、栄養士らブランド 味や見た目こだわり
  京都新聞 2019年08月11日
  https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20190811000088


画像は、5日京都市烏丸丸太町南東ビル6階より撮影
 16日京都五山の送り火一つ「大文字」(如意ヶ嶽)
  ・京都五山送り火 https://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/gozan/index.html
 

重度の障害がある人の就労支援 公費負担の対象拡大など検討へ:11日付NHKニュース など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 8月11日(日)12時52分8秒
返信・引用 編集済
  みなさん、こんにちは。  事務局のNです。

 *今日も暑いですよね。京都市内は二日連続で最高気温予想38度表示ですよ。
  お互いに熱中症など体調管理には気をつけましょうよね。台風10号の動きにも…
   ・猛暑続く 車内でも熱中症に警戒を
     (ウェザーマップ) - Yahoo!ニュース 8/11  11:30
     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190811-00010001-wmap-soci
   ・「強い」「大型」「遅い」という危険三要素を持つ台風10号
     (饒村曜) - 個人 - Yahoo!ニュース 8/11  7:36
     https://news.yahoo.co.jp/byline/nyomurayo/20190811-00107614/

※WEB報道など…
☆重度の障害がある人の就労支援 公費負担の対象拡大など検討へ
  NHKニュース 2019年8月11日 6時30分<動画>
  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190811/k10012031311000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001
 > 重度の障害がある人が働く際には、公費による介護サービスが受けられないこと
  から、厚生労働省は障害者の就労を支援するため、公費負担の対象を拡大するか
  どうか検討を本格化させることにしています。
   重度の障害がある人は障害者総合支援法に基づいて、入浴や食事などの介護サー
  ビスを最大1割の自己負担で受けることができ、それ以外の費用は公費でまかなわ
  れます。
   しかし、利用者が働く場合、個人の経済活動に公的な補助を行うことはなじまな
  いとして、通勤や就労に対する介助は公費負担の対象外となります。
   先の参議院選挙で当選した、れいわ新選組の2人の議員も、議員活動は経済活動
  にあたるとして対象外となり、当面は介助費用を参議院が負担することになりまし
  た。
   このため2人の議員や障害者の支援団体は、国会議員にかぎらず、働く意欲のあ
  る障害者が社会参加しやすいように、通勤と就労の介助も公費負担の対象に加える
  よう制度の見直しを求めています。
   これを受けて、厚生労働省は障害者の就労を支援するため、省内の作業チームで
  公費負担の対象を拡大するかどうか検討を本格化させることにしています。
   作業チームでは、個人の経済活動を公費で支援することのぜひや、雇用する事業
  者側の受け入れ態勢、それに財源などの課題をめぐって議論が行われる見通しです。
  …などと伝えています。

 *重度障害者の通学・就労中の介護費用、大阪府が補助検討
   朝日新聞デジタル 2019年8月11日12時00分
   https://www.asahi.com/articles/ASM875TZRM87PTIL01Y.html
  > 大阪府の吉村洋文知事は、府内の重度障害者の通学や就労などの際の介護
   費用を補助する制度を設ける方針を明らかにした。今後、対象者や補助率な
   どを議論し、来年度から始めたいとしている。
   …などと伝えています。
  ・重度障害者の「就労の壁」 支援のあり方本格的に検討へ
    朝日新聞デジタル 2019年8月3日
    https://www.asahi.com/articles/ASM8253MYM82UTFK00Q.html?iref=pc_extlink

☆「あまりにひきょう」障害者の介護死亡事件、職員を起訴
   朝日新聞デジタル 2019年8月10日
   https://www.asahi.com/articles/ASM85658WM85IIPE01S.html
 > 在宅介護サービスを利用していた寝たきりの男性に介護職員が暴行を加えて死亡
  させた事件で、札幌地検は9日、札幌市豊平区中の島1条1丁目、介護職員太田幸
  司容疑者(24)を傷害致死罪で札幌地裁に起訴した。介護サービスを受ける障害
  者からは、再発防止を求める声が上がっている。
   2013年に障害者総合支援法が施行され、障害者の自立を社会全体で支える動
  きが進んだ。7月の参院選では2人の重度障害者が当選し、議場のバリアフリー化
  が行われた。障害者が地域で暮らす流れに水を差しかねない今回の事件に、戸惑い
  が広がっている。
   「抵抗できない障害者を死なせるなんて、あまりにひきょうだ」。障害者の自立
  支援などに取り組むNPO法人「札幌いちご会」理事長で、脳性マヒの重度障害が
  ある小山内美智子さん(66)は憤りを隠さない。
   小山内さんは10人ほどのヘルパーのサポートを受けて自立生活を送る。汗をか
  いた、トイレに行きたいなど、ヘルパーには様々なお願いをする。寝返りが打てな
  いため、夜間はヘルパーが仮眠を取りながら、時間になると寝返りを助ける。
   介助はほぼ1対1だ。今のスタッフは信頼でき、不安はないという。しかし過去
  には、勝手に部屋のものを動かしたり、目玉焼きを作って食べたりした人もいたと
  いう。「身の危険を感じたことはないが、密室の怖さはある」と話す。
  …などと伝えています。

▽病院に映像を映し出す水族館
  NHK岐阜県のニュース 08月07日 21時05分<動画>
  https://www3.nhk.or.jp/lnews/gifu/20190807/3080002248.html?fbclid=IwAR3p2pwFtlyd682ZzcDE3D96IELxiM3J06z6ED-0UHiaOgG0oBSnn1Ts6vs
 > 外出が難しい入院患者に水族館に行った気分を楽しんでもらおうと、岐阜市で
  病院のホールに水族館の迫力のある映像を映し出す催しが行われました。
   この催しは、大手精密機器メーカーが、「国立病院機構長良医療センター」で
  行ったもので、治療のためなかなか外に出られない入院中の患者が集まりました。
  …などと伝えています。

