teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


全盲の弁護士・竹下義樹氏に聞く「差別は無理解から生まれる」 :24日付Yahoo!ニュース特集など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 1月24日(木)21時35分26秒
返信・引用 編集済
  みなさん、こんばんわ。  事務局のNです。

 *朝夜と昼間の寒暖差が激しいですね…

※実行委員会事務局から……
  ☆第6回京都デザインフォーラム 開催まで3日になりましたよ!!
    広めて下さい、ご参加と当日スタッフ募集を 開催チラシURLは下記を
    http://www.jouyakukyoto-hamon.com/2018/20190127.pdf

※WEB報道など……
☆全盲の弁護士・竹下義樹氏に聞く「差別は無理解から生まれる」
  Yahoo!ニュース 特集 1/24 7:38 配信
  https://news.yahoo.co.jp/feature/1211
 > 竹下義樹さんというパイオニアがいる。いまから35年前、竹下さんは「全盲」という
  視覚障がいを抱えた身で、日本初となる弁護士資格を取得。その後、弁護士としての
  一歩を踏み出した。2013年には障害者差別解消法の制定にも携わり、現在は弁護士業務
  のかたわら日本盲人会連合の会長を務める。「自分は障がい者に応援してもらって弁護
  士になった。障がい者のために働きたいと思ってやってきた」と言う竹下さんは、障が
  い者を取り巻く現状をどう見ているのか。なぜ弁護士を目指したのか、ここに至るまで
  にどんな苦労があったのか。弁護士事務所を構える京都市中京区で聞いた。
   人の認識はガラリと変わる
   竹下義樹さんの目は、20代までは光をとらえ、人の輪郭もわかったという。30歳前後
  に視力を完全に失い、「全盲」になった。親しみやすい雰囲気で、笑うとクシャッとした
  表情になる。
   昨年夏、中央省庁や地方自治体で「障がい者雇用の水増し問題」が発覚した。国や地方
  自治体は、障害者雇用促進法に基づいて一定の割合で障がい者を雇用しなければならない。
  しかし、中央省庁、全国の多くの役所、教育委員会は、あの手この手で、雇用者数の水増
  しを行っていたのだった。竹下さんはこう喝破した。
   国は)意図的じゃないというが、そんな嘘は通用しませんよ。障がい者を侮辱している
  と言われても仕方がありません。
   私はこう思うんです。問題は、糾弾を繰り返すだけでは解決しないのではないかと。
  何がゴールかといえば、障がい者の職場づくりが社会で広く実現することでしょう。行政
  機関にはその先端に立ってほしいですし、これを一つのきっかけにしてもらいたい。その
  ためには、なぜこういった問題が起きたのかを考えなきゃいけません。
   行政機関には障がい者に対する無理解があったのではないでしょうか。たとえば重度の
  障がい者が職場に入ってきた。行政機関はこう不安を感じたのかもしれません。
   「本当に仕事できるの?」
   できなかったらどうしよう。どうやったら一緒に働けるのだろう――そんな不安がある
  一方で、障がい者雇用の法定雇用率を満たさなくてはならない。そのプレッシャーから、
  こんなバカげた数合わせを起こしてしまった。
  …などと伝えています。

☆強制不妊、救済一時金3百万円超 与党検討、国賠請求と隔たり
  (共同通信) - Yahoo!ニュース 1/24
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00000009-kyodonews-soci
 > 旧優生保護法下で障害者らに不妊手術が繰り返された問題で、超党派議員連盟と連携して救済
  法案を提出する方針の与党ワーキングチームが、被害者への一時金について300万円超を基準に
  検討していることが23日、分かった。海外の同種事例を参考にした。与野党は4月に通常国会に
  法案を提出し早期成立させる方針で、3月中に具体額を決める。
   ただ国家賠償請求訴訟で、被害者らの請求額は1100万~3千万円台後半。全国被害弁護団の中
  には「数百万円では低すぎる」との考えもあり、隔たりは大きい。与野党は300万円超からの上
  積みを図るが、訴訟当事者らが納得できる金額には遠く及ばない。
  …などと伝えています。

…他のWeb報道紹介などは別途にさせてもらいます。  _(._.)_

画像は、27日開催のデザインフォーラム案内チラシ
 
 

障害者虐待、通報122件 17年度の京都、施設内虐待過去最多:23日付京都新聞 など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 1月23日(水)19時17分28秒
返信・引用 編集済
  みなさん、こんばんわ。  事務局のNです。

 *今日は昼間は割と暖かさを感じましたが、
  朝夜と昼間では寒暖差が激しく空気も乾燥していますから、体調管理に気をつけましょう。

 ☆第6回京都デザインフォーラム 開催まで4日になりましたよ!!
  広めて下さい、ご参加と当日スタッフ募集を 開催チラシURLは下記を

    http://www.jouyakukyoto-hamon.com/2018/20190127.pdf

※WEB報道など……
☆障害者虐待、通報122件 17年度の京都、施設内虐待過去最多
  京都新聞  2019年01月23日
  https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20190122000113
 > 京都府は、2017年度の障害者虐待状況を発表した。虐待の通報件数は施設内
  虐待の通報が増え、家庭内虐待の通報と合わせて計122件に上った。このうち、
  虐待と認定したのは計47件だった。虐待防止の意識が高まり、通報数は年々増加
  傾向にある。
  …などと伝えています。
 △平成29年度の京都府内における障害者虐待の状況(PDF:60KB)
   平成3 1 年1 月1 7 日 京都府健康福祉部障害者支援課
   https://www.pref.kyoto.jp/shogaishien/documents/shougaigyakutai29.pdf
  *障害者虐待防止法が施行されました
    京都府ホームページ 健康福祉部障害者支援課
    https://www.pref.kyoto.jp/shogaishien/1348135153641.html

