teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


強制不妊、開示請求67人 被害者の0.3% 本紙全国調査:12日付毎日新聞  など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 4月12日(金)21時08分24秒
返信・引用 編集済
  みなさん、こんばんわ。  事務局のNです。

 *今日も晴れてはいたんですが風もあり肌寒かったですね…

※WEB報道など……
☆強制不妊、開示請求67人 被害者の0.3% 本紙全国調査
  (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 4/12
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190412-00000002-mai-soci
 > 旧優生保護法(1948~96年)に基づき不妊手術をされた障害者ら約2万5000人のうち、
  宮城県の60代女性が初の国家賠償請求訴訟を仙台地裁に起こした昨年1月から今年3月ま
  での1年余、手術記録など個人情報の開示を求めた被害者らが13道府県で0.3%に当たる
  67人分にとどまっていたことが毎日新聞の全国調査で判明した。厚生労働省が保存を確
  認している個人記録や関連資料は5400人分だが、開示請求で見つかり、開示されたのは
  18人分だった。
   調査結果は、被害者に「一時金」を支払う救済法が施行されても、請求数が極めて少
  数となる恐れを示す。専門家は「少なくとも行政が保管する個人記録については、プラ
  イバシーに配慮しつつ被害事実を本人や家族に知らせる努力が必要だ」と指摘する。
   調査は3月下旬~4月上旬、47都道府県にアンケートと取材をした。厚労省が設置を通
  知した相談窓口への▽相談件数▽手術記録の開示請求数▽見つかった記録数――など
  5項目を尋ね、全てから回答を得た。
   集計結果によると、67人分は▽北海道27▽宮城21と手術件数が多い上位2道県で7割強
  を占め、京都3▽兵庫3▽山形2▽三重2▽大阪2▽福島1▽山口1などと続いた。このうち
  手術記録や手術申請書など被害を証明する書類が見つかったのは、宮城11▽北海道5
  ▽山形1▽京都1の計18人分だった。
   相談件数は37都道府県で延べ324件で、本人80件、親族129件など。相談してきた人に
  手術記録の開示請求ができることを「必ず伝えている」のは、北海道、宮城、京都、
  鳥取、広島、佐賀など13道府県のみと対応差もあった。一方、埼玉、福井、山梨、奈良
  など8県は相談がなかったとし、宮城は相談はあったが集計していなかった。岐阜と静岡
  は「非公表」。
   被害者補償に詳しい藤野豊敬和学園大教授は「法案は記録のない人も救済対象にして
  いるが、全国調査からは、法律を広報しても被害者から申請を待つ姿勢では本当の救済
  につながらないことが分かる」と指摘。「被害者を一人も取り残さない対応が求められ
  ている」と語る。
   ◇救済法案、来週中にも成立
   被害認定された人に一時金320万円を支給する救済法案は11日、衆院本会議で全会一致
  で可決、通過した。参院での審議を経て、来週中にも成立する見通し。
   ◇旧優生保護法の相談窓口
   強制不妊の被害者を対象に相談に応じるため、全都道府県は昨春以降、相次いで相談
  窓口を設置し、電話番号を公開した。実務は、旧法が1996年に改定された母体保護法を
  所管する部署が担当。窓口に寄せられた相談件数や内容について、窓口の設置を通知し
  た厚生労働省は「集約していない」としている。
  …などと伝えています。
  ・個別通知「プライバシー侵害でない」 強制不妊救済法案で関係者が不備指摘
    (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 4/12
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190412-00000053-mai-soci
   > 「被害者への個別通知は絶対に必要です」。旧優生保護法下で不妊手術を強い
    られた障害者らへの救済法案が衆院を通過した11日、50年以上前に手術された知
    的障害者が入所する宮城県内のグループホームの役員が、福祉関係者の思いを代
    弁するように言い切った。「プライバシーの保護」を理由に手術記録のある人に
    被害を通知しない法案は、被害の掘り起こしの放棄につながると指摘する。
     手術されたのは、10年以上前からこの施設で暮らす70代の男性。報道で強制不
    妊が「間違いだった」と知り、昨年8月、親しい女性役員に打ち明けた。役員も報
    道で知的障害者らが手術の対象にされていたことを知っていたが、身近にいたこ
    とに衝撃を受けた。
     男性は10代の時、仙台市の「愛宕診療所」で不妊手術を受けたという。看護師
    から「脱腸の手術」と言われたが、後で「子どもを生めなくする手術」だと知っ
    た。意思をうまく伝えられないことから職場でいじめや暴力を受け、手術につい
    て「相談しても無駄なこと」と信じ込んだ。
     役員は「被害の事実を知っていても(社会的に弱い立場にある)当事者たちが
    訴え出ることは難しい」と語る。その上で「本人が被害を知らないケースは少な
    くないはず。家族や施設職員など周囲の人が支援するためにも、個別通知は必要
    なのです」と言った。
     別の男性役員も「プライバシー保護という配慮の根底には『不妊手術を知られ
    ると恥ずかしい』という差別的な考えが潜んでいる」と突く。「当事者の多くは
    何も知らされずに手術を受けた。記録があるのに被害を通知しないことは、被害
    者から補償を受ける権利さえも奪う」と憂えた。
     70代男性は、施設を通じて紹介された弁護団の助言を受けて宮城県に手術記録
    の開示を請求。個人記録が見つかり、昨年12月、仙台地裁に提訴した。取材に
    「大臣に自分の思いを伝えたい」と語った。沈黙してきた理由を知ってもらい、
    救済に生かしてほしいと願うからだ。
    …などと伝えています。
 *旧優生保護法 救済法案可決「不十分」との声も 宮城
   (TBC東北放送) - Yahoo!ニュース 4/11 19:46<動画>
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00000004-tbcv-l04
  > 旧優生保護法のもと、障害のある人などが不妊手術を強制された問題で、被害者
   への救済法案が11日、衆議院本会議で可決されました。法案には被害者への謝罪
   と一時金の支給が盛り込まれていますが、宮城県内の被害者などからは「不十分」
   との声も聞かれました。
    救済法案は11日午後、衆議院の本会議で全会一致で可決されました。法案には、
   被害者に1人あたり320万円の一時金を支給することが盛り込まれ、前文には
   「反省し心から深くお詫びする」といった言葉が明記されました。県内の被害者な
   どからは、国会の動きを評価しながらも謝罪の主体を国と明記しなかったことや
   一時金の額について「不十分」との声が聞かれました。
    法案は今後、参議院での審議を経て来週にも成立する見通しです。この問題を巡
   っては5月28日に、仙台地裁で全国初となる判決が出る予定です。
   …などと伝えています。
 *“旧優生”不妊手術 「救済法案」衆議院で可決〈宮城〉
   (仙台放送) - Yahoo!ニュース 4/11 20:20
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00000008-oxv-l04
 *優生保護被害兵庫弁護団声明(一時金に関する法律の成立への動きについて)
   優生保護法被害弁護団HP 4月 11
   http://yuseibengo.wpblog.jp/archives/772
  > 本日, 「旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の
   支給等に関する法律案」 が,衆議院を通過しました。
    これを受けての兵庫弁護団がコメントを出しましたので,お知らせします。
   ・コメント
     http://yuseibengo.wpblog.jp/wp-content/uploads/2019/04/20190411_hyogoseimei.pdf
 △優生保護法被害弁護団
   http://yuseibengo.wpblog.jp/
 △優生手術に対する謝罪を求める会 FBページ
   https://m.facebook.com/motomerukai2017/
 △優生手術被害者とともに歩む宮城の会 FBページ
   https://www.facebook.com/tomoniayumumiyagi/
 △優生保護法被害問題にむきあうための学習パンフ完成
   きょうされん 2019年03月06日
   http://www.kyosaren.or.jp/%e5%85%a8%e5%9b%bd%e4%ba%8b%e5%8b%99%e5%b1%80/8140/

☆障害年金訴訟敗訴で厚労相、通知のあり方を見直す考え示す
  (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 4/12
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190412-00000039-mai-soci
 > 1型糖尿病の患者9人に理由を明示せずに障害基礎年金を打ち切った国の処分を違法
  とした11日の大阪地裁判決について、根本匠厚生労働相は12日の閣議後記者会見で
  「今後通知する書面で、どの程度丁寧に理由を記載できるか検討したい」と述べ、受
  給者への通知のあり方を見直す考えを示した。控訴するかどうか、支給再開に応じる
  かどうかは明らかにしなかった。
   9人は障害2級と認定されて年間80万~100万円の障害基礎年金を受給していたが、
  2016年までに日本年金機構から「2級に該当しない」と通知され、支給を打ち切られた。
  地裁判決は、不利益処分の理由を説明するよう定めた行政手続法に反すると判断した。
  …などと伝えています。

☆介助者集めに奔走 重度障害者の自立生活 神戸の男性ルポ
  神戸新聞 神戸 2019/4/12
  https://www.kobe-np.co.jp/news/kobe/201904/0012233515.shtml
 > 重い障害で24時間介助が必要な神戸市兵庫区の堀之内和弘さん(38)が、身の
  回りの支援をする介助者を募りながら一人暮らしにこだわって生活している。昨年1
  2月に公開された俳優・大泉洋さん主演の映画「こんな夜更けにバナナかよ」は、障
  害者の自立生活の在り方に一石を投じ、大きな反響を呼んだ。「自分らしい生活を求
  める姿に自分を重ねた」と話す堀之内さんの生活をのぞかせてもらった。
  …などと伝えています。

☆障害者実雇用率が上昇も法定未達成なお半数 京都の民間企業
  (京都新聞) - Yahoo!ニュース 4/12
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190412-00000000-kyt-bus_all
 > 京都労働局は10日までに、京都府内の民間企業の障害者実雇用率(昨年6月1日
  時点)が前年比0・06ポイント上昇の2・13%で、雇用障害者数も9151・5人
  (前年比659・5人増)とともに過去最高を更新したと発表した。一方で、法定雇用
  率が未達成の企業がほぼ半数に上った。
   従来は、従業員50人以上の企業が対象だったが、45・5人に変更されたため、
  今回の報告企業数は1877社(前年比149社増)に増えている。
   府内の民間企業の実雇用率は、全国平均の2・05%を上回っている。ただ、法律で
  義務づけられている障害者法定雇用率(2・2%)を達成した企業は49・5%(前年
  比3・6ポイント減)にとどまっている。特に従業員数45・5~99人の中小企業で
  未達成が目立ち、同局は「報告対象となる企業規模が45・5人に引き下げられた影響
  が出ている」とみている。
   また、地方公共団体の障害者雇用状況も公表され、市町村の実雇用率は2・24%
  (前年比0・02ポイント増)で、在職している障害者数は606人(前年比24人増)
  だった。
   同局は「法定雇用率に達していない企業や市町村、機関には、雇い入れ指導として障
  害の態様に応じた職域の開拓、求職者情報の提供など障害者雇用の促進に向けた取り組
  みを実施していく」(職業対策課)としている。
  …などと伝えています。

☆盲導犬を信じ身を委ねる 京都・亀岡の訓練センターで記者が体験
  京都新聞 2019年04月11日
  https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20190411000033
 > 映画「クイール」で有名になった盲導犬の育成拠点が、亀岡市曽我部町にある関西
  盲導犬協会の盲導犬総合訓練センターだ。視覚障害者の暮らしを助ける盲導犬を年
  10頭余り育て、大切なパートナーとして送り出している。訓練の現場を取材し、ま
  ちで連れ添い歩く体験をさせてもらった。
   ■アイマスク着用で記者も体験
   訓練士で広報担当の岡本祐己さん(38)の協力を得て、PR犬として活動する
  「バーネン」が体験のパートナーになってくれた。
   基本的な動き方や合図を教わった後、アイマスクを付け、協会近くの農道で歩行
  練習する。犬の胴に付けたハーネスを左手で持つ。全く見えない世界では、一歩踏
  み出すのも怖い。「力を抜いて、犬を信じて身を委ねて」と岡本さんからアドバイ
  ス。慣れてくると、周囲の音や足の感触に意識が向いてきた。川の流れが右から左
  に。「橋を渡った?」「正解。歩行を任せると他の感覚から情報を得られます」
   人通りのある交差点や階段に挑戦するため、JR亀岡駅前に移動した。信号機の
  ない横断歩道前でバーネンが止まる。「耳を澄まして車が来ないか確認して」。こ
  わごわながら、耳に入る音とバーネンの動きに神経を集中させて歩みを進める。盲
  導犬は迫る車を察知し、危険な時は動かないという。
   歩行のリズムが急に止まった。駅構内に続く階段前だ。障害物や段差の前でも一
  時停止する。バーネンが先に1段目に足をかける。ハーネスの角度で、段差の大き
  さをつかむ。神経を研ぎ澄ませて上ると、踊り場に点字ブロックがあるのに気付く。
   いろんなサイン音も耳に入ってきた。エスカレーターや改札の音だ。香ばしいに
  おいに、コンビニ前を歩いていると気付く。全感覚で情報を得る大切さが分かって
  きた。
   エレベーターに乗るため壁を手で伝ってスイッチを探したり、下り階段では踏み
  外しそうになったりと、息を合わせての共同作業は想像以上に難しい。歩き回って
  いると方向感覚が失われ、現在地が分からなくなる。「慣れた人でも道に迷うこと
  は多い。むやみに動かず人に尋ねて」と岡本さん。
   路線バスにも乗った。手すりを頼りに進み、座席を探る。他の乗客の邪魔になら
  ないよう、バーネンを脚の下に座らせる。体が大きいため混んだバスや電車は乗り
  にくいだろう。バーネンの体の温かさに心が安らぎ「ありがとう」となでた。
   約2時間の体験だったが、視覚障害のある人が大変な努力で外出していることを、
  少しとはいえ実感できた。盲導犬は、外出時の導きだけでなく、存在自体が心の支
  えであることも。これからは、盲導犬や白杖(はくじょう)を持つ人の姿を見かけ
  たら、積極的に声をかけようと思う。
   ■盲導犬育成は2年必要、年間10~12頭貸与
   関西盲導犬協会によると、盲導犬になるには約2年の訓練期間を要する。生後
  10カ月はパピーウォーカー(子飼育ボランティア)に預けられ、人への信頼を養
  う。その上で適性を見込まれた犬が、総合訓練センターで約1年間にわたる本格的
  な訓練を積む。
   最初の1カ月間、犬の性格を見極めた後、交通量の少ない住宅街で歩行訓練に入
  る。JR亀岡駅周辺のほか京都市内にも出向き、段差や交差点での誘導法や公共交
  通機関の乗り方など、さまざまな状況に対応できる動きや判断力を学ぶ。
   訓練で最も大切にしているのが「ほめて育てること」。岡本さんは「仕事を楽し
  み、やりがいを持ってもらうため」と話す。
   それでもユーザーの安全にかかわる役割は重く、年間30頭ほど訓練する犬のう
  ち盲導犬として貸与されるのは10~12頭という。
   現在、国内で盲導犬として働いているのは約970頭。視覚障害者のうちユーザ
  ーはごく一部だ。同協会への新規希望者は2年待ちの状況だが、訓練態勢や資金面
  から頭数を増やせないのが現状という。運営費の9割を寄付に頼っており、協会は
  「多くの方に支援いただきたい」としている。
  …などと伝えています。