▽殺す親 殺させられる親
  重い障害のある人の親の立場で考える尊厳死・意思決定・地域移行
  「生きるに値しない命」を地域と家庭の中に廃棄しては
  「親(家族)に殺させ」ようとする力動に静かに抗うために
   児玉真美【著】 生活書院 定価 2,300円+税  発売予定日 2019年8月23日
  https://seikatsushoin.com/books/%e6%ae%ba%e3%81%99%e8%a6%aa%e3%80%80%e6%ae%ba%e3%81%95%e3%81%9b%e3%82%89%e3%82%8c%e3%82%8b%e8%a6%aa/

画像は、11日付ウェザーマップなどより
 

強制不妊問題 兵庫県が対象者に個別通知へ:10日付神戸新聞 など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 8月10日(土)08時57分22秒
返信・引用 編集済
  みなさん、おはようございます。  事務局のNです。

 *毎日蝉時雨が目覚まし時計のようです。今日も朝から蒸し暑いですね。
  今日から三連休……高温や熱帯夜続くようですよ、それに台風接近予報も
  お互いに体調管理に気をつけましょうよね。

※実行委員会事務局より……
 ▽女性部会<茶話会>が開催されます。
   日時:8月17日(土) 13:30~16:30
   場所:京都市地域・多文化交流ネットワークセンター 会議室
    …参加者は女性限定にさせていただきます。

 ▽第15回インクルーシブ教育部会が開催されます。
   日時:8月27日(火)14:00~16:30
   場所:日本自立生活センター 相談室(十条油小路上る一筋目東入る北側)

 ☆実行委員会(全体会)を開催します。
   日時:9月17日(火)13:30~16:30
   場所:京都市地域・多文化交流ネットワークセンター

   …実行委員会ML6日付で村田事務局長から開催予告送信されています。
    紙版開催案内などは後日発送予定です。皆さま、今からご予定にお入れいただき
    当日のご参加よろしくお願いいたします。m(__)m

※WEB報道など……
☆強制不妊問題 兵庫県が対象者に個別通知へ
  神戸新聞 総合 2019/8/10 07:00
  https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201908/0012595031.shtml
 > 旧優生保護法下の強制不妊手術問題で、兵庫県は9日、対象者に個別通知すると
  発表した。国は個別通知をしない方針を示していたが、県は「本人の知る機会が限
  られ、一時金の申請期限も5年と限定されている」と通知を決めた。県によると、
  鳥取県など3県が実施・検討しているという。
   一時金320万円を支給する救済法が4月に施行。兵庫県によると、県内では
  330件の手術があり、65人分の氏名が把握できた。
   県は個別通知について「手術を受けたことを家族らに知られたくない場合がある」
  とする国の見解に倣い、通知しない方針だったが、6月、井戸敏三知事が「分かって
  いるのに通知しないのはおかしい」と言及。通知を検討していた。
   手術カルテの残る県立ひょうごこころの医療センターと民間の2病院に65人の
  住所、連絡先などの情報提供を依頼。これを基に各市町に照会し、本人(場合により
  後見人)と面談して制度を説明する。また、昨年の調査で手術カルテなどがある、
  その可能性があると回答した8施設について追加調査を依頼するという。
   県内被害者を支援する弁護団は「行政が個別に被害者に説明することの意義は大き
  い。ただ、特定できたのはほんの一部の人。調査を継続し、被害者への謝罪も行うべ
  き」とコメントした。
  …などと伝えています。
 *優生保護救済で個別通知へ
   NHK兵庫県のニュース 08月09日 18時08分<動画>
   https://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/20190809/2020004537.html
  > 旧優生保護法のもとで障害などを理由に不妊手術が行われていた問題で、
   兵庫県は医療機関や自治体の協力を得て、不妊手術を受けた人たちに救済の
   対象であることを個別に通知する方針を決めました。
   …などと伝えています。
 *旧優生保護法を巡る一時金制度 兵庫県が個別通知へ-兵庫県
   (サンテレビ) - Yahoo!ニュース 8/9 18:00<動画>
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00010003-suntvv-l28
 *旧優生保護法一時金 兵庫県も個別通知へ 4例目
   (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 8/9  21:29
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00000110-mai-pol
 ◇兵庫県/旧優生保護法による優生手術などを受けた方へ
   健康福祉部健康局健康増進課 2019年7月16日
   https://web.pref.hyogo.lg.jp/kf17/kyuuyuuseihogo.html

