teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


NHKEテレハートネット放送案内 など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 3月 5日(火)09時42分10秒
返信・引用 編集済
  みなさん、おはようございます。  事務局のNです。

 *朝から綺麗な青空が広がっています、昼間は暖かくなりそうですよ。

※WEB報道など……
☆NHKEテレ ハートネットTV 放送案内・記事…
*ハートネットTV「家族の時間~東京・ある小児在宅医と、子どもたち~」
  2019年3月5日(火)13:05~13:35
  https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/heart-net/640/
*ハートネットTV 平成がのこした“宿題” 第7回「障害者の地域生活」
  2019年3月5日(火)20:00~20:30
  https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/heart-net/942/
*ハートネットTV「忘れられた病~筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群の現実~」
  2019年3月6日(水)13:05~13:35
  https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/heart-net/818/
*ハートネットTV シリーズ 平成がのこした“宿題” 第8回「災害弱者」
  2019年3月6日(水)20:00~20:30
  https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/heart-net/943/

*アルス・ノヴァ代表・久保田翠さんが考える、重い障害のある人たちの新しい生き方
  NHKハートネット 記事 2019年03月04日
  https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/188/

☆【ABC特集】
 住民の反発で建設計画がストップ 「地域の中で回復したい・・・」共生を模索する薬物依存回復施設
  (ABCテレビ) - Yahoo!ニュース 3/4
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190304-00010000-asahibc-l26
 > 住民の反対運動で建設が半年以上延期
   京都市伏見区向島地区の住宅街。「建設反対」と書かれたチラシが、至る所に貼られています。
  それを複雑な表情で見つめる男性の姿が。
  …などと伝えています。

☆福祉避難所の開設、公表は2割 自治体、一般人殺到を懸念
  (共同通信) - Yahoo!ニュース 3/4
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190304-00000110-kyodonews-soci

☆停電時、酸素療法に影響は 北海道地震受け札幌市調査
  (共同通信) - Yahoo!ニュース 3/5
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190305-00000011-kyodonews-soci

▽重度障害者向け人間ドック開始へ 旭川荘、4月から事業化
  山陽新聞 2019年03月04日
  https://www.sanyonews.jp/article/876729

▽障害児家庭の悩み 経験者がこたえる相談サービス開始へ
  NHKニュース 医療 2019年3月4日<動画>
  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190304/k10011835471000.html?fbclid=IwAR0yMnQwj-K-m0bFP7UbIA_rK9h7u_sRbzZ1Ds5F44KPn0zSgTB7UU1X-Q8

▽医療的ケア児の対応、主治医らとの相談体制構築を 文部科学省が検討会議の最終まとめ公表
  医療介護CBnews 2019年03月04日
  https://www.cbnews.jp/news/entry/20190304174436


画像は、
<<講演会&出版を祝うつどい>>開催案内チラシより
  矢吹文敏:著 『車いす視点から社会を斬るー下から目線』の出版を記念する
 *講演会:3月31日(日)14:30~17:00 場所:京都テルサ中会議室(参加自由、無料)
 *出版を祝うつどい:講演会終了後17:30~京都テルサレストラン「朱雀」(要申込制)
……詳細はチラシをお読みください_(._.)_
 
 

強制不妊の救済法案骨子を公表、来月国会提出へ「一時金300万円以上」で調整:3/4付読売新聞など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 3月 4日(月)17時40分52秒
返信・引用 編集済
  みなさん、こんにちは。  事務局のNです。

 *朝からの雨もあがり陽が射し始めてきていますね…明日はええお天気になるとか…
  今日は紙版新聞が月1回の休刊日なので、こういうときはWeb報道で。

※実行委員会事務局より……
☆権利擁護部会
  ・日時:3月5日(火)18時~
  ・場所:日本自立生活センター事務所
    (京都市南区東九条松田町28 メゾングラース京都十条101)

※WEB報道など……
☆強制不妊の救済法案骨子を公表、来月国会提出へ「一時金300万円以上」で調整
   yomiDr. - ヨミドクター(読売新聞) 2019年3月4日
  https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190304-OYTET50004/
 > 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らに不妊手術が行われた問題で、
  与党ワーキングチーム(WT)と超党派議員連盟のプロジェクトチーム(PT)は
  1日、それぞれ会合を開き、一時金の支給を柱とする救済法案の骨子を公表した。
  一本化した上で4月に国会に法案を提出し、早期成立を目指す。
   骨子によると、旧優生保護法が議員立法だった経緯などを踏まえ、法案前文に
  「我々は、それぞれの立場において、 真摯しんし に反省し、心から深くおわびする」
  と盛り込んだ。被害者への一時金の額は300万円以上とする方向で調整している。
  差別的な政策を繰り返さないよう、不妊手術が強制された実態や当時の社会風潮に関
  する「調査」を実施する。速やかに救済を行うため、施行は公布日とした。一時金の
  財源は予備費などを充てる方向で検討している。
  …などと伝えています。
  ・旧優生保護法の不妊手術か…新たに94人分資料発見、最大で計4730人分に
    yomiDr. - ヨミドクター(読売新聞) 2019年3月4日
    https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190304-OYTET50005/
 *<旧優生保護法>強制不妊被害者の一時金支給幅広く 与野党、救済法案の概要決定
   河北新報 2019年03月02日
   https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201903/20190302_73054.html
  ・<旧優生保護法>救済法案概要決まる「声上げ続けてよかった」仙台訴訟の原告
    河北新報 2019年03月02日
    https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201903/20190302_13027.html
 △旧優生保護法下における強制不妊手術に関するJDFフォーラム ←3/5開催予定
   http://www.normanet.ne.jp/~jdf/seminar/20190305/index.html
  >*日時 2019年3月5日(火)12:00~14:30(受付11:30~)
    場所 参議院議員会館 講堂(東京都千代田区永田町2-1-1)
    参加費 無料 (点字資料、手話通訳、要約筆記、ヒアリングループあり)
    主催 日本障害フォーラム(JDF)
 △優生保護法被害弁護団
   http://yuseibengo.wpblog.jp/
 △優生手術に対する謝罪を求める会 FBページ
   https://m.facebook.com/motomerukai2017/
 △優生手術被害者とともに歩む宮城の会 FBページ
   https://www.facebook.com/tomoniayumumiyagi/