▽(患者を生きる:3775)食べる 意識障害:5 情報編 口から栄養、まず相談を
  (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース 4/12
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190412-00000009-asahik-life

▽「僕は2番目に生まれたかった」長男の本心を知って悔恨の涙
  (ファンファン福岡) - Yahoo!ニュース 4/11
  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190411-00010000-fffbiki-life


画像は、9日撮影 春爛漫 淀川河川公園背割地区 八幡市内にて  パート2
 
 

1型糖尿病年金打ち切り違法判決:11日付NHK関西のニュース など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 4月11日(木)23時00分23秒
返信・引用 編集済
  みなさん、こんばんわ。  事務局のNです。

 *陽が落ちてもなんだか肌寒い感じも…

※WEB報道など……
☆1型糖尿病年金打ち切り違法判決
  NHK関西のニュース 04月11日 17時33分<動画>
  https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20190411/0014442.html?fbclid=IwAR1ILsg60mQpMA1qvOtB9Y7AdURPfFJAeqYtjYp0nwBMffcrw0rtsshNKhU
 > 国から障害基礎年金の支給を突然、打ち切られた「1型糖尿病」の患者たちが、不当
  だと訴えた裁判で、大阪地方裁判所は「生活の安定を損なわせる重大な不利益処分なの
  に理由を明らかにしない国の対応は違法だ」として、年金の支給を打ち切った国の決定
  を取り消しました。
   この裁判は、大阪や奈良に住む「1型糖尿病」の患者9人が起こしていました。
   1型糖尿病は免疫の異常などで発症するとされる病気で、血糖値を下げるインシュリ
  ンの注射が欠かせず、多額の医療費を原告たちは障害基礎年金で賄っていました。
   ところが3年前、国が理由を説明しないまま年金の支給を打ち切ったため、国の決定
  を取り消すよう求めていました。
   これに対し国は裁判の中で、「認定基準の変更に伴って支給の対象に該当しなくなっ
  た。受給者への通知は年間700万件にのぼり、個別に説明するのは困難だ」と主張し
  ていました。
   11日の判決で、大阪地方裁判所の三輪方大裁判長は、「障害基礎年金の受給者はそ
  れを前提に生活を設計していて、年金の打ち切りは生活の安定を損なわせる重大な不利
  益処分だ。打ち切る場合は、どのような症状や生活状況をみて慎重に判断したのか理由
  がわかるようにすべきなのに、国の通知は結論のみの簡素なもので違法だ」として、原
  告側の訴えを全面的に認め、年金の支給を打ち切った国の決定を取り消しました。
   【弁護団“早期救済の判決”】
   判決の言い渡しのあと、原告4人と弁護団が記者会見を開きました。
   弁護団長の川下清弁護士は「原告を早期に救済する姿勢がかなり見られた判決だ」と
  評価したうえで、「障害基礎年金の支給停止に関する理由の書き方について、相当厳し
  い注文をつけた。今後、国が不利益処分をするのは難しいと思う」と話していました。
   原告の1人、滝谷香さん(36)は「提訴からきょうまで、気持ちがくじけたり、裁
  判をやめてしまおうかなと思うことがあったり大変でしたが、ここまで頑張ってよかっ
  た。全国の1型糖尿病の方々の中には、年金を受け取っていない人や、制度すら知らな
  い人もいると思うので、私たちが声を上げたことをきっかけに、少しでも広く知っても
  らいたい」と話していました。
   また、別の原告の女性は「国相手の裁判は簡単ではないと懸念していましたが、勇気
  を出して踏み切ってよかった。血糖値をコントロールし続けないと生きていけない1型
  糖尿病の深刻さも社会に理解してもらいたい」と話していました。
   【厚生労働省“通知分かりやすくを検討”】
   今回の判決について厚生労働省は「国の主張が認められず、厳しい判決である。控訴
  するかどうかについては、関係機関と協議して判断する。判決を踏まえ、障害基礎年金
  の受給者に対する通知について、分かりやすくできるように検討していく」というコメ
  ントを出しました。
   【原告“くじけたこともあった”】
   判決の言い渡しのあと、原告の弁護士らが大阪地方裁判所の前で、「勝訴」、「理由
  不備により国の違法な処分全員取り消し」と書かれた紙を示しました。
   原告の1人、滝谷香さん(36)は「見捨てられたと思うことや、気持ちがくじけた
  こともあり、きょうの判決を聞くまで心配でしたが、主張が認められてうれしい」と喜
  びをにじませていました。
   【1型糖尿病とは】
   「1型糖尿病」は血糖値を下げるインシュリンを作る、すい臓の細胞が免疫の異常な
  どで壊れ、体内でインシュリンが作れなくなる病気です。
   厚生労働省の研究班が去年発表した調査結果では、国内の患者数はおよそ10万人か
  ら14万人とされ、多くが未成年で発症するということです。
   患者は1日に複数回、インシュリンの注射が必要ですが、成人の患者には医療費の助
  成がありません。
   同じ研究班のアンケート調査では、成人の患者の3割が医療費に負担を感じ、病院の
  受診回数を減らすなど、治療を控えていると回答しています。
   【年金支給打ち切りの経緯】
   1型糖尿病の患者が障害基礎年金を受給するには、窓口の日本年金機構による障害の
  認定が必要です。
   障害は重い順に1級から3級に分類され、3級は年金支給の対象になりません。
   原告9人のうち8人は、2年から16年の間、2級と認定されていましたが、3年前
  (平成28年)の12月、一斉に「3級に該当する」として、支給を打ち切られました。
   その半年前に障害の認定基準が変更されたことが影響したとみられています。
   ただ、基準の変更は主に3級と認定するための血液検査の項目などで、2級の基準が
  引き上げられたわけではありません。
   裁判で国は、この新たな認定基準を示したうえで、原告の診断書をもとに「3級に該
  当するが、2級とは認められない」と主張していました。
   一方で、それまで2級と認定していた原告の症状が改善したと判断したのかどうかは
  明らかにしませんでした。
   また、支給を打ち切る際、詳細な説明をしなかったことについては「支給額の変更に
  関する通知業務は年間で700万件に上り、個別の説明は困難だ」と主張していました。
   【原告“国は打ち切り理由の説明を”】
   原告の1人、滝谷香さん(36)は、5歳の時、1型糖尿病と診断されました。
   20歳のころから障害基礎年金が月に8万円支給されていましたが、3年前、何の説
  明もないまま突然、打ち切られました。
   同じ1型糖尿病を患う夫の和之さん(36)の障害基礎年金と収入をあわせた月25
  万円ほどで生活しています。
   1日4回ほどのインシュリン注射が欠かせず、2人の医療費は1か月でおよそ5万円
  かかっています。
   滝谷さんは年金が打ち切られたあと生活費を切り詰めましたが、使い捨ての注射針を
  何度も使わなければやりくりが難しいということです。
   年金の支給を打ち切った理由だけでも説明してほしいと、毎回、法廷に通いましたが、
  明確な説明を避け続ける国の姿勢にいっそう不信感が募りました。
   判決を前に、滝谷さんは「誰かが声をあげないと現状さえ分からないと思って裁判を
  起こしたが、国は結局、何の理由も述べず、怒りというか、あきれる感じがしました。
  理由が分からないと、年金が仮に再開されても、また打ち切られるのではと不安を感じ
  ます。行政が考えていることがあればはっきり説明してほしいです」と話していました。
  …などと伝えています。
  *「理由示さず障害基礎年金打ち切りは違法」 全国初 国の違法性認める判決 大阪地裁
    (読売テレビ) - Yahoo!ニュース 4/11 19:32
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00000067-ytv-l27
  *国の障害年金停止「違法」と認定=1型糖尿病患者ら勝訴-大阪地裁
    (時事通信) - Yahoo!ニュース 4/11 18:22
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00000104-jij-soci
  *障害年金打ち切りは違法 1型糖尿病患者9人勝訴
    (共同通信) - Yahoo!ニュース 4/11 15:43
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00000072-kyodonews-soci
  *障害年金打ち切りは違法 1型糖尿病、患者側勝訴
    日本経済新聞 2019/4/11 20:24
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43639850R10C19A4AC8000/?fbclid=IwAR1jQKjzCSgmjJAlTCLJ-4YeLeKY_aWYyNenztrzJUtrPYeiZR-x4rMhOsk
   > 血糖値を下げるインスリンが体内で分泌されなくなる「1型糖尿病」の患者9人が、症状が
    改善していないのに障害基礎年金を打ち切られたのは不当だとして国に処分取り消しを求め
    た訴訟の判決が11日、大阪地裁であった。三輪方大裁判長は「処分の詳しい理由を明らかに
    していない国の対応は違法だ」として処分を取り消した。
    …などと伝えています。
  *「年金停止は違法判断、立ち上がって良かった」1型糖尿病の原告、勝訴に喜び
    (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 4/11 21:01
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00000066-mai-soci
   > 1型糖尿病を巡り、大阪地裁は11日の判決で、患者9人の障害基礎年金を停止した国の処分を
    違法と判断した。幼い頃から病気に苦しみ、生活を支える頼みの綱だった年金まで突然打ち切
    られた患者たち。原告側の主張を全面的に認めた判決に、「立ち上がって良かった」と喜び合
    った。
     「訴えてきたことが認められ、本当にうれしい」。原告の一人で主婦の滝谷香さん(36)=
    大阪府岸和田市=は、判決後の記者会見で笑顔も見せた。
     1型糖尿病は、生活習慣が主な原因の2型とは違い、幼少期に発症することが多い。滝谷さん
    は5歳で診断を受け、20歳から障害基礎年金を受給。保育士として働いていたが、勤務中に低
    血糖を起こして倒れ、退職を余儀なくされた。
     血糖値を下げるインスリンが体内で分泌されないため、毎食後の注射が欠かせない。頻繁に
    血糖値を測っているが、自覚症状がないまま意識を失うことも。根本的な治療法はなく、「い
    つ倒れるか分からない」という不安が常につきまとう。
     夫の和之さん(36)も同じ病気で、夫婦の医療費は合計で月5万~6万円にも上る。数年ご
    とに更新しながら、2人で年間に計約200万円を受給していたが、国は2016年、理由も説明せ
    ず香さんへの支給を停止。和之さんは翌年度に更新した。夫婦とも症状は変わっておらず、
    香さんは「なぜ自分が打ち切られるのか。社会に見捨てられたように感じた」と振り返る。
     生活を切り詰めているが、他の病気も併発して負担は増すばかりだ。頻繁な注射が不要にな
    る方法もあるが、高額なため変更できないという。
     「裁判を起こして良かったのか」とくじけそうになったこともあったが、支えてくれたのは
    家族だった。長男(11)は「何とかなるよ、頑張ってね」と励ましてくれたという。
     提訴から約1年5カ月を経て、患者らの声は裁判所に届いた。香さんは「たくさんの人の応援
    でここまでこられた。国は控訴しないでほしい」と求めた。
     1型糖尿病を巡っては、障害基礎年金が支給されていない患者も多いとされ、東京地裁では
    訴訟も起きている。香さんは「私たち以上に重い障害を持ち、大変な暮らしをしている患者が
    いる。もっともっと、そういう人に目を向けてほしい」と期待を込めた。
     会見では、別の原告女性も「勇気を出して提訴して良かった。この病気は、金銭面や精神的
    な不安を抱えている深刻さを分かってもらえたら」と訴えた。弁護団は今後、厚生労働省に控
    訴を断念するよう要請する。
    …などと伝えています。
 △1型糖尿病障害年金裁判 FBホーム
   https://www.facebook.com/%EF%BC%91%E5%9E%8B%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E5%B9%B4%E9%87%91%E8%A3%81%E5%88%A4-174302246691304/

画像は、
 上・中:弁護団声明文より
 下:厚労大臣宛要請文より
 

強制不妊一時金法案「真の救済につながらぬ」 国謝罪求める声:11日付京都新聞 など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 4月11日(木)14時29分43秒
返信・引用 編集済
  みなさん、こんにちは。  事務局のNです。

 *今日は晴れてはいるんですが風も強くて肌寒いですね…

※実行委員会事務局から……
☆実行委員会定例会(全体会)
 ・日時:4月23日(火)13時30分~16時30分予定
 ・場所:京都市多文化交流ネットワークセンター 大ホール
  …皆さまお忙しい時期だと思いますが今からご予定に入れて戴きぜひご参加を!