 ☆旧優生保護法のもとで不妊手術 一時金申請の2人に支給認めず
   NHKニュース 2019年8月9日 23時22分<動画>
   https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190809/k10012030421000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001
  > 旧優生保護法のもとで障害などを理由に不妊手術が行われていた問題で、厚生
   労働省の審査会は一時金の申請があった2人について支給を認めない決定をしま
   した。先月から始まった審査会で支給が認められなかったケースは今回が初めて
   です。
    旧優生保護法のもとで不妊手術を強制された人たちなどを救済するための法律
   では、手術を受けたことを示す明確な記録が残っていない人について、認定審査
   会を開いて本人の証言や医師の診断結果などから一時金を支払うかどうか判断す
   ることになっています。
    9日に開かれた2回目の審査会で、宮城県や北海道などに住む40代から90代の
   男女30人への支給が決まった一方、2人について要件を満たさないとして支給を
   認めませんでした。
    審査会は支給を認めなかった理由を明らかにしていません。
    先月から始まった審査会で支給が認められなかったケースは今回が初めてで、
   決定を通知してから3か月以内に2人から不服の申し立てがあった場合、厚生労
   働省は改めて支給の是非を検討することになります。
   …などと伝えています。
  *「記録なし」初の不認定2人 強制不妊手術の一時金
    (共同通信) - Yahoo!ニュース 8/9 19:35
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00000170-kyodonews-soci
   > 旧優生保護法下で障害者らに不妊手術が強制された問題を巡り、手術記録が
    残っていない人への一時金支給の可否を判断する厚生労働省の認定審査会は
    9日、36人について検討し、要件を満たしていないとして2人の支給を認めなか
    った。不認定は初めて。一方、北海道や宮城県などの40~90代の男女30人には
    認めた。残る4人は判断材料が足りず保留とした。
     不認定の理由について、審査会の菊池洋一会長は「本人の陳述や記録などを
    総合しても手術を受けたと認定できなかった」と記者団に説明した。不認定の
    2人には理由を通知し、不服申し立てもできる。
    …などと伝えています。
  ◇旧優生保護法による優生手術等を受けた方へ
    厚生労働省
   https://www.mhlw.go.jp/stf/kyuuyuuseiichijikin_04351.html
   ・8.旧優生保護法一時金支給法に基づく
    一時金の請求・相談件数、支給認定件数の状況について
   >>(1)旧優生保護法一時金支給法に基づく一時金の請求・相談件数の状況について
    ※令和元年8月8日更新(令和元年7月1日~8月4日分を追加。
     5月20日~5月26日分の請求件数について島根県から訂正の報告あり
     (3件→2件)、また、6月17日~6月23日分の請求件数について、
     東京都から訂正の報告あり(2件→3件))。
    ※月初を目途に前月の状況を掲載します(次回の更新は9月初旬を予定)。
    (2)旧優生保護法一時金支給法に基づく一時金の支給認定の状況について
    ※令和元年8月1日更新(令和元年7月末現在の状況を掲載)
   …などの掲載あり
  ◇旧優生保護法一時金認定審査会の設置について
    厚生労働省 子ども家庭局母子保健課 令和元年6月25日
    https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_05262.html
  △優生保護法被害弁護団
    http://yuseibengo.wpblog.jp/
  △優生手術に対する謝罪を求める会 FBページ
    https://m.facebook.com/motomerukai2017/
  △優生手術被害者とともに歩む宮城の会 FBページ
    https://www.facebook.com/tomoniayumumiyagi/
  △優生保護法被害問題にむきあうための学習パンフ完成
    きょうされん 2019年03月06日
    http://www.kyosaren.or.jp/%e5%85%a8%e5%9b%bd%e4%ba%8b%e5%8b%99%e5%b1%80/8140/

☆小島慶子「国会議員だからこそできる第一歩。バリアフリー社会の前例をつくってほしい」
  〈AERA〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース 8/10 11:30
  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190808-00000014-sasahi-pol
 > タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」を
  お届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある
  日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの中から生まれる思いを綴ります。
   *  *  *
  「感情的になって、一部の人だけが優遇されるような制度を国会議員が作るのは大問題」と
  日本維新の会代表の松井一郎・大阪市長。れいわ新選組の木村英子議員と舩後靖彦議員の
  介助費を参院が負担することを批判しました。
   大型車いすで生活し、常時介護が必要な舩後さんと木村さんは、公費負担のある重度訪問
  介護という制度を使っています。厚生労働省の規定では通勤や職場での活動には適用されな
  いため、全額自費か、事業主が負担することになります。これでは介助が必要な人が働ける
  のは余裕のある企業に限られてしまうため、「職場での負担も公費負担にするべきだ」と
  れいわは訴えています。
   松井市長の「制度全体に適用されるのではなく国会議員にだけ公費が支給されるのは不公平」
  という批判に賛同する人もいます。でも私はそうは思いません。
   国会で起きることは国じゅうに周知されます。国会での介助費の公費負担はハンディキャップ
  のある人も議員として同じスタートに立てるようにする措置。他の職場でも同じですよね。これ
  が先鞭(せんべん)となって、制度全体が変わることを期待する当事者や関係者も多いでしょう。
  身をもって前例を作ってバリアフリー社会の実現を目指すのは、国会議員だからこそできること
  でもあります。報道でも盛んに取り上げるので議論も広がります。私も重い障害のある人が働く
  ことについて、今回の一件までよく知りませんでした。
   議員だってそうです。れいわのお二人や、岩手から当選した車いすを使用する横沢高徳議員と
  国会で一緒に過ごして、いろんな発見があるはずです。これをきっかけにバリアフリーについて
  理解を深める議員もいるでしょう。知識で知っているのと体験するのは全然違う。「そこにいる」
  って、すごく大事なことだと思います。
  …などと伝えています。

▽災害に備え障害児らが「テント村」体験
  紀伊民報 2019年08月09日
  https://www.agara.co.jp/article/17764

▽明石海人の生涯伝える 沼津で企画展 ハンセン病と闘った、地元出身の歌人
  中日新聞 静岡 2019年8月10日
  https://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20190810/CK2019081002000025.html

▽日東精工、障害者雇用で特例子会社設立 京都府北部の企業初
  京都新聞 2019年08月10日
  https://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20190809000158