☆新型出生前検査を拡大、産婦人科医1人の診療所も実施可に
   yomiDr. - ヨミドクター(読売新聞) 2019年3月4日
  https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190304-OYTET50011/?catname=news-kaisetsu_news
 > 胎児に染色体の病気があるかどうかを妊婦の血液から推定する新型出生前検査
  (NIPT)について、日本産科婦人科学会(日産婦)は2日の理事会で、実施を
  認める医療機関を拡大すると決めた。現行の指針を改定して認定条件を緩和し、産
  婦人科医1人の診療所も含め広く実施できるようにする。関連学会などからの意見
  を集め、早ければ6月にも適用される見込みだ。
   新型検査はダウン症など3種類の病気を調べる。認定されているのは2018年
  7月現在で36都道府県の92病院。検査が始まった13年4月から5年半で少なく
  とも約6万5000人が受けた。このうち病気がわかった約890人の9割が人工
  妊娠中絶した。
   重い選択に関わる検査のため、実施前後に専門家のカウンセリングが必要とされ
  てきた。現行指針は、臨床遺伝専門医の資格を持つ産婦人科か小児科の常勤医の在
  籍などを条件とし、認定を大病院に絞っていた。
   新指針では、すでに認定した病院を「基幹施設」と位置づけ、カウンセリングの
  専門家がいない医療機関も「連携施設」として認定する。連携施設には、研修を受
  けた産婦人科医が1人いればよく、陽性だった場合は基幹施設に紹介する。
   新型検査を巡っては、出産や遺伝の専門でない認定外の医療機関が増えトラブル
  が起きている。ただ、対策として認定施設を増やすことには遺伝の専門家から
  「カウンセリングが形骸化し、十分考えず、障害のある子を否定する風潮につなが
  るのでは」と批判もある。
  …などと伝えています。

☆「安楽死」語った植松被告 障害ある子もつ記者の肉薄
  (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース 3/2
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00000048-asahi-soci
 > 重度の自閉症の長男を持つテレビ局の記者が、相模原障害者施設殺傷事件の植松聖被告と
  面会を重ねたドキュメンタリー番組「SCRATCH 差別と平成」が、4日午前1時から
  TBSラジオなどで放送される。19人が犠牲となった事件を通じて、「差別とは」「障害
  とは」を問いかける内容になっている。
  …などと伝えています。
 *ドキュメンタリー番組「SCRATCH差別と平成」
   TBSラジオ 2019.2.25
   https://www.tbsradio.jp/344850
  >・3月4日(月)深夜1:00 ~ 深夜2:00放送(※暦日4日の午前1時です)
   ・2019年、「平成」が終わろうとしている。インターネットは急速に普及し、
    一方で格差が拡大した。社会の一体感は色あせて、人のうちに潜む憎悪が、
    はっきりと目に見えるようになってきた。
   …などと伝えています。
 ・【独自】「やまゆり園」事件肯定する差別的手紙 障害者施設運営法人に
   (フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース 3/4
   https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190304-00413320-fnn-soci

▽障害ある人も、ない人も暮らしやすく...「差別解消」施策強化へ
  (福島民友新聞) - Yahoo!ニュース 3/3
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190303-00010000-minyu-l07

▽タンデム自転車の公道走行の謎、23府県が「解禁」 風を受け障害者も
  (京都新聞) - Yahoo!ニュース 3/3
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190303-00010000-kyt-soci

▽障害者の兄、隠し続けた葛藤 一緒に歩いた披露宴で出した答え 「私、幸せ者ですね」
  (withnews) - Yahoo!ニュース 3/4
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000001-withnews-soci&p=1

▽「農福連携」クラフトビール完成
  NHK京都府のニュース 03月01日<動画>
  https://www3.nhk.or.jp/lnews/kyoto/20190301/2010003042.html


画像
 上:3/2付 河北新報より
 下:3/4付 読売新聞より
 

新型出生前検査 小規模医療機関でも実施へ 条件緩和の方針:2日付 NHKニュース など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 3月 3日(日)06時48分24秒
返信・引用 編集済
  みなさん、おはようございます。  事務局のNです。