▽特例補装具費不支給決定取消請求裁判【第16回期日】
  日時:4月23日(火)午前11時~(約30分)
  場所:京都地方裁判所101号法廷
 ※裁判の後、裁判についてわかりやすく説明する報告集会があります。
  ・ライス 趙 ジョナさんの車椅子裁判を支える会 FBホーム
    https://www.facebook.com/ライス-趙-ジョナさんの車椅子裁判を支える会-1514861815290120/

※WEB報道など……
☆強制不妊一時金法案「真の救済につながらぬ」 国謝罪求める声
  京都新聞 2019年04月11日
  https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20190410000180
 > 障害者らに不妊手術を強いた優生保護法(1948~96年)の問題で、国会に提出
  される被害者への一時金支給法案は、国による謝罪を明記しておらず、当事者や支援団
  体の要望と乖離(かいり)しているのが実情だ。立命館大生存学研究センター客員研究
  員の利光恵子さん(65)は「真の救済につながらない。拙速に成立させないでほしい」
  と改善を求めている。
   法案は被害者への反省とおわびを明記しているが、その主体は「われわれ」となって
  いて「国」ではない。利光さんは「被害者は口々に『国が責任を持って謝ってほしい』
  と言う。それが被害回復の第一歩だ」と指摘する。障害者らの基本的人権を侵害し、憲
  法違反と認めることも必要とした。
   一時金の320万円は、国家賠償請求訴訟の原告が求める金額には程遠い。利光さん
  は「被害者の健康被害や精神的な後遺症に見合わない」と憤る。法案では、一時金の支
  給対象は優生保護法による不妊手術の被害者などだが、96年の同法改正後も障害を理
  由にした断種が実在しており、「法改正後の被害や(優生条項に基づく)中絶も含める
  べき」と訴える。
   一時金の受給には請求が必要だが、少数にとどまることを懸念する。「不妊手術を自
  覚していない人も多い。大半が救済されず絵に描いた餅になってしまう」。利光さんは、
  手術の記録が残る人には配慮をした上で、本人に通知することを提案。請求期限を5年
  に区切った点には救済対象を減らす意図を感じるといい、無期限にするよう主張した。
   5月28日には国賠訴訟の初めての判決が仙台地裁で出る。強制不妊手術の違憲性を
  認め、賠償額は320万円を上回る可能性がある。利光さんは「(法改正から)20年
  以上も放置してきて、あと1カ月をなぜ待てないのか」と疑問視する。法案が成立した
  後でも、判決内容を反映した法改正をするべきと訴えている。
  …などと伝えています。
  ◇京都新聞長期連載された 『隠れた刃:証言・優生保護法』 特設サイト
    https://www.kyoto-np.co.jp/info/syakai/epl/20190214_4.html
   > 国が「不良な子孫」と決めつけ、不妊手術や中絶を強いた法律があった。
    71年前、優生保護法は民主的手続きを経て成立、23年前に改正され強制
    不妊の規定がなくなっても、苦しみ、もがき、沈黙するしかない人たちが、
    今もいる。「優生」の意識は、私たちの心の中に「刃(やいば)」のように
    潜んでいるのではないか。教訓を未来への道しるべとするために、時代の証
    言を探した。
    …などと伝えています。
 *強制不妊「違憲性」言及なく、訴訟意識し慎重に 衆院委
   (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース 4/11
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00000016-asahi-soci
  > 旧優生保護法の下で強制的な不妊手術を受けた被害者に対する最大限の対応――。
   10日の衆院厚生労働委員会で与野党議員はこう強調し、救済法案への理解を求めた。
   だが、当事者が「被害回復の第一歩」として求める違憲性を認める言葉はなく、各地
   で続く国家賠償請求訴訟を意識した慎重な発言に終始した。
    厚労委で冨岡勉委員長は、救済法案の趣旨を「このような事態を二度と繰り返すこ
   とのないよう努力を尽くす決意を新たにし、本法律を規定する」と説明。法案を委員
   長提案の形で衆院に提出することが全会一致で決まると、委員から拍手が起きた。
    与野党の合意に基づき委員長が提案する法案については質疑をしないのが慣例だが、
   今回は問題の重大性から質疑が行われた。
    主に質問に立ったのは、約1年にわたり法案検討に携わった与党ワーキングチーム
   (WT)と超党派議員連盟(議連)のメンバー。
    WT座長の田村憲久・元厚労相(自民)は、議員立法の旧優生保護法が全会一致で
   成立したことに触れ、「今の人権意識からすると許されないような内容。立法府の一
   員として深くおわびを申し上げる」と述べた。だが、旧優生保護法の違憲性や救済策
   を講じなかった国の責任には踏み込まなかった。
    救済法案については「対象を幅広くしていることが大きなポイント」と強調した。
   さらに、被害者の高齢化に言及し、「平成のうちに成立することを心からお願いする」
   と述べた。
    公明党の桝屋敬悟氏も、おわびのあいまいさや一時金の額などへの批判を念頭に
   「被害弁護団から歓迎されない法案だと承知しているが、与野党議員がこの問題に真
   摯(しんし)に向き合い、現時点で取り得る方策を取りまとめた」と理解を求めた。
    「今でも『不妊手術は当時は合法だった』という立場に立つのか」。共産党の高橋
   千鶴子氏が問いただす場面もあったが、根本匠厚労相は「国賠訴訟が係争中で、政府
   の見解を申し上げるのは差し控えたい」と繰り返した。その後も、厚労省の担当局長
   は違憲性に関する質問をかわした。
    救済法案を検討してきた与野党議員は「国会の意思を明確に示すため」として、救
   済法案の審議と同時に衆参両院で決議を行うことを検討していた。だが、「国会決議
   をしても、救済法案の域から踏み込むことはできない。それだとまた批判される」と
   の慎重論が広がった。WTメンバーは「訴訟に配慮した法案前文のおわびはガラス細
   工」と対応できる範囲には限界があると指摘した。
    決議の文言調整が進まないまま、統一地方選に突入。「法律の成立を優先する」と
   して、参院本会議での法案採決以降に先送りする流れが固まった。
    10日の委員会終了後に記者会見した被害弁護団は、違憲性を認めた上での謝罪や
   1人あたり3千万円以上の慰謝料を求めた訴訟を継続する方針を表明した。議連から
   は「ここまで対決姿勢でくるなら、国会決議も(5月28日の)仙台地裁判決を見て
   から考えればいい」との声が漏れる。
   …などと伝えています。
 *旧優生保護法の救済法案 きょう衆院通過し今国会で成立へ
   NHKニュース 2019年4月11日
   https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190411/k10011880031000.html
  > 旧優生保護法のもと不妊手術を受けた人たちを救済する法案は、11日、衆議院を通過し、
   今の国会で成立する見通しです。
    法案は、与野党双方が協力してまとめたもので、旧優生保護法のもと不妊手術を受けた
   人たちに一時金として320万円を支給することなどが盛り込まれています。
    根本厚生労働大臣は、10日、衆議院厚生労働委員会で、「法案が成立したら、一時金の
   着実な支給に向けて全力で取り組みたい」と述べました。
    法案は、11日の衆議院本会議で採決が行われることになっていて、全会一致で可決され
   て、衆議院を通過する運びです。
   …などと伝えています。
  ・“強制不妊手術”救済法案 本会議へ
    (日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース 4/10
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190410-00000308-nnn-soci
  ・「不妊手術」救済法案 来週にも成立の見通し
    (テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース 4/11
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190411-00000004-ann-soci
 *再発防止へ検証必要-強制不妊 高橋氏、「法案はスタート」-衆院厚生労働委
   しんぶん赤旗 2019年4月11日
   http://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-04-11/2019041102_04_1.html
  > 日本共産党の高橋千鶴子議員は10日の衆院厚生労働委員会で、旧優生保護法に基づく強制
   不妊手術の被害者に対する一時金支給法案について「法案はスタートにすぎない」と強調し、
   「問題はいかに一人でも多くの被害者に(一時金を)届けるか。なぜこうしたことが起こった
   のかを検証することだ」と主張しました。
   …などと伝えています。
 *旧優生保護法で不妊手術受けた人たちの救済法案 月内成立へ
   NHKニュース 2019年4月11日 15時24分
   https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190411/k10011880691000.html?utm_int=news_contents_news-main_002
  > 旧優生保護法のもとで不妊手術を受けた人たちを救済するための法案は、11日の衆議院本会議で
   全会一致で可決されて参議院に送られました。法案は月内に成立する見通しです。
   …などと伝えています。
  ・強制不妊、救済法案が衆院通過 4月中に成立へ
    (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース 4/11 15:04
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00000051-asahi-pol
  ・強制不妊救済法案が衆院通過 全会一致、来週にも成立
    (共同通信) - Yahoo!ニュース 4/11 14:18
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00000060-kyodonews-soci
  ・救済法案が衆院通過=強制不妊、来週にも成立
    (時事通信) - Yahoo!ニュース 4/11 14:38
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00000067-jij-soci

☆1型糖尿病、突然打ち切り…障害年金支給停止訴訟 11日判決
  (産経新聞) - Yahoo!ニュース 4/10
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00000583-san-soci
 > 血糖値を下げるインスリンが体内で分泌されなくなる「1型糖尿病」の患者9人が、病状が
  改善していないのに障害基礎年金の支給を打ち切られたのは不当として国に処分取り消しを
  求めた集団訴訟の判決が11日、大阪地裁(三輪方大=まさひろ=裁判長)で言い渡される。
  1型糖尿病の障害基礎年金をめぐっては、東京地裁でも訴訟が起こされており、今回の判断が
  注目される。
  …などと伝えています。
 *1型糖尿病年金打ち切り違法判決
   NHK関西のニュース 04月11日 15時19分
   https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20190411/0014431.html
  ・1型糖尿病患者の障害年金支給再開 原告の請求認める判決
    (ABCテレビ) - Yahoo!ニュース 4/11 18:27<動画>
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00021418-asahibcv-soci
  ・『国の判断は違法』と認定 1型糖尿病患者が障害年金“打ち切り”の不当訴えた裁判で…大阪地裁
    (関西テレビ) - Yahoo!ニュース 4/11 18:21
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-18210404-kantelev-l27
  ・突然打ち切られた「1型糖尿病の障害年金」で「国の支給停止処分は違法」の判決
    (MBSニュース) - Yahoo!ニュース 4/11 17:17
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00027336-mbsnews-soci
  ・1型糖尿病患者の障害年金「打ち切りは違法」 大阪地裁
    (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース 4/11 15:33
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00000054-asahi-soci
  ・糖尿病の障害年金打ち切り、国が敗訴…大阪地裁
    (読売新聞)Yahoo!ニュース 4/11 15:39
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00050241-yom-soci
  ・1型糖尿病障害年金打ち切り訴訟、原告の請求認める
    (産経新聞) - Yahoo!ニュース 4/11 16:27
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00000554-san-soci
   > 血糖値を下げるインスリンが体内で分泌されなくなる「1型糖尿病」の患者9人が、
    病状が改善していないのに障害年金の支給を打ち切られ、打ち切りを判断した理由も
    示されなかったのは不当として、国に処分取り消しを求めた集団訴訟の判決が11日、
    大阪地裁であり、三輪方大(まさひろ)裁判長は請求を認めた。
     1型糖尿病は、生活習慣病が主な原因の「2型」と異なり、幼少期に発症することが
    多く、根本的な治療法はない。
     訴状によると、原告の男女9人は、いずれも未成年で発症し、成人後に障害年金の支
    給を申請。当初は「日常生活に著しい制限を受けている状態」として障害等級の2級に
    認定されたが、それぞれ平成21~28年に2級に該当しないとして支給が打ち切られ
    た。
     患者側は「症状の改善がないのに、判断理由も示されずに支給が停止された」と主張。
    国側は原告らについて「障害認定基準によれば(2級より軽い)3級に該当するのは明
    らか」などと反論していた。
     1型糖尿病の障害基礎年金をめぐっては、東京地裁でも同様の訴訟が起こされている。
     【1型糖尿病】血糖値を下げるホルモン「インスリン」をつくる細胞が何らかの
      理由で破壊され、体内で分泌されない病気。幼少期に発症することが多い。根
      本的な治療法はなく、患者は血糖値のコントロールのため注射などでインスリ
      ンを継続的に投与する必要がある。日本人の糖尿病患者の9割以上は1型とは
      別の、生活習慣が主な原因の「2型糖尿病」とみられる。厚生労働省の推計で
      は、1型糖尿病の患者は全国で約8万2千人(平成29年10月現在)
    …などと伝えています。
 △賛同キャンペーン
  1型糖尿病年金訴訟勝訴判決に,被告国が控訴しないよう求めます!
   https://www.change.org/p/%E5%8E%9A%E7%94%9F%E5%8A%B4%E5%83%8D%E5%A4%A7%E8%87%A3-%E6%A0%B9%E6%9C%AC-%E5%8C%A0-1%E5%9E%8B%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85%E5%B9%B4%E9%87%91%E8%A8%B4%E8%A8%9F%E5%8B%9D%E8%A8%B4%E5%88%A4%E6%B1%BA%E3%81%AB-%E8%A2%AB%E5%91%8A%E5%9B%BD%E3%81%8C%E6%8E%A7%E8%A8%B4%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%84%E3%82%88%E3%81%86%E6%B1%82%E3%82%81%E3%81%BE%E3%81%99?recruiter=943498705&utm_source=share_petition&utm_medium=email&utm_campaign=share_email_responsive&recruited_by_id=5d204b10-56a9-11e9-b125-9b46ee929caf
  > 1型糖尿病の原告9名が,障害基礎年金の支給を打ち切られたのは違法であるとして国を
   被告として支給停止処分等の取消を求めていた訴訟で,平成31年4月11日,大阪地方裁
   判所第2民事部は,国に対し,原告8名に対する障害基礎年金の支給停止処分,原告1名に
   対する同年金の支給停止解除申請の不解除処分について,理由不備による違法を認め,各処
   分を取消す旨の画期的な判決を下した。
   …などと伝えています。