画像は、昨日(9日)お昼頃撮影 空 <八幡市内にて>    
 

<まいもく>第91回「ALSの国会議員 れいわ舩後氏に聞く」:8日付毎日新聞 など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 8月 9日(金)09時49分57秒
返信・引用 編集済
  みなさん、おはようございます。  事務局のNです。

 *今日も朝から蝉時雨とともに蒸し暑いです、「長崎被爆74年目」ですね。
  明日から三連休も猛暑日や熱帯夜が続くとか、お盆頃は台風接近予想もです。
  お互いに体調管理などに気をつけましょうよね。

※WEB報道など……
☆<まいもく>第91回「ALSの国会議員 れいわ舩後氏に聞く」
  (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 8/8 21:20
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-00000094-mai-pol
 > 7月の参院選で、れいわ新選組から初当選した難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)
  患者、舩後(ふなご)靖彦氏(61)=比例代表=は8日、毎日新聞のインターネット
  番組「解説ライブまいもく」に出演した。
   千葉県松戸市の自宅から中継。事前に送られた質問に、舩後氏が歯でかむセンサ
  ーを使ってパソコン入力した文章を自動音声で読み上げ、回答した。
   舩後氏は議員を志した理由に関連し、以前いた施設で、体に合わない栄養剤を保険
  適用対象なのに有料で購入させられた経験を明かした。下痢も15カ月間続いたといい、
  「本当に惨め。虐待する人はなぜ平然としていられるのか」と批判。「生産性のない
  高齢者と障害者」を劣った者とする考えが社会にまん延していると指摘した。
   通勤などの経済活動中の重度訪問介護サービスに公的補助がなく、舩後氏の国会活
  動中の介助費用については参院が当面負担することになった点にも触れ、「特別扱い
  と思われ非常に心苦しい。皆で使えるようにするのが最善」と制度の改革に意欲を示
  した。
   同じ境遇の患者に向けては「人間の可能性に限界はない」とメッセージを送り、番
  組中に視聴者から激励の言葉が寄せられると、涙ぐむ場面もあった。
  …などと伝えています。
 △まいもく:第91回「ALSの国会議員 れいわ舩後氏に聞く」
   毎日新聞 2019年8月8日 21時20分<動画>
   https://mainichi.jp/articles/20190808/k00/00m/010/377000c
  > 7月の参院選で、れいわ新選組から初当選した難病の筋萎縮性側索硬化症
   (ALS)患者、舩後(ふなご)靖彦氏(61)=比例代表=は8日、毎日新聞の
   インターネット番組「解説ライブまいもく」に出演した。
   …などと伝えています。

 *主張:障害者の議員活動 正面から建設的な議論を
   産経ニュース 2019.8.9
   https://www.sankei.com/column/news/190809/clm1908090001-n1.html
  > 参院選で、れいわ新選組から重い障害のある2人が当選した。
    議席を得た舩後(ふなご)靖彦氏は難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の
   患者である。木村英子氏は生後8カ月で障害を負った。2人とも手足を自由に
   動かすことが困難で、車いすで生活している。
    国会の玄関にはスロープが設けられ、本会議場の出入り口近くには車いす用の
   2議席がつくられた。介助者が本会議場に入り、本人に代わって意思表示するこ
   とも認められた。選出された議員が活躍できるよう環境を整えることは当然であ
   る。
    一方で両氏は、公的障害福祉サービスの「重度訪問介護」を利用している。介
   助者が生活全般をサポートするもので、全国で約1万1千人が使っているが、
   「経済活動」に当たる就労中の利用は認められていない。
    議員活動も経済活動と見なされるため公費負担の対象外となる。両氏は就労中
   も公的サービスが利用できるよう求め、当面は参院が費用を負担することになっ
   た。
    これに日本維新の会の松井一郎代表が「原資は税金。国会議員だけ特別扱いす
   るのか」と異議を唱え、自己負担にすべきだと強調した。松井氏は「国会議員で
   あろうと一般人であろうと、公平、平等に支援が受けられる制度にすべきだ」と
   も訴えた。
    正論だろう。法や制度に不備があるなら、これを改めるのが国会議員の仕事で
   ある。何ら議論を経ずに参院が当面の費用負担を決めた特例措置は、社会の変革
   に寄与しない。
    重度の障害者が経済活動に従事する時間を一律に公的サービスから外す現行の
   制度は問題がある。障害があっても地域で暮らし、働ける人にはその環境を整え
   ることこそ時代の要請だろう。
    情報通信技術の進歩で在宅勤務の可能性も広がっている。ただし財源には限り
   があり、一定以上の所得がある人にはサービスを支えてもらう必要がある。議論
   を必要とする項目は少なくない。
    根本匠厚生労働相は、全国民に共通する普遍的な施策をどう作るかという観点
   から省内のプロジェクトチームで議論していくと表明した。サービスの利用範囲
   をどうするか。高齢介護サービスとのバランスをどう取るか。特例措置に逃げず、
   正面から建設的で迅速な議論を期待したい。
   …などと伝えています。