 *今日は「ひな祭り」ですね、朝からどんより空模様で肌寒く夕方には傘マーク表示も。

※WEB報道など……
☆新型出生前検査 小規模医療機関でも実施へ 条件緩和の方針
  NHKニュース 2019年3月2日 20時32分<動画>
  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190302/k10011834131000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_026
 > 生まれる前の赤ちゃんに染色体の異常がないかを調べる新型出生前検査について、
  日本産科婦人科学会は、現在検査を行っている規模の大きな病院だけでなく、小規模
  な医療機関でも行うことができるように条件を緩和して、検査を行う施設を増やす方
  針をまとめました。
   新型出生前検査は、妊婦の血液を分析して胎児にダウン症などの3つの染色体異常
  があるか判定する検査で、日本産科婦人科学会は検査を行う医療機関の条件を定め認
  可を受けた施設で行うよう求めています。
   これまでの条件は、▽産婦人科と小児科の両方の医師が常勤していること、▽検査
  の前とあとに心理的なサポートも含めた専門的なカウンセリングを行うこと、などと
  し、大学病院などの規模の大きな全国の92の病院が認可を受けて実施しています。
   しかし、罰則がなく認可を受けずに検査を行う医療機関があることから、学会は、
  一定の条件を満たせば連携施設という名称でクリニックなどの小規模な医療機関でも
  検査が行えるよう条件を緩和し、認可施設を増やす方針をまとめました。
   連携施設の条件として、
   ▽産婦人科の医師がいれば小児科の医師の常勤は必要なく、▽検査の前後のカウン
  セリングは検査の説明や情報提供でその代わりにすることができる、ということです。
   そして連携施設の検査で「異常の可能性がある」という結果がでた場合には、規模
  の大きな病院に紹介して専門的なカウンセリングを行うとしています。
   学会は今後、関連するほかの学会や国民から意見を募り、最終的に決定したいとし
  ています。
   この検査で異常が見つかると人工妊娠中絶を選択するケースが多いことなどから、
  一部の生命倫理の専門家は、適切に判断するためには検査前の段階から十分なカウン
  セリングが必要だとして今回の方針に反対しています。
   日本産科婦人科学会の苛原稔倫理委員長は「連携施設でも原則として専門的な知識
  を持った医師が検査を行うことになり、カウンセリングも高いレベルのものを求めて
  いく。妊婦に寄り添う形で適切に進めていきたい」としています。
   「染色体異常」で98%が中絶選ぶ
   新型出生前検査は、妊婦の血液を分析して、おなかの中の胎児に、ダウン症のほか
  18トリソミー13トリソミーと呼ばれる合わせて3つのタイプの染色体の異常があるか
  検査します。
   日本産科婦人科学会は必要な条件を定めて、これを満たした施設が認可され、国内
  では平成25年から始まりました。
   晩婚化で高齢での出産が増えていることなどを背景に検査の件数は年間1万件以上
  あり、去年9月までに認可施設で行った検査は累積で6万件以上に上っています。
   この検査などで染色体の異常があると確定診断がされた場合で、出産が可能だった
  人のうち、およそ98%が人工妊娠中絶を選んだことが、検査を実施する医療機関のグ
  ループの調査で分かっています。
   そのため検査を受ける前とあとに、検査の説明だけでなく、本当に検査が必要か考
  えたり心理的な影響を踏まえたりした専門的なカウンセリングを行い、適切に支援す
  ることが大切だとされてきました。
   しかし法律上の罰則がないため、認可を受けないまま検査を行う施設が少なくとも
  15以上あるとされ、学会は、こうした施設の中には十分なカウンセリングが行われな
  いケースがあるなどの問題を指摘しています。
  …などと伝えています。
  ・「重い障害ある娘との暮らしにも幸せ感じている」
    NHKニュース 2019年3月2日 20時34分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190302/k10011834211000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_025
   > 新型出生前検査を小規模な医療機関でも行うことができるように条件を緩和する
    方針には懸念の声が上がっています。
     「18トリソミー」と呼ばれる染色体の異常がある子どもの家族で作る団体の代表
    の岸本太一さん(34)は長女の心咲さん(7)が「18トリソミー」と診断されてい
    ます。
     生まれる前の検査で分かり、その際、医師からは「1年も生きられないかもしれ
    ない」と告げられました。
     おなかの中で成長していることを実感する中で、夫婦で何度も話し合い、長く生
    きられるためにできるかぎりのことをしようと決めたといいます。
     心咲さんは生後まもなく心臓の手術を受けたほか、視力や聴力が弱く、立ち上が
    るときは補助器具が必要です。
     心咲さんが1歳になるころ、岸本さんは心咲さんをお風呂に入れると表情が和ら
    ぎ、体も動かそうとすることに気付きました。
     水が好きなのではないかとプールに連れて行くと、心咲さんは体を動かして楽し
    そうに遊んだといいます。
     今では水に潜ったり、息継ぎの練習をしたり、いつもよりも明るい表情を見せる
    ようになったということです。
     海外旅行にも行けるようになり、岸本さんは毎日の生活の中で心咲さんの成長を
    感じているといいます。
     岸本さんの団体は「18トリソミー」の子どもたちの写真の展示会を開いていて、
    ふだんの生活の様子を伝える活動を行っています。
     岸本さんは「重い障害は大変なこともありますが、生まれる前には想像できてい
    なかった幸せを娘と一緒に暮らしながら感じていることを、もっと多くの人たちに
    伝えたいです」と話しています。
     そして岸本さんは、検査を行う施設が増えることが予想されることについて「検
    査を行って、その結果をただ伝えるだけのものにならないか心配しています。すべ
    ての施設でしっかりと赤ちゃんの命と向き合って、家族に正しい情報を伝えられる
    ような態勢を整えてほしい」と話していました。
     専門家「生まれくる子の人権は」容認できず
     生命倫理の問題に詳しい北里大学医学部の齋藤有紀子准教授は「妊婦の人権を守
    るという意味では不十分なところが多く、容認するのは難しい」と見解を述べまし
    た。
     その理由について「専門の資格を持った医師やカウンセラーに不安とか悩みをじ
    っくり聞いてもらえることは、妊婦が難しい意思決定をするときの大きな助けにな
    る。それを検査の説明などでよいという内容にしてしまったのは、これまでの仕組
    みから大きく後退したと言わざるをえない」と指摘しました。
     さらに「この検査は妊婦の人生の意思決定に関わると同時に、生まれてくる子ど
    もや障害者の人権とも深く関わっている。カウンセリングの位置づけを変更したこ
    とは、生まれてくる命のことを十分に考えることから遠ざかってしまう。最も妊婦
    さんに近い医療を担っている学会が、妊婦の意思決定を支える部分を緩めてしまっ
    ている」と話していました。
    …など伝えています。
 *新型出生前診断を開業医も 産婦人科の学会が指針案
   (テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース 3/3 6:22<動画>
   https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190303-00000003-ann-soci
 *「新型出生前診断」の要件緩和へ、日本産科婦人科学会が了承
   (TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース 3/3 5:09<動画>
   https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190303-00000007-jnn-soci
 *新出生前診断、日産婦が条件緩和決定 施設倍増の見方も
   (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース 3/2 18:47
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00000065-asahi-soci
 *新型出生前診断を拡大 「命の選別」への懸念も
   (産経新聞) - Yahoo!ニュース 3/2 19:14
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00000533-san-soci
  ・求められる正確な情報提供 新型出生前診断拡大で
    (産経新聞) - Yahoo!ニュース 3/2 19:41
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00000536-san-soci
 *新型出生前診断、産科医単独でも 日産婦、施設要件を大幅に緩和
  (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 3/2 20:11
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00000057-mai-soci
 *開業医も新型出生前診断=日産婦が要件大幅緩和、施設拡大へ-「命の選別」批判も
   (時事通信) - Yahoo!ニュース 3/2 16:36
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00000070-jij-soci
 *相談窓口、整備を=日本ダウン症協会
   (時事通信) - Yahoo!ニュース 3/2 17:29
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00000079-jij-soci
  > 新型出生前診断の指針改定の動きを受け、日本ダウン症協会が出したコメントの
   主な内容は次の通り。
    検査の進化や実施について否定はせず、検査を受ける、受けないに関する妊婦や
   カップルの個別の判断に対して、是非の表明は行いません。ダウン症のある方や家
   族が生きづらさを感じるとしたら、「障害」によるのではなく「社会的障壁」によ
   るものだと思います。検査の運用が社会的障壁を強化しないよう望みます。検査機
   関でもなく日本ダウン症協会でもない、第三者的な相談窓口の整備が絶対的に必要
   だと考えます。
   …などと伝えています。
  ・NIPT指針改定をめぐる動きについて
    公益財団法人 日本ダウン症協会 2019年3月1日
    http://www.jdss.or.jp/project/05_07.html

画像は、3・17開催予定の
  生まれようとしている命を選別しないでパートⅢ
  診出生前断とゲノム編集―命のはじまりへの介入反対―
   ・日 時:2019年3月17日(日) 12:30受付開始  13:00~16:30
    場 所:京都市北いきいき市民活動センター 集会室 (駐車場無し)
  …の開催案内チラシより
 

厚労省の調査、ずさんさ裏付け 旧優生保護法下の強制不妊手術:2日付京都新聞 など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 3月 2日(土)17時06分0秒
返信・引用
  みなさん、こんにちは。  事務局のNです。