☆脳性まひの16歳、定時制高校へ(上)小中学校で「成長」
  産経ニュースWEST 2019.4.9
  https://www.sankei.com/west/news/190409/wst1904090016-n1.html
 > 重度の脳性まひで体を動かすことや話すことができず、知的な遅れもある兵庫県の権田祐也さん
  (16)が今月、夜間定時制の県立湊川(みなとがわ)高校(神戸市長田区)に入学した。当初は
  障害のある生徒を受け入れた経験が豊富で、見学でも魅力を感じていた神戸市立の夜間定時制高校
  を目指したが、受験者数が募集定員を下回る中で2年連続の不合格。その後の湊川高の再募集入試
  で合格した。神戸市立高の判定には賛否両論の声が上がったが、全国的にも重度の障害のある生徒
  が義務教育ではない高校に進学するのは難しいとされる。国は障害のある子供の教育の充実を目指
  すが、現状はどうなのか。2回にわたり考える。
  …などと伝えています。
  ・脳性まひの16歳、定時制高校へ(下)「壁」は一緒に越えるもの
    産経ニュースWEST 2019.4.10
    https://www.sankei.com/west/news/190410/wst1904100002-n1.html
   > 神戸市立の夜間定時制高校で昨春から2年連続、定員割れの中で不合格となった兵庫県の
    権田祐也さん(16)は、脳性まひで体を動かすことや話すことができず、知的な遅れもあ
    る。最終的に夜間定時制の県立湊川(みなとがわ)高校(同市長田区)に合格したものの、
    合否判定をめぐっては障害とは切り離せない進学の「壁」があった。特別支援教育を受ける
    子供が増える中で、小中学校から高校への進学の壁をめぐる課題は何なのか。
    …などと伝えています。
 *「教室にいて当たり前」じゃダメ?
  障害ある子の学び、一つじゃない 色々な「山の登り方」で花開く個性
   (withnews) - Yahoo!ニュース 4/11
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00000002-withnews-soci
 *「【とまり木どこに】学校編」まとめ
   西日本新聞 2/28から7回連載でした
    https://www.nishinippon.co.jp/keyword/936/
  > 今回の連載では、医療的なケア(医ケア)や重い障害があっても、子どもが親から離れて
   学校で学べる環境が地域でどこまで実現しているのか、その「現在地」を見つめてきた。
   特別支援学校だけでなく地域によっては小中学校にも看護師配置が始まり、医ケア児の受け
   入れ態勢は整いつつあるように見える。半面、こうした医ケアの担い手がいても、教育委員
   会や学校それぞれの事情や判断に伴い、可能なはずのケアの内容などが制限され、親の負担
   解消や、子どもの学び場確保につながっていない現実がある。
   …などと伝えています。

☆【平成の事件】植松被告と文通、障害ある娘と暮らす社会学者
 「心失者なんていない」被告と同調者たちに伝えたい
  (カナロコ by 神奈川新聞) - Yahoo!ニュース 4/11
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00010001-kanag-soci
 > 平成最悪とされる犠牲者を出した相模原障害者施設殺傷事件から2年8カ月。和光大名誉教授の
  最首悟さん(82)=横浜市旭区=が、植松聖被告(29)と手紙のやりとりを続けている。社会学
  者であり、重度の知的障害がある娘を持つ父親という立場から、障害者への差別や偏見が根強く
  残る社会に宛てたメッセージだ。
  …などと伝えています。

▽「生きているだけまし」と言われても…知られざる震災障害者の苦悩
  AERA dot. (アエラドット) 20190409
  https://dot.asahi.com/aera/2019040900037.html


画像は、9日撮影 春爛漫 淀川河川公園背割地区 八幡市内にて
 

今日(4/10)衆院厚労委で旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律案起草の件  など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 4月10日(水)13時54分51秒
返信・引用 編集済
  みなさん、こんにちは。 事務局のNです。

 *今日は朝から冷たい雨降りで冬に戻った感じですね、体調管理に気をつけないと…

※WEB報道など……
☆旧優生保護法:強制不妊救済法案 きょう国会提出
  毎日新聞 2019年4月10日 東京朝刊
  http://mainichi.jp/articles/20190410/ddm/012/040/062000c
 > 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らに不妊手術が繰り返された問題を
  巡り、衆院厚生労働委員会は9日の理事懇談会で、被害者への一時金支給を柱とする
  救済法案を、全会一致の委員長提案として10日に国会提出する方針を確認
  …などと伝えています。
  *“強制不妊手術”救済法案を国会に提出へ
     (日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース 4/10 14:08<動画>
     https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190410-00000136-nnn-soci
   > 旧優生保護法のもと障害者らが強制的に不妊手術を受けさせられた問題で、与野党は、
    被害者へのおわびを明記した救済法案を10日夕方、国会に提出する。
     この問題は、旧優生保護法のもと、1996年まで障害などを理由に本人の同意なく
    不妊手術を受けさせられるなどしたもの。与野党は10日夕方、被害者を救済するため
    の法案を議員立法で国会に提出する。
     先月公表した法案の前文には、「我々は、それぞれの立場において、真摯(しんし)
    に反省し、心から深くおわびする」と明記するとともに、1人当たり一時金として
    320万円を支払うとしている。
     国を提訴している原告や被害者らからは、おわびの主体が「我々」ではなく「国」と
    すべきで、国の責任が明確になっていないなどと反発の声が上がっている。
    …などと伝えています。
  *強制不妊救済法案、来週にも成立へ
    (共同通信) - Yahoo!ニュース 4/10 16:27
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00000088-kyodonews-soci
   > 旧優生保護法下の強制不妊手術問題で、衆院厚生労働委員会は10日、被害者へのおわびと
    一時金320万円支給を柱とする救済法案を、委員長提案の形で国会提出すると全会一致で決
    めた。11日に衆院本会議で可決、参院審議を経て、来週にも成立する見通し。
    …などと伝えています。
    ・強制不妊救済法案、来週にも成立 全会一致で提出
      (共同通信) - Yahoo!ニュース 4/10 17:44
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00000110-kyodonews-soci
  *旧優生保護法の不妊手術 一時金320万円 法案が今国会成立へ
    NHKニュース  2019年4月10日 17時13分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190410/k10011879511000.html
   > 旧優生保護法のもとで不妊手術が行われていた問題で、手術を受けた人たちを救済するため、
    超党派の議員連盟などがまとめた法案は、衆議院厚生労働委員会の委員長提案の形で11日の
    衆議院本会議に提出されることになり、今の国会で成立する見通しです。
     旧優生保護法のもと不妊手術を受けた人たちを救済するため、一時金として320万円を支払
    うことなどを盛り込んだ法案は、与党の作業チームと野党も加わった超党派の議員連盟が取り
    まとめ、各党で了承されています。
     10日、衆議院厚生労働委員会で行われた一般質疑で、根本厚生労働大臣は「法案の趣旨や
    内容を広く国民に周知を図ることは大変重要であり、予算措置についても誠実に対応する。
    法案が成立したら一時金の着実な支給に向けて全力で取り組みたい」と述べました。
     そして委員会では法案の審議は行わず、委員長提案の形で衆議院本会議に提出することが
    全会一致で決まりました。
     法案は11日の衆議院本会議で可決されて参議院に送られ、今の国会で成立する見通しです。
    …などと伝えています。
  *「強制不妊」救済法案、衆院・厚労委で可決
    (TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース 4/10 18:51<動画>
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190410-00000085-jnn-soci
  *強制不妊、救済法案が月内成立へ 被害者側は納得せず
    (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース 4/10 19:16
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00000057-asahi-soci
   > 旧優生保護法(1948~96年)の下で障害のある人らに不妊手術が行われた問題で、
    被害者への一時金320万円の支給などを盛り込んだ救済法案が10日、衆院厚生労働委員会
    に委員長提案で提出され、全会一致で可決された。11日の衆院本会議で可決し参院に送られ、
    4月中に成立する見通し。ただ、被害者側は救済案に納得しておらず、全面解決にはつながら
    ない状況だ。
     旧優生保護法は強制的な不妊手術も認めていた。救済法案は与党ワーキングチーム(WT)
    と超党派議員連盟(議連)が並行して検討し、最終的に一本化して与野党の合意を得た。
    10日の衆院厚労委では冨岡勉委員長が法案を提出し、趣旨を説明した。
     冨岡氏は、前文に「多くの方々が、生殖を不能にする手術または放射線の照射を強いられ、
    心身に多大な苦痛を受けてきた。我々は、それぞれの立場において、真摯(しんし)に反省し、
    心から深くおわびする」と明記したことを強調。「我々」が誰を指すのかあいまいとの批判を
    意識し、「旧優生保護法を制定した国会や執行した政府を特に念頭に置くものだ」と述べた。
     ただ、各地で続く国家賠償請求訴訟への影響を避けるため、おわびは違憲性と直接絡めない
    形となっており、冨岡氏も違憲性には一切言及しなかった。
     被害認定は、被害者本人からの請求に基づいて行い、認定された人には一時金を支給する。
    手術の記録がない場合などは、本人の説明などから総合的に被害の有無を判断するとした。
     厚労委終了後に記者会見したWT座長の田村憲久・元厚労相(自民)は、「(被害者は)
    ご高齢の方が多くなっている。なるべく早く法律を成立させたい」と述べた。
     一方、被害弁護団は同日発表した声明で、「国の謝罪」が明記されていない▽一時金が低額
    ▽救済対象に配偶者や遺族が含まれない、といった点を挙げ、「多くの被害者の被害回復が図
    られるか疑問」と批判。被害女性が仙台地裁に起こした国家賠償請求訴訟の判決が5月28日
    に言い渡されることに触れ、「判決内容によっては法律の見直しを求める」とした。
    …などと伝えています。
 △旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律案起草の件
   衆議院公報 第198回国会 第52号 平成31年4月9日火曜日
   明10日次のとおり開会する。厚生労働委員会 午前9時 第16委員室
   http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_kouhou.nsf/html/kouhou/B7B386_19849.htm
 *衆議院インターネット審議中継
   http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php
  ・厚生労働委員会  部分をクリックで
    (中継終了後は、カレンダー → 4/10 → 厚生労働委員会 の順で)
 △「旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律案」
  衆議院厚生労働委員会採決にあたっての緊急声明
   日本障害者協議会(JD) 4月10日
   http://www.jdnet.gr.jp/opinion/2019/190410.html
  > 2019年4月10日
   「旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律案」
   衆議院厚生労働委員会採決にあたっての緊急声明
                                   NPO法人
                                   日本障害者協議会(JD)
                                   代表 藤井 克徳
    当会は、国民優生法とこれに続く優生保護法とその関連政策による被害は、人権に関する政策
   の中で最大かつ最悪の問題と指摘し、3月14日に発表された「旧優生保護法に基づく優生手術等
   を受けた者に対する一時金の支給等に関する法律案」(以下、法律案)の抜本的見直しを強く求
   めてきた。
    しかし、4月10日の衆議院厚生労働委員会では被害当事者の意見を聴取することなく、また、
   補償額が極めて低いまま採決した。これは、障害者権利条約が謳う「私たち抜きに私たちのこと
   を決めないで」の声を立法過程で裏切ったことになる。2018年1月の仙台地裁への提訴に始まり、
   全国7地裁の20人の原告の訴えには程遠く、立法府で犯した過ちは、立法府で取り戻すべきであ
   ることを改めて指摘したい。
    原告や被害者らが高齢であり、早期の謝罪と補償が必要であることは自明である。「この機を
   逃したら」という関係者の思いや意見もある。しかし、法律によって身体を傷つけられ、傷つけ
   られた身体は元に戻ることはなく、子どもを持つ権利・持つか持たないかを選ぶ権利を奪い、
   心も深く傷つけた行為に対し、「一時金320万円」はあまりに低く、立法府の人権意識が問われ
   る。
    国の責任を明らかにし、憲法違反を認め、深い謝罪を行い、補償範囲の拡充と被害回復にふさ
   わしい補償内容、第三者性を担保した認定の仕組み、再発防止のための被害者の信頼に足りうる
   検証体制の確立を求める。
    参議院においては、参考人として被害当事者代表や障害団体の代表の声を聴くべきである。
   被害当事者、そして障害当事者から歓迎されない「全会一致」はあるべきではない。良識の府に
   ふさわしい審議を求める。
   …などと伝えています。
 △優生保護法被害弁護団
   http://yuseibengo.wpblog.jp/
 △優生手術に対する謝罪を求める会 FBページ
   https://m.facebook.com/motomerukai2017/
 △優生手術被害者とともに歩む宮城の会 FBページ
   https://www.facebook.com/tomoniayumumiyagi/
 △優生保護法被害問題にむきあうための学習パンフ完成
   きょうされん 2019年03月06日
   http://www.kyosaren.or.jp/%e5%85%a8%e5%9b%bd%e4%ba%8b%e5%8b%99%e5%b1%80/8140/