 *れいわ障害議員の「移動支援」で考える、国際社会に理解される福祉とは
    ORICON NEWS 2019-08-09  みわよしこ
   https://www.oricon.co.jp/article/890812/
  > 重度障害の参議院議員2人が誕生 問われる「移動支援」の是非
    7月21日の参院選で、山本太郎氏が率いる「れいわ新選組」から、重度障害を
   持つ参院議員2人が誕生した。2人の登院や議場での活動をめぐり、様々な試行
   錯誤が繰り返され、そのたびに活発な議論が沸き上がっている。
    現在、焦点になっているのは、2人が障害者福祉の移動支援を参院への通勤に
   使用することの是非だ。これまで原則として、障害者福祉の通学・通勤・営業
   への利用は禁止されてきた。理由は、「公費を個人の資産形成に使うことになる
   から」というものだった。
    是非はともかく、「障害者福祉を職業生活のために利用することはできない」
   という規定は、障害を持つ人の職業生活に対する大きなバリアとなってきた。
   公的福祉でカバーされないのであれば、家族に負担を強いるか、あるいはボラン
   ティアの好意を頼みにするしかない。移動に必要な費用を自分で支払うには、
   障害者はあまりにも貧乏すぎる。
   …などと伝えています。

 *相模原事件から3年、重度障害者が国会議員となった夏。
   ハフポスト 2019年08月08日  あの人のことば 雨宮処凛
   https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5d4b66dbe4b01e44e474b9e2
  > この2、3年、明らかにこの国に「ある空気」が蔓延しているのを感じる。それは
   「日本は少子高齢化で社会保障の財源がないんだから、ある程度“命の選別”をするのは
   仕方ない」というような空気である。
   …などと伝えています。

☆相模原殺傷事件から3年 シンポ開催
  朝日新聞デジタル 京都 2019年8月9日12時01分
  https://www.asahi.com/articles/CMTW1908092700003.html
 > 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害され、職員を含む
  27人が重軽傷を負った事件から3年になり、下京区でシンポジウムが開かれた。
  「なにが問題か? あなたはどうする?」がテーマで、市民ら約230人が参加。事件の
  底流にあるものや課題について考えた。
   ◇
   シンポジウムは障害者や学者らでつくる実行委員会が主催した。
   まず、元相模原市職員の隅河内(すみこうち)司・田園調布学園大教授(63)=社会
  福祉学=が「『相模原殺傷事件』について思うこと」と題して講演した。19人の命が
  奪われた事件の後、自分の慣れた場所でないと生活できない20人近くの入所者が、事件
  の起きた居住棟で1カ月以上暮らすことを余儀なくされたことを紹介。「入所者や支援し
  た職員のことを思うと、非常に胸が痛む」と述べた。
   その上で、事件から学ぶべきこととして、「どんなに重い障害を抱えている人も、他の
  人に影響を与えている。個人の人権を守り、誰も排除しない社会をつくることが私たちの
  使命だ」と述べた。
   障害当事者からの発言もあった。シンガー・ソングライターのYOUさん(36)=
  大阪市=は、上あごがうまく形づくられない「口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)」の
  障害をもって生まれた。鼻が曲がり、言葉がうまく発音できず、いじめられたという。
   「なぜ、こんな顔で生まれたの?」と聞くと、母は何も言わず抱きしめてくれたと振り
  返る。音楽の道に進む夢をあきらめず、曲を作り、歌い続けてきた。6年前には大阪城
  ホールの舞台に立つ夢をかなえた。「人より出来ないことがあっても、意思疎通が出来な
  くても、その人の幸せや人権や、家族がその人と一緒に過ごす幸せを否定する権利は誰に
  もない」
   YOUさんは在日韓国人でもある。「父は差別に苦しんだというが、私は差別を受けた
  ことがない。世界は確実に変わってきている。参院選では重度障害者2人が国会議員に
  選ばれた。誰もが生きているだけで幸せだという社会になることを願っている」と話した。
   シンポジウムの後半には、日本の精神医学の先駆者といわれる呉秀三(くれしゅうぞう)
  (1865~1932)の足跡を描いた映画「夜明け前」の上映があった。呉はオース
  トリアやドイツに留学後、日本の精神障害者が自宅の「座敷牢」に閉じ込められ、人間と
  しての尊厳を奪われている実態を調査。「この病を受けたるの不幸のほかに、この国に
  生まれたるの不幸を重ぬるものというべし」と訴えた。
   呉が調査結果を発表してから1世紀が過ぎた。シンポジウム実行委員会の細田一憲・
  事務局長(69)は「精神障害者らを排斥する風潮が、今も日本社会にあるのではないか」
  と指摘した。
  …などと伝えています。

▽知的障害者、大学に学びの場を 神戸大が特別授業 10月から
  (神戸新聞NEXT) - Yahoo!ニュース 8/9 11:00
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00000011-kobenext-life
 > 知的障害のある人に大学で学びの場を提供しようと、神戸大は10月から「学ぶ楽しみ
  発見プログラム」を開講する。社会に出る前のステップとして、仲間と学ぶ楽しさを通じて
  自己理解や他者理解、社会認識を深めるのが目的。文科省の委託研究事業として実施する。
  …などと伝えています。
 *神戸大学学ぶ楽しみ発見プログラムホームページ
   http://www2.kobe-u.ac.jp/~zda/KUPI.html

▽兵庫県内の特別支援学校 生徒最多5766人 19年度
  神戸新聞 教育 2019/8/9
  https://www.kobe-np.co.jp/news/kyouiku/201908/0012591655.shtml
 > 文部科学省の学校基本統計(学校基本調査)速報が8日発表され、兵庫県内の特別支援学校
  に在籍する児童生徒数が2019年度(5月1日時点)に過去最多の5766人(前年度確報
  比96人増)となったことが分かった。在籍者数の増加は19年連続。県教育委員会は、特性
  に応じた教育が普及し、医療面も含めて学校の受け入れが進んでいることが背景にあるとみて
  いる。
  …などと伝えています。
 *令和元年度学校基本調査速報の公表について
   文部科学省 総合教育政策局調査企画課 令和元年度8月8日
   http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/31/08/1420008.htm