※WEB報道など……
☆厚労省の調査、ずさんさ裏付け 旧優生保護法下の強制不妊手術
  京都新聞 2019年03月02日
  https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20190302000086
 > 旧優生保護法に基づく強制不妊手術の申請書が見つかった知的障害児施設「滋賀
  県立近江学園」(湖南市)は、厚生労働省が実施した昨年の全国調査では記録を発
  見できなかった。同調査は回答率の低さが問題となっていたが、「ない」と答えた
  施設にも重要な資料が埋もれていたことになり、ずさんさを裏付けた形だ。同省は
  「再調査の予定はない」としており、実態解明には消極的だ。
   厚労省は昨年7~9月、都道府県と政令指定都市、中核市を対象に、医療機関と
  福祉施設が保有する手術記録や申請書を探すよう要請した。選択肢は「ある」
  「ある可能性がある」「ない又(また)はない可能性が高い」の3種類だが、
  「診療記録の洗い出しは求めない」「回答は任意」と通知し、厳格さを欠いた。
   その結果、施設の回答率は京都府4%、滋賀県58%と低く、回答した施設でも
  「ない又はない可能性が高い」は京滋とも9割超を占めた。全国の総計でも同様の
  結果で、「ある」と答えたのは176施設で全対象の0・1%だった。
   近江学園は厚労省調査の際、旧優生保護法に関係する資料をまとめたファイルが
  見つからず、元職員数人が「学園の手術申請はなかった」と話したことを理由に
  「記録なし」と回答した。今回情報公開請求を受け、過去の入所者も含めた
  約1400人分の児童記録や医務日誌を初めて調べたところ、当時10代の少女の
  ファイルに優生手術申請書や健康診断書を見つけた。
   同学園は「資料が膨大で業務も多忙な中、国の調査は『ない可能性が高い』と緩
  めの回答で良かったが、公開請求は『ない』と断定する必要があり、徹底して調べた。
  結果として前回の調査は甘かった」としている。
   滋賀県は「救済対象になり得る貴重な資料。今後、記録が新たに見つかる可能性が
  あると分かった」とする一方、「調査手法は国の依頼通りで問題ない。権限がなく強
  制的に探してもらうことはできず、マンパワーの問題もある。県独自に再調査をする
  かは未定だ」とした。
   そもそも厚労省が調査を実施したのは、強制不妊被害者の救済法案を検討する与党
  ワーキングチーム(WT)と超党派議員連盟から要請を受けたためだ。記録の洗い出
  しを求めず、任意にしたのも「現場の事務負担に配慮するよう、(議員側に)求めら
  れたから」と同省担当者は説明する。国会議員の意向をくんだといい、同省の主体性
  の低さが際立つ。
   被害者の支援団体「優生手術に対する謝罪を求める会」は昨年12月、救済法案の
  基本方針を受けて「調査は不十分な可能性がある。国は予算を付けてでも調査の継続
  を促すべきだ」と要望している。
  …などと伝えています。
  ・「障害者福祉の父」施設で強制不妊関与か 10代少女の手術申請
    京都新聞 2019年03月02日
    https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20190302000026
   > 優生保護法(1948~96年)による強制不妊手術の問題で、障害者福祉の父と
    呼ばれる糸賀一雄が創設した知的障害児施設「滋賀県立近江学園」(湖南市、当時は
    大津市)の医師が52年に、10代少女1人の手術を県の審査会に申請していたこと
    が、1日までに分かった。京都新聞の情報公開請求を受け、学園内で申請書などの
    文書7枚が見つかった。福祉施設側が障害者らの断種に関与した可能性を示す新たな
    資料だ。
     県は「医師個人でなく、近江学園として手術を申請した可能性が高い」としている。
    52年当時、糸賀は園長を務めていた。
     国の統計では滋賀県内で54~75年に少なくとも282人が手術を強いられたが、
    52年の記録は存在しない。県は同法関連の公文書の大半を廃棄済みで照合できる資
    料はなく、手術が実際に行われたかは分からないという。
     発見された申請書や健康診断書などによると、申請者は学園の男性園医。52年
    1月27日に少女を「遺伝性精神薄弱(白痴)」(知的障害の当時の呼称)と診断し、
    本人や保護者の同意が要らない同法4条による手術の適否を県優生保護審査会に申請
    していた。手術場所として県内の特定の病院を指定して希望し、少女の戸籍謄本を審
    査会に提出したという記述があった。
     学園によると当時、少女は約2年前に退園して県内の民間障害者施設に入所してい
    た。家庭内や学園、施設の生活状況、遺伝関係を記した身上調査書には、同月11日
    付で「相違ないことを証明します」とする施設長の署名があった。
     文書に医師や施設長の印影はなく、学園は「申請後の控えでは」とみている。精神
    状態や発病後の状況などの項目もあるが、開示された文書の大半は県の判断で黒塗り
    となり、内容は分からない。
     手術を申請した医師は故岡崎英彦氏。西日本初の重症心身障害児施設「びわこ学園」
    の初代園長で、障害者福祉に貢献した人物として知られる。
     厚生労働省が昨年、福祉施設などに手術申請書など個人記録の有無を尋ねた全国調
    査では、学園は「ない又(また)はない可能性が高い」と回答していた。今年1月に
    情報公開請求を受け、改めて学園内を調べて今回の記録を見つけた。開示は2月
    25日。
     近江学園は「非常に驚いている。まさか園の医師が手術を申請していたとは思わな
    かった」としている。
     【おことわり】当時の公文書には現在使われていない不適切な疾患名や表現があり
    ますが、記録性を重視し、かぎかっこに入れて表記しました。
    …などと伝えています。
 *個人名特定、実数5400人=不妊手術関連の記録で-厚労省
  (時事通信) - Yahoo!ニュース 3/1 19:29
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00000126-jij-soci
  > 厚生労働省は1日、都道府県などに保管されていた旧優生保護法下で不妊手術を
   受けた人らに関する記録を調べた結果、個人名を特定できたのは、重複分を除いた
   実人数で5400人分だったと公表した。
    厚労省は昨年4月、都道府県と保健所設置市、東京23区に対し、関連資料の保管
   状況のほか、手術の申請や実施の件数などの調査を依頼。同9月に結果を公表した。
   今回は、その後の訂正報告も反映させ、個人名が特定できる人の実数を調べた。
   …などと伝えています。
 △旧優生保護法に基づく優生手術に関する個人記録の名簿の整理結果
   厚労省子ども家庭局母子保健課 平成31年3月01日
   https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_03789.html
  > 旧優生保護法に関して、「与党旧優生保護法に関するワーキングチーム」からの
   要請に基づいて行った、旧優生保護法に基づく優生手術に関する個人記録の名簿の
   整理結果を公表いたします。
    なお、名簿の整理は、平成30年9月6日に公表した「都道府県等における旧優生
   保護法関係資料等の保管状況調査結果」における個人が特定できる各種記録につい
   て、各都道府県等に改めて個人単位で整理していただいたものです。
   ・調査結果概要
     https://www.mhlw.go.jp/content/11925000/000484571.pdf
   ・都道府県、保健所設置市、特別区別の名簿の整理結果
     https://www.mhlw.go.jp/content/11925000/000484430.pdf
   …などが掲載されています。

 △旧優生保護法下における強制不妊手術に関するJDFフォーラム ←3/5開催予定
    http://www.normanet.ne.jp/~jdf/seminar/20190305/index.html
   >*日時 2019年3月5日(火)12:00~14:30(受付11:30~)
     場所 参議院議員会館 講堂(東京都千代田区永田町2-1-1)
     参加費 無料 (点字資料、手話通訳、要約筆記、ヒアリングループあり)
     主催 日本障害フォーラム(JDF)
 △優生保護法被害弁護団
   http://yuseibengo.wpblog.jp/
 △優生手術に対する謝罪を求める会 FBページ
   https://m.facebook.com/motomerukai2017/
 △優生手術被害者とともに歩む宮城の会 FBページ
   https://www.facebook.com/tomoniayumumiyagi/


画像は、2日付け京都新聞より
 

「障害者福祉の父」施設で強制不妊関与か 10代少女の手術申請:2日付京都新聞 など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 3月 2日(土)10時34分59秒
返信・引用 編集済
  みなさん、おはようございます。  事務局のNです。

 *今日は綺麗な青空が広がっています最高気温予想も15℃表示です…

※実行委員会事務局より……
☆実行委員会定例会(全体会)
  ・日時:4月23日(火)13時30分~16時30分予定
  ・場所:京都市多文化交流ネットワークセンター 大ホール

  …皆さま年度替わりでお忙しい時期だと思いますが今からご予定に入れて戴きぜひご参加を!