☆聴覚障害の夫婦が新たに提訴へ 旧優生保護法下の不妊手術強制
  NHKニュース 社会 2019年1月21日
  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190121/k10011785171000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_026
 *強制不妊 聴覚障害夫婦が提訴へ
   NHK関西のニュース 01月21日
   https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20190121/0011768.html

☆精神福祉法案の提出見送り 成立困難と判断
  (共同通信) - Yahoo!ニュース 1/21
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00000135-kyodonews-soci

☆精神科病院「不必要な身体拘束減らすべき」 専門家が警鐘、2年半こえるケースも
  (弁護士ドットコム) - Yahoo!ニュース 1/22
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00009132-bengocom-soci

☆<北海道>厚真町 福祉仮設住宅の入居始まる
  (HTB北海道テレビ放送) - Yahoo!ニュース 1/21
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00000007-htbv-hok
 *災害弱者の避難「個別計画」 京都市がモデル事業実施へ
   京都新聞 2019年01月21日
   https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20190121000156

☆再就職に向けて倉敷で緊急面接会 「あじさい」元利用者を支援
  山陽新聞デジタル 2019年01月21日
  http://www.sanyonews.jp/article/856197/1/?rct=syakai

▽誰でも読みやすいLLブック 読み書き不自由な人へ工夫
  朝日新聞デジタル 大阪 2019年1月22日
  https://www.asahi.com/articles/ASM1P66KLM1PUBQU00W.html

※文科省関係……
☆学校における医療的ケアの実施に関する検討会議(第8回)の開催について ←1/28開催予定
  特別支援教育課支援第一係 平成31年1月21日
  http://www.mext.go.jp/b_menu/gyouji/detail/1412783.htm
 *これまでの同検討会の資料や議事録などは下記を
   http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/material/1399827.htm


画像は、27日開催のデザインフォーラム案内チラシ   
 

浅田達雄さんを支援する会”ささえ”99号(発行:2019年1月21日)

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 1月22日(火)08時51分45秒
返信・引用
  みなさん、おはようございます。  事務局のNです。

 *昨日は東寺の初弘法でしたね。

※WEB報道など……
☆浅田達雄さんを支援する会ニュース”ささえ”99号(発行:2019年1月21日)が
 昨日(21日)事務局の吉野さんからメール配信されてきたので紹介します。
 > 全国の浅田達雄さんを支援してくださったみなさんへ
  「裁判結果も完全勝利で終わることができ、いいお正月を久しぶりに家で過ごせる
  ことができました。今年もマイペースで頑張って行きたいと思います。本年もよろ
  しくお願いいたします。」と浅田さん。2月2日の「岡山県地域人権問題研究集会2019」
  に次のような特別報告をすると、以下のような原稿が届きました。やっと体調が回復
  してきた事務局より、ささえ99号として浅田さんの報告原稿をお届けします。
  …などと伝えています。

画像は
 上、中:浅田達雄さんを支援する会ニュース”ささえ”99号より
 下:65歳打ち切りは命の問題
   障害福祉サービス 月250時間がゼロに 岡山市に全面勝訴 浅田達雄さん
    しんぶん赤旗日曜版 2019年01月13日号 紙面より
 

旧優生保護法:強制不妊の原告「除斥適用、違憲」 熊本地裁口頭弁論:19日付毎日新聞  など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 1月21日(月)10時24分42秒
返信・引用
  みなさん、おはようございます。  事務局のNです。

 *今週は肌寒さを感じる週になるようですよ、インフルエンザも流行ってます…

※WEB報道など……
☆旧優生保護法:強制不妊の原告「除斥適用、違憲」 熊本地裁口頭弁論
  毎日新聞 2019年1月19日 西部朝刊
  https://mainichi.jp/articles/20190119/ddp/041/040/016000c

☆「これでは客室の浴室・トイレに入れない」都バリアフリー条例改正案、障害者団体が見直し訴え
  (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 1/21
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00000006-mai-soci

☆障害者雇用水増し・全国最多の山形県で臨時職員採用試験
  さくらんぼテレビ プライムニュース 1/20
  http://www.sakuranbo.co.jp/news/2019/01/20/post-3053.html

☆みんなに知ってほしい!障害のある子の就学事情~合理的配慮とインクルーシブ教育
  ハフポスト 2019年01月17日 海津敦子  文京区議会議員
  https://www.huffingtonpost.jp/atsuko-kaizu/to-enroll-japanblog_a_23641264/

☆ダウン症「みんな堕ろしているから自分も」陽性90%超が中絶
 …新型出生前診断の拡大がはらむ危険と怖さ
  (読売新聞(ヨミドクター)) - Yahoo!ニュース 1/20
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190120-00010000-yomidr-sctch

▽講演会:「地域とつながりを」 災害時障害者支援考える 近江八幡/滋賀
  毎日新聞 2019年1月20日 地方版
  https://mainichi.jp/articles/20190120/ddl/k25/040/247000c

▽コープデリバリー、障害者実雇用率8・15%目指す
  (カナロコ by 神奈川新聞) - Yahoo!ニュース 1/21
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00032825-kana-bus_all

▽障害の有無超え熱演 静岡でダンス、演劇公演
  (@S[アットエス] by 静岡新聞SBS) - Yahoo!ニュース 1/21
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00000005-at_s-l22


画像は、27日開催のフォーラム案内チラシ   開催まで1週間きりました!!
  広めて下さい、ご参加と当日スタッフ募集を 開催チラシURLは下記を
  http://www.jouyakukyoto-hamon.com/2018/20190127.pdf
 