▽ハンセン病の理解深める 親子で奄美和光園を訪問
  (KKB鹿児島放送) - Yahoo!ニュース 8/9 11:23<動画>
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00010000-kkbv-l46
*差別、偏見のない社会へ 奄美和光園 親子でハンセン病問題学ぶ
   (南海日日新聞) - Yahoo!ニュース 8/9 13:02
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00010003-nankainn-l46

画像は、昨日(8日)お昼頃撮影 空 <八幡市内にて>
 

重度身体障害者の介護サービス 大阪府独自の補助制度新設へ :7日づけ毎日新聞 など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 8月 8日(木)09時01分1秒
返信・引用 編集済
  みなさん、おはようございます。  事務局のNです。

 *今日は暦のうえでは「立秋」ですが。朝から高温になってますね。
  まだまだ高温や熱帯夜が続きますから、お互いに体調管理に気をつけましょうよね。

※WEB報道など……
☆重度身体障害者の介護サービス 大阪府独自の補助制度新設へ
  毎日新聞 2019年8月7日 20時56分
  https://mainichi.jp/articles/20190807/k00/00m/040/308000c
 > 大阪府の吉村洋文知事は7日の定例記者会見で、現行法では公的補助が適用されない重度
  身体障害者の通勤や就労時の介護サービスについて、府独自の補助制度を来年度にも新設す
  る方針を明らかにした。れいわ新選組の参院議員の登院時の費用を参院が負担することを
  念頭に、「国民には認められないが国会議員は認められたのは不公平。府として真正面から
  取り組む」と述べた。
   重度訪問介護サービスは、通勤や仕事中は対象外。7月の参院選で初当選した重度身体障
  害者の舩後(ふなご)靖彦氏と木村英子氏の介護サービス費用は、参院が当面負担すること
  になったが、木村氏らは「特例扱いではなく、すべての障害者に就労や就学を権利として認
  め、社会参加できるようにすべきだ」としている。
   府障がい福祉企画課によると、府内では全国の4分の1にあたる約2500人が重度訪問介護を
  利用しており、多くは大阪市内在住という。吉村知事は「大阪府として市町村と1対1で費用
  負担する制度を作りたい。大阪市とも協力していく」と意欲を示した。
   さいたま市は今年度から、在宅での仕事中に訪問介護サービスを受けられる独自の就労支
  援事業を全国で初めて設けた。
  …などと伝えています。
 *大阪府重度障害者通勤など支援へ
   NHK関西のニュース 08月07日 18時21分<動画>
   https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20190807/2000018668.html
  > 大阪府の吉村知事は、記者会見で、重い障害がある人の通勤や通学を支援する制度を
   来年度から導入する方針を明らかにしたうえで、今後、負担のあり方など具体的な制度
   設計を急ぐ考えを示しました。
    この中で、吉村知事は、重い障害がある人への支援について、「大阪府には、重度訪問
   介護サービスを利用している方がおよそ2500人いる。仕事や学ぶことについて、公的
   なサービスを受けられる一般的な制度を構築したい」と述べ、通勤や通学を支援する制度
   を、来年度から導入する方針を明らかにしました。
    その上で、吉村知事は、必要な財源については、府と市町村が1対1の割合で負担する
   ことや、所得に応じて利用者にも一定の負担を求めていきたいとして、具体的な制度設計
   を急ぐ考えを示しました。
    これに関連して、大阪市の松井市長は、記者会見で、「重度の障害がある人が、学ぶこ
   とが厳しい状態を解消するために、府と市が1対1で支援していきたいし、国も入ってく
   るべきだと思う。修学旅行なども含め、障害が原因で機会が失われることがないようにし
   ていく」と述べました。
   …などと伝えています。
 *大阪府、重度障害者の就労・通学を独自支援 来年度実現目指す
   イザ!  2019.8.7 21:16
   http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/190807/plt19080721160028-n1.html
  > 大阪府の吉村洋文知事は7日、常時介護を必要とする重度障害者が通勤・通学時や
   就労時に、介護サービスを公費で受けられる府独自の支援制度を創設する意向を明ら
   かにした。大阪市とも連携して制度設計に乗り出しており、来年度から導入したい考え。
    国の重度訪問介護は、通勤・通学や就労時は対象外。7月の参院選で初当選した重い
   身体障害のある参院議員2人が、仕事時の公費負担を認めるよう見直しを求め、参院が
   当面の介助費負担を決定していた。
    障害者総合支援法に基づき、市町村は重度障害者の生活全般に24時間体制の訪問
   介護サービスを提供。利用者の自己負担は1割で、それ以外は公費でまかなうことに
   なっている。だが通勤・就労は、事業主が本来的に負担すべき「経済活動」とみなされ、
   公費投入が認められていない。通学時も対象外となっている。
    府の検討する支援策はこうした現行の運用ルールを補完する内容で、財源は府と
   市町村が2分の1ずつ負担する形を想定。今後市町村へのヒアリングを行い、対象範囲
   の詳細を詰めた上で、来年度予算に費用を計上する方針。
    会見で松井一郎・大阪市長も「国に先駆けて通学支援をまず実現したい。学ぶことが
   厳しい状態を解決したい」と意欲を示した。一方、吉村氏は2千万円以上の歳費を受け
   取っている国会議員は介助費を自己負担すべきだと改めて強調。府の支援制度でも、
   一定の所得制限を設けるとした。
    府によると、府内の重度訪問介護の利用者(18歳以上)は昨年9月現在で
   約2500人で、全国都道府県で最も多い。
    重度障害者の訪問介護をめぐっては、今年度からさいたま市が独自に在宅就労時の
   介護サービスの提供を始めている。
   …などと伝えています。
   ・大阪府、重度障害者の就労・通学を独自支援 来年度の実現目指す
     (サンケイビズ)2019.8.8 13:15
     http://www.sankeibiz.jp/econome/news/190808/ecb1908081315003-n1.htm
   ・大阪府市の支援拡充、れいわ新選組との自己負担論争が端緒
     (サンケイビズ)2019.8.8 13:20
     http://www.sankeibiz.jp/econome/news/190808/ecb1908081320004-n1.htm
    > 重度障害者の訪問介護をめぐり、大阪府市が独自の支援策の制度設計に着手した。
     きっかけは府市のトップ2人と、先の参院選で議席を得た「れいわ新選組」側との
     論争だ。
      「国会議員だけ特別扱いするのはおかしい」。日本維新の会代表の松井一郎・大阪
     市長は先月31日、重度の身体障害があるれいわ2議員の介助費を参院が負担すると
     決めたことを批判し、自己負担を求めた。維新の吉村洋文府知事も「不公平、不平等
     だ」と同調した。
      これにれいわ代表の山本太郎氏が「障害者が自らポケットマネーを出し、働ける状
     況をつくるのは明らかに間違い。あしき前例になる」「昭和のおっさんのメンタリテ
     ィー(考え方)」と反発。ネット上でも議論が活発化した。
      ただ維新側も、重度訪問介護の対象拡充に否定的だったわけではない。通勤・通学
     や就労時の公的介助が国民に認められていない現状で、国会議員に優先的に税金を投
     入するプロセスを問題視していた。
      吉村氏は支援制度の創設を表明した7日の定例会見で、れいわの問題提起が契機に
     なったと認めた上で、年間2千万円を超える歳費のほかに、文書交通費が支払われ、
     さらに政党への交付金もある参院議員について「1億円プレーヤー」と表現。「まず
     はれいわの議員が自己負担し、その上で国民にも認められる制度をれいわ主導でつく
     って、それが議員にも適用されるというのが筋。それが逆になっている」と改めて批
     判した。
     …などと伝えています。
  *れいわ新選組が“発端” 大阪府が重度障がい者の通勤通学を支援へ
    (MBSニュース) - Yahoo!ニュース 8/8 17:16<動画>
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190808-00029047-mbsnewsv-l27
   > 大阪府の吉村知事は重度の障がいがある人に対し府独自で通勤や通学を支援する
    制度をつくる方針を明らかにしました。発端となったのは「れいわ新選組」をめぐ
    る議論でした。
    …などと伝えています。
   ・大阪府、重度障害者に新制度 通勤・通学の支援独自に
     (TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース 8/8 17:41
     https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190808-00000096-jnn-soci
 △吉村知事の記者会見 令和元年(2019年)8月7日
   http://www.pref.osaka.lg.jp/koho/kaiken2/31kaiken.html
   大阪府府民文化部府政情報室広報広聴課広報グループ
   動画はこちらから(Youtubeにリンクしています)(外部サイト)
   https://www.youtube.com/watch?v=uM7DCVS2zks&feature=youtu.be
  >重い障害がある人の通勤や通学を支援する制度に関する部分は後半からです
 △松井市長の市長会見 令和元年8月7日
   https://www.city.osaka.lg.jp/seisakukikakushitsu/page/0000466985.html
   大阪市政策企画室市民情報部報道担当
   動画は、YouTubeにリンクしています。
   https://www.youtube.com/watch?v=GAPhes35YYg&feature=youtu.be
  >重い障害がある人の通勤や通学を支援する制度に関する部分は中盤からです