※WEB報道など……
☆「障害者福祉の父」施設で強制不妊関与か 10代少女の手術申請
  京都新聞 2019年03月02日
  https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20190302000026
 > 優生保護法(1948~96年)による強制不妊手術の問題で、障害者福祉の父と
  呼ばれる糸賀一雄が創設した知的障害児施設「滋賀県立近江学園」(湖南市、当時は
  大津市)の医師が52年に、10代少女1人の手術を県の審査会に申請していたこと
  が、1日までに分かった。京都新聞の情報公開請求を受け、学園内で申請書などの
  文書7枚が見つかった。福祉施設側が障害者らの断種に関与した可能性を示す新たな
  資料だ。
  …などと伝えています。

☆障害者の傷、介助者の痛み 渡邉琢著 勝ちとった「対等」の影の現実
  2019/3/2付 日本経済新聞 朝刊
  https://www.nikkei.com/article/DGXKZO41919420R00C19A3MY7000/

☆障がい者の「わがまま」許せますか?「こんな夜更けにバナナかよ」の問い 監督が求めなかった「感動」
  (withnews) - Yahoo!ニュース 3/2
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00000001-withnews-ent

☆【特集】病室で死亡…異変はなぜ見逃された?容体急変に気付いたのは2時間半後
  (MBSニュース) - Yahoo!ニュース 3/1
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-10000001-mbsnews-l27

☆県内 B型事業所、7年で2.4倍 119カ所 障害者就労受け皿に
  佐賀新聞ニュース 3月2日
  https://www.saga-s.co.jp/articles/-/344226

☆震災で障害あるわが子を守る 高槻支援学校PTA
  (産経新聞) - Yahoo!ニュース 2/28
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000614-san-soci
 *障害者避難支援を確認 市民ら訓練や意見交換
   宮崎日日新聞 2019年3月2日
   http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_37342.html

☆全盲の女子高生、東大合格 夢は「国際機関で働くこと」
  (産経新聞) - Yahoo!ニュース 3/1
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00000021-san-l30

▽農福連携、障害者が担うクラフトビール完成 「東京五輪・パラでも提供を」 京都
  (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 3/1
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00000076-mai-soci

▽スマホチャットから119番 京都市消防局が聴覚・言語障害者向け運用
  (産経新聞) - Yahoo!ニュース 3/2
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00000017-san-l26


画像は、2/26日撮影 早咲きの河津桜咲き始めてきていますよ。(伏見区淀水路)パート3
 

旧優生保護法のもとの不妊手術 海外例参考に補償額調整へ:3/1付NHKニュース など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 3月 1日(金)16時38分3秒
返信・引用 編集済
   みなさん、こんにちは。  事務局のNです。

 *なんか陽射しが弱くて肌寒い感じも…

※WEB報道など……
☆旧優生保護法のもとの不妊手術 海外例参考に補償額調整へ
  NHKニュース 政治 2019年3月1日 15時08分<動画>
  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190301/k10011832931000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_001
 > 旧優生保護法のもとで強制的に不妊手術が行われていた問題で、与党の作業チームと
  超党派の議員連盟はそれぞれ会合を開き、手術を受けた人に支払う一時金の額について、
  海外の補償例も参考に、調整を進めることを確認しました。
   平成8年まで施行された旧優生保護法をめぐって、与野党は、本人が同意したケースも
  含め、不妊手術を受けたおよそ2万5000人を対象に、専門家で構成される認定機関で手術
  を受けたことが認められれば、一律の額の一時金を支給することなどを盛り込んだ法案を、
  議員立法の形式で今の国会に提出する方針です。
   1日、与党の作業チームと超党派の議員連盟がそれぞれ会合を開き、法案を来月にも
  提出する方針を申し合わせました。
   そして、一時金の額については、スウェーデン政府が、20年余り前に制定された同様
  のケースを救済する法律に基づき、今の日本円に換算して300万円余りを補償した例を参
  考に調整を進めることを確認しました。
   ただ、与野党からは、スウェーデンの例よりも上積みしなければ納得は得られないと
  いう指摘も出ていていて、上積みも含め検討を行うことにしています。
   手術に関する記録 5400人分
   旧優生保護法のもとでは本人が同意したケースも含めておよそ2万5000人が障害など
  を理由に不妊手術を受けたとされています。
   厚生労働省が全国の自治体を対象に記録の保管状況を調べた結果、手術に関する記録
  が35の都道府県で合わせて5400人分残されていたことが今回新たにわかりました。
   厚生労働省によりますと、手術を受けたことが確認できる記録が3079人分、手術の必
  要性が認められた記録が2105人分、手術の申請を行った記録が216人分、それぞれ残され
  ていたということです。
   現在、与党の作業チームと超党派の議員連盟が検討している救済法案では、何らかの
  記録が残っているこの5400人については一時金の支給を申請した場合、速やかに受け取
  れる仕組みになる見通しです。
   一方、記録が残っていない人については厚生労働省に設けられた専門家などで作る審
  査会が家族の証言や医師の診断などをもとに、手術を受けたことを認定するということ
  です。
   しかし、一時金の受け取りには本人の申請が必要とされていて、自治体や福祉施設な
  どを通じて広く周知するとしていますが、障害が重くみずからの意思を表せない人をど
  こまで救済につなげられるかが課題となっています。
  …などと伝えています。
 ・旧優生保護法での不妊手術強制、救済法案の概要が示される
   (TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース 3/1 15:40<動画>
   https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190301-00000074-jnn-soci
 ・旧優生保護法の救済法案骨子案 議連が了承
   (日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース 3/1 15:35<動画>
   https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190301-00000093-nnn-soci
 ・強制不妊救済、4月に法案提出 一時金「300万円超」で調整
   (産経新聞) - Yahoo!ニュース 3/1 14:31
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00000563-san-pol
 ・4月成立目指す=強制不妊救済法案-与野党
   (時事通信) - Yahoo!ニュース 3/1 16:03
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00000073-jij-pol
 ・強制不妊救済法案、与野党提出へ 幅広く一時金、4月成立目指す
   (共同通信) - Yahoo!ニュース 3/1 12:58
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00000084-kyodonews-pol
 ・旧優生保護法・救済法案 「我々は…深くおわび」条文固まる 一時金は調整
   (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 3/1 19:18
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00000059-mai-pol
  > 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を受けた障害者らへの救済法案の条文を、
   与野党が1日、大筋でまとめた。前文では主語を「我々」として「心から深くおわびする」
   「このような事態を二度と繰り返さない」など謝罪や反省を明記する。幅広く救済するため、
   治療目的が明らかな手術などの除外要件を挙げ、それ以外の手術を受けた人はすべて一時金
   支給の対象とする考えを示した。
    与党ワーキングチーム(WT)と超党派議連がそれぞれ会合を開いてまとめた。4月初旬にも
   今国会に法案を提出し、同月中の成立・施行を目指す。
    法案の前文は、被害者側から主語を「国」とすべきだとの声が出ているが、条文案は「我々」
   とした上で「それぞれの立場において」との言葉を加えた。与党WTの田村憲久座長は「『我々』
   の意味する範囲は広いが、特に立場上重い責任があった国会や政府を意識した」と説明した。
    救済するのは同法に基づく手術だけでなく、規定の手続きを経ずに生殖機能をなくす手術を
   受けた人も含める。手術が「母体の保護」や「疾病の治療」のみの理由だったのが明らかな場合
   以外は給付対象になる。
    国が「優生手術などに関する調査」を実施することも明記した。実施主体や調査時期などは
   今後検討する。
    一方、一時金の額は空欄のまま。同様の被害者救済で約300万円を支給したスウェーデンの例
   などを参考にするが、与野党から積み上げを求める声もあり、調整を続ける。
    また、厚生労働省は同日、手術を受けた人のうち自治体の記録で個人名が特定できるのは、
   昨年9月に発表した3033人から、精査の結果3079人に増えたと報告した。手術の申請が確認
   された人なども合わせると、個人の名前が特定できたのは約5400人になる。
    ◇救済法案の前文
    1948年制定の旧優生保護法に基づき、あるいは同法の存在を背景として、多くの方々が、
   特定の疾病や障害を有すること等を理由に、96年に優生手術に関する規定を削除する改正が
   施行されるまでの間において生殖を不能にする手術または放射線の照射を受けることを強い
   られ、心身に多大な苦痛を受けてきた。
    このことに対して、我々は、それぞれの立場において、真摯(しんし)に反省し、心から
   深くおわびする。
    今後、これらの方々の名誉と尊厳が重んぜられるとともに、このような事態を二度と繰り
   返すことのないよう、全ての国民が疾病や障害の有無によって分け隔てられることなく相互
   に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現に向けて、努力を尽くす決意を新たに
   するものである。
    ここに、国がこの問題に誠実に対応していく立場にあることを深く自覚し、この法律を
   制定する。
   …などと伝えています。
   *旧優生保護法を問う:「幅広い救済」を担保 与野党、法案条文固める
     毎日新聞 2019年3月2日 東京朝刊
     https://mainichi.jp/articles/20190302/ddm/012/040/039000c