原告側「請求権消滅主張は違憲」 旧優生保護法 熊本訴訟第2回弁論:18日付毎日新聞

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 1月19日(土)09時24分2秒
返信・引用
  みなさん、おはようございます。  事務局のNです。

 *今日は日中14℃まであがる予想、お互いに体調管理に気をつけましょうよね。

※WEB報道など……
☆原告側「請求権消滅主張は違憲」 旧優生保護法 熊本訴訟第2回弁論
   (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 1/18 21:33
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000091-mai-soci
 > 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制されたとして、熊本県の渡辺数美
  さん(74)が国に3300万円の賠償を求めた訴訟の第2回口頭弁論が18日、熊本地裁
  (小野寺優子裁判長)であった。渡辺さんの請求権消滅を主張する国に対し、原告側
  は「強制不妊手術を受けた原告に人権回復の権利を放棄させる行為で、違憲だ」と述
  べた。
   民法では、不法行為から20年で損害賠償請求権がなくなる「除斥期間」を規定。国
  側はこれを根拠に渡辺さんの請求権消滅を主張している。原告側はこの日、除斥期間
  を適用する国に対し「国家賠償請求権を定める憲法17条に違反している」などとも反
  論した。
   渡辺さんは、体調不良で出廷しなかった。第3回弁論は3月18日に決まった。
   閉廷後に記者会見した弁護団は、20代で中絶手術と卵管を結紮(けっさつ)する
  不妊手術を受けた熊本県内の70代女性も近く熊本地裁に提訴すると明らかにした。
  …などと伝えています。
 *優生訴訟で国が違憲性見解示さず
   NHK熊本県のニュース 01月18日 17時51分
   https://www3.nhk.or.jp/lnews/kumamoto/20190118/5000004342.html
  > 旧優生保護法のもと、障害を理由に不妊手術を強制されたとして熊本県内の
   74歳の男性が国に賠償を求めている裁判が18日開かれ、裁判所が国に求めて
   いた旧優生保護法が憲法違反だったかどうかの見解について、国は「違憲性につ
   いて述べる必要性はない」として見解を示しませんでした。
    熊本県内に住む渡邊數美さん(74)は、子どものころ、旧優生保護法のもと
   で障害を理由に不妊手術を強制され結婚して子どもをもうける権利を奪われた上、
   何の救済措置も行われていないことが憲法に違反するとして国に3300万円の
   賠償を求めています。
    これまでの裁判で国側は旧優生保護法の違憲性に関する考えを示しておらず、
   熊本地方裁判所は国としての見解を示すよう求めていましたが国側は18日、
   「旧優生保護法の違憲性は争点にする必要はなく、その認識について述べる必要
   もない」として、見解を示しませんでした。
    これについて裁判のあと会見を開いた原告側弁護団の東俊裕弁護士は「旧優生
   保護法は国会がみずから廃止した法律なのに、正面から『これは憲法違反だった』
   と認めないのはおかしい」と憤りを示しました。
    一方、弁護団は18日、障害のある家族がいる県内の70代の女性が、20代
   で人工妊娠中絶の手術を受けた際に不妊手術も強制されたとして、早ければ今月
   にも国に賠償を求める裁判を起こす方針を明らかにしました。
   …などと伝えています。
 △優生保護法被害弁護団
   http://yuseibengo.wpblog.jp/
 △優生手術に対する謝罪を求める会 FBページ
   https://m.facebook.com/motomerukai2017/

☆障害者の雇用対策 労政審に原案提示 厚労省、お目付け機能強化
  東京新聞 政治 2019年1月19日 朝刊
  http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201901/CK2019011902000154.html
 > 厚生労働省は十八日、労働政策審議会(厚労相の諮問機関)の分科会を開き、中央
  省庁などの障害者雇用水増し問題を受けた障害者雇用促進法の改正に向けた原案を提
  示した。厚労省による行政機関へのチェック機能を強める内容。不正の再発防止を徹
  底するとともに、責任の明確化を図る狙いがある。分科会で議論を進め、三月ごろの
  国会提出を目指す。
   原案は、厚労省が各行政機関に対して実態把握のために報告を求める権限の新設が
  必要だと明記。現在は厚労省が一括して発表している障害者の雇用状況について行政
  機関ごとに公表することで責任を明確化することや、障害者手帳の写しといった関係
  書類の保存を義務化するよう求めた。
   雇用の質の確保に向けては、採用や職場環境に関する計画策定や、障害者の相談や
  指導に当たる「生活相談員」の選任などを規定することとした。
   民間企業の雇用促進策についても議論した。現行では法定雇用率に算入されるのは
  労働時間が週二十時間以上の障害者で、この枠組みは維持する方針。一方で、短時間
  であれば働くことができる障害者の雇用を促進するため、採用する企業への給付金制
  度の創設を盛り込んだ。中小企業対策では、積極的な取り組みを認定する制度を新設。
  評価する項目案として障害者の職場定着状況などを示した。
   厚労省は(1)行政機関への立ち入り調査の実施(2)行政機関が障害者を解雇し
  た際の届け出の義務化-も検討しているが政府内で調整中のため、この日は明記しな
  かった。
  …などと伝えています。

☆札幌市、医療的ケア児支援へ 保護者対象に実態調査
  北海道新聞 01/18  札幌圏
  https://www.hokkaido-np.co.jp/article/267849?rct=n_medical


画像は、27日開催のフォーラム案内チラシ   開催まで1週間近くになってます!!
  広めて下さい、ご参加と当日スタッフ募集を 開催チラシURLは下記を
  http://www.jouyakukyoto-hamon.com/2018/20190127.pdf
 