☆論説:重度訪問介護 公的支援の拡充を願う
  岩手日報 2019.08.08
  https://www.iwate-np.co.jp/article/2019/8/8/61902
 > 参院選でれいわ新選組から初当選し、臨時国会に臨んだ舩後靖彦、木村英子両議員。
  重い身体障害がある2人が大型の車いすで議場に入り、採決では起立する代わりに
  介助者が手を挙げた。
   こうした国会の光景を「ついにここまで来た」と感慨深く受け止める本県の重度障害者
  たち。一方、2人が利用する重度訪問介護の公費負担をめぐり、ネットを中心に「税金
  泥棒」などと激しいバッシングがわき起こっている。
   重度訪問介護は、障害者総合支援法に基づくサービス。重度の身体障害者らを対象に
  入浴や食事、外出時などを24時間態勢で支援する。自己負担は最大1割で、全国1万人
  超が利用している。
   論議になっているのは「通勤、経済活動にかかる支援」は対象外という制度の運用ルール。
  議員活動は経済活動と見なされる。かねて、このルールが重度障害者の就労を阻害している
  と問題視されてきたが、国会議員の誕生で一躍注目されることになった。
   参院は議員活動中の介助費用を当面負担すると決めたが、れいわ側は制度そのものの見直
  しを要請。根本匠厚生労働相は、見直しについて議論する考えを表明した。
   今の枠組みでは事実上、介助費用を負担できる余裕がある企業しか重度障害者を雇えない
  ことになる。どんなに障害が重くても社会で活躍したいという願いを実現するため、前向き
  な議論を望む。
   この制度など重度障害者施策推進の原動力になってきたのが、障害当事者運動だ。19
  70年代、障害者たちは「当たり前」の生活の実現に向け支援制度改善を訴えるとともに、
  無報酬の支援者の介助を得て、自らアパートなどで1人暮らしを始めた。
   ボランティア不足などで十分な支援が受けられず、体力を落として亡くなる人も少なくな
  かったという。それでも、粘り強く運動を続け、少しずつ公的支援が拡大してきた。まさに
  「命を削って作ってきた制度」だ。
   重度訪問介護を利用してアパートなどで暮らす障害者と介助者。そこには、配慮と心遣い
  に満ちたコミュニケーションがある。障害の有無、個性や考え方の違いを超え、「人と人」
  として互いを尊重する姿勢が、「当たり前の日常」を成り立たせている。
   このような光景が、制度の拡充で職場などに広がり、社会全体で当たり前の光景になって
  ほしい。身近に接する機会が増えれば、障害者に対する極端な偏見の払拭(ふっしょく)に
  つながるだろう。異なる立場同士がどのように相互理解していくかについて、障害者と介助
  者の関係性から学ぶことができるという意味でも、社会のメリットは大きい。
  …などと伝えています。