☆個人名特定、実数5400人=不妊手術関連の記録で-厚労省
  (時事通信) - Yahoo!ニュース 3/1 19:29
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00000126-jij-soci
 > 厚生労働省は1日、都道府県などに保管されていた旧優生保護法下で不妊手術を受けた人らに
  関する記録を調べた結果、個人名を特定できたのは、重複分を除いた実人数で5400人分だった
  と公表した。
   厚労省は昨年4月、都道府県と保健所設置市、東京23区に対し、関連資料の保管状況のほか、
  手術の申請や実施の件数などの調査を依頼。同9月に結果を公表した。今回は、その後の訂正報告
  も反映させ、個人名が特定できる人の実数を調べた。
  …などと伝えています。
 △旧優生保護法に基づく優生手術に関する個人記録の名簿の整理結果
   厚労省子ども家庭局母子保健課 平成31年3月01日
   https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_03789.html
  > 旧優生保護法に関して、「与党旧優生保護法に関するワーキングチーム」からの
   要請に基づいて行った、旧優生保護法に基づく優生手術に関する個人記録の名簿の
   整理結果を公表いたします。
    なお、名簿の整理は、平成30年9月6日に公表した「都道府県等における旧優生
   保護法関係資料等の保管状況調査結果」における個人が特定できる各種記録につい
   て、各都道府県等に改めて個人単位で整理していただいたものです。
   ・調査結果概要
     https://www.mhlw.go.jp/content/11925000/000484571.pdf
   ・都道府県、保健所設置市、特別区別の名簿の整理結果
     https://www.mhlw.go.jp/content/11925000/000484430.pdf
   …などが掲載されています。

 △旧優生保護法下における強制不妊手術に関するJDFフォーラム ←3/5開催予定
   http://www.normanet.ne.jp/~jdf/seminar/20190305/index.html
  >*日時 2019年3月5日(火)12:00~14:30(受付11:30~)
    場所 参議院議員会館 講堂(東京都千代田区永田町2-1-1)
    参加費 無料 (点字資料、手話通訳、要約筆記、ヒアリングループあり)
    主催 日本障害フォーラム(JDF)
 △優生保護法被害弁護団
   http://yuseibengo.wpblog.jp/
 △優生手術に対する謝罪を求める会 FBページ
   https://m.facebook.com/motomerukai2017/
 △優生手術被害者とともに歩む宮城の会 FBページ
   https://www.facebook.com/tomoniayumumiyagi/


画像は、2/26日撮影 早咲きの河津桜咲き始めてきていますよ。(伏見区淀水路)パート2
 

国との基本合意から来年で10年  障害者自立支援法違憲訴訟:3/1付しんぶん赤旗 など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 3月 1日(金)08時34分22秒
返信・引用
  みなさん、おはようございます。  事務局のNです。

 *今日はええお天気予想ですが…今日から弥生三月ですね。

※WEB報道など……
☆国との基本合意から来年で10年  障害者自立支援法違憲訴訟 定期協議の継続が力に
  3/1付 しんぶん赤旗 (紙面を画像部分に)
 > 生きるために必要な支援を「益」として原則一割の「応益負担」を導入した障害者
  自立支援法は、人間として当たり前に生きる権利を侵害し、憲法違反だー。全国の
  障害者が国を相手取り訴えた裁判で、訴訟団と国が「基本合意」を結び和解してから
  例年で10年の節目を前に、訴訟団と国との定期協議の継続が力になっています。
  …などと伝えています。

☆【とまり木どこに】学校編(1) 支援学校の医ケア児、親の負担なお
  西日本新聞 2019/02/28
  https://www.nishinippon.co.jp/feature/life_topics/article/490455/
 > 雨上がりの薄日が、窓から差し込む。2月半ば、福岡市立のある特別支援学校。
  1階の教室で横たわり、「昼食」の注入を受けていたのは小学部5年のA君(11)。
  女性の看護師が慣れた手つきで、半固形の栄養剤を、胃ろうからゆっくり押し込んで
  いく。A君の表情が満足そうに和らいだ。
  …などと伝えています。
 △文科省:学校における医療的ケアの実施に関する検討会議(最終まとめ)
   初等中等教育局特別支援教育課支援第一係 平成31年02月28日
   http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/material/1413967.htm
    *学校における医療的ケアの実施に関する検討会議(概要)
    *学校における医療的ケアの実施に関する検討会議(最終まとめ)
  …などが掲載されています。

▽西鉄福岡駅でホームドア実証実験
  NHK福岡のニュース 02月28日<動画>
  https://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20190228/0003766.html
 ・西鉄がホームドア設置へ実証実験
   (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 2/28
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000041-mai-soci
 *鉄道:バリアフリー関連事業 - 国土交通省
   http://www.mlit.go.jp/tetudo/tetudo_tk6_000008.html