障害者雇用の改正原案提示 厚労省、審議会に:18日付共同通信  など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 1月18日(金)22時53分9秒
返信・引用
  みなさん、こんばんわ。  事務局のNです。

 *インフルエンザが全国的に”警報”レベルになってきているとか、
  明日からセンター試験もはじまりますね。

※WEB報道など……
☆障害者雇用の改正原案提示 厚労省、審議会に
  (共同通信) - Yahoo!ニュース 1/18
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000086-kyodonews-soci
 *週20時間未満に給付金=障害者雇用、水増し防止策も―厚労省案
   (時事通信) - Yahoo!ニュース 1/18
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000088-jij-pol
 △第82回労働政策審議会障害者雇用分科会(資料) ←1/18開催
   厚労省職業安定局雇用開発部障害者雇用対策課 平成31年1月18 日
   https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_03272.html
  *これまでの同分科会の資料や議事録などは下記を
    https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-rousei_126985.html

☆全盲女性が提訴、コンサートで最後列を「強要」…家族は「謙虚な謝罪を」
  (弁護士ドットコム) - Yahoo!ニュース 1/18
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00009114-bengocom-soci

☆障害見舞金法改正求める会設立 福岡
  (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 1/17
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00000051-mai-soci
 *給食を詰まらせ脳障害 当時中3男子の母親が意見陳述 「市はきちんと責任を」 福岡高裁
   (TNCテレビ西日本) - Yahoo!ニュース 1/17
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00000009-tncv-l40
 *障害者の事故巡る2審始まる
   NHK福岡のニュース 01月17日
   https://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20190117/0003362.html

▽専用アプリで最新のバリアフリー情報を収集、実証実験を実施へ
  (レスポンス) - Yahoo!ニュース 1/18
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000000-rps-prod

▽障害者の就労支援は優しさの中に厳しさも…
  (Wedge) - Yahoo!ニュース 1/18
  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190118-00010002-wedge-soci

▽医ケア児と家族を支えるために 小児在宅医療講演会 医療、行政、福祉が顔の見える連携を
  西日本新聞 1/17付紙面PDFで
  http://www.mcnet.or.jp/download/pdfdata/20191017nishinippon.jpg

▽社会全体で支えたい 重い病気の子と家族が安心できる場所
 NHKアナから入所施設職場長に転身 内多勝康さん
  しんぶん赤旗日曜版 2019年01月20日号紙面PDFで
  http://www.mcnet.or.jp/download/pdfdata/20190120akahatasun.pdf
 *言の葉とともに 内田 勝康
   月刊きょうされんTOMO 2018年10月号~12月号掲載
   http://www.mcnet.or.jp/download/pdfdata/20181012kyosarentomo.pdf


画像は、27日開催のフォーラム案内チラシ   開催まで1週間近くに!!
  広めて下さい、ご参加と当日スタッフ募集を 開催チラシURLは下記を
  http://www.jouyakukyoto-hamon.com/2018/20190127.pdf
 

今日(17日)は阪神・淡路大震から24年目をむかえますね。

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 1月17日(木)15時04分9秒
返信・引用 編集済
  みなさん、こんにちは。  事務局のNです。

 *今日は阪神・淡路大震災から24年目をむかえますね。
  大災害の経験や体験、教訓、課題などをしっかり生かしていきましょうよね。
  ・阪神・淡路大震災から24年 記憶や教訓の継承が課題に
    NHKニュース 社会 2019年1月17日 7時06分<動画>
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190117/k10011780361000.html

※WEB報道など……
☆社説:尽きぬ課題/「生かされた命」を守るために
  神戸新聞 2019/01/17
  https://www.kobe-np.co.jp/column/shasetsu/201901/0011985323.shtml
☆社説:阪神大震災24年  被災経験生かしてこそ
  京都新聞 2019年01月17日
  https://www.kyoto-np.co.jp/info/syasetsu/20190117_3.html
☆社説:阪神大震災 防災を外国人とともに
  朝日新聞デジタル 2019年1月17日
  https://www.asahi.com/articles/DA3S13851808.html
☆社説:阪神大震災24年 次代の脅威に教訓を生かそう
  読売新聞 2019年01月17日
  https://www.yomiuri.co.jp/editorial/20190116-OYT1T50148.html
☆社説:阪神大震災と共助 ボランティアを育てたい
  毎日新聞 2019年1月17日 東京朝刊
  http://mainichi.jp/articles/20190117/ddm/005/070/147000c
☆主張:阪神大震災24年 教訓を胸に刻み生かそう
  産経ニュース 2019.1.17
  https://www.sankei.com/column/news/190117/clm1901170002-n1.html
☆論説:【節目の被災地】復興の面的拡大を
  福島民報 2019/01/17
  http://www.minpo.jp/news/detail/2019011759346
☆社説:阪神大震災24年 「原点」語り継ぎ備えよう
  山陽新聞デジタル 2019年01月17日
  http://www.sanyonews.jp/article/853790/1/?rct=shasetsu

☆障害者の生涯学習の場、確保へ 支援者ら課題探る勉強会
  朝日新聞デジタル 2019年1月17日
  https://www.asahi.com/articles/ASM1K3TB8M1KUBQU002.html
 > 障害のある人たちが学校を卒業後も地域社会との接点や学びの場を確保するには、どうしたら
  いいのか。そんな課題について、各地で支援活動をする人たちが意見交換する催しが20日、
  東京都町田市の生涯学習センターである。障害の有無にかかわらず生涯にわたり学習やスポーツ、
  文化芸術に親しめる社会のあり方を考える。
  …などと伝えています。
 △学校卒業後における障害者の学びの推進に関する有識者会議(第14回)の開催について←1/24開催予定
   文部科学省総合教育政策局男女共同参画共生社会学習・安全課障害者学習支援推進室 1月10日
   http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/041/kaisai/1412500.htm
  >*これまでの同会議の資料や議事録などは下記を
      http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/041/index.htm