☆れいわ元年のバリアフリー!
  NHKニュース 政治 2019年8月8日 14時45分
  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190808/k10012027641000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001
 > 参議院選挙から臨時国会の召集まで、わずか10日。
  この間、参議院では急ピッチでバリアフリー化が進められた――
  選挙の結果がもたらした新たな時代に、国会が変わろうとしている。
  まるで突然始まった“国会改革”のような、10日間の動きを追った。
   ・「改善を」と即答、聴取へ
     「ハードとソフト両方で改善を進めなければいけない」
    選挙から一夜明けた7月22日。参議院事務局の幹部は、私の取材に、こう即答した。
   ・異例の即断即決
     4日たった25日。
    参議院議院運営委員会の与野党の理事が集まり、理事会が開かれた。
    事務局が2人から聞き取った内容を報告。
   ・突貫工事
     決定した対応方針に沿って、作業は急ピッチで進められた。
   ・介護サービスはどうするのか
     改修作業が一段落したか、と思ったやさきのことだった。
    29日の参議院議院運営委員会の理事会、2人から新たな要望があったことが報告された。
   ・国会が、変わる日
     そして迎えた8月1日の召集日当日。
    2人は、大勢の報道陣に囲まれながら、介助者とともに大型の車いすで初登院した。
   ・「ハシゴ」ができるか
     この臨時国会の会期は5日間だったが、実質的には召集日と閉会日の2日だった。
    閉会日の8月5日には、閉会中でも議論すべき案件が出てきた時には、委員会を開催でき
    るようにしておく手続きが行われた。
   ・さらに課題が浮き彫りに
     わずか10日間で進められた準備。課題も浮き彫りになった。
   ・分身ロボット導入か
     さらには、将来的な検討課題も出てきた。
    舩後議員は、本人に代わって意思表示できる「ロボット」の導入も希望しているのだ。
   ・国会が変われば、社会も変わる
     2人の当選によって、進み出したバリアフリー国会。
    参議院だけでなく、衆議院でも検討が始まることになっている。ただ、10月にも召集され
    る秋の臨時国会まで、それほど時間があるわけではない。質疑の在り方など本人が実際に
    やってみないと問題点が見えてこないことも多いだろう。
    国会が変われば、社会も変わるはずだ。
    国会のバリアフリー化が、社会のさまざまなバリアフリー化につながるよい刺激となるこ
    とを期待して、議論の行方を引き続き取材していきたい。
  …などと伝えています。

☆障害のある議員の議員活動の保障について(要望)
  JDF日本障害フォーラム 2019年8月5日
  http://www.normanet.ne.jp/~jdf/opinion/20190805.html

☆国交省、公共交通機関のバリアフリー化を推進、
 ガイドラインの見直しや「バリアフリーマップ」検討会など
  (トラベルボイス) - Yahoo!ニュース 8/7
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190807-00010002-travelv-bus_all
 > 国土交通省は、公共交通機関のバリアフリー化推進の一環として、「交通バリアフリー
  基準及びガイドライン」一部見直しを検討する。「移動等円滑化のために必要な旅客施設
  又は車両等の構造及び設備に関する基準等検討会」を設置し、2019年8月以降、複数回の
  検討会をおこなうもの。
   見直しの対象は、(1)鉄道における車椅子使用者が単独で乗降が可能なプラットホーム
  と車両の段差・隙間、(2)ウェブアクセシビリティへの配慮、(3)視覚障害者のための
  施設の案内設備である触知案内図に相当・代替する措置、の3点。
  …などと伝えています。
 *福岡空港に11月バリアフリー案内所オープン 車椅子貸与、情報提供など
   毎日新聞 2019年8月7日
   https://mainichi.jp/articles/20190807/k00/00m/040/156000c

▽津久井やまゆり園 殺傷事件から3年、現場で追悼
  福祉新聞WEB 2019年08月07日
  http://www.fukushishimbun.co.jp/topics/22619

▽地域と交流 理解促進に 台町 ケア施設の願い
  タウンニュース 八王子版 2019年8月8日号
  https://www.townnews.co.jp/0305/2019/08/08/492261.html

▽障害児の「放課後支援」受給者証、判定に誤り 名古屋市が調査へ
  NNNニュース 2019.08.08
  http://www.news24.jp/nnn/news16246625.html

▽医療的ケア児の一時預かり開始 保護者の負担軽減
  日本海新聞 2019年8月8日
  https://www.nnn.co.jp/news/190808/20190808064.html

画像は、1日午後撮影 夏バラ 枚方市内にて  パート4
 

レンタル掲示板
/158