☆民間の障害者雇用、53万人 大幅増でも法定率届かず
  東京新聞 政治 2019年4月10日 朝刊
  https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201904/CK2019041002000136.html
 > 厚生労働省は九日、民間企業で働く障害者は昨年六月一日時点で五十三万四千七百六十九人と
  なり、十五年連続で過去最多を更新したと発表した。前年比7・9%(約三万九千人)増と大幅
  に伸び、対象企業の従業員に占める割合である雇用率も2・05%と過去最高を更新した。ただ、
  障害者雇用促進法に基づく企業の法定率2・2%には届かなかった。
  …などと伝えています。
 *民間の障害者雇用 最多53万人
   yomiDr. - ヨミドクター(読売新聞) 2019年4月10日
   https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190410-OYTET50000/
 *民間企業 障害者雇用50万人を突破 15年連続で過去最多
   (産経新聞) - Yahoo!ニュース 4/9
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190409-00000607-san-soci
 *民間企業障害者雇用率 初の2%超も中小では進まず 厚労省
   (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 4/9
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190409-00000046-mai-soci
 *民間企業の障害者雇用率 過去最高の2.05%
   NHKニュース 2019年4月9日
   https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190409/k10011878101000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001
 △平成30年 障害者雇用状況の集計結果
   厚労省:職業安定局障害者雇用対策課 平成31年4月09日
   https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_04359.html

☆障害福祉報酬改定で減収 就労支援事業所ピンチ
  しんぶん赤旗 4/10付 (紙面を画像部分に<上>)
 > 障害のある人の就労支援をする事業所の運営が昨年度からの報酬改定でピンチになっています。
  障害者団体「きょうされん」の調査(2019年1月末公表)では、「就労移行支援事業所」の
  66.2%が報酬改定で減収になったことが明らかになりました。就労支援の現場の想いはー。
  大阪府吹田市の事業所を訪ねました。
  …などと伝えています。
  △2018年度報酬改定の影響調査の結果報告書(訂正)
    きょうされん 2019年02月11日
    http://www.kyosaren.or.jp/investigation/7855/
 *就労継続支援A型事業所 障害者に働きがいを 調査研究の報告会
   しんぶん赤旗 4/10付 (紙面を画像部分に<下>)
  △【ILO100周年記念助成企画】
   障害者のディーセント・ワーク実現に向けて求められる施策のあり方に関する調査研究
   就労継続支援A型事業利用者へのヒアリング調査を通して
    きょうされん 2019年04月03日
    http://www.kyosaren.or.jp/seisaku/media/8154/

☆【平成の事件】19人殺害と強制不妊手術 「善意」の暴走と「生産性」追求の果て、続く差別との闘い
  (カナロコ by 神奈川新聞) - Yahoo!ニュース 4/10
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00010001-kanag-soci
 > 神奈川県立障害者施設「津久井やまゆり園」(相模原市緑区)に入所していた19人の殺害は
  「全人類の為」と植松聖被告(29)は語った。その盲信(もうしん)を、優生保護法(1948-
  96年)下で不妊手術を強制された当事者は自身の痛みと重ね合わせる。命の優劣を正当化し、
  生殺を支配したのは、狂気でなく、公益を大義とする「善意」だった。不妊手術の被害者らは
  国に謝罪と補償を求めて提訴し、亡霊のように再び表れた障害者差別と決別するための闘いを
  続ける。
  …などと伝えています。

▽兵庫・三田監禁事件 発覚から1年、再発防止の有効手段見いだせず
  (神戸新聞NEXT) - Yahoo!ニュース 4/10
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00000000-kobenext-l28

▽聴覚障害者支える 喜多方市役所の窓口で手話通訳
  (福島民友新聞) - Yahoo!ニュース 4/9
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190409-00010002-minyu-l07

▽障害ある子の兄弟姉妹支援を 4月10日「きょうだいの日」制定
  (下野新聞SOON) - Yahoo!ニュース 4/9
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190409-03155783-soon-l09


画像は、上・下 ともに10日付しんぶん赤旗より
 

不妊手術救済法案「再検討を」 謝罪を求める会が意見書:9日付共同通信  など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 4月 9日(火)21時11分0秒
返信・引用 編集済
  みなさん、こんばんわ。  事務局のNです。

 *今日は最高気温予想も16度表示 でも晴れていて春って感じも…

※WEB報道など……
☆不妊手術救済法案「再検討を」 謝罪を求める会が意見書
  (共同通信) - Yahoo!ニュース 4/9
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190409-00000056-kyodonews-soci
 > 旧優生保護法(1948~96年)下の不妊手術問題で、市民グループ「優生手術に対する
  謝罪を求める会」は9日、与野党の国会議員による救済法案が近く国会に提出される見通
  しを受け、前文の内容や一時金の額について再検討を求める意見書を発表した。
   法案の前文は、被害者の心身の苦痛について「われわれは、それぞれの立場において、
  真摯に反省し、心から深くおわびする」としている。意見書は、主体を「われわれ」で
  はなく「国」にすべきだと主張。「国による反省と謝罪の表明が、人権回復の第一歩だ」
  と訴えた。
  …などと伝えています。
 △優生保護法被害弁護団
   http://yuseibengo.wpblog.jp/
 △優生手術に対する謝罪を求める会 FBページ
   https://m.facebook.com/motomerukai2017/
 △優生手術被害者とともに歩む宮城の会 FBページ
   https://www.facebook.com/tomoniayumumiyagi/
 △優生保護法被害問題にむきあうための学習パンフ完成
   きょうされん 2019年03月06日
   http://www.kyosaren.or.jp/%e5%85%a8%e5%9b%bd%e4%ba%8b%e5%8b%99%e5%b1%80/8140/

☆論説:【障害者への配慮】心に留め実践に努める
  福島民報 2019/04/09
  https://www.minpo.jp/news/detail/2019040962128
 > 「障がいのある人もない人も共に暮らしやすい福島県づくり条例」は一日、施行され
  た。障害者差別解消法よりも踏み込んだ施策を展開するため、差別を禁止する対象を拡
  大した。法律が行政や事業者としているのに対し「何人も」とした。県民全てが目的や
  理念を心に留め、普段の生活で実践する必要がある。
   県障がい福祉課の担当者は「障害者を差別、特別視してはいけないと理解していても、
  接し方などが分からずに距離を置いている人もいる」と話す。障害のある人の社会参加
  や就労機会を確保するとともに、あらゆる世代で交流を深め、誤解や偏見を取り除くよ
  う努めることが大切だ。
   条例は飲食店や交通機関などの事業者に対して、より充実した対応を求める。当事者
  からの相談をきっかけとした第三者機関の助言や、県の勧告に従わない場合、「事業者
  名の公表」という手続きをとる。障害者が安心できる社会を早期に築くため、スピード
  感を持った対応が求められる。
   一方、視覚障害者への差別の残る現状が、盲導犬の育成を手掛ける公益財団法人アイ
  メイト協会の調査で浮かび上がる。全国の約二百二十人を対象に調査し、福島県を含む
  二十一都府県の八十五人から回答を得た。法律施行から三年を経た今も、半数余りが犬
  の同伴を理由に入店などを拒否された経験を持つ。内訳は飲食店が最も多く、宿泊施設、
  タクシー、スーパー・コンビニと続いた。県視覚障がい者福祉協会は、入店拒否の背景
  に犬の毛が落ちることや鳴き声があるとみて、犬に着せる服で毛が付くのを防いだり、
  無駄ぼえしないよう訓練されたりしていることを訴える。
   協会は調査で二〇二〇年に迫った東京五輪・パラリンピック観戦に対する意向も聞い
  た。競技会場で観戦したい人が二割弱を占めた。福島県は福島市のあづま球場で野球と
  ソフトボール競技が行われる。協会は期間中、海外から多くの盲導犬使用者が訪れると
  みている。県は会場に車いす用観覧席の増設、エレベーター設置などを急いでいる。
  福島県に好印象を抱いてもらうためにも、球場へのアクセス、宿泊、飲食などあらゆる
  分野の社会的障壁の解消が急務だ。
   県は条例の施行に合わせ、障がい福祉課内に相談を受け付ける差別解消推進員一人を
  配置した。障害者が不便、不快と感じる悪い事例や、進んだ取り組みを蓄積し、周知し
  てほしい。相談への対応に加え、事業者に対して盲導犬の役割を積極的に訴えることが、
  誰もが暮らしやすい社会へと導く。
  …などと伝えています。
 △「障がいのある人もない人も共に暮らしやすい福島県づくり条例」
  及び「福島県手話言語条例」が制定されました
   福島県障がい福祉課 企画・調整 2018年12月28日
   https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/21035c/sabetsusyuwajourei.html
  > 福島県では、共生社会の実現に向けて、「障がいのある人もない人も共に暮らし
   やすい福島県づくり条例」と「福島県手話言語条例」を平成30年12月25日に
   制定しました。条例は平成31年4月1日に施行されます。
   …などと伝えています。

☆障害福祉の改善求める-障全協が関係省庁に要請
  しんぶん赤旗 2019年4月9日
  http://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-04-09/2019040914_01_1.html
 > 障害者の生活と権利を守る全国連絡協議会(障全協)は8日、障害福祉施策や障害児
  教育、障害者雇用などの改善で障害者が地域で安心して暮らせるよう求めて、国会内で
  関係省庁に要請しました。
   障害者総合支援法に関する厚生労働省への要請で参加者は、障害者が65歳で介護保
  険に移行しなければならない「介護保険優先原則」の問題などの改善を求めました。
   介護保険移行後も、障害者がなじみの事業所からサービスを受けられるようにすると
  して「共生型サービス」が昨年4月から新設されました。これを実施する障害福祉事業
  所は、昨年11月時点でわずか34件だったことが明らかになりました。
   グループホームや入所施設など障害児者の暮らしの場が不足しています。参加者は
  「子どもを生まれ育った地域の施設に入所させたくても、待機者が600人に上る中で
  強度行動障害のある人は地元では受けてもらえない」など深刻な実態を訴えました。
  厚労省の担当者は「入所施設の重要性は認識している。必要な人に施策がいきわたるよ
  うにしていきたい」と述べました。
   要請後の決起集会であいさつした中内福成会長は、省庁交渉を通して政治を変えなけ
  ればならないと実感したと述べ、「統一地方選の後半戦、参院選をたたかいぬこう」と
  呼びかけました。日本共産党の高橋千鶴子衆院議員が駆けつけ、情勢報告をしました。
   障全協は同日、障害者等の暮らしを支える介護・福祉の拡充を求めて請願行動をし、
  5万2525人分の署名を国会議員に手渡しました。
  …などと伝えています。

☆災害に備え人工呼吸器の発電機購入補助 茨城
  (産経新聞) - Yahoo!ニュース 4/9
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190409-00000533-san-l08
 > 茨城県つくば市は9日、自宅で人工呼吸器を常に使用している障害者らを対象に、
  災害などで停電になっても人工呼吸器を稼働させる発電機購入の補助事業を始めたと
  発表した。上限は10万円で、市では30件程度の利用を見込んでいる。
   呼吸器機能障害1級の身体障害者手帳を持っている人か、難病患者で呼吸器機能に
  障害があり、在宅で常時人工呼吸器を装着している人が対象。災害時の非常事態に陥
  っても人工呼吸器に電力を供給する手段を確保し、利用者らの安全や安心につなげる
  狙いがある。
   同様に、災害時の避難所生活で特別な配慮を要する人たちを受け入れる福祉避難所
  の機能を充実させるため、避難生活に必要な発電機を購入する施設に費用を助成する。
  上限は10万円で、発電機本体の購入費用の4分の3を補助する。
  …などと伝えています。

☆「統一試験から見えてきた課題 障害者雇用促進水増し」
   時論公論  解説アーカイブス  NHK 解説委員室 2019年04月08日
   http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/317874.html
 *外務省が障害者雇用拡大へ新部署 外相が現状視察
    NHKニュース 2019年4月9日
   https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190409/k10011878041000.html

☆【平成の事件】19人殺害「屈しない」
 実名で取材応じる被害者家族、問い直す我が子の幸せ
  (カナロコ by 神奈川新聞) - Yahoo!ニュース 4/9
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190409-00010000-kanag-soci
 > 「お父さん、お父さん、お父さん…」。生死の境をさまよった息子は、意識が戻ると
  同時に何度も叫んだ―。平成最悪の犠牲者を出した相模原障害者施設殺傷事件。父はい
  ま、命を選別する被告の妄言に抗い、そして自責の念を胸に問い直す。我が子にとって
  の「幸せ」とは何か。
  …などと伝えています。

▽(障害児の学校選び:上)わが子はどの道に…悩む親たち 通常学級/特別支援学級/特別支援学校
  (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース 4/8
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190408-00000009-asahik-life
 *(障害児の学校選び:下)4歳ごろからの見学で準備 就学ノートで客観視/学びの継続も考慮
  (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース 4/9
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190409-00000014-asahik-life

▽新紙幣はユニバーサルデザイン採用=識別性が向上
  (時事通信) - Yahoo!ニュース 4/9
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190409-00000053-jij-pol


画像は、先週撮影 春爛漫  八幡市内にて  パート2
 

農福連携:凡語8日付京都新聞 など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 4月 8日(月)19時39分58秒
返信・引用 編集済
  みなさん、こんばんわ。事務局のNです。

 *今日は晴れていても風が強く花散らしになっていますね…

※実行委員会事務局から……
☆権利擁護部会
 ・日時:4月9日(火)18時~
 ・場所:日本自立生活センター事務所
   (京都市南区東九条松田町28 メゾングラース京都十条101)

☆実行委員会定例会(全体会)
 ・日時:4月23日(火)13時30分~16時30分予定
 ・場所:京都市多文化交流ネットワークセンター 大ホール
  …皆さまお忙しい時期だと思いますが今からご予定に入れて戴きぜひご参加を!