☆聴覚障害者の命脅かす実態も “電話の手話通訳”早期普及を
  NHKニュース News Up  2019年1月15日
  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190115/k10011778111000.html?utm_int=news_contents_netnewsup_003

▽北大津高に養護学校併設 滋賀県方針、湖西地域の通学負担減へ
  京都新聞 2019年01月16日
  https://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20190116000166


画像は、27日開催のフォーラム案内チラシ
 

主張-権利条約批准5年-障害者の尊厳守り権利向上を:16日付しんぶん赤旗 など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 1月16日(水)19時31分6秒
返信・引用 編集済
  みなさん、こんばんわ。  事務局のNです。

 *朝夕は冷えますが、昼間は10度前後になっている今週ですね…
  明朝(17日)は1995年阪神・淡路大震災から24年目を迎えます。
  引き続きみんなで障害児者とそのご家族が安心・安全に地域で暮らせて
  いけるよう、これまでの災害の教訓や課題をしっかり生かしていかないとですね。_

※WEB報道など……
☆主張-権利条約批准5年-障害者の尊厳守り権利向上を
  しんぶん赤旗 2019年1月16日
  http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2019-01-16/2019011601_05_1.html
 > 日本が障害者権利条約を批准して20日でちょうど5年になります。同条約は、
  障害のある人に、障害のない人と同じ権利を保障することなどを掲げ、その実現へ
  必要な措置を取ることを締約国に義務付けています。しかし、日本の現実は、権利
  条約のめざす社会から程遠い状況です。障害者の尊厳が守られ、生活と権利を向上
  させるために、積極的な取り組みをすすめていくことが重要です。
   昨年相次いだ重大問題
   障害者をめぐり昨年は、旧優生保護法下の強制不妊手術の違法性を問う訴訟が相
  次いだのをはじめ、官公庁の大規模な雇用「水増し」が発覚するなど重大問題が噴
  出しました。共通するのは「障害者は役に立たない、価値がない」とする発想が根
  底にあることです。能力に優劣をつけて“劣っている人”の尊厳を否定する優生思
  想と根を同じくする危険な考えです。
   旧優生保護法に基づく不妊手術の被害者数は、本人の同意がないケースで約1万
  6500人、同意があるとされる場合で約8500人にも上ります。知的障害や精
  神疾患、遺伝性とされた疾患がある人が対象とされました。「優生上の見地から不
  良な子孫の出生防止」を目的とする同法が、日本国憲法下の1948~96年まで
  施行されていたことは深刻です。
   強制不妊手術で人権を侵害されたとして、全国で15人が国の責任を問う訴訟を
  起こしています。事態を受け与野党国会議員は超党派で被害者救済法案を国会に提
  出する予定です。全ての被害者に謝罪と補償を行うことが不可欠です。
   中央官庁や地方自治体で長年横行していた障害者雇用数「水増し」は、国による
  “障害者排除”です。権利条約5条は、締約国に対し障害を理由とする差別を禁止
  しています。27条は、障害者が障害のない人と等しく労働に関する権利があり、
  その権利保障を締約国に求めています。これに照らせば日本政府の責任はあまりに
  重大です。安倍晋三政権は事態を根本から反省し、障害者雇用施策の抜本的な見直
  しをはかるべきです。
   一方、昨年は全国を励ますビッグニュースもありました。介護保険の申請がない
  からと、65歳の誕生日で障害福祉サービスを打ち切られた岡山市の重度障害者が
  違憲・違法と同市を訴えた裁判(広島高裁岡山支部)で全面勝利し、その判決が
  12月に確定したのです。
   65歳になった障害者に介護保険への移行を求める障害者総合支援法の規定の不
  当性を浮き彫りにする重要な判決です。低所得世帯の場合、64歳までは無料でサ
  ービスが利用できたところを原則1割負担にされる上、サービスの支給量や質は、
  障害福祉サービスより低下する仕組みは、各地で大問題になっています。障害者の
  高齢化が進み、介護保険へ移行させる矛盾が顕在化する中で、今回の勝訴判決は、
  不当な扱いをやめさせるたたかいの大きな力になります。
   ふさわしい施策拡充こそ
   国連の障害者権利委員会は来年春、日本政府提出の締約国報告書審査を実施する
  とみられます。審査に向けて国内の障害者団体は、日本の障害者をめぐる実態や施
  策の課題などを示す民間報告書を今春提出する準備を進めています。障害者権利条
  約にふさわしい施策の拡充へ、障害者の生活と権利向上の年にしていきましょう。
  …などと伝えています。