画像は、3/1付しんぶん赤旗紙面より
 

強制不妊の実態調査へ 与党と超党派、救済法案に明記:28日付け朝日新聞デジタル  など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 2月28日(木)10時11分41秒
返信・引用 編集済
  みなさん、おはようございます。  事務局のNです。

 *今日は朝から雨降りですね、日替わりで天気が変わるようですよ…

※WEB報道など……
☆強制不妊の実態調査へ 与党と超党派、救済法案に明記
  (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース 2/28
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000004-asahi-pol
 > 旧優生保護法(1948~96年)の下で障害のある人らに不妊手術が行われた
  問題で、救済策を並行して検討している与党ワーキングチーム(WT)と超党派議員
  連盟プロジェクトチーム(PT)は27日、衆参両院の調査室が立法経緯や被害実態
  に関する調査を行い、報告書を作成する方向で合意した。今国会への提出、成立を目
  指す救済法案に調査の実施を明記する。
   WTとPTの主要メンバーがこの日、国会内で非公式に協議し、法案概要をまとめ
  た。第三者性を確保するため、旧優生保護法を所管していた厚生労働省以外で調査す
  ることにした。統計不正問題で厚労省への信頼が揺らいでいることも考慮した。
   被害認定では、幅広く救済するとの方針のもと、母体保護や病気などを理由に手術
  した場合を対象外とし、それ以外は認める。認定の審査機関は、救済法の公布日から
  2カ月後をメドに厚労省内に設置する方向。今夏から審査を始めることを想定する。
   救済一時金は、スウェーデンの救済事例を参考に300万円以上で検討しており、
  3月上旬にも決定する。支払いは独立行政法人の福祉医療機構が担う。
   法案前文に盛り込むおわびの主体は「我々」としていたが、政府や国会だけでなく、
  地方自治体など関係者すべてを含むとの意図から、「我々は、それぞれの立場で」と
  する。被害弁護団は「優生手術が優生保護法に基づいて実施されたことに鑑みれば、
  主体は国とするべきだ」と訴えている。
   ■弁護団「政策の間違い認めよ」
   全国優生保護法被害弁護団共同代表の新里宏二弁護士は、「法律と国の施策があっ
  たために、『よかれ』と思って手術に関わった人がいる。だからこそ、国の政策が間
  違いだったことを認め、国に責任があることを、救済法案に記して明らかにするべき
  だ。そのうえで、国に押しつけられた優生思想がどうして社会に浸透したのか、二度
  と繰り返さないよう検証する必要がある」と話す。
  …などと伝えています。
 *救済法案、4月初旬提出で合意 強制不妊手術問題
   (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 2/27
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00000053-mai-soci

☆12歳で強制不妊手術の女性「子どもほしかった」 国を提訴
  (神戸新聞NEXT) - Yahoo!ニュース 2/27
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00000016-kobenext-l28
 > 旧優生保護法(1948~96年)下、脳性まひで12歳のころに不妊手術を受け
  させられたのは憲法違反などとして、神戸市の女性(63)が27日、国に1100
  万円の損害賠償を求める訴訟を神戸地裁に起こした。
   訴状などによると、女性は生まれつき脳性まひがあり、幼少期から両手両足が自由
  に動かせなかったことから、車いすで生活。1968年春ごろ、家族に連れられて病
  院へ行き、説明もないまま不妊手術を受けさせられた。
   子どもを産む機会を奪われた上に、手術を思い出し、その恐怖でけいれんするなど
  の後遺症があり、術後20年近く寝たきりの生活を強いられたという。「国は手術を
  積極的に推進し、国会も含めて長らく被害救済を怠ってきた」と主張している。
   弁護団によると、同様の訴訟はこれまで、札幌、仙台、東京、静岡、大阪、神戸、
  熊本の各地裁で提起されており、神戸では5人目となる。女性は先行する訴訟を知り
  「自分も同じ境遇。差別を許せない」と提訴を決めた。
   提訴後、会見に応じた女性は婚姻歴に触れ「子どもがほしかった。『子どもができ
  ないから』と伝えるのは、すごくつらかった」と振り返った。「心の傷は薄れること
  はない。国は憲法違反を認めて、わびてほしい」と語った。
  …などと伝えています。
 ・「12歳ごろに強制不妊手術」 神戸の女性が追加提訴
   (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース 2/27
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00000102-asahi-soci
 ・旧優生保護法の下で不妊手術強制 兵庫県の女性が提訴
   (MBSニュース) - Yahoo!ニュース 2/27<動画>
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00026778-mbsnewsv-l28
 ・旧優生保護法下で強制不妊手術 脳性まひの女性が国に賠償求める
   (関西テレビ) - Yahoo!ニュース 2/27<動画>
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-06211601-kantelev-l28
 ・「心の傷は薄れない」旧優生保護法で提訴
   (ABCテレビ) - Yahoo!ニュース 2/27<動画>
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00020892-asahibcv-l28
 ・脳性まひの女性が提訴、神戸 旧優生保護法で12歳に不妊手術
   京都新聞 2019年02月27日
   https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20190227000098
 ・強制不妊 国に賠償請求…神戸地裁 脳性小児まひの女性
   読売新聞 2019年2月28日
   https://www.yomiuri.co.jp/national/20190228-OYT1T50020/

△旧優生保護法下における強制不妊手術に関するJDFフォーラム ←3/5開催予定
 http://www.normanet.ne.jp/~jdf/seminar/20190305/index.html
 >*日時 2019年3月5日(火)12:00~14:30(受付11:30~)
   場所 参議院議員会館 講堂(東京都千代田区永田町2-1-1)
   参加費 無料 (点字資料、手話通訳、要約筆記、ヒアリングループあり)
   主催 日本障害フォーラム(JDF)
 △優生保護法被害弁護団
  http://yuseibengo.wpblog.jp/
 △優生手術に対する謝罪を求める会 FBページ
   https://m.facebook.com/motomerukai2017/
 △優生手術被害者とともに歩む宮城の会 FBページ
   https://www.facebook.com/tomoniayumumiyagi/

☆障害者採用 省庁面接始まる
  東京新聞 政治 2019年2月27日 夕刊
  http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201902/CK2019022702000285.html
 > 障害者だけを対象とした初の国家公務員試験で、二次選考となる各省庁の面接が二十七日、
  初日を迎えた。人事院による一次選考を通過した二千三百二人が対象。三月十三日まで実施し、
  同二十二日に最終的な合格者が決まる。雇用水増し問題を受け、常勤職員として六百七十六人の
  採用を予定している。
   一次選考通過者は、勤務を希望する中央省庁や地方出先機関に出向き、面接を受ける。複数の
  志望先に申し込むことも可能。期間中の面接実施日は、省庁ごとに異なる。
   各会場では、安心して受験してもらうため、車いすの人が移動しやすい部屋の確保や、就労支
  援機関の職員が同席するのを認めるといった配慮がされている。
   本省で二十九人を採用予定の国土交通省は、午前と午後の部に分けて面接。希望日時の事前予
  約を受け付けた際、必要な配慮も尋ねたという。担当者は「関心のある分野や障害の特性を踏ま
  え、従事する業務を調整したい」と話している。
  …などと伝えています。