※WEB報道など……
☆凡語:農福連携
  京都新聞 2019年04月08日
  https://www.kyoto-np.co.jp/info/bongo/20190408_2.html
 > 笑顔で手渡されたコロッケは、ほかほかで、格別の味だった。先月、京田辺市で京都
  府内の「農福連携」の事業を紹介するイベントが開かれた。障害者らが同市で育てた伝
  統野菜「えびいも」を調理した評判のコロッケも出店で販売された▼障害者が農業を通
  じて社会参画する農福連携の取り組みが全国で進んでいる。府内では障害者の就農とと
  もに、高齢者や若者らが寄り添う「地域共生」も育む京都式農福連携が各地で行われて
  いる▼京田辺市の障害者就労支援事業所「さんさん山城」もその一つ。聴覚障害者やひ
  きこもり経験のある若者らが職員と共に、事業所敷地をはじめとする農地で野菜などを
  栽培し、総菜やスイーツに加工する。事業所のカフェで地産地消のランチも出している
  ▼農地で作業する人も、ランチを作る人も、食べる人も、みんな笑顔だ。農福連携は農
  業だけでなく、人と人が支え合う地域のコミュニティーも再生する▼統一地方選前半の
  投開票が行われた。人口減と高齢化への対応策を、それぞれの候補者がアピールした。
  地域の崩壊をどう防ぐのか、議員の今後の仕事が問われる▼農村だけでなく、都市でも
  人口減と高齢化は進んでいる。都市に農地を増やして農福連携を進めるさんさん山城の
  取り組みは、都市再生のヒントになる。
  …などと伝えています。
 *農水省と厚労省、「農福連携」で推進会議設置
   (TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース 4/5
   https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190405-00000093-jnn-bus_all
  > 農林水産省と厚生労働省は、障害者が農業の現場で働く「農業」と「福祉」の連携
   を推進するため、「農福連携等推進会議」を設置すると発表しました。
    「農福連携」とは、障害者が農作業や食品加工などに携わる取り組みで、障害者の
   雇用の確保とともに農業分野における人手不足の解消にもつながると期待されていま
   す。
    農水省などは「農福連携」を推進するため、「農福連携等推進会議」を設置し、
   来月中を目処に方向性をとりまとめるということです。
   …などと伝えています。

☆「多様な命への冒とく」 36団体が胚へのゲノム編集に反対声明
  (京都新聞) - Yahoo!ニュース 4/7
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190407-00000000-kyt-sctch
 > ヒト受精胚のゲノム編集研究を国が容認したことに対し、京都ダウン症児を育てる
  親の会や関西女性障害者ネットワークなど36団体がこのほど、「多様な命への冒と
  くで、許されるはずがない」との反対声明を出した。
   声明文は「胚へのゲノム編集は出生前診断を行い障害のある胚や胎児は廃棄(中絶)
  することが前提とされている」と指摘。昨年、日本産科婦人科学会が新型出生前診断
  を一般診療とする方針を決めたことを踏まえ、「障害に対する根強い差別や偏見とと
  もに、ゲノム関連産業や検査・医療業界を潤す多額のお金が動いている。ゲノム編集
  が加われば、国と研究者主導で『良い胚』と『不要な胚』の振り分けが進められ、社
  会にさらなる分断が持ちこまれるのではないか」と批判している。
  …などと伝えています。

☆障害者殺傷事件 初公判は来年1月頃で調整
  NHKニュース 2019年4月3日
  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190403/k10011871771000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_002
 > 3年前、相模原市の知的障害者施設で入所者19人が殺害されるなどした事件で、殺人
  などの罪に問われている29歳の元職員の初公判を来年1月頃に開く方向で調整が進めら
  れていることが関係者への取材でわかりました。検察は3日、こうした方針を遺族の
  代理人などに説明したということです。
  …などと伝えています。
 *【平成の事件】19人殺害の植松被告 接見19回と手紙34通から見えたゆがんだ正義と心の闇
   (カナロコ by 神奈川新聞) - Yahoo!ニュース 4/8
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190408-00010000-kanag-soci
  > 「平成」が暮れる。新たな時代の到来を目前に、神奈川で起きた「平成の事件」を
   振り返る。戦後最悪とされる19人が犠牲となった相模原障害者施設殺傷事件では、殺
   人罪などで起訴された植松聖被告(29)の障害者への差別的な言葉が社会に大きな衝
   撃を与え、今なお同調する意見がはびこる。初回は、19回にわたる接見と34通の手紙
   のやりとりから、被告の「実像」を追った。
   …などと伝えています。

▽目の不自由な人のホーム転落防げ JRが視覚障害者と合同勉強会
  京都新聞 2019年04月07日
  https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20190407000038
 *駅員と視覚障害者が勉強会 JR草津駅で介助知識や安全対応
   中日新聞 滋賀 2019年4月7日
   https://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20190407/CK2019040702000024.html
 *東京メトロが進める「バリアフリー化」の現在地。盲学校生徒から提言も
   (bizSPA!フレッシュ) - Yahoo!ニュース 4/5
   https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190405-00143341-bizspa-life

▽「普通に普通のことがこなせるようになりたい」 大人の発達障害に切実な声
  (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 4/4
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190404-00000046-mai-soci

▽「働きづらさ」どう変える? 障害者サテライトオフィスは隔離を超えるか
  (47NEWS) - Yahoo!ニュース 4/4
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190404-00000002-yonnana-soci

▽日本の障害児は生きづらい?…本当は寛容な人々の心 かよわい「命の萌芽」をみんなで包んで
  (読売新聞(ヨミドクター)) - Yahoo!ニュース 4/4
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190404-00010000-yomidr-sctch

▽南海トラフ地震の想定自治体、7割「高齢者の避難課題」
  (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース 4/7
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190407-00000007-asahi-soci


画像は、先週撮影 春爛漫  八幡市内にて
 

障害者差別解消法 施行3年 支援組織、設置進まず:4/1付琉球新報 など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 4月 3日(水)09時27分51秒
返信・引用 編集済
  みなさん、おはようございます。  事務局のNです。

 *良いお天気が続いていますが花冷えがして最高気温予想も10℃から12℃表示ですからね…
  ・昨日2日は「世界自閉症啓発デー」でしたよね
    見える世界を知って「世界自閉症啓発デー」 各地でライトアップも
     (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 4/2
     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190402-00000068-mai-soci

※WEB報道など……
☆障害者差別解消法 施行3年 支援組織、設置進まず
  (琉球新報) - Yahoo!ニュース 4/1
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190401-00000001-ryu-oki
 > 2016年4月に施行された障害者差別解消法に基づく「障害者差別解消支援地域協議会」
  の設置を予定している沖縄県内の自治体が沖縄市、既存組織の下部組織として設立を予
  定している自治体が名護市と八重瀬町にとどまっていることが本紙の調査で分かった。
  障害者差別解消法の施行から3年になるが、法の趣旨に沿った取り組みが遅れている。
   障がい者に対する差別が表面化しにくく自治体による実態把握が難しいことが、協議
  会の設置が進まないことの背景にあるとみられる。指標となる先進地のモデルケースも
  不足しており、自治体側が二の足を踏んでいる現状もある。
   「既存の組織にその役割を付与した」と答えたのは14自治体。その多くは障がい者へ
  の支援体制の整備を検討する「自立支援協議会」に役割を付与している。
   24自治体は「具体的な取り組みをしていない」と答えており、半数以上の自治体が支
  援地域協議会に関する取り組みが進んでいない。
   自立支援協議会に役割を付与した自治体でも、協議会の会合は年1、2回程度しか開か
  れていない。「自立支援協議会では、発生した際の差別に迅速に対応できない」と指摘
  する関係者もおり、障がい者差別に十分対応できるか不透明だ。
   障害者差別解消支援地域協議会は、障がいを理由とした差別に関する相談を受け、対
  応を検討する自治体の組織。解消法では、自治体は支援地域協議会の設置が「できる」
  とあり、国は自治体に支援地域協議会の設置を促している。
  …などと伝えています。
 *盲導犬と入店、52%拒否経験 差別解消理解深まらず
   (共同通信) - Yahoo!ニュース 4/2
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190402-00000094-kyodonews-soci
  > 盲導犬を連れていることを理由に入店や施設利用を拒否された経験のある視覚障害者
   が52.9%に上ることが2日、盲導犬を育成するアイメイト協会の調査で分かった。共生
   社会の実現に向け、不当な差別を禁止した障害者差別解消法が16年4月に施行されてから
   3年。理解が深まっていない実態が浮かんだ。
   …などと伝えています。
 *全盲の生徒が早稲田大・先進理工学部に進学 「お茶の水女子大とICUにも受かりました」
   〈dot.〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース 4/2
   https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190401-00000006-sasahi-life
 *「明日は学校ある?」長女の笑顔
  障害ある子、地域で育てちゃだめですか? 就学にさまよう親子
   (withnews) - Yahoo!ニュース 4/3
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190402-00000003-withnews-soci
 *発達障害の男児守るため…通学路に「足型シール」 地域・行政・学校が連携
   (西日本新聞) - Yahoo!ニュース 4/2
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190402-00010002-nishinpc-soci

☆静岡訴訟は4月26日初弁論 強制不妊手術で賠償請求
  (共同通信) - Yahoo!ニュース 4/2
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190402-00000070-kyodonews-soci
 > 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制された静岡県の聴覚障害のある女性が、国に
  損害賠償を求めた訴訟で、静岡地裁(増田吉則裁判長)は2日までに、第1回口頭弁論の期日を
  26日に指定した。
   提訴は1月29日で、静岡地裁では初めて。弁護団によると、女性は70年に不妊手術を受けさせ
  られた。手術の記録は見つかっていないが、腹部に手術痕があるという。
  …などと伝えています。
 *「自分の中の優生思想」と向き合う弁護士
  障害のある弟への葛藤 「生まれてよかった」と思える社会を
   (withnews) - Yahoo!ニュース 4/1
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190328-00000003-withnews-soci
  > 兄弟姉妹に障害の当事者がいる人たちが「きょうだい(きょうだい児)」と呼ばれることが
   あります。その中には、障害がある弟がいることで周囲から冷たい視線を受け、結婚や出産を
   巡る葛藤を抱えながら、前へ進もうとする人もいます。
   …などと伝えています。
 *不妊強制手術への補償一時金320万円と発表、被害者は「見下された」
   週刊金曜日 大橋由香子 2019年4月2日
   http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/2019/04/02/gender-23/
  > 優生保護法によって不妊手術を強要された被害者への補償が求められているが、与党の作業
   チームと超党派議員連盟が3月14日、「旧優生保護法に基づく優生手術等を受けた者に対する
   一時金の支給等に関する法律案」を発表した。
   …などと伝えています。
 *優生思想との決別 強制不妊手術被害者らがシンポで訴え
   京都新聞 2019年03月31日
   https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20190331000115
  > 優生保護法(1948~96年)下の強制不妊手術について考えるシンポジウム「優生思想
   との訣別(けつべつ)」が31日、京都市中京区の立命館大朱雀キャンパスで開かれた。国家
   賠償請求訴訟を起こしている原告や支援する弁護士、研究者らが、人権侵害の実情や、きめ細
   やかな被害者の人権回復策の必要性を訴えた。
    立命館大生存学研究センターや京都弁護士会が開き、約120人が来場した。
    夫婦で国賠訴訟を起こしている兵庫県明石市の小林寳二さんは、妻が聴覚障害を理由に親族
   に病院へ連れて行かれ、中絶した上に不妊手術を受けさせられたと手話で報告。「子どもを生
   み、育てる願いがかなわず、50年以上たった今も苦しさがこみ上げてくる」と無念な思いを
   明かした。強制不妊手術に関する同法の条文が削除されて母体保護法となった後、2003年
   に精神障害を理由に不妊手術を受けさせられた岩手県の片方司さんも講演で、「法律の枠外で
   手術された人も名乗り出てほしい」と語った。
    弁護士からは4月に国会に提出される予定の被害者救済法案について、「優生保護法の違憲
   性や国の責任が明確に記されていない」「今のままでは片方さんのような優生保護法後の被害
   者の人権が回復されない」など課題が挙げられた。京都でも、強制不妊手術が疑われる相談が
   寄せられているとの報告もあった。
   …などと伝えています。