☆自家発電機を無償提供へ 人工呼吸器の患者に
  朝日新聞デジタル 2019年1月15日 東京
 > 東京都八王子市は、自宅で常に人工呼吸器が必要な重い病気の患者らに、災害時の停電対策と
  して自家発電機を無償で提供する。昨年9月の北海道地震でほぼ道全域が長時間停電になったこ
  とを教訓に、在宅患者を支援する都の補助金を活用して対策に乗り出す。
   都によると、都の制度を使って患者個人に自家発電機を提供する区市町村は初めて。八王子市
  が提供を検討しているのは高さ、幅、奥行きがそれぞれ30~50センチ程度で、LPガスを燃
  料に使う1台11万円の機種など。バッテリーをいっぱいに充電すると、人工呼吸器を数時間~
  12時間程度動かせる。カセットボンベや予備のバッテリーを患者側の負担で用意してもらい、
  3日間程度の停電をしのいでもらう。
   人工呼吸器を使う在宅患者は、停電が長時間に及ぶと生命の危険にさらされる。東日本大震災
  直後の停電やその後の計画停電でも対策が課題になった。都は2012年にまとめた指針の中で、
  事前に区市町村が患者一人ひとりの状況を把握し、「個別支援計画」を作っておくよう求めた。
   八王子市が計画を作った患者は47人。このうち別の制度や自費で確保した人を除く11人に
  自家発電機を提供する。先天性の病気、脊髄(せきずい)損傷などの人たちで、子どもが多いと
  いう。
   2月にも患者宅に届け、保健師が家族に使い方を指導したり、定期的に試運転をしてもらった
  りする。予備を含む14台の購入費166万円を盛り込んだ補正予算案が昨年12月の市議会で
  可決された。都が半額を負担する。
   都内では新宿区、目黒区、世田谷区が都の補助金を活用したり、独自に費用を工面したりして、
  自家発電機を保健所に置くなどしている。停電時に患者の家族らにバッテリーを持参してもらい
  充電する。
   八王子市では、患者の家族らに日頃から予備のバッテリーを充電しておくよう呼びかけてきた。
  停電が長引いて自宅にいることが難しい患者が出たら、入院先を探して搬送することにしている
  が、円滑に対応できるかどうか不安があった。また、面積が都内の区市で最も広く、停電時に充
  電のために患者の家族に出てきてもらうのは難しい場合があるとみて、自家発電機を提供するこ
  とにした。
  …などと伝えています。
 △平成30年度八王子市在宅人工呼吸器使用者災害対策事業のご案内
   八王子市公式ホームページ 健康部保健対策課 平成30年12月26日
   https://www.city.hachioji.tokyo.jp/kurashi/hoken/007/013/p024350.html?fbclid=IwAR12Cho2zxPZTakKqfXTekq2rNVuCXyGn731NaHKvW7_0xPAX6Yj_7D_FU4
  > 八王子市では災害等における停電により、生命の危機に直結するおそれのある在宅人工
   呼吸器使用者に対し、停電時における電力の確保を図るため、自家発電機を給付しています
   (ただし、対象となる方には条件があります)。
   …などと掲載されています。

☆手話通訳 需要に養成追い付かず 資格取得を啓発 県聴覚障害者連盟
  上毛新聞ニュース 2019/01/16
  https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/105445

☆暮らし安心「共生社会」に理解を 岡山で22、23日にフォーラム
  山陽新聞デジタル 2019年01月15日
  http://www.sanyonews.jp/article/852842/1/?rct=okayama1

☆発表会に向け発声練習 気管切開“快方”の医療的ケア児
  日本海新聞  2019年1月16日
  http://www.nnn.co.jp/news/190116/20190116047.html

☆卒業、入学式用のコサージュ 障害者施設に全国から注文
  両丹日日新聞 2019年1月16日
  http://www.ryoutan.co.jp/news/2019/01/16/013452.html

画像は、27日開催のフォーラム案内チラシ
 

今夜(15日)から二夜連続 NHKEテレ ハートネットTV アンコール放送あり  など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 1月15日(火)12時15分57秒
返信・引用 編集済
  みなさん、こんにちは。  事務局のNです。

 *昨日は成人式でしたね。
  三連休は割と暖かい感じの昼間でしたが…今日は一転どんより空模様で肌寒い感じも。

※WEB報道など……
☆今夜から二夜連続 NHKEテレ ハートネットTV アンコール放送あり
 △ハートネットTV 闇に埋もれた真実は(1)「私も不妊手術を受けさせられた」
   2019年1月15日(火) 20:00~20:30
   https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/heart-net/613/
  > 障害者への強制不妊手術を認めた旧優生保護法(1948~96)。全国各地で
   国への賠償を求める動きが活発化し、今ようやくその実態に光があたり始めている。
   だが調査が進むにつれ、法律の枠外で数多くの障害者が社会・施設・家族によって
   不妊手術に追い込まれていた現実も明らかに。発掘資料と重い口を開き始めた当事
   者の証言から、優生保護法の闇に迫る。
   …などと伝えています。
  *放送された内容は記事としても掲載されています 2018年06月12日
    https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/58/
 △ハートネットTV 闇に埋もれた真実は(2)「消された精神障害者」
   2019年1月16日(水) 20:00~20:30
   https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/heart-net/615/
  > この春、沖縄で、精神障害者を隔離していた「私宅監置」の小屋の存在が公表され
   話題となっている。日本復帰の72年まで公認され、隔離された人たちは、小窓から
   食事を与えられ、排せつもそこでする“動物扱い”のような状態だった。取材班は、
   当時の公文書や周囲の証言を発掘。精神科医が残した写真を詳しく調査した。その記
   録を重ね合わせると、社会から消されたように扱われた精神障害者たちの人間像が浮
   かび上がってきた。
   …などと伝えています。

☆精神医療は今(1)措置入院患者の退院後の“支援”
  NHKハートネットTV 記事 2019年01月09日
  https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/167/
 > 2016年7月、相模原市の知的障害者施設で19人の命が奪われた殺傷事件。被告は事件前、
  一時措置入院となっていたものの、その後の状況を把握している人がいませんでした。事件
  を受け、国はすべての措置入院患者を対象に、退院後の“支援”を強化する方針を示しました。
  これに対し、当事者からは支援の名の下に“監視”につながるのではと強い懸念が上がってい
  ます。精神医療のあるべき姿を考えます。
  …などと伝えています。
 *精神医療は今(2)対話による治療「オープンダイアローグ」
   NHKハートネットTV 記事 2019年01月15日
   https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/168/
  > 2016年7月、神奈川県相模原市の障害者施設で入所者19人の命が奪われた殺傷事件。
   事件を受け、転換期を迎えているのが、自傷・他害の恐れがある人に対し本人や家族の同意
   なしに都道府県知事等の権限で強制的に入院させる「措置入院」です。『精神医療は今』
   第2回は、そもそも精神科病院への入院を減らし、地域生活を基本に置こうという世界の精神
   医療の潮流に注目します。取り上げるのはフィンランド・西ラップランド地方で行われている、
   「対話による治療」“オープンダイアローグ”です。
   …などと伝えています。