☆ヘルプマークで善意の輪を広げたい
  NHKハートネット 記事 2019年02月26日
  https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/187/
 > 月末日は「世界希少・難治性疾患の日(Rare Disease Day)」。治療が困難な病気の中には、
  本人は激痛やだるさで大変辛い思いをしているのに、外見からは健康に見えるために配慮を受けら
  れないケースがあります。そこで注目されるのがヘルプマーク。2012年に東京都で導入され、
  いまや全国34都道府県で活用・啓発が進められています。その普及に努める難病患者の方たちに
  話をうかがいました。
  …などと伝えています。

▽豪華ディナー、障害者や高齢者向けに調理で対応 神戸の4ホテル
  (神戸新聞NEXT) - Yahoo!ニュース 2/28
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000003-kobenext-l28

▽障害ある子の「親なきあと」に備えを 終活カウンセラーが訴え
  (産経新聞) - Yahoo!ニュース 2/27
  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00000522-san-soci


画像は、26日撮影 早咲きの河津桜咲き始めてきていますよ。(伏見区淀水路)
 

旧優生保護法で脳性まひ女性提訴:27日付NHK兵庫県のニュース など

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 2月27日(水)20時10分40秒
返信・引用 編集済
  みなさん、こんばんわ。   事務局のNです。

 *今日は昼間も肌寒感じでしたが、陽が沈むとさらに寒く感じますね…

※WEB報道など……
☆旧優生保護法で脳性まひ女性提訴
  NHK兵庫県のニュース  02月27日 17時24分<動画>
  https://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/20190227/2020003206.html
 > 旧優生保護法のもと不妊手術を強制されたとして、障害のある人が国に賠償を求めて
  いる裁判で、27日、新たに脳性まひの63歳の女性が神戸地方裁判所に訴えを起こし
  ました。
   訴えを起こしたのは、先天性の脳性まひが原因で身体に障害がある神戸市の鈴木由美
  さん(63)で、27日、記者会見しました。
   鈴木さんは昭和43年、12歳のときに突然、病院に入院させられ、何も説明がない
  まま不妊手術を受けさせられたということです。
   さらに、手術の影響で、その後、20年余りにわたってほぼ寝たきりになったという
  ことで、憲法で保障されている個人の尊厳や子どもを産み育てる権利を奪われたとして、
  国に1100万円の賠償を求めています。
   神戸地方裁判所では、聴覚に障害がある2組の夫婦が、同意のないまま不妊手術など
  を受けさせられたとして国に謝罪と賠償を求めていますが、弁護団によりますと、一連
  の裁判で脳性まひが原因で身体に障害のある人が訴えを起こしたのは、全国でも初めて
  だということです。
   鈴木さんは、「手術を受けたときの場面は、今もまぶたの裏に焼きついています。体
  の傷は薄れても心の傷が薄れることはありません。こんなことが二度とないよう、訴え
  ようと決意しました」と話していました。
  …などと伝えています。
 ・旧優生保護法巡る訴訟 神戸市内の女性が二次提訴-兵庫県
   (サンテレビ) - Yahoo!ニュース 2/27 17:21<動画>
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00010003-suntvv-l28
  > 旧優生保護法の下で不妊手術や中絶手術を強いられたとして、兵庫県内の2組の
   夫婦が国に損害賠償を求めている裁判で、新たに27日神戸市内に住む60代の女性が
   訴えを起こしました。
   …などと伝えています。
 ・旧優生保護法巡り国を提訴へ 神戸市の女性
   (読売テレビ) - Yahoo!ニュース 2/27 12:09<動画>
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00000029-ytv-l28
  > 「旧優生保護法」による不妊手術を受けさせられたとして、神戸市の脳性小児
   まひの女性が、27日午後、国に慰謝料などを求める裁判を起こす。
   …などと伝えています。
 ・強制不妊提訴、20人に=新たに神戸の女性-地裁
   (時事通信) - Yahoo!ニュース 2/27 17:06
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00000070-jij-soci
 ・脳性まひの女性が提訴、神戸 旧優生保護法で12歳に不妊手術
   (共同通信) - Yahoo!ニュース 2/27 16:18
   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00000111-kyodonews-soci
 △優生保護法被害者に対する謝罪と補償等に関する提案書(第二次)
   JD日本障害者協議会 2019年2月25日
   http://www.jdnet.gr.jp/opinion/2018/190225.html?fbclid=IwAR2k9hynRmy4mzw3ukyjtx4SPaIwish6el4a1S_mYn7iNhWYNrji14BAE2M
  > JDは2019年2月25日、
   優生保護法被害者に対する謝罪と補償等に関する提案書(第二次)を公表しました。
   …などと伝えています。
 △優生保護法被害弁護団
   http://yuseibengo.wpblog.jp/
 △優生手術に対する謝罪を求める会 FBページ
   https://m.facebook.com/motomerukai2017/
 △優生手術被害者とともに歩む宮城の会 FBページ
   https://www.facebook.com/tomoniayumumiyagi/

画像は、2/24撮影 梅が見頃になってますね。(八幡市内にて)パート3
 

生まれようとしている命を選別しないでパートⅢ:3・17開催のお知らせ

 投稿者:事務局  投稿日:2019年 2月27日(水)13時03分16秒
返信・引用
  みなさん、こんにちは。  事務局のNです。

 *今日は陽射しが弱いですね…

※実行委員会事務局より……
 * 京都ダウン症児を育てる親の会の佐々木です。いつもお世話になります。
  集会の案内と賛同のお願いです。
   昨年より、新型出生前診断の実施施設拡大や受精胚を用いた研究容認等、差別を助長する
  内容の話が進んでいます。
   私たちは抗議文を送ったり、昨年3月、11月と集会をしてきましたが、市民の意見は
  届きません。そこで、3月17日に再度、反対集会を開催すると共に、反対の声明文に賛同を
  募り、マスコミや厚生労働省に送ることを計画しました。
   添付しました集会案内と声明文を読んで頂きまして、
  声明文に賛同していただけましたら、メールを頂ければ嬉しいです。
  何卒、よろしくお願いいたします。
 …などとお知らせをいただきましたので紹介しますね。

☆生まれようとしている命を選別しないでパートⅢ
  診出生前断とゲノム編集―命のはじまりへの介入反対―
 ・日 時:2019年3月17日(日) 12:30受付開始  13:00~16:30
  場 所:京都市北いきいき市民活動センター 集会室 (駐車場無し)
       京都市北区紫野北花ノ坊町18  TEL:075- 634-7323 FAX:075-493-9688
      (京都市地下鉄北大路駅より市バス青のりば206,204系統千本北大路下車北へ徒歩約5分)
  参加費:800円(資料代)

画像は、その開催案内チラシです。 
 

レンタル掲示板
/149