☆来庁者の手荷物、金属探知機とエックス線検査 京都地裁が導入
  京都新聞 2019年04月01日
  https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20190401000137
 > 警備強化を目的とした京都地裁(京都市中京区)の手荷物検査が1日、始まった。空港の手荷物
  検査場のように、来庁者に金属探知機とエックス線手荷物検査を実施する。これまで4カ所あった
  出入り口も丸太町通に面した正面玄関に一本化された。
   地裁は昨年、来庁者の安全確保を目的に入庁検査の導入と、南側や東側の玄関の封鎖を決めた。
  法曹関係者らは身分証の提示などで検査が不要となっている。導入初日のこの日は、裁判の開廷が
  なく、正面玄関が来庁者で混雑することはなかった。
   一方、京都弁護士会は昨年末、出入り口の一本化は、地裁が保護命令を出すDV事案(配偶者
  暴力)で加害者が待ち伏せする恐れなどがあるとして計画の変更を求める要望書を地裁に提出して
  いる。
   また、原告数が3千人を超える関西電力大飯原発(福井県おおい町)運転差し止め集団訴訟の
  弁護団長代行の中島晃弁護士は「検査場の混雑で市民が裁判を傍聴できない恐れがある」と危機感
  を抱き、2カ所以上の出入り口の確保を求めている。
   約6年前から手荷物検査を導入する東京家裁では、先月20日、離婚調停で訪れた女性が、検査
  場の前で別居中の夫に刺殺される事件が発生している。京都地裁は「トラブルが予想される事案は
  これまでと同様に個別の対策を講じていく」としている。
  …などと伝えています。

☆「令和」の手話が決定、つぼみが広がる動作に
  (読売新聞) - Yahoo!ニュース 4/2
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190402-00050233-yom-soci
 > 新語の手話での表現方法の考案を国から委託されている社会福祉法人「全国手話研修
  センター」(京都市)が、新元号「令和」の手話での表し方を決め、2日発表した。
  出典となった「万葉集」の序文のイメージから、花のつぼみがゆるやかに開く動作とし
  た。
  …などと伝えています。
 *「令和」の手話は花のつぼみが開くイメージ 手話の研究所がさっそく確定
   (京都新聞) - Yahoo!ニュース 4/2
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190402-00010002-kyt-soci
 *新元号「令和」の手話は? 決定したばかりの表現方法を発表
   (ABCテレビ) - Yahoo!ニュース 4/2<動画>
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190402-00022318-asahibcv-l26

☆医療的ケア必要な子の高校受験 回答に介助者の補助は?
  朝日新聞デジタル 2019年4月2日
  https://digital.asahi.com/articles/ASM3W4VKWM3WUBQU00V.html
 > 人工呼吸器や胃ろうなどの「医療的ケア」を必要とする子どもたちの高校受験を考える集会が
  13日、熊本市内で開かれた。募集定員割れとなっていた県立高校を受験しながら2年連続で
  不合格となった熊本市東区の住谷栞音さん(16)の例などが紹介され、障害により声を発した
  り文字を書いたりするのが難しい受験者への合理的配慮を手厚くする必要性などを提言した。
   集会は、障害がある子どもが地域で共に学ぶインクルーシブ教育を目指す「虹色の会」が主催。
  約20人が参加した。
   住谷さんは脳性まひの障害があり、たんの吸引や胃ろうなどの医療的ケアを受けながら暮らす。
  小学校、中学校は地域の公立学校に通い、同級生と同じ高校に行きたいとの思いから、2年連続
  で普通高校を受験した。
   受験時には学校や県教委と相談し、問題用紙を見やすくするため拡大することや受験時間を延
  長すること、県教委の職員の補助を受けながらカードを使って選択問題の回答を選ぶことなどの
  配慮を得て受験した。受験先はいずれも志願者が募集定員に達していなかったが不合格(定員内
  不合格)だった。
   住谷さんの母親の理香さんは「受験に向けて一生懸命勉強していた。1年間の浪人は10代の
  娘にとっては大きな時間でした」と話した。
   「虹色の会」の桑本謙さんはこの日の集会で、住谷さんは気管を切開しており声を発すること
  ができず、普段から接していない県教委の職員では、カードを選択する際に本人の意思を読み取
  ることが難しいと説明。合理的配慮の観点から、選択問題の補助をするのは普段から意思疎通を
  している介助者であるべきだなどと提言した。
   県教委高校教育課によると、昨年11月に全ての県立高校に対し定員内不合格はなるべく出さ
  ないようにする通達を出しているが、各校の判断で不合格者を出すことはあるという。試験の公
  平性を保つためには、普段から身近に接している介助者の補助を許可するのは難しいという。
  …などと伝えています。
 *心の扉を開いて:
  共に生きる兵庫 第1部「地域で暮らす」/54止 16歳、憧れの高校生に/兵庫
   毎日新聞 2019年4月1日
   https://mainichi.jp/articles/20190401/ddl/k28/040/255000c
  > 脳性まひの権田さん、湊川高合格
    3月28日、再募集された公立定時制高校の合格発表があり、重度脳性まひの男性(16)が、
   夜間定時制の県立湊川高校(神戸市長田区)に合格した。
    淡路市の権田祐也さん。全面介助と医療的ケアが必要で、話せず筆記も取れない。うなずいた
   り、顔を横に振って意思表示をする昨年、受験者数が定員を下回りながら不合格となった夜間定
   時制の神戸市立楠高校(兵庫区)を今年も再受験したが、2年連続で定員内不合格となった。
   …などと伝えています。

▽ダウン症のある兄の妹に、母親が遺した「言葉」家族を縛っていたもの 「そうだよね」の一言で救われる心
  (withnews) - Yahoo!ニュース 4/2
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190328-00000004-withnews-soci

▽(学びを語る)障害者の学び場 「生」が豊かになる拠点 大森梓さん
  (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース 4/1
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190401-00000007-asahik-soci

▽障害者手帳、カード型の発行が可能に
  (読売新聞) - Yahoo!ニュース 3/31
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190331-00050163-yom-pol


画像は、3/31日午後撮影 ソメイヨシノ 八幡市内にて
  連日の花冷えでゆっくり開花してきている感じですね。
 

障害者差別 5割が経験/解消法施行3年アンケート:31日付しんぶん赤旗 など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 3月31日(日)11時44分50秒
返信・引用 編集済
  みなさん、おはようございます。  事務局のNです。

 *晴れて青空も見えていますが風もあり花冷えって感じもしますが…
  明日4月1日は、「障害者差別解消法」が施行され3年目になります。
  「京都府障害者権利条例」も施行され4年目になりますよ。

※WEB報道など……
☆障害者差別 5割が経験/解消法施行3年アンケート
 障害者差別5割が経験 相談しても7割未解決 法改正へ課題
  しんぶん赤旗31日付より (紙面を画像部分に)
 > 障害者差別解消法が施行されて4月1日で3年になります。けれど同法については、
  多くの市民に周知されていません。全国の障害者団体でつくる「日本障害者フォーラム」
  (JDF)は、同法施行後の実態についてアンケート調査を実施しました。ほぼ半数が
  差別的経験をしていることが明らかになりました。
  …などと伝えています。
 △「障害者差別解消法」に関する障害当事者アンケート調査の結果について
   JDF 新着情報 2019年1月7日
   http://www.normanet.ne.jp/~jdf/seminar/20180130/result.html
  *調査結果についてのコメント
   1 太田修平 JDF(日本障害フォーラム)差別解消法推進委員会委員長
    http://www.normanet.ne.jp/~jdf/seminar/20180130/ota.html
 △障害者差別解消法リーフレット 内閣府
   https://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/sabekai_leaflet.html
 △京都府障害のある人もない人も共に安心していきいきと暮らしやすい社会づくり条例について
   京都府ホームページ
   http://www.pref.kyoto.jp/shogaishien/jyorei.html

☆京都新聞で連載されていた『隠れた刃 証言優生保護法』の特設サイト開設されてます
  https://www.kyoto-np.co.jp/info/syakai/epl/20190214_4.html
 > 国が「不良な子孫」と決めつけ、不妊手術や中絶を強いた法律があった。71年前、優生
  保護法は民主的手続きを経て成立、23年前に改正され強制不妊の規定がなくなっても、
  苦しみ、もがき、沈黙するしかない人たちが、今もいる。「優生」の意識は、私たちの心の
  中に「刃(やいば)」のように潜んでいるのではないか。教訓を未来への道しるべとするた
  めに、時代の証言を探した。
  …などと伝えています。
 *社説:強制不妊の救済 被害者の納得が欠かせぬ
   山陽新聞 2019年03月31日
   https://www.sanyonews.jp/article/885206/
  > 旧優生保護法下で障害者らに不妊手術が繰り返された問題で、与野党の国会議員が救済法案を
   まとめた。来月、国会に提出し、月内の成立、施行を目指すという。
    ただ、各地で起きている国家賠償請求訴訟の請求内容とは大きな隔たりがあり、原告は訴訟を
   継続する考えを示した。仙台地裁では先日、全国で初めて結審し、5月28日に判決を出すと決
   めた。国が敗訴すれば、今回の救済策の意義も揺らぐ。
    問題の解決には被害者の納得が欠かせない。政府も含めて、理解を得る努力をさらに重ねねば
   ならない。
    1948年制定の旧法は「優生上の見地から不良な子孫の出生を防止する」との目的で、知的
   障害や精神疾患、遺伝性疾患などがある人に不妊手術を行うことを認めた。手術は96年、母体
   保護法に改正されるまで行われた。
    改正から20年以上を経てやっとできた救済策は、被害者へのおわびと一時金320万円の支
   給が柱だ。手術を強制された人だけでなく、本人が「同意」したとされるケースも対象とする。
   記録のない人は医師の所見や本人、家族の証言などを基に判断する。
    被害者は障害に加えて、高齢化が進み意思疎通などが難しいこともあろう。柔軟な判断で幅広
   い救済を目指すことが大切である。
    被害者の求めと隔たりが大きい一つは一時金の額だ。救済法案で参考にしたのはスウェーデン
   の例という。1999年から支給した補償に物価変動などを反映した。
    ハンセン病訴訟での補償額を参考とする考えも一時浮上していた。隔離政策の違憲性を認定さ
   れて敗訴した国が療養所の入所期間に応じて支給したのは800万~1400万円と、より高額
   だった。
    一方、強制不妊手術を巡る一連の国賠訴訟の請求額はいずれも1千万円以上、最大で3千万円
   台後半と、法案の額とは懸け離れている。もちろん、救済は金額が全てではないとは言え、子を
   持つ権利を奪われた被害者は納得しにくいだろう。
    責任の所在を巡っても溝は深い。救済法案は前文で被害者の苦痛に「心から深くおわびする」
   としているものの、主体は「われわれ」と曖昧だ。被害者は「国」が明確に謝罪することを求め
   ている。
    不妊手術の根拠となった旧法は、議員立法によって全会一致で成立、制定された。その責めも
   自覚するなら踏み込んだ表現を検討するべきだ。
    救済を着実に行き渡らせる手だても今後の課題となる。手術は約2万5千人が受けたとみられ
   るが、個人が特定できる実施記録は約3千人分しか残っていない。
    今回の救済策では、プライバシー侵害の恐れがあるとして記録が残る人も個別通知は見送る考
   えだが、それで救済は行き渡るのか。プライバシーに配慮しつつも効果的な周知方法を探っても
   らいたい。
   …などと伝えています。

☆社説:山形県の障害者雇用/職場改善覚悟が問われる
  河北新報 2019年03月31日
  https://www.kahoku.co.jp/editorial/20190331_01.html
 > 新規採用という「量」の拡大だけでなく、職場改善の取り組みを通じて雇用の「質」を高めよう
  とする姿勢が、ようやく見えてきた。これまで数合わせの議論ばかりが先行していただけに、まず
  は前向きな変化を歓迎したい。
   都道府県で全国最悪となった山形県知事部局の障害者雇用水増し問題を受け、県が新年度から本
  格的に取り組む改善策の概要が出そろった。
   就労支援団体や特別支援学校を通じて県の仕事に興味を持つ人を募って職場実習を行うほか、障
  害種別を限定せずに非常勤で雇う「トライアル雇用」を拡充するという。「全国最悪」の汚名返上
  に向けて、着実な推進が求められるのは言うまでもない。
   特に障害者と職場の橋渡し役として、専門知識を持つ「ワークサポーター」を新規採用し、職場
  に配置する試みは全国的にも珍しく、東北の自治体ではリーディングケースとなる。その成果に注
  目していきたい。
  …などと伝えています。

☆社説:福祉避難所 役割への理解進めたい
  秋田魁新報 2019年3月31日
  https://www.sakigake.jp/news/article/20190331AK0012/
 > 高齢者や障害者、妊婦ら介助が必要な「要配慮者」を災害時に受け入れる福祉避難所の確保が
  県内の自治体で進んでいる。五城目町が先日、町内で社会福祉施設を運営する8団体と協定を結
  んだことで、井川町を除く24市町村が少なくとも1施設以上を確保したことになる。災害が発
  生した際にその機能が十分に発揮されるように、福祉避難所の役割や仕組みへの理解を深めたい。
  …などと伝えています。

☆社説:ゲノム編集食品 見切り発車避けるべきだ
  新潟日報 2019/03/31
  https://www.niigata-nippo.co.jp/opinion/editorial/20190331460351.html

▽「障碍」表記に向け準備=兵庫県宝塚市
  (時事通信) - Yahoo!ニュース 3/30
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190330-00000007-jijp-pol.view-000

▽障害者雇用“両思い”を増やすための「実践マニュアル」を公開!
  NHKハートネット 記事 2019年03月26日
  https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/198/

▽聞こえない親と聞こえる子ども その1 コーダの可能性<研究者インタビュー>
  NHKハートネット 記事 2019年03月26日
  https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/196/
 *聞こえない親と聞こえる子ども その2 コーダの悩み<研究者インタビュー>
   NHKハートネット 記事 2019年03月26日
   https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/197/

▽障害のある「姉のため」に生きる日々から卒業するため 「好きなように生きていい」が一番つらかった
  (withnews) - Yahoo!ニュース 3/31
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190328-00000002-withnews-soci