☆手荷物検査は「過剰」? 裁判所の警備強化に弁護士会反発
  京都新聞 2019年01月15日
  https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20190115000036
 > 京都地裁(京都市中京区丸太町通富小路西入ル)が4月1日から、警備強化のため
  入庁者の手荷物検査を実施することがこのほど、分かった。庁舎の出入り口は、四つ
  ある玄関のうち、丸太町通に面した北側の正面玄関に一本化する。一方、京都弁護士
  会は、手荷物検査や出入り口の一本化は地裁が掲げる「市民に開かれた裁判所」の趣
  旨に反するなどとして、変更を求めている。
   一昨年6月、仙台地裁で判決の言い渡しを受けた保釈中の男性被告が、傍聴席にい
  た警察官を刃物で切りつけた事件などを受け、全国の裁判所で警備強化が進んでいる。
  最高裁によると、すでに東京や大阪など13の裁判所で手荷物検査を実施しており、
  昨年は新たに横浜と神戸の裁判所が導入した。
   京都地裁も「来庁者が安心、安全に裁判所を利用できるようにするために速やかに
  入庁検査を実施する必要がある」(総務課)と導入を決め、昨年11月から弁護士会
  や検察庁などへの説明と意見の聴取を始めた。
   計画では、四カ所ある出入り口を、北側の正面玄関に一本化し、一律に金属探知機
  とエックス線手荷物検査を実施する。弁護士らは、身分証の提示などで検査を不要と
  する方針。市民にはホームページなどで周知を図るという。
   一方、京都弁護士会は昨年12月20日、来庁者への一律の所持品検査は過剰など
  として、計画の変更を求める要望書を地裁に提出した。
   要望書では、所持品検査は来庁者に制約を課すことになり、市民に開かれた裁判所
  として四方に玄関を設けた京都地裁の設計趣旨に反すると主張。プライバシーや人格
  権を侵害する恐れがあるため、検査は必要最小限にすべきだとしてる。
   出入り口の一本化は、地裁が保護命令を出すDV事案(配偶者暴力)で加害者が待
  ち構える恐れがあることや、法律関係者が北側玄関を利用する頻度が低い点を問題視
  する。
   また、大阪地裁の男性警備員が車いすの来庁女性にボディーチェックしたり、電動
  車いすに備えてあるドライバーが危険物とみなされ退庁まで取り上げられたりした例
  を挙げ、所持品検査や入庁方法の変更について市民に意見公募すべきとしている。
   京都地裁は、市民への意見公募は予定していないとし、「弁護士会の要望書を踏ま
  え、さらに検討する」としている。
   行政機関の危機管理に詳しい同志社大の真山達志教授(行政学)は、裁判所は他の
  公共施設に比べ警備の必要性は高いとした上で「出入り口の一本化は予算の関係なの
  だろうが、一定の資源と予算を投じなければ、検査の受け手側は不便を感じ、安全確
  保の目的も達成できない。独断的な判断にならないよう、裁判所は関係機関に十分に
  意見を聞くべき」としている。
  …などと伝えています。

☆鳴潮 1月15日付
  徳島新聞 コラム
  https://www.topics.or.jp/articles/-/149563
 > 内閣府の幹部は言う。「統計をやっている人間であれば、こんなずさんな対応は普通あり得ない」。
  普通あり得ないことが、長期にわたって繰り返されたのには、よほどの事情があるはずである
   裁量労働制を巡る不適切データ問題や、中央省庁の障害者雇用水増しの見逃しなど、失態が続く
  厚生労働省。同省がまとめる「毎月勤労統計」でも、ずさんな調査が行われていたことが、新たに
  分かった
   勤労統計は、雇用保険の失業給付や労働災害に遭った人が受け取る休業補償の算定、政府の景気
  判断の材料などに使われる重要な統計だ。失業や労災といった人生の難局で、受け取る額が本来よ
  りも少なくなった人は、延べ1973万人に上る。金額にして537億5千万円
   全対象者に不足分を追加支給するというが、現住所が分からない人や既に亡くなった人もいるだ
  ろう。国は埋め合わせのできない過ちを犯した
   「よほどの事情」を十分検証し、責任の所在を明確にするべきだ。統一地方選や参院選への影響
  を最小限に抑えようと、事態の早期収拾を図りたい意向のようだが、何をか言わんや
   一部の職員はそれを知りつつ、15年もの長きにわたり、不適切な調査は続いてきたのである。
  調査件数にもうそがあった。「ふざけんじゃねえ」と求職者。国民の気持ちを端的に示せばそうな
  る。
  …などと伝えています。

☆天守へのエレベーター、激論 城とバリアフリー、せめぎ合い
  (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース 1/15
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00000012-asahik-soci

☆雇用より大切? 障がい者雇用に求められる合理的配慮とは
  (オルタナ) - Yahoo!ニュース 1/15
  https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190115-00010002-alterna-life

☆障害者が就労ができる社会を目指す。AI技術を用いた行動認識システムの実証実験を金沢市と連携して開始
  SankeiBiz(サンケイビズ) 2019.1.15
  http://www.sankeibiz.jp/business/news/190115/prl1901151341103-n1.htm