▽出生前診断、相談窓口開設へ=妊婦の意思決定を支援-NPO
  (時事通信) - Yahoo!ニュース 3/30
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190330-00000082-jij-soci

画像は、上・下ともに31日付しんぶん赤旗紙面より
 

新型出生前診断拡大、人類遺伝学会も懸念「体制不十分」:29日付毎日新聞 など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 3月29日(金)19時33分14秒
返信・引用 編集済
  みなさん、こんばんわ。  事務局のNです。

 *今日も春霞かかっていましたが春陽気でしたね…
  京都府議会議員、京都市議会議員の選挙が告示されましたね(4・7投票)
   ・社説:統一地方選  自治の在り方問い直す機に
     京都新聞 2019年03月29日
     https://www.kyoto-np.co.jp/info/syasetsu/20190329_3.html

※WEB報道など……
☆新型出生前診断拡大、人類遺伝学会も懸念「体制不十分」
  (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 3/29 18:30
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190329-00000040-mai-sctch
 > 妊婦の血液から胎児の染色体異常を推定する新型出生前診断(NIPT)で、実施施設を
  増やすために要件を大幅に緩和する日本産科婦人科学会の新指針案に対し、日本人類遺
  伝学会は29日、懸念を表明する声明を発表した。
   声明は「臨床遺伝専門医、小児科医、認定遺伝カウンセラーなど多領域、多職種の関
  与がなくとも実施可能となり得る」など4項目の問題を挙げ、「不十分な体制のもとに
  安易に行われるべきではない」と指摘した。
   新指針案では、遺伝の専門家や小児科医の関与が必須ではなくなる。検査前の専門家
  による遺伝カウンセリングも研修を受けた産婦人科医だけで可能とし、施設の増加を図
  る。
   これに対し、日本小児科学会や日本遺伝看護学会が既に懸念を表明したほか、市民団
  体や障害者団体からも批判の声が上がっている。
  …などと伝えています。

☆脳性まひの男性、県立高に合格 定員割れの市立高、2年連続不合格
  (神戸新聞NEXT) - Yahoo!ニュース 3/28
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190328-00000026-kobenext-l28
 > 夜間定時制の神戸市立楠高校(同市兵庫区)の入試で、定員を下回っていたのにも
  かかわらず、昨年に引き続き不合格になった重度脳性まひの権田祐也さん(16)=
  淡路市=が28日、夜間定時制で再募集された兵庫県立湊川高校(同市長田区)合格
  した。
  …などと伝えています。

☆4月に障害者手帳、カード化も 厚労相「利便性向上」
  (共同通信) - Yahoo!ニュース 3/29 11:31
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190329-00000077-kyodonews-soci
 > 根本匠厚生労働相は29日の記者会見で、4月からカード型の身体障害者手帳と精神
  障害者保健福祉手帳を自治体の判断で交付できるようになると発表した。根本氏は
  「カード化で持ち運びやすくなり、利便性が向上する。自治体には積極的に検討して
  もらいたい」と強調した。
  …などと伝えています。

☆知的・精神障害者も職員採用 熊本市、2020年度試験から
  (熊本日日新聞) - Yahoo!ニュース 3/28
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190328-00000007-kumanichi-l43
 > 熊本市は、2019年度の職員採用試験から知的障害者や精神障害者も対象とする。これまで
  身体障害者に限っていたが、「障害の種類にかかわらず門戸を広げる国などの動きに合わせた」
  としている。
  …などと伝えています。

▽学童保育「責任重大なのに低待遇」な現場の怒り
  (東洋経済オンライン) - Yahoo!ニュース 3/28
  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190328-00273222-toyo-bus_all

▽離れて住む家族を助けられますか?
  WEB特集 NHKニュース 2019年3月29日 16時17分
  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190329/k10011864771000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001

▽「錦帯橋を車いすで渡れるように」地元の取り組みに車いす寄贈
  NHKニュース 2019年3月27日
  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190327/k10011863241000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001


画像は、28日午後撮影 ソメイヨシノ 八幡市内にて
  咲くっていうより、”ぽ~と”開くって感じでしたよ。
 

「学童へ双子一緒に」医ケア児の母の願い、京都市が回答せず:28日付け 京都新聞 など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 3月28日(木)08時47分13秒
返信・引用 編集済
  みなさん、おはようございます。  事務局のNです。

 *昨日はかすんで風もありましたが、ソメイヨシノ京都市や舞鶴市でも開花したとか。
  でも今日は一変でどんより空模様で花冷えしてますね。

※WEB報道など……
☆「学童へ双子一緒に」医ケア児の母の願い、京都市が回答せず
  京都新聞 2019年03月28日
  https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20190327000198
 > 「今日は何して遊んだの?」。京都市南区の原田美鈴さん(43)が、三男の萌立
  (ほだか)ちゃん(6)に話しかける。萌立ちゃんは「じてんしゃ」とのどを漏れる
  空気をうまく使って、返事する。生後6カ月の時の心臓手術で気管切開した萌立ちゃん
  は、たん吸引や酸素吸入が常時必要な「医療的ケア児」だ。春からは双子の兄と一緒に
  小学校に入学する。だが放課後に学童クラブ(学童保育)に通うことを京都市が認めて
  くれるのか、美鈴さんは不安な日々を送る。
   萌立ちゃんは現在、伏見区にある医療的ケアに対応している幼児園に、双子の兄と別
  れて通う。母の美鈴さんは「兄弟一緒に学校に通うことを、萌立は楽しみにしている。
  学童クラブも一緒に」と願い、学童クラブ登録を申し込んだ。
   しかし、京都市の担当者側から「たん吸引など医療的ケアを担う職員がいない」と告
  げられ、自費で看護師を雇うことを説明されたといい、まだ受け入れるとの回答がない。
   美鈴さんは、学校に通う障害児を対象とする「放課後等デイサービス」の利用も検討
  した。だが、医療的ケア児を受け入れる事業所は乏しい。さらに萌立ちゃんは走ること
  もでき「重度心身障害児」に該当せず、重心型の放課後デイも対象外だった。
   「制度のはざまで、受け入れ先がないんです」。美鈴さんは壁に突き当たった。
   小学2年の長男から「どうして萌立は別のところに通うの?」と聞かれるたび、美鈴
  さんはつらい。遠方の放課後デイに一人だけ通わせては、本人にも家族にも負担が大き
  いと憂う。
   京都市育成推進課は、市の学童クラブでの医療的ケア児受け入れについて「一般論だ
  が、ノーマライゼーションの観点から受け入れるのが理想だ。だが医療的ケア児はニー
  ズが千差万別で、安全確保の観点から準備が必要。吸引など医療的ケアは職員が研修を
  受ければ法的には可能だが、学童クラブの人員態勢や、幅広い年齢層が通い施設が広く
  ないなど課題がある」としている。
   同課によると、京都市の学童クラブ事業に登録している約1万4千人のうち、約6%
  にあたる877人が障害のある児童。対応するため市は学童クラブで「介助者派遣事業」
  を実施しているという。
   4月はもうすぐ、小学校の入学式を楽しみにしている萌立ちゃん。放課後をどう過ご
  すかは未定のままだ。
   ■ケア児「受け入れ困難」8割 「支援ノウハウない」半数
   京都市は、学童クラブで医療的ケア児を受け入れた前例がない。しかし学童クラブを
  利用する障害児は多く、放課後等デイサービスと併用している児童もいる。原田さん家
  族が直面している制度の谷間と医療的ケア児への対応の遅れは、市が今月発表した「障
  害のある児童に係る実態把握」でも、浮き彫りだ。
   市は本年度、障害児支援の必要量の見込みや、医療的ケア児支援を検討するため、保
  護者や児童発達支援事業者などに調査を実施した。
   放課後等デイサービス事業所145カ所のうち、112カ所が回答したが、重症心身
  障害児や医療的ケア児について81%が「受け入れは困難」と回答。半数近くが「支援
  のノウハウがない」とし、支援できる職員確保ができないとの声も目立った。
   一方、医療的ケア児の保護者からは「知的障害のある子どもへの支援に比べ、支援が
  少ない」「重心児、医療的ケア児が通える放課後デイが少ない」「医療的ケアがあるた
  め保育所に入所できず、集団生活を経験させられない」など、切実な声が目立った。
   「人数が少なく孤立しがち。親の心身両方のケアサービスも増やしてほしい」「ただ
  受け入れが実現しただけで、制度が追いついていない」「リスク最優先で考えるのでは
  なく、本人の発達、成長を最優先にして」との要望もあった。
  …などと伝えています。
 *同記事動画もあり
   https://www.kyoto-np.co.jp/kp/movie/?r=news&y=2019&v=WaB4n3Ye

☆社説:障害者雇用 省庁の本気度が問われる
  熊本日日新聞社 3月24日
  https://kumanichi.com/column/syasetsu/918082/
 > 中央省庁による障害者雇用の水増し問題を受け、障害者に限定して初めて実施した国家公務員
  試験の結果が発表され、計754人が合格した。採用面接では、受け付けが一部で中止されたり、
  不適切な質問をされたとの訴えが相次いだりするなど、混乱も生じた。その反省も踏まえ、障害
  者が働きやすい雇用環境づくりをどう進めるのか、各省庁の姿勢が改めて問われている。
   昨年、各省庁が法律で定められた障害者雇用率2・5%を達成しているように見せ掛けるため、
  本来は対象外の人を加えていたことが発覚。政府の検証委員会は、不適切な計上が2017年
  6月時点で、28機関3700人に上ったと認定した。
   これを受け実施された今回の試験では、当初の採用予定より78人増やしたものの、倍率は
  約12倍の狭き門となった。省庁別の合格者数は最多の国土交通省が174人、次いで法務省
  138人、国税庁90人だった。障害の種類は、精神障害57・3%、身体障害42・3%、
  知的障害0・4%。勤務地域は関東甲信越365人、近畿83人、東海北陸67人の順に多く、
  九州は58人だった。
   法定雇用率の達成には、今回も合わせ約4千人の採用が必要。人事院が今秋にも、再び障害者
  対象の一斉採用試験を実施するほか、各省庁も非常勤職員も含めて人材を確保するが、目標とす
  る今年末までの達成は見通せていない。
   今回の試験では、採用面接の運用などに対し、受験者の不満が募った。1次の筆記試験の合格
  者発表後、面接の予約受け付けが始まったが、複数の省庁が早々に締め切るなどのトラブルが発
  生。申し込み書類の煩雑さに困惑する声も上がった。今回の状況を詳細に検証し、公平な仕組み
  づくりに向けた改善が必要だろう。
   面接の内容でも、受験者から「配慮に欠ける不適切な質問をされた」との訴えが相次いだ。精
  神疾患のきっかけとなったセクシュアルハラスメントの内容を何度も説明させられ体調を崩した
  人や、質問内容に「精神障害への差別や偏見を感じた」と憤る人もいた。障害者団体は「水増し
  問題に表れた障害者排除の体質が改まっていない」と批判している。
   雇用水増し問題を受け、政府は障害者雇用促進法改正案を衆院に提出。行政機関に対するチェ
  ック機能を強化することで、再発防止を目指す考えだ。働きやすい職場づくりに向けた「障害者
  活躍推進計画」の策定も求めている。改正案とは別に、各省庁が法定雇用率を達成できなければ
  予算を減額する仕組みも導入する。
   今後は、採用方法を見直し法定雇用率を達成するだけなく、雇用した障害者が職場に定着でき
  るかも課題となる。それぞれの特性を理解した上で、支援員配置や短時間勤務の導入などの環境
  整備を早急に進めることについて、国の本気度が問われている。障害者側の要望を真摯[しんし]
  に受け止め、取り組むことを求めたい。
  …などと伝えています。

☆65歳以降の介護保険申請拒否、障害福祉サービス継続を宮崎市が認める
  障全協みやざき(障害者の生活と権利を守る宮崎連絡協議会)2019年3月27日水曜日
  https://syozenkyomiyazaki.blogspot.com/2019/03/blog-post_27.html
 > 宮崎市の64歳の男性障害者が、宮崎市にたいし、65歳以降の介護保険申請を
  拒否し、現在利用している障害福祉サービスの継続・更新を求めていた問題で宮崎市
  は27日、それをおおむね認めることを本人に告げました。
   この男性障害者は宮崎市大島町在住の菊永基次さん。宮崎市役所を訪れた菊永さん
  に職員は、65歳以降も障害福祉サービスの利用を認めつつ「1年ごとに介護保険が
  利用できないのかも検証させてもらいます」と述べました。
  …などと伝えています。
 *障全協みやざき(障害者の生活と権利を守る宮崎連絡協議会)ブログ
   https://syozenkyomiyazaki.blogspot.com/

☆点字ブロック進歩 カメラ撮影、音声案内 新年度実用化目指す
  中日新聞 石川 2019年3月28日
  https://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20190328/CK2019032802000045.html
 > 金沢工大研究
   点字ブロックを小型カメラで読み取ると、道案内の音声を聞くことができる-。視覚障害者の
  安全な歩行を支援する研究を、金沢工業大(野々市市扇が丘)の松井くにお教授が進めている。
  二〇一九年度中に野々市市の拠点避難所や金沢市の観光地周辺で実用化を目指す。
  …などと伝えています。

▽特別支援学級で英語教えず、市に55万円賠償命令 福岡
  (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース 3/27
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190327-00000110-asahi-soci

▽重度知的障害者の1人暮らし 映画「道草」横浜上映へ
  (カナロコ by 神奈川新聞) - Yahoo!ニュース 3/27
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190327-00000024-kana-l14


画像は、昨日開花したソメイヨシノ 八幡市内にて
 

レンタル掲示板
/149