☆阪神大震災24年 視覚障害者支援へシステム開発
  (産経新聞) - Yahoo!ニュース 1/15
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00000547-san-soci

☆大学受験、障害者への壁なくすには
 共通テスト、合理的配慮の実施に向けて 入試センター審議役に聞く
  朝日新聞デジタル 2019年1月15日
  https://digital.asahi.com/articles/DA3S13849107.html

※内閣府関係……
☆第41回 障害者政策委員会の開催及び一般傍聴者の受付について ←1/25開催予定
  https://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/seisaku_iinkai/41_youkou.html
 >*3.議題
    委員挨拶、委員長選出等、公務部門における障害者雇用について(報告)
  …などが掲載されています
 △これまでの同委員会の資料や議事録などは下記を
   https://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/seisaku_iinkai/index.html


画像は、第6回フォーラム開催案内チラシより
 ☆2019'1/27(日)
 第6回 共に安心して暮らせる 京都デザインフォーラムの開催 まで10日余りになりましたよ!
  日時:2019年1月27日(日)12:50~16:30(開場12:00)
  会場:「故郷の家」雲史ホール 京都市南区東九条南松ノ木町47
      http://www.kokorono.or.jp/kyoto/kyoto_access.html
     ・アクセス:地下鉄 九条駅 徒歩15分、市バス 九条河原町 徒歩10分
     ※駐車場はありませんのでご注意ください。近辺にコインパーキングはあります。
  参加費:500円(資料代)
     ※手話通訳・要約筆記・点字資料の必要な方は1月17日までに下記までお知らせください。
  主催:障害者権利条約の批准と完全実施をめざす京都実行委員会
      (事務局:南区東九条松田町28 メゾングラース京都十条101 日本自立生活センター気付
       TEL: 075-671-8484 FAX: 075-671-8418 E-mail: jcil@cream.plala.or.jp)
     社会福祉法人京都府社会福祉協議会
  後援:京都府・京都市・京都新聞社会福祉事業団・NHK京都放送局
 ↑↑
   ・開催案内チラシURL → http://www.jouyakukyoto-hamon.com/2018/20190127.pdf
    ・同チラシ テキスト版は下記を
      http://www.jouyakukyoto-hamon.com/2018/index.html
     実行委員会HP下段部分にも掲載しております。
      http://www.jouyakukyoto-hamon.com/
 ・皆さまSNSなどでリンク貼り付け拡散していただき広めみんなでご参加ください。 _(._.)_
 ・当日のスタッフ(要員)も募集しております。皆さまご協力・ご支援よろしくお願いします。
 ・なお当日スタッフ集合は現地会場に10時でお願いいたします。
*13日午後から京都市内で開催された
  ”死の自己決定権のゆくえ~終末期医療と尊厳死法案” グローバル・ジャスティス研究会 1月の企画
  約50名参加者にもフォーラムちらし配布されていましたよ。
 

65歳打ち切りは命の問題:13日付しんぶん赤旗日曜版 など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 1月14日(月)11時03分59秒
返信・引用
  みなさん、おはようございます。  事務局のNです。

 *三連休も今日で終わりですね、今週は昼間は割と暖かい感じ予想もですが…

※WEB報道など……
☆65歳打ち切りは命の問題
 障害福祉サービス 月250時間がゼロに
 岡山市に全面勝訴 浅田達雄さん
  しんぶん赤旗日曜版 2019年01月13日号<紙面を画像部分に>
 > 障害者にとっての大問題の一つが、65歳から無償の障害福祉サービスから自己負担
  のある介護保険への移行を迫られることです。岡山市に勝訴した障害者の浅田達雄さん
  (70)の思いをききました。
  …などと伝えています。

☆政府、採用前に「プレ雇用」=国家公務員内定の障害者
  時事ドットコム 政治 2019年01月13日
  https://www.jiji.com/jc/article?k=2019011300235&g=pol
 > 政府は、常勤の国家公務員への採用が内定した障害者を対象に、希望に応じて採用前
  に非常勤職員として勤務できる「プレ雇用」制度を導入する方針を固めた。可能な限り
  採用予定の職場と同じ場所で、職務内容も類似のものとなるようにする。勤務時間は
  必ずしもフルタイムとはせず、本人の希望に配慮する。
   採用後に業務を円滑に始められるようにするのが狙い。昨年発覚した中央省庁の障害
  者雇用水増し問題を受け、政府は法定雇用率(2.5%)を満たすため年内に常勤、
  非常勤合わせて約4000人の採用を目指している。
   昨年12月にプレ雇用制度の概要や留意点を各省庁に通知した。通知では、採用が内
  定した段階で、採用日まで非常勤として勤務を希望するかどうかを確認するとともに、
  プレ雇用を始める際は勤務条件などを十分説明するよう各省庁に求めた。
   各省庁は、内定日から採用までの日数が短いといった場合を除き、内定した障害者か
  ら希望があればプレ雇用を原則として実施。プレ雇用が困難な場合でも、求めに応じて
  職場見学などを行うことも明記した。
   政府は今年2月に全省庁統一の選考試験を初めて実施し、障害者の常勤職員を676
  人採用する予定。これに加えて、各省庁でも個別に選考試験を行い、障害者の採用を進
  めることにしている。
  …などと伝えています。

☆意識戻らず5年の女性…成人式に参加へ 市を動かした友人の熱意
  (西日本新聞) - Yahoo!ニュース 1/13
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00010003-nishinpc-soci

☆音声で説明する証明書端末 豊島区が視覚障害者向けに全国初導入
  (産経新聞) - Yahoo!ニュース 1/14
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00000000-san-l13

画像は、13日付しんぶん赤旗日曜版より
 

レンタル掲示板
/146